芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:社会人 > 元芸能人



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    助けを出したのかな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/11(木) 07:21:46.85 ID:CAP_USER9.net

    2/11(木) 0:32配信
    東スポWeb

    島田紳助氏

    「雨上がり決死隊」宮迫博之(50)のユーチューブチャンネルが10日、更新され、2011年に芸能界を引退した島田紳助氏(64)が電話で出演。復帰を完全否定した。

     緊張した面持ちで電話をかけ、そのまま電話出演することをお願いした宮迫に対し、紳助氏は「別にええけど」とあっさりOK。近況をたずねられると「コロナやから何もすることないやん。暇やからゴルフばっかりしてんねん。暖かくなったら釣りと、去年からウエイクサーフィンにはまって、ウエイクサーフィンとゴルフと釣り、あと筋トレ」という健康的な日々をすごしているという。

     その流れで宮迫が「いずれは出ていただきたいなっていうのがあるんです」と自身のチャンネルへの出演を持ちかけると「アホなこと言うたらあかんで。世間は60歳で定年になって、あと5年使ってくれはって、65歳でホンマの定年。世の中は64歳なんていらんねんで。俺もう来月で65歳や。そりゃもう使い物にならんで」と年齢を理由に断った。

     動画を見る限りトークは全く錆び付いていないが、紳助氏は芸能界に戻る気持ちは全くなく、ユーチューブに映ることも拒否しているという。

     紳助氏は「芸能界おるとき年間340日ぐらい下痢しててん」といい、引退当時は「辞めたくて辞めたくて仕方なかった」という。時おり浮上する復帰情報については「ネット見てたら復帰を画策してるみたいなこと書いてあったりするけど、誰やねん! 爆笑やな。1ミリも戻ろうと思ったことがない」と断言。宮迫も「お会いした時もおっしゃってましたね。絶対ないって」と続いた。

     紳助氏は「あんなしんどいことしててんで。ベトナム戦争行って、激しく戦って、帰って来てハワイで暮らしているアメリカ人に、もういっぺんベトナムに行けみたいな話やんか」と独特の言い回しで当時の辛さと復帰があり得ないことを表現した。

     また司会者として、出演タレントに厳しい態度を取ったことを今は反省しているという。「番組として司令塔やから、なかなか自分の思うように動いてくれへんタレント見てると、だんだん眉間にシワが寄っとってんけどね。勝手なものを求めてたなー思って。悪かったなと今は思う。反省。会うて20人ぐらいにほんま心から謝罪しなあかんわ」と語っていた。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/da9ca1cd674a93754b25847f5d05bc7dd51eaa0b


    【【芸能】島田紳助氏 宮迫のユーチューブに出演 昔を振り返り「20人ぐらい心から謝罪しなあかん」】の続きを読む


    里田 まい(さとだ まい、1984年3月29日 - )は日本の歌手、タレント。カントリー・ガールズのスーパーバイザーであり、かつてはカントリー娘。、Pabo、アラジン、里田まい with 合田兄妹にも所属していた。アップフロントクリエイト所属。身長161.5cm、血液型A型。愛称はまいちゃん、まいちん、さっとん等。本名、田中
    32キロバイト (4,070 語) - 2020年7月25日 (土) 01:00



    (出典 image.itmedia.co.jp)


    日本の芸能界復帰するのかな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/30(土) 07:44:49.14 ID:CAP_USER9.net BE:815787458-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    1/29(金) 20:21配信
    J-CASTニュース

    里田まいさん(写真:アフロ)

     怪物・マー君の日本球界への復帰が話題だ。2013年シーズンを最後に14年から米大リーグ・ヤンキースで活躍を続けていた田中将大投手(32)が、21年から古巣のプロ野球・楽天でプレーすることが1月28日に発表されたからだ。再び日本で大暴れすることが期待される田中投手だが、その本人の帰国に併せ、やはり、日本で大暴れしそうな人物がいることにお気付きだろうか......そう、田中投手の妻・里田まいさん(36)だ。

     里田さんは02年にハロー!プロジェクト内のユニット「カントリー娘。」のメンバーとしてデビュー。09年にハロプロを卒業したのち、10年に田中投手との交際が報じられ、12年3月に結婚。15年に第1子長男、19年には第2子長女を出産しており、アスリートの妻として注目を集め続けている。

     その里田さんだが、田中投手の帰国と共に、当然ながら里田さんも帰国することになるだろう。そして、まさにそれこそが、里田さんにとって大きな転機になる可能性があるのだ。

    ■「おバカキャラ」のはずが、いつの間にか「アスリートの妻」に

     なお、里田さんといえば、カントリー娘。での活動もさることながら、06年に初出演した「クイズ!ヘキサゴン」(フジテレビ系)の常連メンバーとしてその珍回答ぶりが視聴者の注目を集めていたことも有名だ。当時、その人気はすさまじく、番組内で里田さん、スザンヌさん(34)、そして、20年に芸能界を引退した木下優樹菜さん(33)の3人で結成されたユニット「Pabo」は、同じく番組内で結成された「羞恥心」と共に08年の「第59回NHK紅白歌合戦」に「羞恥心 with Pabo」として出場し、「おバカキャラ」として一世を風靡したのだった。

     その後、「Pabo」は11年8月に解散。その5か月後の12年3月に里田さんが田中投手と結婚したこともあって、里田さんに対しては、「おバカキャラ」のまま記憶が止まっている方もいるのではないだろうか。ただ、その後の里田さんは事あるごとに田中投手を支えていることは報道の通りであり、今や、「良き妻」「良き母」としての地位を確立していると言って良いだろう。そんな里田さんが日本に戻ってきたとしたら......「ママタレ化」の道もあるのではないだろうか。

     もちろん、里田さんの活躍ぶりはすでにブログやインスタグラムによる情報発信で明らかになっているのは事実である。しかし、日本に戻ってくれば、これに加えて「マスコミの取材を受けやすくなる」という要素が加わるわけである。となると、里田さんの情報発信力はさらに強くなるとみられ、ひいては、それが里田さんの「ママタレ化」を推し進めることになるのではないだろうか。

    (J-CASTニュース編集部 坂下朋永)


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ee5b8e0c55fcb8b77b5ee0c05df79c7ef831ce04


    【【芸能】マー君帰国で「里田まい」再ブレークあるか 「おバカキャラ」から「ママタレ」転身も?】の続きを読む



    (出典 portal.st-img.jp)


    芸能界の復帰を狙っているのかな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/01/03(日) 07:42:32.01 ID:CAP_USER9.net

    1/3(日) 5:15配信
    東スポWeb

    納得いかない?ユッキーナ

    〝タピオカ店恫喝騒動〟を起こし芸能活動を自粛していた木下優樹菜(33)が昨年7月1日、活動再開を発表。ところがわずか5日後の7月6日に突然引退を表明し、日本中を驚かせた。

    【写真】臨月ユッキーナが美脚披露

     当時の所属事務所は「信頼関係を維持することが著しく困難」であり、木下自らが申し出たと公表した。一連の騒動の中で浮かび上がったのが、不倫疑惑だ。一昨年大みそかには藤本敏史と離婚していたが、婚姻関係にある時から別の男性といい関係にあったというのだ。

    「ネットでは某有名サッカー選手が疑われた。もっとも〝本命〟は男性グループメンバー。結婚中から秘かに関係を築いていたが、引退発表の前にはそれも切れていた。一方、別れた夫のフジモンとはいまも連絡を密に取っており、一緒に強力して子育てしている」(芸能関係者)

     引退後、木下は新しいインスタグラムのアカウントを開設。かつての500万人超から比べると約10分の1に減ってしまったが、それでも50万人以上のフォロワーがおり、根強い人気を誇っている。

    「木下のインスタは宣伝効果が高いと企業サイドから評価されている。実際に商品のPRっぽい投稿が見られる。今はインスタ、ゆくゆくはユーチューブに乗り出すだろう」(前同)

     意外なほど順調な〝一般人生活〟を謳歌している木下にとって、最大の障壁となりそうなのがタピオカ店との裁判だ。まだ長引く見込みで、これが解決しない限り、次には進めない。

    「木下は恫喝まがいのDMを送ったことは反省している。ただタピオカ店との問題に関して、全て自分が悪者になってしまっているが決してそういうわけではないと、何か言いたいこともあるようです。一部で『自伝本』出版計画という報道がありましたが、とにかく自分の主張を表明する場所を求めているのです」(テレビ局関係者)

     木下が〝反撃〟に転じる日が来るかもしれない。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/2f497a35b80405a17d9ec785aafa47b5ca919f9e


    【【芸能】「なぜ自分だけが悪者に…」木下優樹菜が自伝本で反撃うかがう】の続きを読む



    (出典 ure.pia.co.jp)


    裏で何かを受ける。

    1 フォーエバー ★ :2021/01/05(火) 00:31:41.43 ID:CAP_USER9.net

    《自分たちなりの最高のパフォーマンスで、たくさんの人にエールを届けたい》

     初出場する予定だった昨年末のNHK『紅白歌合戦』に向け、そう意気込みを語っていたジャニーズの人気グループ・Snow Man。2020年1月、同じジャニーズの“ライバル”グループSixTONESと“合作シングル発売”という異例のデビューを果たした9人組だ。

    【写真】滝沢秀明と今井翼がセクシーホステスに見送られてにやけ顔

    「デビューした年に『紅白』出場するグループは、ジャニーズでも少ない。それだけ売り出しに力を入れているということです」(スポーツ紙記者)

     だが、その『紅白』出場が幻に……。12月21日、メンバーのひとり、宮舘涼太の新型コロナ感染が発覚したためだ。

    「ほかの8人も“濃厚接触者”と認定されて出場辞退せざるをえなくなって。やっとつかんだ晴れ舞台だったのに」(同・スポーツ紙記者)

     ジャニーズJr.時代から実力も人気もあった彼らが、なかなかデビューさせてもらえず、冷や飯を食わされ続けてきたのは有名な話。

    「そんなSnow Manの才能を見抜いたのが滝沢秀明さん。事務所の副社長になるとすぐ猛プッシュしたんです」(レコード会社関係者)

     タッキーの肝いりでデビューした後もドタバタ続きで、

    「3月に予定されていたお披露目コンサートが消滅。悪いことは重なるもので、リーダーの岩本照さんに“未成年飲酒報道”が出て、早々にリーダーが活動自粛するハメに」(前出・スポーツ紙記者)

    タッキーが激怒したワケ
     自業自得な不祥事もあるとはいえ、度重なる逆風には同情の声があがっていたのだが、その裏側では、この“『紅白』辞退”がグループに亀裂が入る事態にまで発展していた。コロナに罹患した宮舘に“最大の理解者”滝沢副社長が「激怒している」というのだ。たしかに宮舘がグループ内にコロナを持ち込んでしまった格好だが、それで彼を責めるのは酷な気が─。

    「違うんです。滝沢副社長が怒ってるのは感染の“原因”。宮舘さん、12月に入ってから知り合いの女の子と酒を飲みに行って、どうやら“もらっちゃった”みたいで……」(前出・レコード会社関係者)

     12月以降、感染拡大に歯止めがかからず、外出や会食の自粛が呼びかけられていた。その最中である。

    「それを知った滝沢副社長が“自覚がなさすぎる”“もう活動させない”って、すごい剣幕で宮舘さんを叱り飛ばした。目をかけていたぶん“裏切られた”という気持ちなのかな。彼は“クビになる”って、いろんな人に泣きついているみたい。ほかのメンバーも“こんなことを続けていたらSixTONESに負ける”と動揺しています」(同・レコード会社関係者)

     この“緊急事態宣言”乗り切れるか─。

    1/4(月) 21:01配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/6d7f8767fce9ca02d8e5c3d57546526f7d2acc07
    ★1:2021/01/04(月) 21:24:55.19 前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1609763095/


    【【芸能】滝沢秀明がSnow Manにマジギレ、メンバーのコロナ感染理由が“女性関係”だった】の続きを読む



    (出典 www.jprime.jp)


    本当かな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/12/17(木) 07:48:56.30 ID:CAP_USER9.net

    12/17(木) 7:00
    スポニチアネックス

    ユッキーナ「自伝」出版計画 7月電撃引退も…“脱芸能人インフルエンサー”目指す
    木下優樹菜さん
     ◇激動2020 芸能編(1)

     コロナ禍にみまわれた一年。芸能界ではさまざまなニュースが紙面をにぎわせた。スポニチ恒例の年末振り返り企画「激動2020」では、芸能界を電撃引退した木下優樹菜さん(33)を取り上げる。水面下では自伝出版プランが浮上。最近では元夫FUJIWARA藤本敏史(49)と仲むつまじく過ごす様子も報じられているが、果たして復縁や芸能界復帰はあるのか――。

     芸能界を引退して、一般人として生活をおくる木下さん。元夫のフジモンがサポートしながら、2人の娘を愛情たっぷりに育てている。そんな中で水面下で進行しているのが自伝出版計画だ。周囲には「インターネット上には不確かな情報や批判的な声が多い。子供たちが将来読むことを考えて自分の人生のことをしっかり残しておきたい」と話しており、その思いをくむ形で大手出版社も動き始めているという。当初は年内に出版するプランもあった。世間からの批判の声がいまだ絶えないことに加え、タピオカ店との裁判も継続中。裁判は双方証拠提出などに時間がかかり、長期化する見込みだ。出版関係者は「芸能界を引退してから1年もたっておらず、ほとぼりが冷めてからになる。裁判が終わって身の回りが落ち着いたら出版するのでは」と話している。

     木下さんは昨年10月、実姉が勤務していた都内のタピオカ店へ恫喝(どうかつ)まがいのメールを送っていたことが明るみに出て騒動に発展し、翌11月に芸能活動を自粛した。同12月31日にはタピオカ騒動とは関係なく、スレ違いが続いたことなどが原因でフジモンと離婚。その後、不倫疑惑も浮上し今年7月6日に芸能界を引退した。

     ママタレとして若い主婦層を中心に人気を集め、一時は500万人のフォロワーを誇っていたインスタグラムも引退と同時に封印したが、9月1日に再開している。知人は「自分自身が発信する場を作るという意味も込めインスタを再開したと思います」という。現在は50万人以上のフォロワーを有しており、広告代理店関係者は「これだけで十分に食べていけるレベル」と明*。新たに立ち上げた“ユッキーナ・コミュニティー”は広がりつつある。

     最近ではインスタにフジモンも度々登場しており、世間では復縁を後押しする声もある。「2人とも第一に娘さんのことを考えて暮らしている。タピオカ裁判の相談にもフジモンが親身に乗っているそう。ただ、復縁や芸能界復帰という話は出ていない」と関係者。当分の間“電撃再婚”はなさそうだが、自伝出版も視野に入れながら、あくまで脱芸能人インフルエンサーとして活動していきそうだ。

     ▽電撃引退 木下さんは今年7月1日に活動復帰したが、わずか5日後の7月6日に当時の所属事務所が契約解除を発表。そのまま芸能界を引退した。昨年7月にインスタに投稿した内容から、海外で活躍するサッカー選手との“縦読み不倫”疑惑が今年に入って浮上。木下さんと事務所側が話し合いを持つ中、溝が深まって事務所側が態度を硬化。「信頼関係を維持することが著しく困難」と判断して契約解除に至った。

     ▽タピオカ騒動 昨年7月にオープンした都内のタピオカ店に実姉が勤務しており、木下さんが当初は「姉の店」として積極的に宣伝していたが、実姉がオーナーとトラブルになり退店。その後、木下さんは「もうお店には行かなくて大丈夫」と態度を一変させ、オーナーにも「事務所総出でやりますね」などとSNSでダイレクトメッセージを送った。10月にこの内容がSNS上で公開されて騒動になり、同11月から芸能活動を自粛。その後、オーナー側が損害賠償を求めて提訴し、裁判に発展している。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a39512c37529da895a0bdfec74b72143a63456f9


    【ユッキーナ「自伝」出版計画 7月電撃引退も…“脱芸能人インフルエンサー”目指す】の続きを読む

    このページのトップヘ