豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」

来てくれたんですね。いつでも、話題になります。

豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」 - 朝日新聞
大雨に見舞われた佐賀県武雄市には、昨年山口県で行方不明の男児を発見し「スーパーボランティア」と注目を集めた尾畠春夫さん(79)も駆けつけた。29日午前は、家具 ...
(出典:朝日新聞)


(出典 hacks-life.net)


尾畠 春夫(おばた はるお、1939年(昭和14年)10月12日 - )は、大分県速見郡日出町在住のボランティア活動家。元鮮魚商。2012年に大分県「ごみゼロおおいた作戦功労賞」、2014年に環境省「平成26年度地域環境美化功績者表彰」、2018年に大分県「日出町功労者表彰」および大分県「大分県功労者表彰」を受賞している。
38キロバイト (5,398 語) - 2019年7月16日 (火) 11:21

NO.7740483 2019/08/29 15:56
豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」
豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」
大雨に見舞われた佐賀県武雄市には、昨年山口県で行方不明の男児を発見し「スーパーボランティア」と注目を集めた尾畠春夫さん(79)も駆けつけた。

29日午前は、家具の片付けや泥の吐き出しなどのボランティア活動に取り組んだ。

 尾畠さんは28日夕、九州北部が豪雨に見舞われていることをニュースで知り、「なんとかせにゃならん」と大分県日出町の自宅から車で駆けつけた。

6日分の食料と水を持ってきており、しばらくは武雄市内でボランティア活動をするという。

 尾畠さんは「こういう(被災した)所では、みんなが下を向いちゃうから明るくいかないとね」と話した。



【日時】2019年08月29日 13:00
【ソース】朝日新聞
【関連掲示板】


【豪雨被害の佐賀に尾畠春夫さん登場 「なんとかせにゃ」】の続きを読む