芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 事務所



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    YouTubeに参入。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/09/04(金) 18:25:15 ID:CAP_USER9.net

    9/4(金) 17:00
    スポーツ報知

    大手芸能事務所・研音がYouTubeに本格参入 第1弾は反町隆史「100の質問」
    YouTubeに本格参入した研音。第1弾として反町隆史の動画を公開する
     唐沢寿明(57)、反町隆史(46)らが所属する大手芸能事務所「研音」がYou Tubeチャンネル「Kun net Cannel」を開設し、You Tubeに本格参入することを4日、発表した。映像制作会社「株式会社ギークピクチュアズ」と共同運営する。

     これまで同社が設立していた「Ken on official」をチャンネル名を変更して大幅リニューアル。東京事変の「永遠の不在証明」のミュージックビデオ、キットカットやスマートニュースなどのCMを手がけたギークピクチュアズとタッグを組み、動画を配信する。第1弾として、反町に朝ご飯や女性になったらしたいことなどを聞く「100の質問」と市川知宏(28)、福士蒼汰(27)、福原遥(22)の3人がリモートで、アドリブで言葉をつないでストーリーを展開する即興劇の2本をこの日午後5時から配信する。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7810ee4488f510c0835273aad73665da78006ee


    【【大手芸能事務所】研音がYouTubeに本格参入 第1弾は反町隆史「100の質問」】の続きを読む



    (出典 px1img.getnews.jp)


    反旗を出したところには厳しく対応。

    1 Time Traveler ★ :2020/08/30(日) 09:47:10 ID:CAP_USER9.net

    2020年8月28日配信開始となったYouTubeチャンネル「丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー」の動画にて、お笑いコンビ・鬼越トマホークの坂井良多が、雨上がり決死隊・宮迫博之のYouTubeチャンネルには「出演NG」であると吉本興業の芸人の間で雰囲気としてあると明かしていた。

    坂井良多:一応、一番言われてるのは、直接仕事の依頼があった時は吉本に相談してくれ、と。で、宮迫さんの…あ、言っちゃった。

    金ちゃん:ダメだよ、M迫さんな。イニシャルトークなんだから、これ。

    坂井良多:ただ、吉本に所属している以上、M迫チャンネルにだけは出るな、と。

    丸山ゴンザレス:それは言われてるんですね?

    金ちゃん:まぁ、ハッキリとは言われてないですけど、そういう雰囲気になってます。

    坂井良多:出たら、ペナルティがあるんじゃないかっていう。

    丸山ゴンザレス:え?どんなペナルティですか?

    坂井良多:いやぁ、もう…

    丸山ゴンザレス:∞ホールの掃除ですか?

    金ちゃん:いやいや、そんな簡単なのじゃないですよ(笑)

    坂井良多:それかもう、利き腕じゃない方の小指か、それか東京湾に沈められるか。

    2020/8/28 
    https://radsum.com/archives/19606


    (出典 wezz-y.com)


    【【芸能】#吉本興業 「吉本に所属している以上、宮迫のYouTubeチャンネルにだけは出るな」出たらペナルティも…】の続きを読む


    小倉 優香(おぐら ゆうか、1998年9月5日 - )は、日本のグラビアアイドル、女優。 千葉県出身。エイジアプロモーション所属。 2013年、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルを選出するオーディション「ミスセブンティーン」でファイナリストに選出され、数社のスカウトから水原希子がエ
    30キロバイト (3,765 語) - 2020年8月5日 (水) 13:09



    (出典 img.ranking.net)


    どうするのかな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/08/06(木) 19:22:47 ID:CAP_USER9.net

    8/6(木) 18:43
    デイリースポーツ

    小倉優香の所属事務所 ラジオ降板について「協議中です」
     小倉優香
     レギュラーを務めるMBSラジオ「アッパレやってまーす!水曜日」(後10・00)の7月29日の生放送で、終了間際に突然「辞めさせてください」と降板を直訴したモデルの小倉優香(21)の所属事務所が6日、本紙の取材に応じ、今後については「協議中です」と明かした。

     小倉は5日の放送を欠席。生放送だった前回放送のエンディングで、「朝早く起きて、夜早く寝るという生活をしていて、ラジオがつらくなったので辞めたいと事務所に言った」と告白し、「辞めさせてください」と突然、直訴していた。

     所属事務所は今後について「様子を見ながら時間をかけて」考えていくとし、MBSラジオとは「協議中です」と話していた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200806-00000111-dal-ent


    【【芸能】小倉優香の所属事務所 ラジオ降板について「協議中です」】の続きを読む


    SKE48(エスケーイーフォーティーエイト)は、日本の女性アイドルグループ。専用劇場を名古屋市・栄に有し、ここを拠点として中京圏を中心に活動している。秋元康が総合プロデュースを手掛けるAKB48グループの1つで、2008年に誕生した。運営会社および所属事務所はKeyHolder傘下のゼスト、所属レーベルはavex
    468キロバイト (52,334 語) - 2020年7月26日 (日) 07:23



    (出典 realsound.jp)


    ダメージが大きいでしょう。

    1 jinjin ★ :2020/07/29(水) 23:59:44 ID:CAP_USER9.net

    SKE48運営会社役員が児童買春逮捕の波紋
    親会社株価は下落率2位の暴落


    神奈川県警は28日、車内で少女2人に現金を渡し、わいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いでアイドルグループ「SKE48」の運営会社である「株式会社ゼスト」(東京都港区)の取締役・海老根一也容疑者(58)を逮捕した。


    この報道を受け、同社と親会社の「KeyHolder」は海老根容疑者を同日付で解任したことを発表。
    「当社に関係する全ての方々に多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。


    海老根容疑者は昨年7月にゼストの取締役に就任。
    海外担当役員だったため、SKE48の運営には全く関わっておらず、メンバーとの接点もなかったという。
    だが、取締役による児童買春というハレンチ事件の衝撃は大きく、ゼスト、KeyHolderは関係者への説明、対応に追われた。


    さらに怒りが収まらないのは海老根容疑者のせいでグループに傷をつけられたSKEのファンたちだ。
    SKEファンを公言する高須クリニックの高須幹弥名古屋院院長(45)は「コロナ禍の中でもファンのために一生懸命頑張っているメンバーたちがかわいそうです」と怒り心頭。

    同じくSKEファンの競輪評論家・加藤慎平氏(42)も「役員がメンバーの足を引っ張ってどうするんですか!」と声を荒らげた。


    海老根容疑者の逮捕が報道されると「KeyHolder」の株価は下落。前日比25円安の112円と大きく値を下げた。
    下落率マイナス18・25%は全銘柄の中でワースト2位だった。


    企業イメージも株価も押し下げた取締役の愚行。
    「元バンドマンで真面目に音楽を愛していたのに…」(知人)という海老根容疑者だが、児童買春という犯罪の代償はあまりにも大きかった。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/bd292ce5fcedd204b231c41085b2a0a3b0e9335a


    関連スレ
    SKE48運営会社の役員を逮捕 少女にわいせつ容疑 ★2 [豆次郎★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1595924271/




    (出典 image.video.dmkt-sp.jp)



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    【【芸能】SKE48運営会社役員が児童買春逮捕の波紋 親会社株価は下落率2位の暴落… SKEファンの著名人らも怒り心頭!】の続きを読む


    、2代目遠藤雄弥を皮切りに、初期より多数のメンバーが出演。また、特撮番組などへの出演経験者も多い 8月 ライブエンターテインメントショー「OUT OF ORDER 笑うな!」青山劇場にて上演 10月1日 ワタナベコメディスクール、ワタナベエンターテイメントスクールを開校 2006年
    28キロバイト (3,703 語) - 2020年7月24日 (金) 05:41



    (出典 news.biglobe.ne.jp)


    頭のイイ人が多そうです。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/07/27(月) 19:03:26 ID:CAP_USER9.net

    2020/7/27
    https://www.jprime.jp/articles/-/18478?display=b

    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    このコロナ禍、連日テレビやラジオに引っ張りだこの人物といえば、白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授。その岡田教授が先日、大手芸能事務所『ワタナベエンターテインメント』に所属したことが発表された。

     するとネットには、
    「勘違いしてほしくない」「本人のためにやめといた方がいい」
    「ギャラは倍増だろうな」「タレント気取り」 
     といったネガティブな言葉がずらりと並び、ギャラに関する憶測も広がった。

    ■所属するうえでのメリットは

     ここ数年を見ても、林修、ひふみんこと加藤一二三や元東大王・伊沢拓司、『あさイチ』で活躍した柳澤秀夫、元NHKアナウンサー・登坂淳一など、大手芸能事務所に所属を決めた文化人たちは多く、中にはタレントと変わらぬ活躍を見せている人もいる。

     なぜ、「文化人」である彼らは、テレビなどで活躍するようになると芸能事務所に所属するのだろう?

    「よく“結局、金なんじゃないか”なんて言われたりもしますが、事務所に入ったからといってギャラがいきなり増えるということは、ほとんどないですね」

     そう答えるのは、大手芸能事務所の文化人担当者(以下同)。所属の理由については、「やっぱりスケジュール管理が大きい」と話す。

    「これまではご自身でテレビ局のスタッフや出版社の方とコンタクトを取ってお仕事の調整をしていたのが、メディアに多く出演するようになると、生放送やスタジオ出演もありつつ、翌日や翌々日の打ち合わせをしているところに、さらに電話やメールがきて……と、かなり大変になってきます。

     あと、制作陣から無理なお願いをされたときや、受けたくない仕事の依頼があったときでも、今後の関係もありますから直接だと断りづらい。けど所属していると、会社が“壁”になってくれる。そういったメリットも考えられますね」

     でもなぜ、わざわざ「芸能」事務所に?

    「これまでの経験からいいますと、いわゆる専門家だけをマネージメントしているところではなく、役者もいる、バラエティーに出演しているタレントもいる大きな事務所だと、今までとは違った分野での活躍が期待できます。

     会社側も、先生方の本業を生かしつつ、様々なステージでの展開を提案していくので、例えば今は報道番組しか出てない方でも、教養バラエティーとか、露出を拡大していける可能性が出てくるわけです。そういう期待の意味も込めて、スキルアップのために、一度、マネージメント契約を交わすという方も少なくないですね」 

     そんな中、やはり気になるのが「ギャラ」について。ネットでは「ギャラが倍増になる」なんて噂も……。

    ■急に跳ね上がることは「ない」

    「まず、タレント価格と文化人価格って全然違うんですよ。冠番組を持っていたり司会者レベルになると話は別ですが、“文化人枠”ってなぜか安い。

     しかも報道系や情報ワイド系とかバラエティーとか、だいたい一律で金額が決まっていて、制作側もいろんなタレントとかとの兼ね合いも見て、“文化人で1時間ならこのくらい”という基準を元に予算オーバーしないようにキャスティングしているので、仮に10万円だった人が急に“20万円で”なんてなったら、次から使われなくなります(笑)。マネージメント契約を交わし、すぐに出演料を大幅に上げていくことは、大手でも難しいと思います」

     テレビに出ることで“タレント気取り”なんて言われることもあるが、懐事情としてはそういうわけにもいかないようだ。

    「打ち合わせとか資料作りとか、そういう拘束されているぶんを、多少、肉付けしてくださいってことはあります。でも、たとえギャランティが安くてもテレビに出たりすることで、著書などを出版したときは大きな宣伝にもなって実売にもつながりますから。そもそも本業がある方たちなので生活に困ることはまずありません。 

     あとは、なんといっても何かトラブルがあったときに会社がちゃんと対応してくれるというのが大きいんじゃないでしょうか。たまにフリーでやられている方で見かけるんですが、収録で契約するCMの競合となる商品を持ってしまったとか、一つ間違えれば違約金が発生してしまうようなことも、マネージャーがついてるとちゃんとチェックが入る。本人を守る仕事もしてますので、そういった意味でも事務所に入るメリットは大きいと思いますね」

     コンプライアンスに厳しく、そして「SNS炎上」も起きやすい昨今。自身を守るためにもまずは業界の“プロ”に身を委ねるということは正しい選択なのかもしれない。


    (出典 pbs.twimg.com)


    【【芸能】岡田晴恵、林修、ひふみん、文化人が芸能事務所に所属を決める「ギャラ以上」の理由】の続きを読む

    このページのトップヘ