芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 事務所


    手越 祐也(てごし ゆうや、1987年〈昭和62年〉11月11日 - )は、日本の男性歌手、俳優、タレント。 男性アイドルグループ・NEWS、テゴマスのメンバー。神奈川県横浜市出身。早稲田大学人間科学部中退。 2020年5月下旬より、芸能活動を休止している。
    35キロバイト (3,928 語) - 2020年6月11日 (木) 12:26



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    分裂の恐れもあるのか?

     5月26日に無期限の活動自粛が発表されたNEWSの手越祐也。今後についてはジャニーズ事務所からの退所が濃厚とも報じられている。ところがその“退所”がどうやら一筋縄ではいかなそうだというのである。

    「手越のほうは、自分にも言い分があるとの認識。一方でタレントを統括する滝沢秀明副社長は度重なる夜遊び報道にもはや堪忍袋の緒が切れており、ついに処分に踏み切った。活動休止ということはギャラも入らないわけで、音をあげた手越が早晩、自ら退所を切り出すのではないかと目されています」(業界関係者)

     ただ、実際にはそう簡単な話ではないとの指摘もあるようだ。

    事務所側にとって、手越の退所は“諸刃の剣”になりかねません。たしかに手越の自分勝手な振る舞いは強制退所もありえるレベルですが、その一方で手越は普段から後輩たちの面倒をよく見ており、後輩たちからの人望はかなり厚い。そのため手越が事務所を辞めるとなった場合、現体制に不満を持つ一部の後輩たちが『俺も手越くんについていく!』と脱退する可能性が否定できないのです」(前出・業界関係者)

     しかし“ジャニ辞め”タレントのほとんどが、テレビ露出もままならないことは広く知られる話。なにしろ元SMAPの“新しい地図”でさえ、未だに地上波にはほとんど出演できていない。

    「注目はどれくらいの後輩が手越に付いていくかでしょう。一人や二人であれば大したダメージではありませんが、“事務所分裂”と言えるほどの大人数となれば話は別。そもそも手越は藤島ジュリー景子社長の大のお気に入りと言われていますし、その手越の退所が原因となって事務所を割るような事態になったら、今度は滝沢副社長の責任問題にも発展しかねません。将来に禍根を残さないためにも、ここは滝沢副社長の腕の見せどころですね」(前出・業界関係者)

     手越の処遇が、事務所お家騒動に発展する可能性もありそうだ。

    (浦山信一)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【人望厚い手越祐也「退所」なら、ジャニーズ事務所が大分裂の可能性も】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    東日本大震災のときもやっていました。

    モデルプレス=2020/05/04】辻希美高橋愛藤本美貴道重さゆみらが所属する芸能事務所アップフロントグループ公式YouTubeチャンネルにて、所属タレント121人が参加した「愛は勝つ」などの合唱動画が公開された。

    【写真】辻希美&杉浦太陽夫妻、水着姿の2ショット公開

    ◆豪華121人が合唱&メッセージ

    事務所では、新型コロナウイルス感染が広がる中、最前線で不可欠な仕事の従事者に感謝の気持ちを伝えるため、不安な気持ちで日々を過ごしながらも頑張っている人々への応援を込めて、自宅などからリモート参加によるテレワーク合唱動画を作成。約20分の映像では、参加タレントによる「愛は勝つ」「泣いていいよ」 「負けないで」の3曲の歌唱とともにリレー形式でメッセージを送っている。

    動画の中ではタレントが「『日常』生活を送ることができているのは、最前線で不可欠な仕事に就くたくさんの方々の努力があってこそだと思っております。あらゆるリスクを負い多くの人々の『日常』を支える活動に心から感謝致します」などとメッセージ。「希望を持ち続けて、みんなで力を合わせてこの困難を乗り越えましょう。私たちは、最後に必ず勝つことができます」とも呼びかけている。(modelpress編集部)


    Not Sponsored 記事】

    (上段左から)KAN、相田翔子、藤本美貴、高橋愛、つんく♂(中段左から)中澤裕子、堀内孝雄、森高千里、加藤紀子、譜久村聖(モーニング娘。’20)(下段左から)真野恵里菜、道重さゆみ、里田まい、鈴木愛理、辻希美(提供写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【辻希美・高橋愛・藤本美貴・道重さゆみら、テレワーク合唱動画を公開 アップフロント所属121人が参加】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    そこから有名になる人は出てくるのか?

    1 チミル ★ :2020/03/17(火) 16:38:12 ID:3Dqk7jgH9.net

    松竹芸能が17日、UUUMとの業務提携として、UUUMが運営する“声とであう 声でつながる”音声配信ソーシャルアプリ『REC.』を活用した声優育成事業を開始することを発表した。

    両社は、2017年よりオンラインタレント育成を目的とした業務提携を行っている。今回の提携においては、松竹芸能が2020年4月より開講する『松竹芸能声優アカデミー』で、授業のプログラムに、音声配信アプリ『REC.』を組み込み、声優としての役域の拡大、セルフプロデュースの機会の醸成を目的として活用していく。

    また、同取り組みにより『REC.』への新たなユーザー層の参入とコンテンツの多様化が期待でき、ユーザーエンゲージメントの向上に繋げていく狙いがある。

    https://www.oricon.co.jp/news/2157690/full/


    (出典 voiceactor-iroha.com)


    【【芸能】松竹芸能、声優育成事業開始へ UUUMと業務提携】の続きを読む



    (出典 image.news.livedoor.com)


    ジャニーズは変わるのか?

    1 名無しさんは見た!@放送中は実況板で :2020/03/08(日) 07:55:20.43 ID:dXXrqXPc.net

    2月21日に会見を開き、ジャニーズ事務所を退所することを明らかにした中居正広。
    自らが会場を仕切り、ウィットに富んだ話術で場を沸かせる姿勢に、会見を絶賛する芸能人や業界関係者は多かった。
    世間からも好意的に受け止められたようだが、そんな会見の中で明らかになったことがある。
    それは「ジャニーズ事務所の弱体化」だ。

    これまでジャニーズ事務所を退所したタレントは、露骨にテレビ出演を減らされ、
    芸能界から〝干されて〟しまうことが多かった。
    『SMAP』の元メンバーである草彅、稲垣、香取ですらレギュラー番組を次々と降板させられ、
    一時、地上波から姿を消した。一方で中居は事務所からの円満退所に成功。
    今後も変わらずテレビに出演し続けることになる。
    https://friday.kodansha.co.jp/article/99269


    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】中居正広の独立で浮かび上がったジャニーズ事務所「崩壊の危機」】の続きを読む



    (出典 www.syumatsu.jp)


    お互いライバル?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/02/09(日) 21:12:20 ID:K+Qsmpfc9.net

    勝俣州和の『ORICON NEWS』でのインタビューが話題となっている。勝俣は若手時代に、とんねるずやウッチャンナンチャン、ダウンタウンといった大物芸人と次々と共演していった。
    これは当時のテレビ業界としてはあり得ないものだった。「とんねるずと絡んだらウンナンとは共演NG」といった不文律があり、テレビ局の偉い人から「どっちを取るんだ」と迫られたこともあったという。
    勝俣が干されなかったのは、小さな事務所だったので小回りが効いたのではと本人は語っている。

    こうしたエピソードはかつては多く存在した。代表的なものが、関東芸人と関西芸人の共演NGであろう。吉本興業が全国区に本格的に進出するのは、1990年代に入ってからである。
    何となく共演NGであった東西芸人をつなげたのが、80年代の人気バラエティ番組である『俺たちひょうきん族』(フジテレビ系)であった。
    関西芸人である島田紳助氏、明石家さんまと、関東芸人のビートたけし、山田邦子らが共演を果たしたのだ
    。この東西共演は、1988年スタートの『夢で逢えたら』(同)のダウンタウンとウッチャンナンチャンの共演例にもつながる。

    さらに、関西芸人同士でも吉本興業と松竹芸能の芸人は長らく共演NGであり、出演する番組も分かれていた。
    もともと1920年代に勢いのあった松竹芸能が、吉本の芸人を高額のギャラで引き抜き、トラブルを起こした禍根があったためと言われる。
    以降、両者の協定で双方の芸人の共演はNGとされていた。吉本と松竹芸人のテレビ初共演の場は、1990年代初めに放送された『さんまのまんま』(フジテレビ系)での、笑福亭鶴瓶のゲスト出演である。
    ほんの30年ほど前までは、吉本・松竹はバッチバチの関係だったのだ。

    業界の特殊な事情が絡んでいるとは言え、視聴者から見れば、こうした共演NGは不自然に映るのは確かだ。
    今後はそうした垣根を取っ払った大物同士の共演も見てみたいものである。

    http://dailynewsonline.jp/article/2187300/
    2020.02.09 20:00 リアルライブ


    【【芸能】吉本興業と松竹芸能は30年前まで共演NG? 芸能界の複雑な事情とは】の続きを読む

    このページのトップヘ