芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 事務所



    厳しく出る。

    真野恵里菜

    女優の真野恵里菜タレント藤本美貴らが所属する芸能事務所ジャストプロ」は27日、所属タレントへの誹謗(ひぼう)中傷行為などに対する声明を発表した。


    ■法的措置も視野

    事務所は「インターネットSNS上での誹謗中傷について」と題した文書を公式サイトに掲載した。

    タレントやその関係者に対する「一定の限度を超えた誹謗中傷、虚偽事実、それらの拡散行為」が確認されると説明。その上で、権利侵害行為、違法行為については、タレントらを守るために「法的措置を視野に入れて必要な対応を行う方針です」と伝える。

    「応援してくださるファンの皆様におかれましては、今後も変わらぬご愛顧とご理解を、宜しくお願い申し上げます」と締めくくった。


    関連記事:中川翔子、SNSの誹謗中傷に対策を呼びかけ 「必ずスクショをしましょう」

    ■4年間に及ぶ誹謗中傷被害

    誹謗中傷被害をめぐっては、25日に真野が自身の公式ツイッターで告白。4年間も心無い言葉をぶつけてくるユーザーがいて、ダイレクトメッセージ(DM)でも「脅迫めいたことも何度か送られてきたりしています」とのこと。

    「過去に、私や夫の友人に私がしてもいないことをしていると書いてDMを送ったり友人たちのコメント欄に私への誹謗中傷を書いたりということが何度かあって周りの方から心配されたことがあるので流石にちょっと見過ごせないなぁと思い今回はこうやって発信しようと思いました」と記した。


    ■悪質コメントには「返信などせず報告や削除を」

    翌26日にもツイッターで、相手の誹謗中傷行為に言及。事務所には相談済みで、度を超えるコメントがあれば、その都度報告していると明かす。

    また「もしDMが来たらどうしてそんなことをするのか話してみます」と対峙しようとするファンがいたそうだが「そのようなメッセージコメントが来ても返信などはせず報告や削除をお願いします」と呼びかけ「私以上に怒ってくれたり悲しい気持ちにさせちゃったりたくさん心配をかけてしまってごめんなさい」と、つづっていた。

    ・合わせて読みたい→中川翔子、那須川天心に共感 誹謗中傷を書き込む人とは「関わりたくない」

    (文/Sirabee 編集部・RT

    真野恵里菜ら所属の事務所 タレントへの誹謗中傷などに「法的措置を視野」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】真野恵里菜ら所属の事務所 タレントへの誹謗中傷などに「法的措置を視野」】の続きを読む


    所属事務所がコメントを出す。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/10/25(火) 10:46:32.84ID:oYfjh5qu9
    10/25(火) 10:40配信
    オリコン

     一部で交際が報道された俳優の橋本環奈(23)と中川大志(24)の双方の所属事務所が、25日までにORICON NEWSの取材に対し「プライベートは本人に任せております」と答えた。

     24日に週刊誌『女性自身』電子版が、橋本が中川の住むマンションを出入りする姿などを掲載した。10月中旬に橋本が中川の都内自宅マンションを愛犬同伴で訪れ、その後一人で外出したという。別日にも同じマンションを出入りする姿をとらえ、橋本が所属事務所の車に乗り込んだとも伝えた。

     2人は2014年のドラマ『水球ヤンキース』で共演し、今年12月公開の映画『*ナイトパレード』で再共演を果たしている。

     橋本は1999年2月3日生まれ、福岡県出身。アイドルグループ時代の13年にファンが撮った写真が「1000年に1人の逸材」と話題になった。その後上京し、俳優として16年に『セーラー服と機関銃 -卒業-』で映画初主演、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、話題作に多数出演。舞台『千と千尋の神隠し』では主人公・千尋役を上白石萌音とダブルキャストで演じた。主演映画『カラダ探し』が公開中。

     中川は1998年6月14日生まれ、東京都出身。2011年のドラマ『家政婦のミタ』で注目を集めた。人気ドラマ・映画に多数主演・出演し、放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では畠山重忠役を演じている。19年に『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。』で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/8def799810a4ecd753fe05f6d6318b5af24846d7

    【【芸能】橋本環奈&中川大志に交際報道 双方の所属事務所は「プライベートは本人に任せております」】の続きを読む



    (出典 www.shochikugeino.co.jp)


    どうなるのかな?

    1 ネギうどん ★ :2022/09/20(火) 10:22:13.40ID:CAP_USER9
    2022年、これまでになかったペースで、有名お笑いコンビの解散が相次いでいる。

    先日解散が話題になったのは、漢字の覚え方がSNSでプチバズリしている、篠宮暁が所属する『オジンオズボーン』。コンビは22年もの間続いたが、相方のモチベーションに変化が生じ、年内を持って解散すると言う。

    4月には、コント日本一を決める『キングオブコント』の決勝常連で、一時はメディア出演も多かった『うしろシティ』が無念の解散。2組はいずれも松竹芸能の所属だが、志し半ばで幕を下ろすこととなった。

    「『オジンオズボーン』も『うしろシティ』も、『EXIT』ほどのルックスはないにしろ、華があるコンビ。お笑い芸人がブレークする上で重要な〝女性人気〟は持っており、もっと売れておかしくないポテンシャルはありました。特に全盛期、『うしろシティ』の女性人気はすごく、『キングオブコント』常連という知名度も持ち合わせていたのです。『オジンオズボーン』も『THE MANZAI』決勝に進んだことがありますし、共に決勝コンビという武器でしっかりと売り出す事が出来なかった事務所は、手腕がないと言わざるを得ません」(お笑い通)

    相次ぐ所属芸人の解散…マネジメントの問題?

    実際、同事務所のマネジメント能力には疑問を感じる部分があると言う。

    「現在、個人事務所で大活躍の『さらば青春の光』も、元々は松竹所属。事務所時代に売れず、セルフプロデュースで売れっ子になったところを見ても、やはり事務所に問題があった可能性も…。過去には稼ぎ頭だった『オセロ』松嶋尚美も独立し、ほどなくしてコンビ解散。不祥事とは言え『TKO』も共に事務所を離れており、統率力に欠けるのは明らかです。実際、松竹所属のピン芸人・みなみかわは事務所の不満を漏らしまくっており、営業はみなみかわの妻がやっている状態ですからね…」(芸能プロ関係者)

    ネット上にも、お笑いファンが

    《そりゃさらばを始め、脱・松竹芸人が増える筈だわ》
    《みなみかわが主導権を握れば松竹芸能は良くなるんじゃないかと思えてきた》
    《うしろシティに続き、オジンオズボーンが解散。松竹大丈夫か…?》
    《それにしても松竹、TKOがあんなことになって、うしろシティとオジオズが解散で、なすなかが人気者になるというね…》
    《松竹芸人は売れている上が潰れていくんだろうな。ますだおかだもコンビであまり活動しないし、私の好きなアメリカザリガニも最近見ない》

    と松竹の体制を心配している声が散見される。やはり傍から見ても、そのマネジメント能力には疑問符が浮かぶようだ。

    吉本興業のライバルだったお笑い事務所も、今やすっかり差を付けられている。

    https://myjitsu.jp/archives/379938

    【【芸能】人気お笑いコンビが続々と解散…松竹芸能に心配の声「大丈夫か…?」】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    対策をとる

    1 jinjin ★ :2022/09/14(水) 21:59:24.47ID:CAP_USER9
    爆笑問題ら所属のタイタン、SNS投稿への対応表明 誹謗中傷や虚偽の拡散には刑事告訴も検討「毅然とした対応を取って参ります」


    お笑いコンビ・爆笑問題らが所属している芸能事務所のタイタンが4日、公式サイトで、SNS投稿に関するお知らせとして

    「表現の自由の範囲内を超えていると判断される誹謗中傷や虚偽事実の拡散等につきましては、不本意ではございますが、刑事告訴や被害届の提出を含む法的措置により、毅然とした対応を取って参りますことをここにお伝え申し上げます」と記した。


    サイトでは、太田光代社長名義で「SNSの発達により、当社としても、皆様方の直接のお声を拝聴できる機会が増え、そこには当社としても学ぶべき御意見が数多く存在することから、皆様から愛されるタレント育成のためにも、日々参考とさせて頂いております」と報告。

    そのうえで「しかし、非常に残念なことに、叱咤激励の範囲を大幅に超えて、タレント個人に対する人格攻撃とも取れる誹謗中傷等も散見されるようになって参りました」と伝えた。

    続けて「当社としては、これまで通り、お叱りの言葉も含めて、タレント教育の参考とさせて頂きたいとの方針に変わりはございませんが、一方で、過去にはSNSによる個人攻撃により、対象者が自殺をされるという非常に痛ましい事件も生じていることを踏まえて、タレント個人を守るという社としての責務を全うすべく、一定のラインを超えた表現については厳しく対処していく必要があると判断するに至りました」と記した。


    その上で「したがいまして、表現の自由の範囲内を超えていると判断される誹謗中傷や虚偽事実の拡散等につきましては、不本意ではございますが、刑事告訴や被害届の提出を含む法的措置により、毅然とした対応を取って参りますことをここにお伝え申し上げます」との意向を表明。

    「もし心当たりのある方は、これを機に、表現の削除、御撤回を頂くなどの御対応をして頂けますよう、お願い申し上げます」と呼びかけた。


    結びには「最後に、SNSは誰かを容易に攻撃できるという危険性を孕んでいる一方で、使い方さえ誤らなければ非常に便利で暮らしに役立ち、さらには誰もが表現者になることのできる素晴らしいツールであることは間違いありません。誰かのやさしい言葉で、一日が楽しく穏やかに過ごせる、そういった日常を過ごすためのツールとして、今後も活用が進むことを心より祈念致しております」とつづった。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c29c29eaba07ba67fd859b09b5c9fc473b5c68c


    関連スレ
    【芸能】「#太田光をテレビに出すな」がトレンド入り…旧統一教会・安倍元首相 “擁護” で視聴者の不満は最高潮に [ネプチューンc★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1662988742/

    【【芸能】爆笑問題ら所属のタイタン、SNS投稿への対応表明… 誹謗中傷や虚偽の拡散には刑事告訴も検討 「毅然とした対応を」】の続きを読む


    謝罪する。

    1 ひかり ★ :2022/08/25(木) 16:48:25.98ID:CAP_USER9
     俳優・香川照之(56)の所属事務所は25日、一部週刊誌で報じられた香川の“性加害疑惑”報道について、謝罪とともに「本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です」とコメントを発表した。

     週刊誌では、2019年7月に東京・銀座のクラブで、ホステスに対して性加害に及び、被害女性がPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患っていたなどと報じられた。

     書面では「弊社所属の香川照之について一部週刊誌において報道がなされております件に関しまして」とし「本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です」と報告。

     「ご指摘いただいたことを本人は深く反省し、今現在も自らの戒めとしております」と伝え「お相手の方には、本人から深い反省と謝罪の気持ちをお伝えし、ご理解とお許しをいただいております。この度のご報告の文面も、あらためてお相手の方のご了承を得て発信させていただいている次第です」と記した。

     今回の記事にある訴状の内容については「本人が訴訟の対象者ではないこと、既に取り下げられていること、また、何よりお相手の方のお気持ちを尊重し、大変申し訳ございませんが、コメントは差し控えさせていただきます」と説明し「全ては本人の不徳の致すところであり、この度の報道で再びお相手の方に不快な思いをさせてしまうことは、痛恨の極みです」とした。

    ■以下コメント全文

    弊社所属タレントに関する一部週刊誌での報道について

    平素は多大なるご高配を賜りありがとうございます。

    弊社所属の香川照之について一部週刊誌において報道がなされております件に関しまして、ご報告させていただきます。

    本人の至らなさで当該女性に不快の念を与えてしまったことは事実です。

    ご指摘いただいたことを本人は深く反省し、今現在も自らの戒めとしております。

    お相手の方には、本人から深い反省と謝罪の気持ちをお伝えし、
    ご理解とお許しをいただいております。
    この度のご報告の文面も、
    あらためてお相手の方のご了承を得て発信させていただいている次第です。

    今回の記事にあります訴状の内容につきましては、
    本人が訴訟の対象者ではないこと、
    既に取り下げられていること、
    また、何よりお相手の方のお気持ちを尊重し、
    大変申し訳ございませんが、コメントは差し控えさせていただきます。

    全ては本人の不徳の致すところであり、
    この度の報道で再びお相手の方に不快な思いをさせてしまうことは、痛恨の極みです。

    皆様に大変なご迷惑ご心配をお掛けすることになり、誠に申し訳ございません。

    株式会社ロータス・ルーツ

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1695fb54f95056eefe5638e8b6ad3e2b3280e354

    【【芸能】香川照之“性加害疑惑”報道 所属事務所がコメント お相手女性には謝罪「本人は深く反省」】の続きを読む

    このページのトップヘ