芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:社会人 > 大学教授


    尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 - )は、日本の教育評論家、法政大学名誉教授、臨床教育研究所「虹」主宰。愛称は「尾木ママ」。 滋賀県坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれ。高松第一高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、高校・中学校教諭、東京大学教育学部非常勤講師などを歴任。教員生活22年
    38キロバイト (5,680 語) - 2021年1月17日 (日) 04:19



    (出典 post.tv-asahi.co.jp)


    自国で作ることができれば、安心です。

    1 ひかり ★ :2021/01/24(日) 19:56:45.86 ID:CAP_USER9.net

     尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(74)が24日、ブログを更新し、新型コロナウイルス感染症の日本製ワクチンの早急な開発を訴えた。

     尾木氏は「日本独自のワクチン開発して欲しいと強く思います」と切り出し「アメリカやイギリスの製薬会社頼みでは、きちんと予定通り供給される保障などないからです」と説明。

     現在、ワクチン開発を巡って日本は欧米諸国に比べて遅れをとっている。政府は「英・アストラゼネカ社」「米・モデルナ」「米・ファイザー社」の3社から供給を予定しているが、一部報道ではアストラゼネカ社とモデルナ社で治験の遅れが発生し、実用化が春以降にずれ込むと報じられた。

     尾木氏は日本の技術力を例に挙げ「感染症のワクチン研究開発が得意でノーベル賞受賞者も出している日本なら、これまでの常識なら世界に先んじてワクチンや治療薬の開発に成功しているはずです。どこでどうつっかえているのでしょうか」と疑問を呈した。

     ワクチンの接種が世界各地で始まっていることを指摘したうえで「日本の遅れが気になります。安心出来る日本産が欲しいです」と訴えた。
    東京スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f1715016aaea3360a83d4777340fb2afd84445e


    【【芸能】尾木直樹氏 日本製ワクチンの開発遅れに疑問「安心できる日本産がほしい」】の続きを読む


    『ひるおび!』コメンテーターの伊藤聡子氏、ボーダーワンピ姿に絶賛の声 「スタイルが素晴らしい」 - ニコニコニュース
    ひるおび!』(TBS系)や 『ウェークアップ!ぷらす』(日本テレビ系)でコメンテーターを務め、事業創造大学院大学客員教授でもある伊藤聡子氏が、インスタグラムでボディコン ...
    (出典:ニコニコニュース)


    伊藤 聡子(いとう さとこ 、1967年7月3日 - )は、日本のテレビタレント、キャスターである。事業創造大学院大学客員教授。三桂所属。 新潟県糸魚川市出身。小学4年生の頃に長野県へ引っ越す。新潟県立新潟高等学校を経て、東京女子大学文理学部英米文学科卒業。事業創造大学院大学修了。東京女子大時代の
    6キロバイト (488 語) - 2019年4月16日 (火) 13:30



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    すごい話題です。

    1 湛然 ★ :2019/05/15(水) 05:35:43.89 ID:ygJBCcDU9.net

    『ひるおび!』コメンテーターの伊藤聡子氏、ボーダーワンピ姿に絶賛の声 「スタイルが素晴らしい」
    2019.05.14 18:45 writer : miyabi
    http://japan.techinsight.jp/2019/05/miyabi05141130.html

    タイトなワンピースも着こなす伊藤聡子氏
    [satokoito73]

    (出典 scontent-sjc3-1.cdninstagram.com)
    ?_nc_ht=scontent-sjc3-1.cdninstagram.com


    『ひるおび!』(TBS系)や 『ウェークアップ!ぷらす』(日本テレビ系)でコメンテーターを務め、事業創造大学院大学客員教授でもある伊藤聡子氏が、インスタグラムでボディコンシャスなワンピース姿を披露し話題になっている。
    「鮮やかでぴったり、ラインも素敵」「こんな聡子さんの衣装見たことない」とフォロワーにも好評だ。

    大学在学中に『関口宏のサンデーモーニング』(TBS系/現『サンデーモーニング』)で、デビュー。その後は『ベストタイム』(TBS系)や『スーパーモーニング』(テレビ朝日系)でキャスターを務めるなど、テレビでは情報・報道番組を中心に活躍してきた伊藤聡子氏。
    2010年からは事業創造大学院大学の客員教授に就任し、国に設置されている審議会、委員会等の委員を務めるなど幅広く活躍している。

    そんな伊藤氏はブログやインスタグラムでも積極的に情報発信をしているが、『Satoko Ito satokoito73 Instagram』では彼女が番組で着用した衣装を全身写真で見ることができる。14日のインスタグラムでは、

    月曜コメンテーターを務める『アップ!』(メ~テレ)出演時のボーダーワンピース姿を公開。伊藤氏曰く「かなり大胆な配色」であり、ボディラインが出るデザインにもかかわらず上品さを失わずに着こなしているのはさすがだ。

    (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


    【【芸能】『ひるおび!』コメンテーターの伊藤聡子氏、ボーダーワンピ姿に絶賛の声 「スタイルが素晴らしい」】の続きを読む


    尾木ママ eスポーツを疑問視|ニフティニュース - ニフティニュース
    尾木ママこと尾木直樹氏が「eスポーツ」について「どうしてスポーツなのか」と疑問視 「単なる大型の【ゲームの大会】にしか見えない」「ゲーム依存症の心配」などと綴った ...
    (出典:ニフティニュース)


    エレクトロニック・スポーツ(英: electronic sports)は、コンピュータゲーム(ビデオゲーム)をスポーツ・競技として捉える際の名称である。「eSports」、「e-Sports」、「eスポーツ」、「イースポーツ」、「電子競技(でんしきょうぎ)」、「電競(でんきょう)」等と省略した形で主に使われる。 e
    54キロバイト (7,344 語) - 2019年5月9日 (木) 22:54



    (出典 d1kls9wq53whe1.cloudfront.net)



    1 Egg ★ :2019/05/14(火) 23:31:45.57 ID:aWo44URt9.net

    尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏(72)が14日までに自身のブログを更新し、コンピューターゲームの腕前を競う「eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)」に「どうしてスポーツなのか」と疑問を呈した。

     ゲームを使った対戦をスポーツとして捉えたeスポーツ。昨夏のアジア大会(ジャカルタ)で公開競技として導入され、サッカーゲーム「ウイニングイレブン2018」で日本代表が金メダルを獲得。今年年9月に茨城で行われる第74回国民体育大会「いきいき茨城国体」では「文化プログラム」としてeスポーツが都道府県対抗種目になることも決まっている。

     尾木ママは「どうしてゲームがスポーツなのか!?」のタイトルで記事をアップし、「eスポーツ どうしてスポーツなのかな~尾木ママには、単なる大型の【ゲームの大会】にしか見えない!高校eスポーツ大会の映像を見てもオンラインゲームのチーム戦にしか見えない!」と率直な感想を吐露。「ゲーム依存症の心配の方が大きいですーー」とつづった。

     さらに「脳への影響も科学的にも明らかなのに その疑問報道見ても少しも解消されませんでしたーー尾木ママの理解力がないのかしら?」とつづり、「世界保健機構が昨年6月にゲーム障害を疾病認定したことはどう理解するのでしょうか?WHOに圧力をかけるアメリカの大手ゲーム業界の動きーーなんだかなぁ~とても割り切れないです、、大丈夫かしら?心配」と複雑な思いを記していた。

    5/14(火) 11:14配信 スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190514-00000044-sph-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    1 Egg ★ 2019/05/14(火) 11:21:09.96
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557812004/


    【【芸能】<尾木ママ>「eスポーツ」を疑問視「どうしてスポーツなのか」「ゲーム依存症の心配の方が大きい」】の続きを読む

    このページのトップヘ