芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 歌舞伎役者


    振り返る

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/04(金) 11:05:26.69ID:6bZ/+TmA9
    11/4(金) 10:46配信
    東スポWEB

    市川團十郎が12年前の「暴行事件」振り返る 海外メディアが〝忖度なし〟質問
    笑顔で質問に答えた市川海老蔵改め市川團十郎
     歌舞伎役者の市川海老蔵改め市川團十郎(44)が4日、東京・千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。

     同協会では海外メディアがたびたび鋭い質問を飛ばす。

     この日の会見でイタリアメディアは團十郎に対し、2010年の市川海老蔵暴行事件について指摘。あれから10年以上たち、著名人のスキャンダルが起きた時、日本国内の反応は当時と比べてどう変わったかと思うかと聞いた。

     團十郎は「おもしろい質問をありがとうございます」と苦笑い。その上で「日本の倫理観は大きく変わってしまって、どんどん過敏になってきている」と切り出す。

    「言わなくてもいいのではないか、指摘しなくてもいいのではないかと個人的に思ったとしても、日本人は批判の対象が現れると、集中的に非難する傾向の割合が多くなってきている」と誹謗中傷の問題に触れた。

     この問題は「正しいか、正しくないかは日本人はジャッジできないと思う。海外の方がどう見られるかが興味深い」と続けた。

     海老蔵事件の発端となった加害者側とのケンカについては「若い時にケンカをするのはよくあることだなと正直に思った」と告白したが、今は大名跡の團十郎を襲名した身だ。

    「今日明日、そのようなことがあったら大変。おそらく起こらないと思う」とケンカ沙汰はないと強調。「もし起こってしまったら、多くの方々におしかりを受けるだろう」と自身に言い聞かせるように語った。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c213c1837de106f9e64f3c4c52eee72fec6aface

    【【芸能】市川團十郎が12年前の「暴行事件」振り返る 海外メディアが〝忖度なし〟質問】の続きを読む


    ビックリ

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/10/25(火) 19:41:44.10ID:7yqy37OI9
    松本白鸚、文化勲章受章に「びっくり」、長男・幸四郎「こうでなくちゃ」、長女・紀保「おっ! おっ!」、次女・松たか子「おっ、それはめでたい」と反応は三者三様

    2022年10月25日 11時30分

     文化勲章の受章が決まった歌舞伎俳優の二代目松本白鸚(80)は東京都内で会見し「身に余る栄誉に浴し、びっくりしています。役者は一生修行。お客さまに喜んでいただける芝居を*まで続けていきたい」と喜びを語った。
     家族の反応を問われると「(長男の松本)幸四郎は『そりゃめでたい。こうでなくちゃいけません』と。意味がわかりません。長女の松本紀保は『おっ! おっ!』とびっくりして『それはそれはおめでとうございます』と型通りのあいさつをしてくれた。次女の松たか子は『おっ、それはめでたい』。これだけでした。一番男らしかったけれども、いま野田さんの芝居『Q』をやっているのでそれどころじゃない(笑)。これ以上話すと文化勲章の記者会見らしくなくなるので」と芸能一家らしいエピソードで和ませた。
     1946年、3歳で東京劇場「助六」の外郎売の伜役を演じて二代目松本金太郎を名乗り初舞台。49年に東京劇場「逆櫓」の遠見の樋口を演じて六代目市川染五郎を襲名。81年に歌舞伎座「勧進帳」の弁慶ほかで九代目松本幸四郎を襲名。2018年、歌舞伎座「寺子屋」の松王丸ほかで二代目松本白鸚を襲名した。

    https://www.chunichi.co.jp/article/569707

    【【芸能】松本白鸚、文化勲章受章に「びっくり」、幸四郎「こうでなくちゃ」、紀保「おっ! おっ!」、松たか子「おっ、それはめでたい」】の続きを読む



    大きいサプライズ。

    『Jホラーかぶき 貞子×皿屋敷』の製作発表が行われ、片岡愛之助さんが出席しました。

    この作品は、「貞子」と怪談「播州皿屋敷」がコラボした新作歌舞伎です。

    貞子について愛之助さんは、「まだ画面の中でしか貞子さんとはお会いしていないというか見ていないので」と話し、

    「はやく貞子さんにお会いしたいなとは思っております」と思いを述べました。

    すると会場が突然 暗転…
    愛之助さんの背後に貞子が現れました!

    愛之助さんは思わず「はじめまして!ありがとうございます、お忙しい中。ありがとうございます。よろしくお願いいたします」と丁寧にあいさつ

    フォトセッションでは、貞子に見得を教えていました。


    片岡愛之助、貞子のサプライズ登場に「はじめまして!」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】片岡愛之助、貞子のサプライズ登場に「はじめまして!」】の続きを読む


    語る

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/25(火) 14:09:14.79

    1/25(火) 14:04配信
    デイリースポーツ

     歌舞伎俳優の市川海老蔵が25日、公式ブログを更新。「心のショックが大きかった」と、公演中止でメンタル的に苦しんだことをを明かした。

     海老蔵は、「なんか起きてしまった、、自然と、ここ数日なかなか起きれませんでした、おそらく舞台の疲れと二日間出来なかった心のショックが大きかったんだなと思います。」と吐露した。

     海老蔵は長女の市川ぼたん、長男の堀越勸玄と出演した新橋演舞場での舞台「プペル〜天明の護美人間〜」が、関係者の新型コロナウイルス感染によって2日間、公演中止となっていた。

     「今日は勸玄が一緒に寝たいと横で寝てます。スヤスヤと、、」とつづり、「私の中でお客様に申し訳ないのと二人の気持ちまだ残ってますが、1週間経ち少し大丈夫かなと思います。」と2人の子供へもおもんぱかっていた。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d35a5f1a5a8eb4b4c363001d1a903654acee0a1f


    【【芸能】市川海老蔵「心のショック大きかった」プペル歌舞伎公演中止で「数日なかなか起きれず」】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 征夷大将軍 ★ :2021/12/13(月) 23:42:01.21

    週刊実話2021.12.13
    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/41596
    週刊実話2021年12月23日号

    来春、市川團十郎白猿を襲名する歌舞伎界のプリンス・市川海老蔵と、所属する松竹の関係が悪化。

    梨園関係者からは「海老蔵を追放しろ」と物騒な声が上がっている。

    新作歌舞伎に取り組んでいる海老蔵は11月22日、来年1月上演予定の舞台『プペル~天明の護美人間~』の制作発表会見を開いた。脚本と空間・美術演出は原作の絵本『えんとつ町のプペル』著者で、お笑い芸人の西野亮廣が担当する。

    「当初、同公演の制作は松竹と発表されていましたが、その後、海老蔵や西野の事務所による新作歌舞伎『プぺル』実行委員会に変更されました。海老蔵サイドに押し切られたのです。海老蔵は10月に二股女性スキャンダルを起こしましたが、約2年前から松竹のコントロールが利かなくなっていました」(松竹関係者)

    昨年11月、福岡・博多座で市川海老蔵特別公演が行われた際、その舞台の取材会を欠席するという前代未聞の出来事があった。背景には、海老蔵と松竹の間でギャラを巡る暗闘劇があったとされている。

    ■出演料ダウンのお願いを拒否した海老蔵
    「コロナ禍で歌舞伎界は昨年2月末から公演中止、8月に再開しましたが、客数は半分に制限されました。松竹は演者に対して、『満席になるまで我慢してほしい』と出演料の大幅ダウンをお願いしたところ、大御所が受け入れたにもかかわらず、海老蔵は拒否。取材会欠席は松竹への抵抗といわれています」(演劇ライター)

    松竹との関係が悪化した海老蔵が、この1年半に東京・歌舞伎座に出演したのはわずか1カ月。

    「もともと海老蔵は、歌舞伎界で傲岸不遜な男として有名でしたが、サイバーエージェントの藤田普社長や〝芸能界のドン〟と呼ばれるS氏を傘に、テレビ界に影響力を持つK氏と親しくなってから、さらに傲慢になりました」(同・ライター)

    いくらバックに藤田氏らがいても、来春の市川團十郎白猿襲名興行は松竹の協力なしでは実現しない。

    「早いうちに松竹との関係を修復しないと、歌舞伎界から追放なんてこともありますよ」(梨園関係者)

    梨園だけに、ニラミ合いなら〝離縁〟だ。


    【【芸能】市川海老蔵に歌舞伎界“追放”の危機! 松竹との関係が最悪で…】の続きを読む

    このページのトップヘ