芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:国際 > ヨーロッパ


    日本なら即クビ間違いなし? ドイツのサービス業は“店員の立場が客より上”が当たり前


    日本なら即クビ間違いなし? ドイツのサービス業は“店員の立場が客より上”が当たり前 (2019年6月9日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    ドイツ人は几帳面で真面目な点が日本人と似ているとよく言われるが、サービス面においては全くの正反対と言えるようだ。日本人がドイツで生活すると、日本ではあり得ない ...
    (出典:エキサイトニュース)



    (出典 ore-germany.com)


    サービスが悪くても国が発展してます。ドイツには西、東に分かれていたこともあると思います。

     ドイツ人は几帳面で真面目な点が日本人と似ているとよく言われるが、サービス面においては全くの正反対と言えるようだ。日本人ドイツで生活すると、日本ではあり得ないようなサービスを受けることが多いという。

     まず、最もサービスの違いを感じるのはレストランで食事をした時だ。日本ではほとんどのレストランで、ベルを鳴らせばすぐに店員が来てくれるだろう。しかしドイツには店員を呼ぶためのベルはなく、だからといって店員が注文をすぐに聞きに来ることもない。注文をするタイミングは、客ではなく店員のタイミング。基本的には、客は店員が来るまでひたすら待つのだ。さらに、店員がオーダーを間違えたとしても、すぐに謝ることはない。間違いを認めないことも多いようだ。

     「レストランでオーダーを間違えられた経験は何度かありますが、店員は自分のせいではないという態度で誰にでも接してきます。『あなたの声が聞き取りにくかった』『今から作り直させて時間を取らせるの?』と逆ギレされ、こちらも強く言わなければ、丸め込まれてしまうことも多いですね」(ドイツ在住歴3年の日本人)

     また、支払いのタイミングもすべて店員次第である。日本では、閉店時間前や時間制限がある場合を除いて、たいていは客側のタイミングで会計をする。対してドイツでは、「今、会計を済ませてください」と店員が言いに来る場合もある。ドイツテーブルごとに担当の店員が決まっていて、チップもその店員に払うのが一般的なため、店員は自分が上がる時間になると、先に担当テーブル分の会計を済ませ、チップをもらうようにしているのだ。

     「日本では長居をしても嫌な顔をしないで応対してくれるお店が多いので、ドイツのお店で先に会計をお願いされた時は驚きました。ただ、会計をしたからといって席をすぐに立つ必要はなく、そのまま居座っても問題はありません」(ドイツ在住歴1年の日本人)

     さらにスーパーのレジでも違いがある。日本では、一人ひとりの客に対し、レジ係の人がお辞儀をしてていねいに商品をカゴや袋に詰めてくれる。しかし、ドイツではレジ係の人は挨拶もほどほどに、そそくさとレジを打ち、レジを通った商品を無造作に置いていくのだ。ドイツのほとんどのスーパーでは食品を詰めるスペースがなく、レジを通った商品をその場ですぐに客がカゴや袋に詰めるシステムだ。そのため、客もゆっくりとしていられない。

     「レジを通った商品を袋に詰めるのが遅く、レジ係の人に『他にも人が並んでて、忙しいから早くして』と、怒られた経験が何度もあります。支払いが遅くてもレジ係の人に注意されるので、できるだけカードで支払うようにしています。ドイツ人もそれを分かってか、カードで支払う人が多いですね。カードだと、レジ係の人にとってもお釣りを渡す手間がないので、楽なようです」(ドイツ在住11年の日本人)

     日本の接客が過剰すぎるとの批判もあるが、その接客に感動する訪日外国人も多いという。対して、労働者側から考えれば自由度の高い接客ができるドイツのほうがストレスがたまらないだろう。どちらの国もそれぞれ、一長一短だと言えそうだ。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本なら即クビ間違いなし? ドイツのサービス業は“店員の立場が客より上”が当たり前】の続きを読む


    ネス湖のDNA調査の結果の一部が発表される。科学者らは「ネッシーがいないとは断定できない」と意味深な発言


    ネス湖のDNA調査の結果の一部が発表される。科学者らは「ネッシーがいないとは断定できない」と意味深な発言 (2019年6月9日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    simonbradfield/iStockいるのかいないのか、できればいてほしい伝説のUMA、ネッシーロマンス。1934年に大々的に話題となったネッシー写真はフェイクであったことが判明 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    ネッシー(英: Nessie)は、イギリス、スコットランドのネス湖で目撃されたとされる、未確認動物「ネス湖の怪獣 (the Loch Ness Monster、ロッホ・ネス・モンスター)」の通称。未確認動物の代表例として世界的に知られ、20世紀最大級のミステリーとして語られてきた。今はもう居ないとされている。
    18キロバイト (2,776 語) - 2019年4月20日 (土) 13:12



    (出典 cdn.getyourguide.com)


    どうなってしまうのか。結果が楽しみもありますけど。

    iStock-900883876_e


     いるのかいないのか、できればいてほしい伝説のUMAネッシーロマンス

     1934年に大々的に話題となったネッシー写真はフェイクであったことが判明するも、まだその夢とロマンを捨てきれない人々は世界中に多く存在する。

     それは科学者たちだって例外ではない。昨年、ニュージーランド・オタゴ大学の研究チームがネス湖のDNA調査を開始したことはカラパイアでも取り上げたが(関連記事)、その調査結果の一部が報告されたようだ。

     研究者らは「ネッシーが存在しないとは断定できない」と、ポジティブな調査結果を匂わせる発言をしているという。

    ―あわせて読みたい―

    ネス湖の怪獣「ネッシー」にロマンを求めて。科学者らがネス湖に存在するDNA調査を開始予定(ニュージーランド研究)
    ネッシーなんかい?ネス湖を悠々と泳ぐ巨大生物をとらえた約10分にもおよぶ長編映像
    ネス湖のネッシー、その経済効果は年間61億円(スコットランド)
    今年も活発?ネス湖で5日間に2度、ネッシーらしき物体が目撃される
    ネス湖に巨大生物は存在するよ、怪獣じゃないけどね。「ネッシーの正体は巨大ナマズ」説を唱える研究者(スコットランド)

    ネス湖の3つの異なる深さから水のサンプルを採取

     ニール・ゲンメル教授率いる研究チームは、去年6月に2週間ほどかけて、ネス湖の3つの異なる深さから水のサンプルを採取した。

     湖に暮らす生物が残したとされる微量の皮膚や鱗、羽毛や毛皮、更に糞便などを収集し、それらをニュージーランドオーストラリアデンマークフランスの各研究所で分析した。

     ゲンメル教授によると、DNA検査では水中に生息していた3,000種類ほどの微生物とともに、15種類の魚が検出されたという。

     これまでにも、ネッシーは古代に生息していた首長のプレシオサウルス(魚類と爬虫類の中間的生物といわれる)の生き残り、もしくはチョウザメや巨大ナマズという仮説があった。最近ではヨーロッパオオナマズ説が発表されたばかりだ。

    ・ネス湖に巨大生物は存在するよ、怪獣じゃないけどね。「ネッシーの正体は巨大ナマズ」説を唱える研究者(スコットランド) : カラパイア

     教授らは、今回このデータを使用して、ネッシーの性質に関する一般的な仮説を検証した。

    3_e4


    ネッシーが存在しないとは断定できないとの結論


     今回の研究で、ポジティブな手ごたえを得ることができたのか、ゲンメル教授は次のように話している。
    主要なネッシー仮説をそれぞれ1つずつ検証したところ、言えるのは「3つは正しくないが1つは正しいと言えるかもしれない」ということです。

    我々が、ネッシーの存在を否定することは決してありません。しかし、証拠が見つからなければ何も証明することができません。

    我々にできるのは、発見したことを説明することだけです。目的としては、ネス湖の生物多様性をある程度詳細に文書化することであり、それを達成したと言えるでしょう。

    もっと深いミステリーがあるかどうか…
    それは、あなたが何をどこまで信じるかによりますね。

     ちなみに、今年に入ってからも6件のネッシー目撃情報が寄せられているという。このネッシー伝説がスコットランドにもたらす経済効果は、毎年およそ61億円とも言われている。

     年間何十万人もの観光客がこの神話のモンスターとの出会いを求めてやってくるのだ。

    ・ネス湖のネッシー、その経済効果は年間61億円(スコットランド) : カラパイア

     なお、この研究のすべての結果発表は速くて来月、遅くても今年中にはなされるとのことだ。

    References:Loch Ness monster 'might be real' as scientists make 'surprising' discovery - Mirror Online/ written by Scarlet / edited by parumo

    全文をカラパイアで読む:
    http://karapaia.com/archives/52275184.html
     

    こちらもオススメ!

    UMA未確認生物についての記事―

    天界どうした?堕天使が落ちてきたと話題となっている動画(アメリカ)
    ネス湖に巨大生物は存在するよ、怪獣じゃないけどね。「ネッシーの正体は巨大ナマズ」説を唱える研究者(スコットランド)
    今年も活発?ネス湖で5日間に2度、ネッシーらしき物体が目撃される
    巨大タコ?クジラ?浜辺に打ち上げられた謎の巨大肉塊「グロブスター」の正体をめぐる研究者たちの物語(アメリカ・1896年)
    アトランティス、人魚、サイクロプスなど。伝説の裏に隠された5つの事実

    ―知るの紹介記事―

    自宅の庭をハチが好む環境に整えてくれた住人に補助金が給付される(アメリカ・ミネソタ州) ※ハチ出演中
    なつかしの味がご家庭で簡単に!見た目もかわいい、クアッカワラビー型きなこ棒のレシピ【ネトメシ】
    古代人、おまえもか。ローマ帝国の軍人が描いた2000年以上前の息子スティック画が発見される(イギリス)
    シュレーディンガーの猫を救出する方法がついに判明か?(米研究)
    リアルの友人とネットの友人。それぞれの友人の選び方には違いがあることが判明(米研究)
    ネス湖のDNA調査の結果の一部が発表される。科学者らは「ネッシーがいないとは断定できない」と意味深な発言


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ネス湖のDNA調査の結果の一部が発表される。科学者らは「ネッシーがいないとは断定できない」と意味深な発言】の続きを読む

    このページのトップヘ