芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 音楽家・歌・舞台


    謝罪する。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/09/19(日) 22:20:26.93

    9/19(日) 22:05
    スポニチアネックス

    鬼龍院翔“二股交際”報道を涙目で生謝罪 メンバーらビンタ 金爆流“体張った”謝罪
    ゴールデンボンバーの鬼龍院翔
     今月4日に一般女性と結婚した男性4人組エアバンド「ゴールデンボンバー」の鬼龍院翔(37)が20日夜、ニコニコ生放送「月刊ゴールデンボンバー」に出演。8日に「文春オンライン」で報じられた“二股交際”を謝罪した。

     冒頭、メンバー3人とマネジャーがビンタ。鬼龍院は「大変申し訳ないのですが、週刊誌への回答以上のことは今はお話できません」などと涙目で頭を下げた。

     その後、「大量ビリビリペン」など体を張った“謝罪”を敢行。「こうしないと、ゴールデンボンバーとして先に進めないと思いました」と企画。この日の番組の制作費は全部、鬼龍院持ちという。

     報道によると、鬼龍院は10年以上前に知り合った女性と事務所公認の交際をしていたが、現在の妻との交際が始まっても関係を清算できず、今年に入っても二股交際を続けていたという。

     報道を受け、鬼龍院はブログで謝罪。女性について「10年来仲良くしている女性の友人がいることは事実」と釈明。最後に会ったのは今年3月と説明し「その時に結婚の予定があることを話し、その日はそれ以外特に何もなく、以後は会っていません」とした。女性に向け「私のことで傷付けてしまっていましたら大変申し訳ございません」ともコメント。他のメンバー3人や妻には謝罪したという。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9702c7ae7cfc5401810644063253e40784a5faae


    【【芸能】鬼龍院翔“二股交際”報道を涙目で生謝罪 メンバーらビンタ 金爆流“体張った”謝罪】の続きを読む



    早く、治ってほしいです。

    NO.9851774 2021/09/19 22:27
    アニソン歌手の黒崎真音が緊急手術、配信ライブ中倒れ「硬膜外血腫」診断
    アニソン歌手の黒崎真音が緊急手術、配信ライブ中倒れ「硬膜外血腫」診断
    アニソン歌手、黒崎真音の所属事務所は19日、黒崎が18日の配信ライブ中に倒れ、救急搬送先で「硬膜外血腫」と診断されたため、緊急手術を行ったことを公式サイトで発表した。

    発表では、黒崎について「配信中止後、救急搬送した先の病院で『硬膜外血腫』との診断が出ました。この診断を受け、受け入れ先の病院で緊急手術を行いました。手術は成功し、現在は容態も安定しております」と報告した。回復については「最短でも2カ月以上の療養期間が必要」として、当面休養することも発表した。

    また「当面は絶対安静が必要」として、10月のミュージカル「悪ノ娘」(草月ホール)と25日のライブ「Appearance Vol.1 in 札幌」の出演はキャンセルし、治療に専念する。

    黒崎は2010年、アニメ「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」の全12話すべて異なるエンディングテーマを集めたアルバム「H.O.T.D.」でデビュー。アニメ「東京レイヴンズ」のオープニングテーマ「X-encounter」などの作品がある。昨年には神田沙也加とユニット「ALICes」を結成し、楽曲も発表した。

    【日時】2021年09月19日 18:16
    【ソース】日刊スポーツ

    【アニソン歌手の黒崎真音が緊急手術、配信ライブ中倒れ「硬膜外血腫」診断】の続きを読む



    ヘアカラー

    NO.9845191 2021/09/17 13:39
    LiSA、新ヘアカラーは万華鏡色!10年の想いを込めた「虹髪」
    LiSA、新ヘアカラーは万華鏡色!10年の想いを込めた「虹髪」
    ■LiSA、黒×虹色の新ヘアカラーがかっこいいと話題に
    大人気アーティストのLiSAが「約10年前、駆け出して往った時のような、黒髪かと思いきや、実はピンクやブルー色んな色や想いを連れて帰ってきた、虹髪、万華鏡色です」というコメントと共に、鮮やかにチェンジした新ヘアカラーを自身のインスタで披露した。

    今回LiSAが挑戦したヘアカラーは定番の赤やピンクではなく、色鮮やかな「万華鏡色」だ。
    前髪やトップの辺りは黒髪に、ピンクやブルー、パープルなどがポイントカラーとして入っている。

    可愛らしい雰囲気もありつつ、迫力ある歌声が印象的なLiSAにぴったりのかっこいいヘアカラーと言えるだろう。
    この投稿には「めっちゃ美しくて、かっこいい!!♡」「めちゃくちゃ素敵 真似したい♡」「虹髪可愛い♡素敵な色ですね」などという絶賛するコメントが多数寄せられ、LiSAの新ヘアカラー「虹髪」を真似したいというコメントも見られた。
    【日時】2021年09月17日
    【提供】UtaTen
    【関連掲示板】

    【LiSA、新ヘアカラーは万華鏡色!10年の想いを込めた「虹髪」】の続きを読む



    「最愛」主題歌

    NO.9845678 2021/09/17 17:51
    宇多田ヒカル 新曲が10月スタートドラマ「最愛」主題歌に決定!
    宇多田ヒカル  新曲が10月スタートドラマ「最愛」主題歌に決定!
    ■宇多田ヒカル新曲、10月スタートTBS系金曜ドラマ「最愛」主題歌に決定!
    2021年上半期は楽曲『One Last Kiss』(映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』テーマソング)がオリコンランキングにて“ソロアーティスト史上初”3週連続デジタル2部門同時1位やビルボードのランキング、DLシングル・アルバム・アニメ含め4冠達成、世界33カ国・地域でランクインなど話題も多かった宇多田ヒカル6月には、『PINK BLOOD』(アニメ「不滅のあなたへ」主題歌)もリリースし、こちらもチャートを席捲。

    また、資生堂が、世界88の国と地域で展開するブランド「SHISEIDO」の新グローバルキャンペーン”POWER IS YOU(パワー・イズ・ユー)”のキャンペーンソングに『Find Love』が起用されるなど、国内外へ向けて快進撃を続けている。

    そんな宇多田ヒカルの次なる新曲がTBS系金曜ドラマ「最愛」の主題歌となることが本日発表された。

    宇多田ヒカルがドラマの主題歌を務めるのは、昨年4月放送 日本テレビ系新日曜ドラマ(よる10時30分放送)『美食探偵 明智五郎』の『Time』以来のこと。

    TBSドラマの主題歌を担当するのは、1999年放送の『魔女の条件』、2002年放送の『First Love』、2017年放送の日曜劇場『ごめん、愛してる』に続き4年ぶりで、金曜ドラマ枠では初めてとなる。

    ドラマ『最愛』は、金曜ドラマ『アンナチュラル』(2018年)や『MIU404』(2020年)などヒット作を次々と生み出しているプロデューサー・新井順子と演出・塚原あゆ子、そして2人とは金曜ドラマ『リバース』(2017年)でタッグを組んだ脚本家の奥寺佐渡子と清水友佳子が完全オリジナルで描くサスペンスラブストーリー。

    主演に吉高由里子を迎え、どのようなストーリー展開となるのか、こうご期待。

    主題歌の音源や曲名はドラマの第1話放送でお披露目ということで、ドラマとともに、要チェック。
    【日時】2021年09月17日
    【提供】UtaTen
    【関連掲示板】

    【宇多田ヒカル 新曲が10月スタートドラマ「最愛」主題歌に決定!】の続きを読む


    失敗から学ぶこともある。

    乃木坂46の山崎怜奈(れなち)がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「山崎怜奈の誰かに話したかったこと。(ダレハナ)」9月16日(木)の放送は、石井竜也さん(米米CLUB)をゲストに迎え、お送りしました。


    石井竜也さん(右)、パーソナリティの山崎怜奈



    米米CLUBは昨年デビュー35周年を迎え、これまでを振り返り「そのときそのときで楽しんでいた」と石井さん。「明日がどうなるとか、未来はこういうふうになっていたいなどは、一切考えていなかった。明日消えてもしょうがない。米米CLUBってそういうバンドだったので、“未来を見据えて”みたいなことはみんなと話したことがない」と言います。

    そもそも石井さんは、未来や将来に対して「自分で考えなくても自然とやってくるもの。過去はあるにしても未来はない。いくら考えてもしょうがない。未来は決められないんだから、いまの自分を大切にしたほうが利口」と自身の考えを明かします。

    さらには、「歴史を学ぶと人間はダメだなって思う。いい歴史ばかり教わって、それで良しとしてしまうのは浅はか。歴史の裏側にある人の愚かさみたいなものを勉強したほうが、次につながるかもしれない」と持論を述べます。

    一方、米米CLUBメンバーに対しては「みんなに自由度をあげたい」と話します。そして、「こうしないといけないと思った瞬間に、物事はだいぶ小さくなる。これもある、あれもあるよねって言っているうちは、どんどん広がっていくし、そっちのほうが楽しい。やらなきゃいけないと思った時点で負け」と力説。

    いまはコロナ禍でもあり、なにかと息苦しい世の中とあって、「いまの若い人たちはかわいそう。みんな頭が良くなったのは確かだけど、やっぱり若さというものがあるからこそ、若者はどこかで発散しないと」と危惧します。

    また、石井さんは「いまは失敗できない時代になっている」とも。「ある程度の年齢になって失敗してしまうと、元通りにならない。若いうちに失敗したうがいい」と若者にメッセージを送ります。

    そんな石井さんは、9月17日(金)に著書「本日の日本」を刊行。それは普段メディアでは言えないような話や、個人的な悩みや悔やみ、失敗談など10年間にわたって配信してきた、石井さん自身の作り手としての心の揺らぎをまとめたもの。

    ただ、そういった弱みも30歳ぐらいまでは一切表に出さず、「隠すのがプロだと思っていた。余裕で歌っているように見せようとばかり考えていた。でも、それはパフォーマンスの一部、作り物の一部でしかない。どこまでいっても作り物はたかがしれている」と言います。

    そんな石井さんの深い話に、れなちは熱心に耳を傾け「今日のオンエアを聴き返して自分の信条にしたいと思いました」と感心していました。

    <番組概要>
    番組名:山崎怜奈の誰かに話したかったこと。
    放送日時:毎週月~木曜 13:00~14:55
    パーソナリティ:山崎怜奈(乃木坂46
    番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/darehana/
    若いときに失敗せよ、歴史の裏側にある愚かさを学ぶ…石井竜也(米米CLUB)が送る若者へのメッセージ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【若いときに失敗せよ、歴史の裏側にある愚かさを学ぶ…石井竜也(米米CLUB)が送る若者へのメッセージ】の続きを読む

    このページのトップヘ