芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > ランキング



    1位は「リーガル・ハイ」です。

    NO.10129664 2022/01/18 05:34
    再放送してほしい国内ドラマランキング! 2位は『花より男子』、1位は?
    再放送してほしい国内ドラマランキング! 2位は『花より男子』、1位は?
    WonderSpaceは、「再放送してほしい国内ドラマ」ランキングを発表しました。同調査は、全国の10~50代の男女300人を対象に、インターネット上で実施されたものです。TOP3を回答者のコメントと併せてご紹介します。

    ■第3位:『やまとなでしこ』
    2000年にフジテレビ系の「月9」ドラマとして放送された、『やまとなでしこ』。幼少のころの貧乏生活がトラウマとなり、お金持ちとの結婚を夢見て合コンを繰り返すキャビンアテンダントの主人公・神野桜子役を松嶋菜々子さんが演じました。2020年7月に20周年特別編が放送され、大きな話題になりました。

    回答者からは、「とにかく松嶋菜々子が美しい!そして登場人物がみんな魅力的だし、MISIAの主題歌の効果もあって『何年たっても色褪せない名作」』だと思う」「何度見てもおもしろい。松嶋菜々子がかわいいすぎてきゅんきゅんします」「今まで見てきた恋愛ドラマの中で一番ワクワクもしたし感動もした。今でもそのドラマに使われていた曲を聴くだけで、そのドラマのことを思いだすくらい印象的で記憶に残っている」など、「愛よりお金」主義の桜子が、堤真一さん演じる中原欧介との出会いを通して変化していくストーリーやMISIAさんの主題歌『Everything』が印象に残っているとのコメントが寄せられました。

    ■第2位:『花より男子』
    2005年に放送されたTBS系ドラマ『花より男子』。『マーガレット』(集英社)で連載されていた神尾葉子さんによる大人気漫画が原作で、主人公の貧乏な少女・牧野つくし役を井上真央さん、財閥の跡取り息子・道明寺司役を松本潤さんが演じました。人気は日本国内だけにとど..

    【日時】2022年01月17日
    【ソース】All About NEWS

    【再放送してほしい国内ドラマランキング! 2位は『花より男子』、1位は?】の続きを読む


    そうなのか。

    1 jinjin ★ :2022/01/10(月) 17:52:00.84

    「好きな芸人第1位はニューヨーク」は真実か、再調査して実証実験するライブ



    「好きな芸人No.1ニューヨークが真実なのか確かめつつ、好きと言ってくれる皆様をもっと夢中にさせ、そんなに好きじゃない皆様には好きになってもらうライブ」が2月19日(土)に東京・よみうりホールで開催される。

    2021年末に発表された「好きな芸人第1位はニューヨーク」という情報が果たして真実なのか、主催の吉本興業による再調査をもとにライブ内で実証実験を実施。

    ファンもそうでもない人も、もっとニューヨークを好きになるような企画が用意される。

    ニューヨークのほか、ゲストも登場予定。オンライン生配信も予定されている。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7d702342094142c6bbb2e316e2b7056158c0e4a6

    (出典 i.imgur.com)



    関連記事
    【好きな芸人2021 ベスト15発表】サンドウィッチマンV4ならず!新王者の武器は「毒」、見取り図や囲碁将棋も躍進
    https://bunshun.jp/articles/-/50776?page=1


    【【芸能】週刊文春アンケートの「好きな芸人第1位はニューヨーク」は真実か… 再調査して実証実験するライブ】の続きを読む


    ランキング

    1 jinjin ★ :2021/12/29(水) 23:45:34.76

    男が選ぶ好きな男1位に大谷翔平、嫌いな男1位は?


    31回目を迎えた週刊SPA!年末恒例企画。
    30歳から49歳までの男性500人にアンケートを実施し、’21年を彩った男たちをさまざまな項目でランキング化した。
    東京五輪などイベントにも注目が集まったが、やはり’21年はこの男だった!


    好きな男は世界に誇る日本人

    ’20年に続き新型コロナに振り回された’21年。
    「好きな男」部門の1位はやはりこの人、大谷翔平だ。

    「偉業を達成しても偉ぶらない」(45歳・無職)、「前代未聞のことをやってのけ、かつ爽やか」(42歳・SE)と、’20年圏外から一気にトップへ。まさに’21年の大活躍を象徴しているかのようだ。

    ’20年の6位から2位へと、大きく躍進したのが大泉洋。

    「仕事の多さに人望の厚さが表れている」(33歳・営業)、「裏がなく人間性がいい」(45歳・SE)と高い好感度と支持を獲得。2年連続紅白歌合戦の司会を務めるなど、その人気は上昇の一途を辿りそうだ。


    『好きな男TOP10』
    1位 大谷翔平 75票(前回圏外)
    2位 大泉 洋 23票(前回6位)
    3位 明石家さんま 18票(前回1位)
    4位 木村拓哉 16票(前回4位)
    5位 阿部 寛 15票(前回6位)
    6位 イチロー 12票(前回2位)
    6位 松本人志(ダウンタウン)12票(前回3位)
    8位 所ジョージ 11票(前回9位)
    8位 有吉弘行 11票(前回圏外)
    10位 タモリ 9票(前回8位)
    【次点】竹野内 豊、北野 武(8票) ムロツヨシ、星野 源(7票) 小栗 旬(6票)



    嫌いな男は5連覇達成

    「嫌いな男」部門では、坂上忍が5連覇を達成。「昼のテレビ番組でイライラした姿を見せる」(47歳・介護)と相変わらずの嫌われぶりだが、それも番組を降板すれば終わりか。

    そんななか、突如2位に入ったのは小室圭さんだ。
    「疑惑が多すぎて信用できない」(43歳・医療)、「主張に一貫性がなく好きになれない」(42歳・SE)と、最後まで引きずった母親の借金対応のマズさが影響し、結婚で話題をふりまきランクイン。’21年の不本意な顔になってしまった。

    『嫌いな男TOP10』
    1位 坂上 忍 34票(前回1位)
    2位 小室 圭 22票(前回圏外)
    3位 太田 光(爆笑問題)21票(前回圏外)
    3位 宮迫博之 21票(前回7位)
    5位 出川哲朗 15票(前回圏外)
    6位 渡部 建(アンジャッシュ)13票(前回2位)
    7位 明石家さんま 12票(前回3位)
    7位 木村拓哉 12票(前回9位)
    7位 ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)12票(前回5位)
    10位 麻生太郎 11票(前回9位)
    【次点】山本太郎、安倍晋三、へずまりゅう(10票) 枝野幸男(9票) 有吉弘行、堀江貴文、クロちゃん(8票)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/92f1e7bcbbbec82e9fabb4936fd85140e42494a8


    前スレ
    【芸能】『男が選ぶ好きな男』1位は大谷翔平 『男が選ぶ嫌いな男』1位は坂上忍、2位小室圭、3位は同率で太田光、宮迫博之
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640699983/


    【【芸能】『男が選ぶ好きな男』1位は大谷翔平 『男が選ぶ嫌いな男』1位は坂上忍、2位小室圭、3位は同率で太田光、宮迫博之】の続きを読む



    仕事には困らないですね。

    有名人には日頃の活動からは思いも寄らない意外な資格を持っている人が少なくありませんが、医療資格もその一つですよね。
    そこで今回は、実は医療資格を持っていると知って驚いた有名人は誰なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    3位 林原めぐみ
    2位 手塚治虫
    1位 ???
    全てのランキング結果を見たい方はこちら!

    1位は「オカリナ」!


    2009年にゆいP、まんちゃん(後に脱退)と共にお笑いトリオ「おかずクラブ」を結成。メンバーの脱退でコンビとなった後、2015年の元旦に放送された『ぐるナイ おもしろ荘』(日本テレビ系)での優勝をきっかけにブレークを果たす。

    生年月日:1984年9月28日
    出身地:宮崎県
    所有資格:看護師免許

    2位は「手塚治虫」!


    医学生時代の1946年に新聞の4コマ漫画デビューし、『ジャングル大帝』や『火の鳥』など数々の名作漫画を世に送り出す。1963年には自身でアニメスタジオを設立し、日本初のテレビアニメ鉄腕アトム』を制作した。

    生年月日:1928年11月3日
    出身地:大阪府
    所有資格:医師免許

    3位は「林原めぐみ」!


    高校卒業後に看護学校へ通いながら声優養成所に入り、養成所在籍中の1986年アニメめぞん一刻』で声優デビューを果たす。以降も『スレイヤーズ』や『新世紀エヴァンゲリオン』など数々の作品でメインキャストを務めている。

    生年月日:1967年3月30日
    出身地:東京都
    所有資格:看護師免許

    看護師として4年間働いていた経験のある気鋭の女性お笑いタレントが1位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~41位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが実は医療資格を持っていると知って驚いた有名人は、何位にランク・インしていましたか?

    写真タレントデータバンク
    オカリナ|1984/9/28生まれ|女性|宮城県出身)

    調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
    投票合計数:有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
    調査期間:2021年10月28日2021年10月28日
    実は「医療資格」を持っていると知って驚く有名人ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【実は「医療資格」を持っていると知って驚く有名人ランキング】の続きを読む



    スゴい

     ただ夢中になったわけではない。80年代アイドルは、ビジネスというジャンルでも足跡を残した。まずは映像を中心に、驚きの記録をたどる。

     地上波しかなかった80年代テレビの威力は今よりはるかに強かった。アイドル主演のドラマでも、別表にあるように上位10作すべてが視聴率20%を超えた。

     45.3%という記録的な最高視聴率を記録したのは、社会現象にもなった「積木くずし」(TBS系)である。アイドルグループ「わらべ」の一員だった高部知子(54)は、本作で天才女優の名をほしいままにするが、ベッドで恋人とタバコをくわえた「ニャンニャン事件」が発覚して失速してしまう。

     隠れたドラマ女王は中山美穂(51)と小泉今日子(55)のふたり。中山が4作、小泉が2作をベスト10に送り、人気が一過性ではないことを証明する。また伊藤麻衣子(57)=現・いとうまい子=の「不良少女とよばれて」(TBS系)や、堀ちえみ(54)の「スチュワーデス物語」の人気も〈大映ドラマ〉の80年代を象徴した。

     映画の世界では、驚くなかれ1位から4位までを薬師丸ひろ子(57)が独占(注・原田知世(54)との2本立て含む)。角川映画オーディションを勝ち抜いた初代であり、テレビにほとんど出ず「映画館でしか会えない」という飢餓感が人気を後押しした。

     異色なのは10位に入った中森明菜(56)の「愛・旅立ち」(東宝)で、当時の恋人だった近藤真彦との共演作。死んだあとに空を飛ぶなどの壮大な描写で、カルト映画としても名を残している。

     CM部門では、当時のトップアイドルはいずれも、飲料水やお菓子など複数のメーカーを掛け持ちしていた。その中で女王を選ぶとなれば、やはりキョンキョンを置いてほかにない。

     出演本数だけでなく、キョンキョンの場合は「広告に出演した商品の売り上げが20%上昇する」との神話を打ち立てたのだ。

     続いて写真集部門では、河合奈保子(58)の圧勝と言っていい。まだグラビアアイドルという言葉もなかった時代、豊満な肢体と明るい笑顔のギャップで次々と写真集を発売。レコードセールスでは同期の松田聖子(59)にかなわなかったが、グラビア人気では大量リードしたものだ。

     さらに奈保子は、引退から30年以上が経過したが、ここ5年で8冊が復刊されるなど、現役時と変わらぬ売れっ子ぶりを誇る。

     お宝市場で健闘しているのは、聖子の「聖子おしゃれアルバム」(実業之日本社)と中山美穂の「美穂がんばる」(集英社)が、ともに3万円前後のプレミアム価格となって気を吐いている。

     やや変化球ではあるが、ニュースワードランキング80年代を総括してみよう。トップクラスには聖子と神田正輝の「聖輝の挙式」(86年)、中森明菜の「マッチ宅で自裁未遂」(89年)、倉沢淳美(54)の「サイン会で暴漢に切りつけられる」(84年)などが挙げられる。

     これらを超えて、20世紀の事件史としても語り継がれるのが、あの衝撃的な岡田有希子(享年18)の「サンミュージック屋上から飛び降り自殺」(86年)だろう。当時、全盛を極めていた写真週刊誌では、現場に飛び散った脳漿までが掲載された。また、ファンの後追い自殺が30人を超えたことも、社会的ショックの大きさを表していた。

    ドラマ視聴率10傑

    1位:高部知子「積木くずし(83年、TBS)」45.3%

    2位:中山美穂「ママはアイドル!(87年、TBS)」28.6%

    3位:伊藤麻衣子「不良少女とよばれて(84年、TBS)」27.9%

    4位:堀ちえみ「スチュワーデス物語(83年、TBS)」26.8%

    5位:小泉今日子「愛しあってるかい!(89年、フジテレビ)」26.6%

    6位:中山美穂「毎度おさわがせします(85年、TBS)」26.2%

    7位:小泉今日子「少女に何が起ったか(85年、TBS)」24.4%

    8位:中山美穂「君の瞳に恋してる!(89年、フジテレビ)」23.6%

    9位:浅香唯「スケバン刑事III 少女忍法帖伝奇(86年、フジテレビ)」21.3%

    10位:中山美穂「若奥さまは腕まくり!(88年、TBS)」20.8%

    ■主演映画興行成績

    1位:薬師丸ひろ子原田知世探偵物語時をかける少女(83年、東映)」28億

    2位:薬師丸ひろ子「里見八犬伝(83年、東映)」23.2億

    3位:薬師丸ひろ子セーラー服と機関銃(81年、東映)」23億

    4位:薬師丸ひろ子原田知世メインテーマ/愛情物語(84年、東映)」18.5億

    5位:斉藤由貴「優駿(88年、東宝)」18億

    6位:薬師丸ひろ子原田知世「Wの悲劇/天国にいちばん近い島(84年、東映)」15.5

    7位:中山美穂「ビー・バップ・ハイスクール(85年、東映)」14.5億

    8位:南野陽子「はいからさんが通る(87年、東映)」12.5億

    9位:松田聖子プルメリアの伝説 天国のキッス(83年、東宝)」12億

    10位:中森明菜「愛・旅立ち(85年、東宝)」11.7億

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【黄金の80年代アイドル「全記録ランキング」〈ギネスブック〉映画動員1位~4位を薬師丸ひろ子が占めた】の続きを読む

    このページのトップヘ