芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 音楽グループ


    「テレ東音楽祭」TRFの圧巻パフォーマンスに「これで50代はスゴイ!」 (2019年6月29日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    6月26日に5時間生放送された「テレ東音楽祭2019」(テレビ東京系)に出演したTRFに、改めて「素晴らしい」という称賛の声が相次いでいる。この番組は以前から「歌唱力の ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 pbs.twimg.com)


    trf/ BOY MEETS GIRL

    (出典 Youtube)


    50代でダンス。すごいですね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/30(日) 01:05:43.54 ID:ChXu4qql9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    6月26日に5時間生放送された「テレ東音楽祭2019」(テレビ東京系)に出演したTRFに、改めて「素晴らしい」という称賛の声が相次いでいる。

    この番組は以前から「歌唱力の差が歴然とする歌番組」と指摘されているのだが、今回は特にTRFボーカル担当のYU‐KIの歌唱力と52歳とは思えない美ボディに大きな反響が寄せられたようだ。

    「ネット民からは『YU‐KIは今でもちゃんと声出ているし、スタイルよくて、あの人とは大違い』『25年以上前の全盛期の頃と何も変わっていないことに驚き』といった驚きの声が続出しているようです。
    さらにキレのあるダンスを見せてくれたSAMには『これで57歳!還暦前とは思えない』『20代だってこんなに踊れない』『ふさふさの毛量は立派』といった声が、同じくダンサーのETSUにも
    『ウィキペディア見たら8月で55歳だって! 何このキレッキレなダンスとスタイルのよさ』『これだけ踊って息切れしないって何?』といった声が集まっています。
    さらにはメンバー5人が欠けることなく活動していることに『“継続は力なり”を体現してる』『90年代にマジでタイムスリップさせてもらって感動』『新曲リリースしてなくても見応えアリアリ』など、
    圧巻のパフォーマンスに心を揺さぶられた人が多かったようです」(女性誌記者)

    TRFのメンバーはほかにDJ KOOが8月で58歳。CHIHARUは52歳と全員が50代。
    これからもずっと見る者を圧倒し続けてほしい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1898893/
    2019.06.29 17:58 アサ芸プラス


    (出典 Youtube)

    TRF / EZ DO DANCE


    (出典 Youtube)

    TRF - Brave Story live 96


    【【芸能】「テレ東音楽祭」TRFの圧巻パフォーマンスに「これで50代はスゴイ!」】の続きを読む


    U」にヒントを得て「YOU&YOU」、すなわち「あなたとあなた」である。「リーダーの辻希美と、サブリーダーの加護亜依、2人合わせてダブルユーでーす!」と言う自己紹介テンプレートがあった。モーニング娘。からの卒業自体を同時に行ったのはこの2人が初めてのケースである。
    14キロバイト (1,686 語) - 2019年6月25日 (火) 00:12



    (出典 up.gc-img.net)


    完全復活ですね。

    1 峠 ★ :2019/06/26(水) 20:58:04.97 ID:CAP_USER.net

    6月26日放送の音楽特番「テレ東音楽祭 2019」に「W(ダブルユー)」として出演した辻希美さん(左)と加護亜依さん

    (出典 storage.mantan-web.jp)


     アイドルグループ「モーニング娘。」の元メンバーの辻希美さんと加護亜依さんによるユニット「W(ダブルユー)」が、
    6月26日生放送のテレビ東京の音楽特番「テレ東音楽祭 2019」に出演した。約13年ぶりとなる同ユニットの
    テレビ出演にSNSでは、「懐かしい!!」「胸熱」「エモすぎる」「ダブルユーに泣いてる」「ダブルユー、
    テレビで見られているの夢かと思った」といった歓喜の声が上がった。

     ダブルユーは、スペシャルメドレーとして2004年リリースの「ロボキッス」を披露し、女性デュオ「Wink」の「淋しい熱帯魚」をカバーした。
    歌唱前のトークでは、辻さんが「意外と久しぶりな感じがしない」と話すと、加護さんが「まさにやっぱり双子だったんじゃないか」と
    笑顔で応じる場面もあった。番組では、「モーニング娘。」のオーディションの模様を映した同局のオーディション番組
    「ASAYAN」の映像も紹介。当時12歳の辻さん、加護さんがモーニング娘。の先輩メンバーと対面した様子なども紹介された。

     SNSでは「ロボキッスかよ! 激アツ!」「ロボキッス、もう一生テレビで見れないかと思ってたからうれしかった」
    「ダブルユーが今も昔も変わらず可愛くて最高だった」といった声も見られた。

     ダブルユーは、3月30日に開催された「ハロー!プロジェクト(ハロプロ)」のイベント「Hello! Project 20th Anniversary!!
    Hello! Project ひなフェス 2019」で約13年ぶりに“復活”したことも話題となった。

    ソース MANTAN WEB 06/26
    https://mantan-web.jp/article/20190626dog00m200058000c.html


    【加護亜依&辻希美:ダブルユー13年ぶりテレビ出演に「泣いた」「懐かしすぎる」 テレ東音楽祭で「ロボキッス」披露】の続きを読む


    MAX、全員40代になって初楽曲「ガンガン踊れるところを見せたい」 - スポーツ報知
    4人組ダンスボーカルグループ「MAX」が25日、オリジナルメンバーの4人では9年ぶりとなる新曲「パルテノン」の発売イベントを都内で行い、LINA(42)は「全員が40代に ...
    (出典:スポーツ報知)


    MAX(マックス)は、日本の4人組・女性ダンスグループ。メンバー全員が沖縄県出身。所属事務所はライジングプロダクション。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。公式ファンクラブは「J-MAX」である。 1995年に結成された沖縄アクターズスクール出身のダンス・ボーカルグループ。「MAX
    69キロバイト (5,168 語) - 2019年5月5日 (日) 23:03



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    90年代を代表するグループです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/06/26(水) 07:32:29.94 ID:5PoBx1r89.net


    (出典 image.news.livedoor.com)

    新曲を披露したMAX(左からMINA、LINA、REINA、NANA=カメラ・生澤 英里香)

    4人組ダンスボーカルグループ「MAX」が25日、オリジナルメンバーの4人では9年ぶりとなる新曲「パルテノン」の発売イベントを都内で行い、
    LINA(42)は「全員が40代になって初めての曲。
    ガンガン踊れるところを見せたい」とアピールした。

    ピンク・レディーなどを手掛けた都倉俊一氏が作曲。
    荻野目洋子(50)の「ダンシング・ヒーロー」の振りを担当した三浦亨氏がピンク・レディー風の「テレパシーダンス」などの印象的な振りをつけており、
    NANA(43)は「小さい子どもも大人も一緒に踊ってほしい」と呼び掛けた。

    昨年再ブレークしたDA PUMPの「U.S.A.」と同じ作詞家が同曲を手掛けていることもあり、REINA(41)は「パンプ超えしたい」と意欲。
    MINA(41)は「ピンク・レディーさんともご一緒したいですし、この曲で紅白を目指せたら」と語った。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16677925/
    2019年6月26日 6時4分 スポーツ報知


    (出典 Youtube)

    Ride on time


    (出典 Youtube)

    一緒に… - MAX


    【【芸能】MAX、全員40代になって初楽曲「ガンガン踊れるところを見せたい」】の続きを読む


    サザンオールスターズ 55万人を動員した超巨大ツアー終幕!

    55万人はすごいです。

    サザンオールスターズ、55万人動員の超巨大ツアー終幕|ニフティニュース - ニフティニュース
    昨年の6月25日にデビュー40周年を迎え、8月1日にはプレミアムアルバム「海のOh, Yeah!!」が大ヒットを記録、同じく8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に ...
    (出典:ニフティニュース)

    サザンオールスターズ(英語: Southern All Stars)は、日本のロックバンド。所属芸能事務所はアミューズ。所属レコード会社はJVCケンウッド・ビクターエンタテインメント、所属レーベルはタイシタレーベル。略称は「サザン」「SAS」。公式ファンクラブ名は「サザンオールスターズ応援団」。
    217キロバイト (21,013 語) - 2019年5月20日 (月) 21:02


    (出典 www.cinra.net)


    NO.7540755 2019/06/17 21:32
    サザンオールスターズ 55万人を動員した超巨大ツアー終幕!
    サザンオールスターズ 55万人を動員した超巨大ツアー終幕!
    ■サザン,東京ドーム公演にてツアー完結!
    サザンオールスターズデビュー40周年を締め括るビッグイベント!

    自身初の全国6大ドームを含む全11箇所22公演で55万人を動員、元号をまたいだ巨大ツアーがついに完結!

    昨年の6月25日にデビュー40周年を迎え、8月1日にはプレミアムアルバム「海のOh, Yeah!!」が大ヒットを記録、同じく8月には「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018」に出演、13年ぶりの野外フェス出演が大きな話題に。

    さらに年末には35年ぶりにNHKホールで紅白歌合戦に出演、伝説のパフォーマンスを繰り広げ、日本中を興奮の渦に巻き込むなど、第一線を走り続けて40年というまさに“国民的ロックバンド”と呼ばれるにふさわしい活躍をメモリアルイヤーも展開してきたサザンオールスターズ。

    そのサザンの40周年イヤーが、東京ドーム2daysでついに完結を迎えた。

    ■サザンの歴史の中でも最大のツアー
    今回のツアーは、全国6大ドームを含む全11箇所22公演という巨大ツアー。

    サザンのドームツアーは、今までに5大ドームを含むツアーを2回(2005年、2015年)、4大ドームを含むツアーを1回(1999年※当時は札幌ドームが存在しなかった)、それぞれ行ってきているが、6大ドームというのは今回が初めて。

    全国で55万人もの観客を動員するという、長い歴史の中でも最大のツアーであった。

    ■ヘビー級のセットリスト!
    最新曲からデビュー曲まで、40年の重みを感じさせる全36曲、ヘビー級のセットリスト!

    ついにツアーファイナルを迎える東京ドームは開演前から異様なまでの、興奮の空気に包まれた。

    客電が落ち、1曲目の「東京VICTORY」のイントロが流れ始めるとともにステージを囲んでいた幕にメンバー5人のシルエットが投映されると、割れんばかりの手拍子が会場を包み込む。

    そしてリズムインとともに、幕が振り落とされ、ついにメンバーが姿を現す。

    バンド音をかき消すほどの歓声に東京ドームが揺れた。

    続いて披露されたのは昨年発表された「壮年JUMP」。

    “全国巡り 今日は千秋楽 お越し下さいまして ありがとう みんなの笑顔に逢いたくて 東京ドームへ 帰って来た”と替え歌で観客への感謝の気持ちを表わすと、場内はさらにヒートアップ。

    序盤から、50000人が一体となり、東京ドームは歓喜の空間となった。

    その他演奏曲は、同じく昨年発表された「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」から、「勝手にシンドバッド」や、「思い過ごしも恋のうち」などデビュー当時の楽曲、また平成元年に発表された「女神達への情歌 (報道されないY型(ケイ)の彼方へ)」といった久々に披露される曲まで、実に36曲。

    演奏時間は約3時間半にも及んだ。

    昭和〜平成そして令和時代へと、40年もの長きにわたり第一線を走り続けているバンドの重みと深みを感じさせるステージであった。

    最後に歌われたのは「旅姿四十周年」。

    “東京ドームで また逢おうね みんな元気で さようならを 東京ドームで また逢おうね みんな元気で ありがとうね”と締めくくり、ファンとの再会を誓い、感動的なステージの幕が下りた。

    ■サザンオールスターズの現在進行形
    ツアーとともに出来上がっていった新曲「愛はスローにちょっとずつ」(仮)。

    時代をまたぎ、未来へと向かうサザンオールスターズの現在進行形。

    3月30日から始まったこのツアーだが、一カ所目の宮城公演が終わった翌日には、新たな元号が発表され、ツアーの最中に令和へと突入するという、まさに「時代をまたいだ」今回のツアー。

    そんなツアーの大きなハイライトのひとつは、まだどこにも発表されていない新曲が各地で演奏されたこと。

    「ツアーでお客さんとともに熟成させていく曲」と語られながら全国で演奏された最新曲。

    時代をまたいで完成する新時代初の新曲を披露することで、40年の年月を経てなお現在進行形で未来へと向かっているサザンオールスターズの姿勢を改めて示した形となった。

    この曲について桑田佳祐は「今後レコーディングして、何等かの形で発表することになります」と語った。いつどんな形で世に出るのか、大いに期待されるところである。

    ■WOWOWでの放送が決定
    この東京ドームのライブの模様は、WOWOWで8月に放送されることが決定した。

    放送日時等の詳細は改めて後日発表されるので、こちらもお楽しみに。
    【日時】2019年06月17日
    【提供】UtaTen


    【サザンオールスターズ 55万人を動員した超巨大ツアー終幕!】の続きを読む


    音信不通KANA-BOON飯田けがなく自宅に戻る - 日刊スポーツ
    今月5日から連絡が取れなかったとされる4人組ロックバンドKANA-BOONのベース、飯田(めしだ)祐馬(28)が、無事に帰宅したことを16日、同グループの公式…
    (出典:日刊スポーツ)


    KANA-BOON(カナブーン)は、日本の4人組ロックバンド。 谷口鮪:Vo/Gt 人物 身長162cm、体重54kg。 全楽曲の作詞・作曲を行う中心人物。 「鮪」は高校時代のあだなで、「顔が正面から見た鮪に似ている」と初代ベーシスト(飯田の前代にあたる)に言われた事に由来する。 好物は海老。 音楽を好きになった切っ掛けはマキシマム
    60キロバイト (4,105 語) - 2019年6月16日 (日) 09:30



    (出典 img.tokyo-sports.co.jp)


    無事でよかったです。

    1 ニライカナイφ ★ :2019/06/16(日) 19:53:58.85 ID:CpNH7YXd9.net

    ◆ KANA-BOON飯田が帰宅 事務所お詫び全文

    ロックバンド・KANA-BOONが16日、公式サイトを更新。
    今月5日から連絡が取れなくなっていたベースの飯田祐馬が帰宅したと、15日深夜に家族から一報を受けたことを報告した。

    公式サイトでは「6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました」と発表。
    家族によると「憔悴してはいるものの、怪我などはない」とのことで、警察にもその旨を報告していると伝えた。

    その上で「KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております」としている。
    飯田をめぐっては、13日に公式サイトで「6月5日より、飯田祐馬(Ba)と連絡が取れておらず、あらゆる手段を講じてコンタクトをとろうとしておりますが、現在まで音信不通の状態が続いております」と報告され、「すでに、ご家族より警察へは捜索願を提出しております」と説明。
    あわせて、15日の企画ライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』の中止を発表していた。

    翌14日にはメンバーの谷口鮪、古賀隼斗、小泉貴裕が同サイトを通じ「メンバーとして、友達として、とても心配です。ただただ無事を祈るばかりです」と胸中を明かしていた。

    2019/6/16(日) 16:06 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190616-06160577-nksports-ent

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    ***
    ◆ 音信不通KANA-BOON飯田けがなく自宅に戻る

    音信不通状態だった4人組ロックバンドKANA-BOONのベース飯田(めしだ)祐馬(28)が自宅に戻ったことが16日、公式HPで報告された。

    ◇以下全文◇

    この度は、皆様に多大なるご心配、ご迷惑をおかけしており大変申し訳ございません。

    6月5日(水)より、音信不通の状態が続いておりました飯田祐馬(Ba)ですが、昨日6月15日(土)の深夜にご家族より、本人が帰宅したとの一報を受けました。ご家族によると、憔悴してはいるものの、怪我などはないとのことで、警察にもその旨を報告しております。

    KANA-BOONの今後の活動につきましては、本人の体調をみつつ、メンバーと共に話し合いを進めたいと考えております。

    改めてこの度は、多大なるご心配、ご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

    (株)ヒップランドミュージックコーポレーション

    飯田は5日から音信不通で家族が警視庁成城署に捜索願を提出。15日のライブが中止になっていた。

    ***
    ◆ KANA-BOON飯田祐馬、昨日深夜に無事帰宅
    https://natalie.mu/music/news/335876

    公式サイトでの発表によると、飯田が昨日6月15日の深夜に帰宅したことが家族より報告されたとのこと。
    飯田は憔悴しているものの怪我などはないとのことで、KANA-BOONの今後の活動については本人の体調を見ながらメンバーと話し合って決定される。

    ***
    ◆ KANA-BOONメンバー安堵「無事でよかった」
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906160000635.html

    飯田の無事が確認されたことを受け、メンバー3人がツイッターでコメントした。
    ボーカル谷口鮪(29)は「発表の通り、めしだが帰ってきました。無事でよかった…。たくさんご心配をおかけしてしまい、すみませんでした。お気遣い頂いたみなさん、メッセージをくださったみなさん、本当にありがとうございます」。
    ギター古賀隼斗(28)は「めしだが無事で本当によかった。。。お騒がせしてすみませんでした。めしだを待つ間、皆さんの言葉が励みになっていました。本当にありがとうございます」。
    ドラム小泉貴裕(28)は「今回はご心配とご迷惑をおかけして、すいませんでした。すごい心配で不安でしたが、今はとにかくめしだが無事に帰ってきて本当に良かったです。本当にたくさん励ましのメッセージもらって頑張ろうと思えました。本当にありがとうございました」と、それぞれ感謝と安堵(あんど)の言葉をつづった。

    日刊スポーツ 2019年6月16日16時38分
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906160000622.html

    ■前スレ(1が立った日時:2019/06/16(日) 16:07:29.63)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1560672514/


    【【芸能】音信不通のKANA-BOON飯田が自宅に戻る 「憔悴してはいるものの、怪我などはない」 事務所が謝罪文掲載】の続きを読む

    このページのトップヘ