芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 漫画



    (出典 image.video.dmkt-sp.jp)


    『こち亀』のキャラクターが久しぶりに登場。

    新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)の流行で、多くの人々が外出自粛を余儀なくされています。

    ほとんどの人が一変した環境に順応しようと、努力していることでしょう。

    2020年5月18日東京都葛飾区Twitterアカウントが、1枚の漫画を投稿。たくさんのファンを魅了しました。

    『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の作者から応援メッセージ

    葛飾区といえば、『週刊少年ジャンプ』で連載開始後、アニメ化もされ、幅広い世代に人気を集めた『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)の舞台として有名です。

    葛飾区Twitterは、『こち亀』の作者である秋本治先生から届いたメッセージを公開しました。

    秋本先生は「頑張ろう!葛飾!今、できることをやって自分の力をつけてください」とコメント

    マスクを着用した『こち亀』のキャラクターたちが、派出所で外出を自粛する様子を描きました。

    ネットの声】

    両さん!部長からまた怒られるよ!

    両さんなら、多分コロナウイルスに感染しないと思う。

    ・笑った。秋本先生、面白い漫画をありがとうございます

    ・『こち亀』のメンバーを見ると、ホッとする。元気が出た!

    2016年に連載が終了してからも、根強い人気を誇る『こち亀』。久しぶりに描かれた『こち亀』のエピソードは、多くの人を元気付けました。


    [文・構成/grape編集部]

    出典
    @katsushika_city


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『こち亀』メンバーが自粛したら…? 葛飾区が投稿した『1枚』が、ネットで反響】の続きを読む



    (出典 blogimg.goo.ne.jp)


    YouTubeでも活躍中です。もしかしたら、池上彰の後継者にでもなるのかな?

    中田敦彦

    お笑いコンビオリエンタルラジオ中田敦彦が自身のYouTubeチャンネルを更新。漫画・アニメともに人気の『鬼滅の刃』が大ヒットした理由を分析する動画をアップし、その解説方法に驚きの声があがっている。

    ■公認の案件ではなく…

    話題の分析動画は、中田の丁寧な解説と熱量によりかなり長い収録となったようで、動画は2本に分けられていた。それでも両動画は約40分という長尺で、内容もかなりボリューミー。

    なお、1本目の動画では作品としての歴史、あらすじをわかりやすく噛み砕きながら解説しているものの、冒頭では「この動画は集英社公認の案件ではございません」と注意書きが入り「中田の情熱でお届けします」とテロップも流れていた。

    関連記事:『鬼滅の刃』がまさかの完結 早くもロス相次ぐ「今日は仕事できない…」

    ■ヒットの理由は…

    2本目の動画の後半でヒットの理由が考察されるわけだが、中田曰く「伝統と改革のハイブリッド」が理由じゃないかと語る。

    鬼・血統・呼吸という設定が『ジョジョの奇妙な冒険』の1、2部と類似していたり、侍・刀・組織などの要素は『BLEACH』『銀魂』などと同様であったりするなど、歴代ヒット作の「伝統」を引き継いでいると分析。

    一方で、力や夢を追い求めるのではなく、「妹を助けたい」という思いのみで戦う優しい性格の主人公竈門炭治郎、守られつつも戦う妹・竈門禰豆子などの要素は女性も興味を持つ「革新」であるとも語っていた。


    ■配信インフラも大きな要因

    結果、男性の王道と女性の共感を得るため「男性も女性も理解できる奇跡的な漫画」だと中田は力説。

    さらには、オンタイムの放送を見逃した場合でもNetflixAmazonプライムなどの動画配信サービスで一気見ができ、追いつくことができる点もヒットの一因だろうと考察していた。

    そして、最後に「時代を変える漫画、時代を変える作品をに立ち会えるのは、今を生きている喜びそのものですよ」と熱く訴えかけるのであった。

    ■「分かりやすすぎる」と称賛

    中田の高度な分析に「身震いするほど、明瞭かつ的確な分析をしている」「例えが分かりやすすぎて的確すぎる」と共感の声が相次ぎ、またネタバレをしない絶妙な解説方法には「程よくネタバレしてないのが凄いですね笑」と称賛の声があがる。

    一方、作品をまだよく知らないという人の心も動かしていたようで、「これで小学生の姪っ子との会話について行ける!」「この動画で益々読み進めたくなりました!」といったコメントも少なくない。

    今回の動画は、ファンはもちろん、それ以外の人にも刺さる内容であったのではないだろうか。

    ・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』アニメが無料公開も注意促す声 「観るときは絶対に…」

    (文/しらべぇ編集部・ステさん

    オリラジ中田、『鬼滅の刃』ヒットのワケを考察 解説方法に「すごい…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【オリラジ中田、『鬼滅の刃』ヒットのワケを考察 解説方法に「すごい…」】の続きを読む



    (出典 marumaruranking.up.seesaa.net)


    「はだしのゲン」が少年ジャンプから出ているのは知らなかったです。
    こち亀はそのときの社会を移しているので読んでいてその時の社会が分かるような気がします。

     

    世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化する国内最大級のランキング情報サイトgooランキング」にて、「人生にとって大事なことを学んだジャンプ漫画ランキングが発表されました!

     

    調査期間は、2020年2月09日2月23日の約2週間。

     

    にじめんでは、TOP10までをご紹介いたします!

     

    みなさんが大事なことを学んだ漫画はランクインしているでしょうか?

     

     

    「人生にとって大事なことを学んだジャンプ漫画ランキング」TOP10

    第1位『こちら葛飾区亀有公園前派出所』

     

    1位は、秋本治による長寿漫画『こちら葛飾区亀有公園前派出所』でした。

     

    こち亀」の愛称で親しまれているギャグ漫画で、1976年から2016年まで40年にわたって休みなく連載され、単行本の発行巻数が全200巻と、多くの人に読まれてきた作品です。

     

    太い一本眉毛が特徴の主人公両津勘吉は警察官とは思えないハチャメチャな行動でいつも周囲を驚かせますが、豊富な知識と経験をベースにした行動や発言には、物事の真理を突いているかのような、ドキッとさせられるものも数多くありますよね。

     

    人情に厚く、向き合う相手に本音でズバリと語る彼の言葉から、人生に大切なことを数多く学んだという人は多そうです。

     

    ▼購入はこちら

    こちら葛飾区亀有公園前派出所 1 (ジャンプコミックス)(Amazon)

     

     

    第2位『SLAM DUNK』

     

    2位には、井上雄彦バスケットボール漫画『SLAM DUNK』が続きました。

     

    1990年から1996年にかけて連載され、単行本の累計発行部数が1億2,000万部を超える本作では、バスケットボール初心者主人公・桜木花道が高校のバスケットボール部に入部し、仲間と共に才能を開花させていく姿が描かれています。

     

    数々の名言を生み出した作品としても知られていますが、特に有名なのが、バスケットボール部顧問を務める安西先生の「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」という言葉。

     

    解釈はさまざまだと思いますが、勝敗の行方は試合終了のブザーがなったときに決まるのではなく、諦めたときに決まってしまうというこの言葉は、スポーツだけでなく人生のあらゆる場面で当てはまる名言中の名言ではないでしょうか。

     

    ▼購入はこちら

    SLAM DUNK 新装再編版 1 (愛蔵版コミックス)(Amazon)

     

     

    第3位『ドラゴンボール』

     

    3位にランク・インしたのは、鳥山明の冒険バトル漫画『ドラゴンボール』でした。

     

    本作は、主人公孫悟空と仲間たちが、七つ全てを集めるとどんな願いでもかなう秘宝ドラゴンボールを巡り、さまざまな出会いや冒険、バトルを繰り広げる物語。

     

    本誌での連載は1984年から1995年にかけてのおよそ10年半でしたが、その後もアニメシリーズ2018年まで放送されるなど、幅広い世代に親しまれています。

     

    物語の中心となるのは、フリーザやセル、魔人ブウなど強大な力を持つ敵との戦いですが、悟空と共に戦う仲間との絆を感じさせるせりふや、そんな仲間が倒された時の怒りに満ちたせりふなど、シンプルながらも胸に迫る名言が多い作品ですよね。

     

    ▼購入はこちら

    SLAM DUNK 新装再編版 1 (愛蔵版コミックス)(Amazon)

     

     

    第4位『花の慶次 -雲のかなたに-』

     

    ▼購入はこちら

    花の慶次 ―雲のかなたに― 1巻(Amazon)

     

     

    第5位『ONE PIECE』

     

    ▼購入はこちら

    ONE PIECE 1 (ジャンプコミックス)(Amazon)

     

     

    第6位『鬼滅の刃』

     

    ▼購入はこちら

    鬼滅の刃 1 (ジャンプコミックス)(Amazon)

     

     

    第7位『NARUTO -ナルト-』

     

    ▼購入はこちら

    NARUTO -ナルト- 1 (ジャンプコミックス)(Amazon)

     

     

    第8位『北斗の拳』

     

    ▼購入はこちら

    北斗の拳 (1) (ジャンプ・コミックス)(Amazon)

     

     

    第9位『ハイキュー!!』

     

    ▼購入はこちら

    ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)(Amazon)

     

     

    第10位『はだしのゲン』

     

    ▼購入はこちら

    はだしのゲン 第1巻 青麦ゲン登場の巻(Amazon)

     

     

    TOP10を見ると、子供の頃に読んだ読者が大人になる過程で身を持って感じたのだろうな、というような説得力のあるラインナップです。

     

    しかし、『鬼滅の刃』や『ハイキュー!!』など、連載開始から10年経っていない作品もランクインしており、「週刊少年ジャンプ」は、いつの時代の作品をいつ読んでもガツンとくる、大事なことを教えてくれる作品が掲載されている雑誌なんだなと思わせてくれるランキングでした!

     

    gooランキング」の掲載ページでは、11位〜60位までも掲載されてますので続きもぜひご覧ください。

     

     

    ©NTT Resonant Inc.© SHUEISHA Inc. All rights reserved.

    「人生にとって大事なことを学んだジャンプ漫画ランキング」発表!1位は『こち亀』


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「人生にとって大事なことを学んだジャンプ漫画ランキング」発表!1位は『こち亀』】の続きを読む

    鬼滅の刃』(きめつやいば)は、吾峠呼世晴による日本漫画。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて2016年11号から2020年24号まで連載された。大正時代を舞台に、主人公が家族を殺した「」と呼ばれる敵やと化した妹を人間に戻す方法を探すために戦う姿を描く和風剣戟奇譚。略称は『鬼滅』。
    321キロバイト (52,055 語) - 2020年5月18日 (月) 11:25



    (出典 gkp-koushiki.gakken.jp)


    必ず、終わりはあります。


    5月18日発売の週刊少年ジャンプ24号

    人気漫画『鬼滅の刃』が約4年3か月の連載に幕を閉じた。最終回を掲載した週刊少年ジャンプ24号が5月18日に発売すると、ネット上では未明から驚きや、"鬼滅の刃ロス"を嘆く悲しみ、引き延ばしにならなかった安堵の声といった十人十色の感情が飛び交った。

    同作は、大正時代を舞台に主人公の炭治郎が家族を殺した鬼と戦うために"鬼殺隊"に入隊し、鬼と化した妹を人間に戻す方法を探す物語。5月13日発売のコミックス20巻は初版280万部、シリーズ累計発行部数は6000万部を超える大ヒットを記録している。


    『ワンピ』『ナルト』のような超長期連載を回避


    18日発売号は事前に、先週発売の前号に続いて"クライマックス"と表記されるにとどまっており、具体的な予告なしに最終回が訪れた。

    ネット上では、同作の終わり方について、数か月前から憶測が飛び交っていた。特に盛り上がりを見せたのが前号終盤に出てきた描写だ。「そして時は流れ――…時代は現代」とビル群が描かれていた。人気絶頂期を迎えている同作だけに商業的意図を汲んで、現代を舞台にした新章突入を予想する人も多かった。

    一方、連載終了を望む声が大きかったのも事実だ。『ワンピース』『ナルト』など、10年以上連載となると、ついていけなくなるファンも出てくる。そのため人気が絶頂のうちに「きれいに終わってほしい」という声も多くみられた。

    今回の最終回は、ファンの期待に応えた形と言えそうだ。ガールズちゃんねるに設けられたトピック内では「ずるずる続けなかったの意外で好感持てる」「変に引き伸ばされるより作者本人の納得のいくところで完結できた方が絶対いいよね」と好感のコメントが相次いだ。

    ツイッターでも「引き伸ばしせず綺麗に終わって素晴らしい作品だわ」などいう声が多数を占める。また、中には「バクマンの新妻エイジみたいで好き」と別作品の登場人物を思い出すファンも多かった。同作に登場する漫画家の新妻も「自分がベストだと思う状態で連載を終わらせたい」という意向から、周囲の反対を押し切って人気投票20週連続1位の連載作品を終了する場面がある。


    主要登場人物の孫世代登場 伊黒、甘露寺ペアは定食屋営む

    現代を舞台にした最終回は、竈門兄妹、我妻善逸栗花落カナヲ、煉獄杏寿郎の孫世代が高校に登校する朝を描いたストーリー。道中では5人のほか、警察官として一緒にパトロールする不死川兄弟や、二人で定食屋を営む伊黒小芭内と甘露寺蜜璃の孫らの姿もある。

    また、嘴平伊之助の孫は植物学者に。作中で鬼が弱点の太陽光を克服するために必要とされた"青い彼岸花"を発見するも、その後はすべて枯らしてしまって謝罪会見に追われていた。冨岡義勇、錆兎、真菰の孫世代は小学生のようで、ランドセルを背負った姿で登場する。

    終盤は、自宅で電話を取る竈門家の母の場面に移行。壁には炭治郎のものと見られる日輪刀や耳飾り、生き残った鬼殺隊員たちが笑顔で写る集合写真などがあり、

    「長きに渡るご愛読ありがとうございました!吾峠先生の次回作にご期待ください!」

    と感謝を告げている。長期にわたる連載を追ってきたファンのみならず、昨年放送のアニメから入ったファンでも胸が熱くなる締めくくり方と言えるだろう。

    ツイッターでは「連載お疲れ様でした!」「私にとって大切な作品になりました」と作者へのねぎらいや感謝を告げる投稿が相次いだ。また、中には「鬼滅ロスが始まりそう~」と来週からの楽しみが減ることに対して悲しみを訴える人が続出している。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「鬼滅の刃」、連載終了はジャンプにしては珍しい? 「引き伸ばしせず綺麗に終わった」と好評価】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)


    販売はされるみたいですが休載も出るみたいです。

     

    週刊少年ジャンプ」編集部より、今後連載の休載が増える見込みであることが発表されました。

     

    公式Twitterでは、「新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在、週刊少年ジャンプでは、連載されている漫画家の先生方に、できる限り感染リスクの少ない方法での執筆をお願いしています。」

     

    「これにより、原稿完成までに多くの時間が必要となるため、止むを得ず、休載とさせていただくケースが増える見込みです。」とコメントが公開されました。

     

     

     

    今後休載に関する最新情報については、発売日当日に公式サイトTwitterにて告知される予定です。

     

     

    © SHUEISHA Inc. All rights reserved.

     

    「週刊少年ジャンプ」止むを得ず休載増える見込み 作家へのコロナ感染リスク避けるため


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「週刊少年ジャンプ」止むを得ず休載増える見込み 作家へのコロナ感染リスク避けるため】の続きを読む

    このページのトップヘ