芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:社会 > 話題



    (出典 www.crank-in.net)


    話題の話。

    1 金魚 ★ :2020/03/21(土) 15:04:44 ID:FWvRc9Bu9.net

    昨年12月からSNSで毎日更新されて反響を呼んでいた4コマ漫画「100日後に*ワニ」が20日午後7時20分の更新で最終回を迎えた。
    「余命100日」という設定である主役のワニにとって、この日が運命の100日目。

    ファンからは「*ないで」といった嘆願やワニ君ロスの思いが寄せられていたが、
    その注目の内容は4コマ漫画3本と大きな画1枚の計13コマによるシュールで、かつ余韻を残す謎に満ちた作風だった。

    連日更新されていた午後7時になっても最終回がアップされず、心待ちにしていた読者からは
    「更新しないことによって本当にネットから『*だ』んだよ、というオチ?」といった投稿が殺到。

    「ワニ更新」「ワニの死」「ワニくん」「ワニさん」がツイッターのトレンドになった。

     そして、通常より20分遅れで更新。

    桜の花見をしている仲間がいて、親友のネズミが「ワニを迎えに行く」とバイクで出発。到着したネズミが桜の写メを撮り
    「よくね?」と送信。桜吹雪の舞う路上でヒヨコに手を差し伸べるワニの口元と手が描かれるが、

    次のシーンで姿が消え、「スゲー!!春に来たって感じ~」との返信と桜の画像が写ったスマホが落ちている。
    桜並木と無人の二車線の道路、青い空…の描写。

    リプ欄には謎解きの投稿が殺到した。

    「3日目に助けたひよこの伏線やったらしい。車にひかれて事故死らしい!」

    「これ2ページ目がワニくんが*だ花見の日じゃなくて、また別の年って説ないですか?」…。

    流布していた「既に*でいたワニの走馬灯説」を元にした声も目立った。
    だが、結論は受け取る人に委ねられており、明確な結論はない。

     作者である漫画家でイラストレーター、きくちゆうき氏(@yuukikikuchi)が昨年12月19日からツイッターと
    インスタグラムで毎日更新してきた同連載。その思いを20日午前に出演した日本テレビ系「スッキリ」で吐露していた。

    きくち氏は最終回について「僕としては終わり方はそんなに重要じゃないと思っています。
    (作品を読んで)いろんな事を考えてもらえれば」と含みのある言葉を残していた。

     さらに、きくち氏は「見てる人が『終わり』を意識してくれるものにしたかった」と創作の動機を明かし、
    「僕らもいずれ*でしまいますし、終わっちゃう。それを考えながら生活すると、
    今やるべきこと、これはやるべきじゃないことが見えてくると思って」と死生観も語った。

    ちなみに「ワニは僕らと一緒で*日は分かっていない」とのこと。
    同氏は「自分に置き換えて、この漫画を見て自分の中で生かしてくれたら。
    *ってデリケートな部分だから、そういうところも意識してほしい」と読者に呼びかけた。

    最終回の更新から40分後の午後8時の時点で「いいね」が約96万件、リツイートは44万件を超えた。

    https://www.crank-in.net/news/75038/1
    https://news.livedoor.com/article/detail/17996290/


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 imgur.com)


    【【芸能】「100日後に死ぬワニ」シュールな最終回に謎解きコメ殺到、作者「終わり方は重要じゃない、いろんな事を考えてもらえれば」】の続きを読む



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    ドラクエ好きの子供にはたまらないですね。

    「タシザーン王にもらった150ゴールドで、どうのつるぎ、皮のたてを1つずつ買いました。のこりのお金は何ゴールドでしょう」

    【世界地図】問題を解きながら「りゅうおうの城」を目指す

     武器屋で効率よく装備を整え、被害を最小限に抑えながら魔物と戦う――。魔王討伐の必須スキル「さんすう」を学べる勇者の書『ドラゴンクエストゆうしゃドリル 小学校低学年向け算数編』が春休みレベル上げにぴったりです。

     Twitterで話題沸騰中の同書は、「ドラゴンクエスト」にちなんだ問題で算数を学べる小学校低学年向けドリル。冒険の醍醐味といえる“装備の買い物”や、「何回のメラでドラキーを倒せるか」といったダメージ計算など、ゲームを遊んでいるような感覚で楽しく解き進められます。

     中には「スライムは8体集まると合体してキングスライムになる」「スライムが○体いた場合、キングスライムは何体になるか」といったおなじみの光景を落とし込んだ問題も。割り算の知識に加えて“中盤のマップスライムが現れたら怪しいと思え”といった危機察知能力まで身に着きそうです。

     『ドラゴンクエストゆうしゃドリル 小学校低学年向け算数編』は980円(税別)。反響を受けて3月16日現在は一時品薄の状態が続いていますが、3月下旬ごろより書店やオンラインストアに順次出荷予定とのこと。

     なお現在は低学年向け算数編のみの刊行ですが、スクウェア・エニックスドラゴンクエストプロデューサーの青海亮太氏は「現在、他の学年や漢字編なども企画検討中です」とコメントしており、さらなる冒険が幕を開ける日も近いかもしれません。

    (C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

    武器屋での買い物は冒険の醍醐味


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「どうのつるぎと皮のたてを買ったら何ゴールド残る?」 ドラゴンクエストの算数ドリルが子どものレベル上げにぴったり】の続きを読む




    (出典 i.ytimg.com)


    確かに話題になります。テレビの出演もあるのかな?

    NO.8145821 2020/01/30 10:57
    深田恭子に激似の美人トラック運転手が話題に
    深田恭子に激似の美人トラック運転手が話題に
    深田恭子(37)といえば今でも絶大な癒やし系して君臨するカリスマ女優ではありますが、彼女の魅力は、やはりなんと言ってもその「おっとり」とした性格から想像できないほど、活発的な性格と、美貌であります。

    そんな魅力に取り憑かれるファンは多いかと思いますが、彼女がトラック運転手をしたらどうなるか、という答えがここにあるのかもしれません。



    【日時】2020年01月29日 09:31
    【ソース】秒刊SUNDAY
    【関連掲示板】


    【深田恭子に激似の美人トラック運転手が話題に】の続きを読む



    (出典 mobilelaby.com)


    誰でも戦争は反対ですね。

    1 シコリアン ★ :2020/01/09(木) 11:24:11.21 ID:yzgZVk+J9.net

    1月8日、イランはイラク国内の米軍基地へミサイルを発射し、アメリカとイランの間での戦争勃発がますます現実味を帯びてきている。アメリカのトランプ大統領やイランのザリフ外務大臣がTwitter上で声明を発表し、SNS上での攻防を繰り広げている中、各界の著名人も反戦メッセージを公表している。同日、日本でもついに「戦争反対」がTwitterトレンド入りした。

    プロサッカー選手の本田圭佑さんは、CNNのニュースを引用し戦争が始まると言及。スポーツファンにもこのミサイル攻撃の重要性を強調した。

    「これでまたアメリカが黙ってないやろうから、戦争始まるね。。。」(本田)

    ZOZOTOWN前社長の前澤友作さん、実業家の与沢翼さんなど日本の著名実業家たちも言及した。

    #nowar(前澤)

    「戦争反対 けど俺みたいなただの弱小個人には到底理解の及ばない難しい話があるんだろうな。俺は何も言える立場にない。そこで自分は安全な所を見つけてなるべく逃げ回る笑自分は誰とも喧嘩せず悪口も言わないので今後も与沢家を攻撃しないで下さい宜しくお願いします。妻子と息してるだけで幸せです」(与沢さんは1月4日のTwitter)

    また、人気女優の水原希子さんをはじめ、人気バンドグループRADWIMPのボーカル野田洋次郎さん、同じく人気上昇中のKing Gnuのボーカル井口理さんなど芸能業界でも反戦ツイート見られた。

    「断固戦争反対。」(水原)

    「トランプ氏は「戦争を止めるための殺害」と発表したらしい。イランがそうでしたかとただ受け入れるわけがない。イランの報復はいかほどか。米大統領選を控えた今年、世界はどこに向かうんだろう。そして日本は。世界各国のトレンドが #WWⅢ で溢れていく。」(野田さんのTwitterも1月4日)

    「ここでムーア氏が言う「我々」という言葉、おれも他人事ではないんだろうな。自分みたいな若者が政治に無関心でいないこと、起きている出来事に疑いを持つことで何かを変えていきたいと思う。日本が後に続かないためにも。#WWⅢ」(井口)

    イラン出身のタレント、サヘル・ローズさんからの悲痛な声。

    「国家がしてしまった事を国民がいつの間に背負わされていく。国民はいつのまにかおいてけぼり。母国が壊される事は誰も望んでいない。国民にはなんの罪もない。『もしかしたら戦争になるかもしれない』が今、一番こわい。初めて、国を壊された人々の痛みや恐怖、祖国を失った怖さを痛感しています。」(1月5日のTwitter)

    著作『マチネの終わりに』がベストセラーとなった日本の小説家、平野啓一郎さんも「戦争反対。」と強くメッセージを残している。

    「戦争反対。自衛隊の中東派遣反対。」

    アメリカの大御所文化人たちも声を上げている。映画監督のマイケル・ムーアさんは「マジョリティはトランプを支持していない」、モダンホラー作家のスティーヴン・キングさんも「トランプの仕業だ」と、この攻撃に対して言及している。アメリカ大統領選が行われる2020年、トランプ大統領の再選を恐れるような内容のツイートだ。

    ※1(立て子)の若干の修正、加筆あり 
    原文はこちら
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200108-00000008-binsiderl-pol


    【【話題】#戦争反対Twitterトレンド入り、芸能界、スポーツ界からも「戦争反対」】の続きを読む



    (出典 xn--t8j3bz04s1gf8vbz20d.com)


    流行語大賞は「令和」になるのかな?

    <a href="http://matome-crawler.com/gossip/1667560.html" target="_blank">【芸能】『新語・流行語大賞』17年ぶり、お笑い界からノミネートなし 2002年以来の候補入りゼロ</a>

    <a href="http://sutx.matometa-antenna.com/201911081930.13175748.html" target="_blank">【芸能】『新語・流行語大賞』17年ぶり、お笑い界からノミネートなし 2002年以来の候補入りゼロ</a>

    <a href="http://aborn.matometa-antenna.com/201911081927.13175748.html" target="_blank">【芸能】『新語・流行語大賞』17年ぶり、お笑い界からノミネートなし 2002年以来の候補入りゼロ</a>

    1 ■忍【LV27,シャドー,PJ】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :19/11/07(木)13:37:53 ID:M09


     今年話題となった言葉に贈られる「2019ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語が6日、「現代用語の基礎知識」を
    発行する自由国民社から発表された。大賞とトップテンは12月2日に発表される。

     今年は新元号の「令和」や、4月に東京・池袋で起きた乗用車暴走事故を機にインターネット上で広まった「上級国民」、
    タピオカ入りミルクティーなどを飲むことを意味する「タピる」などがノミネート。

     日本代表が快進撃を繰り広げたラグビー・ワールドカップ(W杯)にちなむ単語も多く、普段ラグビーを見ない人が
    にわかにファンとなった様子を指す「にわかファン」なども選ばれた。一方、巨大台風に備えてあらかじめ電車などの
    運行を取りやめる「計画運休」など、災害に関する言葉もノミネートされた。

     同賞事務局は「用語も『明』と『暗』がはっきりした年」としている。

     候補30語は以下の通り。

    *リンク先にてご覧くださいませ

    産経 11月6日
    https://www.sankei.com/life/news/191106/lif1911060032-n1.html

    ◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 103◆ !max700
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1572488930/

    -------------------------------------
    !jien =お知らせ=
    【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
    *侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
    ・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
    -------------------------------------


    【【流行語大賞】「令和」「上級国民」「タピる」「にわかファン」 流行語大賞、候補の30語発表[R1/11/7]】の続きを読む

    このページのトップヘ