芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:社会人 > 評論家



    (出典 www.mbs.jp)


    新型コロナの特集が多いですね。

    林修

    10日放送の『林修の今でしょ!講座』(テレビ朝日系)では、新型コロナウイルスについて、予備校講師でタレント林修が専門家に質問をぶつけ、直接見解を聞くといったコーナーが設けられた。

    情報が溢れかえる現状に林が思わず本音をこぼす一幕もあり、反響が寄せられている。

    ■連日の報道に思わず本音

    番組では「感染症の権威」として、感染症対策が専門の順天堂大学大学教授・堀賢氏を招き、新型コロナウイルスへの疑問にその場で回答してもらうという、緊急企画が放送された。

    連日の報道を受けて、林は「テレビを見てると、素人がネットで聞きかじったような情報をあーだこーだ言って、あの時間みんな無駄ですよ」「感染症の専門家の方の意見だけを聞きたい」と本音をこぼしていた。

    関連記事:新型コロナウイルス「マスクより買うべきモノ」に驚きの声相次ぐ

    ■日本の医療技術があれば怖くない?

    堀氏は、新型コロナウイルスについて「医療体制が整っている日本であれば、それほど恐れる必要はない」「感染した全ての人が肺炎になるわけではない」としつつも、「医療体制が整っていない発展途上国で流行すると、多くの方が亡くなる可能性がある」と指摘。「医療インフラの違いによって、救命率に差が出る」と解説した。

    また、高齢者や基礎疾患がある人は重症・重篤になりやすいため、そうした人たちを感染させないよう周囲が気をつける必要があるという。

    関連記事:ノブコブ吉村、新型コロナの影響感じた街ロケの光景 「人が圧倒的に…」

    ■林の本音に共感の声

    堀氏の解説によって「正しく恐れる」ことを学んだ共演者たちからは「ちょっと安心しました」といった声が。

    また、林が思わずこぼした新型コロナ特集に対する本音については、視聴者から「素人の意見は無駄、専門家の意見だけ聞きたいってのまじで共感」「よくぞ仰って下さいました!」「ワイドショーますます見なくて良いな…」など、林に共感する声が相次いでいる。

    感染予防に加え、デマ情報拡散によって紙製品が一時的に品薄になるなどの事態が起こらないように、我々一人ひとりが情報を精査していく必要もあるのかもしれない。

    ・合わせて読みたい→新型コロナ記者会見でヤバすぎる仕草 感染症対策の権威のクセが話題に

    (文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

    林先生、連日の新型コロナ特集に本音 「あの時間みんな無駄」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【林先生、連日の新型コロナ特集に本音 「あの時間みんな無駄」】の続きを読む



    (出典 www.kk-bestsellers.com)


    いろんな意見があります。

    1 アブナイおっさん ★ :2020/02/15(土) 13:21:06 ID:c5JiujTl9.net


    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    池上彰が『反日種族主義』の著者に会いに行く番組を見たが、素晴らしかった。
    いまだに自虐史観・反日史観のマスコミの中で、よくあの番組を作ったと褒めておく。

    玉川徹や青木理のような、
    韓国の「反日アイデンティティー」を肯定する極左から見れば、この番組も「嫌韓」なのだろう。

    わしから見れば、この池上彰の説明すら不満足で、それは日帝侵略の「植民地」という言葉に違和感があるからだ。
    日本が併合して近代化させる以外の方法があったのかどうか、それを教えて欲しい。

    東京新聞などは嫌韓を批判する記事に『反日種族主義』を写真で載せていたが、絶対、読んでないに違いない。
    彼ら極左は読まずに「嫌韓」とレッテル貼りをして、真実から目を逸らす卑怯な輩なのだ。

    韓国内で、あのような自国の恥を直視する本を書いた学者たちを尊敬する。
    『ゴー宣』でも当然、紹介する。
    だが、そもそも李氏朝鮮の批判から始めなければ、韓国の本質は分からないので、
    わしに言わせれば『反日種族主義』すら甘いのである。

    https://blogos.com/article/434008/

    ■関連スレ
    「みっともないことするなよ」日韓W杯で韓国に思ったこと――サッカーの川淵三郎が語る「反日種族主義」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1577679153/
    ■関連スレ
    小林よしのり「日本政府の韓国対応は正しかった、左翼どもが話しあえ、妥協、譲歩、謝罪しろと言ってたが、自分たちの態度を反省したらいい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574650178/
    小林よしのり「田原総一朗も、玉川徹も、青木理も、中島岳志も、朝日新聞も、東京新聞も、脳みそが古すぎる。両国のためにならない言論人は退出しろ」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1571744252/
    小林よしのり「朝日新聞は韓国が国際法を無視の危険性を語らず、仲良くしたい仲良くしたいと善意ぶってる異様さに、何の企みがあるのか」
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572253514/
    小林よしのり「東京新聞や朝日新聞ら左翼が焦ってる、韓国を批判する言論に嫌韓のレッテルを貼って封じ込めようと躍起だ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574469755/
    ■関連スレ
    小林よしのり、立憲・枝野幸男の個人献金が激減、オワコン一直線「当たり前だ、左翼化したからだ。旧社会党化したからだ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575256199/
    小林よしのり「桜を見る会にばかり夢中で国際的に日本の危機が押し寄せているのに気づかない野党に政権を任せられるか!」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574158896/
    小林よしのり「飽きた。ちっぽけ過ぎて飽きた。野党はヘタレ。小言おばさんには政権奪取は無理」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1572922243/


    【【芸能】小林よしのり、池上彰の韓国番組も「玉川徹や青木理は反日を肯定する極左から見ればこれも嫌韓なのだろう」】の続きを読む


    (はやし おさむ、1965年9月2日 - )は、日本の予備校講師、タレント。 東進ハイスクール・東進衛星予備校国語科専任講師。担当は現代文。ワタナベエンターテインメント所属。 愛知県名古屋市千種区出身、東区在住。血液型はO型。祖父は日本画家の雲鳳。父は大手酒造メーカー元副社長。12歳年下の
    44キロバイト (6,185 語) - 2019年11月20日 (水) 21:23



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)


    同僚でこの不祥事は痛いでしょう。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/21(火) 07:28:45 ID:lytciHy39.net

    今や人気タレントとなった林修先生も所属する大手予備校『東進ハイスクール』講師の板野博行容疑者が、1月8日に逮捕されていたことが分かった。

    逮捕容疑は強要未遂。板野容疑者は妻帯者だが、昨年暮れの12月20日、妊娠している不倫相手の30代女性を「どうしても子を産むなら、わいせつな動画をインターネット上に拡散する」などと東京都武蔵野市の路上で脅した疑いが持たれている。この女性は元教え子で、警視庁へ相談したため事件が発覚した。

    妻がいながら元教え子を妊娠さえ、あまつさえ中絶とリベンジポルノを迫るという悪質極まりない今回の事件。さすがに黙っていられなかったのか、林先生も自身のブログで事件に言及し、

    《20年近く「同僚」であったようなのですが、話しことは一度もなく、あいさつしたことがあったかどうかもはっきりしないほど、不思議に接点のない人物でした。それでも、内容は衝撃的であり、被害者の女性にはただただ申し訳なく思うばかりです》

    《今週末のセンター試験に臨む受講生の皆さんの動揺や影響が最小限で済むことをただ願うばかりです。彼らに対しても、ただ申し訳ないという思いがあるだけです》

    などと、悲痛な胸の内を明かしている。

    担当授業増加で林先生がタレント活動をセーブ?
    「板野容疑者の担当科目は古文と現代文。特に古文では、『ゴルゴ13』にあやかった著作『古文単語ゴロ513(ゴロゴサーティーン)』がベストセラーとなっており、何世代にもわたり受験生に使われてきました。現代文についても、『東進』ではベースチャレンジ現代文、現代文トレーニングといった授業を担当していました」(教育ジャーナリスト)

    今回の逮捕を受け、東進側は板野容疑者との契約を解除。担当講座の新規受講が不可能となった他、模試解説授業の担当変更、1月から3月に予定していた特別公開授業の中止など、多くの生徒たちが影響を受けることになってしまった。

    さらに、この逮捕が、回り回って芸能界の勢力図にも影響を与えるかもしれないらしく…。

    「板野容疑者が抱えていた講座の内、模試解説授業のセンター試験問題型と特別公開授業の一部については、林先生が代理を務めることが決定しました。

    当然、林先生にとっては負担の増加にもなり、今よりさらに多忙な日々を余儀なくされる。新年度以降についてはいまだ発表がありませんが、もし4月以降も担当するとなると、この忙しさは常態化することになってしまいます。そうなると、責任感が強く、本業があくまで講師であることを自覚している林先生は、『生徒のために』と芸能活動をセーブする選択を取るでしょう。すると、今やテレビ界一の人気番組となった『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)が冷や水を浴びることになる他、文化人タレントを巡る環境全体も激変するかもしれません」(芸能ライター)

    奇しくも、来年度からは大学受験の制度が一変する。不安を抱く新受験生にとって、林先生の講師本格復帰は?渡りに船?となるかも!?

    http://dailynewsonline.jp/article/2162192/
    2020.01.20 19:00 まいじつ


    【【芸能】林修先生がテレビから消える!? 同僚の“逮捕”で状況激変か…】の続きを読む


    堀江 貴文(ほりえ たかふみ、1972年10月29日 - )は、日本の実業家、著作家、投資家、タレント、YouTuberである。愛称はホリエモンだが、堀江本人があだ名やペンネームなどを名乗る際にはたかぽんを自称している。sns media&consulting株式会社ファウンダー、インターステラテ
    78キロバイト (11,691 語) - 2019年12月29日 (日) 13:10



    (出典 www.j-cast.com)


    悩みがないことはないでしょう。

    1 つくね ★ :2019/12/30(月) 11:39:46 ID:SHn0GOVI9.net

    日本初の民間ロケットの打ち上げに成功、最近はYouTuberとしても注目される堀江貴文氏。さまざまなイベントや、ゴルフなどの趣味に国内外を飛び回る堀江氏は、スキマ時間に触るスマホで仕事の指示を送っている。
    「いかに時間を使わずに多くのものを生み出し、効率よく世の中に伝えるか」を徹底する堀江氏の「時間術」とは? 堀江氏が何よりも大切にする「時間」だけをテーマにした初の著書『時間革命』から一部を抜粋・再構成して紹介します。
    .

    ■世間を意識して悩むという最悪のムダ

     あなたの人生を削っていくのは他人のために使っている時間、「他人時間」だ。

     ただし、勘違いしないでほしい。他人時間の正体は、「他人そのもの」ではない。時間を手に入れることを真剣に考えるとき、何よりもの敵は「自分」である。

     そう、ほとんどの「他人時間」の発生源は、あなた自身のなかにある。ほかでもないあなた自身が、貴重な「自分時間」を捨てている犯人なのである。

     なぜそんなことになるのか? その原因は、あなたが「悩んでいる」からだ。
    .

     人生における最大のムダ、それは「悩み」の時間である。

     悩むのは、何か決まった問題に対して前向きに解決策を考えるのとは違う。本当は「こうしたい」という自分なりの答えがあるのに、ロクでもない「プライド」や「自意識」が足を引っ張っている状態なのだ。

     ぼくがやっているオンラインサロンでも、それなりに答える価値がある質問からクソみたいな人生相談まで、じつにさまざまな悩みが寄せられるが、「お悩み相談」に対するぼくのスタンスは昔からずっと変わらない。
    .

     思えば、ライブドアの社長時代にも、「起業しようかどうか迷っていて……」などとぼくのところに相談に来る社員はよくいた。

     そんなとき、ぼくはいつも「やりたいんでしょ?  やればいいじゃん。明日には辞表を出しなよ」と答えていた。これは、別に意地悪で言っていたわけでない。むしろ、これこそが正しい悩みへの対処法だといまだに信じている。

     悩みがあるのは、別の「やりたいこと」が生まれている証拠だ。しかし、ほとんどの人はここで、変なプライドが邪魔をする。


    「失敗したときに、みんなにバカにされたら恥ずかしい……」

     「大企業を辞めて、小さな会社で働くのはみっともないかな……」

     「親戚や同級生、同期はどんな目で見るだろう……」

     こんなものははっきり言って、ただの自意識過剰だ。

     みんな自分のことに精一杯だから、他人の行動が賢明かどうかを気にかけているほど暇ではないのだ。あなただって、いちいち他人のバカな行動を監視しながら生きているわけじゃないだろう。

     自意識が描き出す「世間」は、心のなかの幻である。あなたが勝手に気に病んで、勝手につくり出しただけの妄想――。そんなものは全部取っ払ってしまえばいい。
    .

     そうすると、「起業したい」とか「会社を辞めたい」という本音が出てくる。あなたがこうした思いを持っていることこそが揺るぎない「事実」であり、すべてはそこを出発点にするべきなのだ。

     悩んでいる人の99%は、このシンプルな「心の事実」のまわりに、余計な「世間」をゴチャゴチャとまとわりつかせて、何も行動が起こせなくなっている。このときに必要なのは、このゴチャゴチャを1つずつ解きほぐし、解決していくことではない。
    .

     むしろ、それらをズバッと全部削ぎ落とし、シンプルに本質を見直すことだ。

     「ホリエモンだから、そんなふうに考えられるんだ」なんて思わないでほしい。ぼくだって最初からなんでもシンプルに考えられたわけではないし、ウジウジと悩んだりした経験だってある。

     まずは、「シンプルがいい、シンプルがいい」と自己暗示をかけるところからはじめよう。「もしかしたら……なのでは?」とか「もし……だったら、どうしよう」というような「世間」は捨てて、自分の「本音」を見定める。
    .
     ほとんどの人は、自分の本音すら見えなくなっているから、それだけでも大きな前進だ。
    .
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191230-00322323-toyo-bus_all&p=1
    12/30(月) 5:35配信


    【【芸能】堀江貴文「人生最大のムダは“悩み”である理由」】の続きを読む


    林修先生の“素顔”を同僚たちが暴露「東進予備校の授業は今…」 (2019年7月28日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    7月21日放送の『マルコポロリ!』(カンテレ)に、大学受験予備校『東進ハイスクール』の人気講師の3人、地理の村瀬哲史氏、数学の志田晶氏、英語の渡辺勝彦氏が出演。
    (出典:エキサイトニュース)


    」と始めた の日々雑感 ^ “コピーの思考”を仕事に生かす術 ^ J-SPORTS「メジャーリーグナビ2013」|「いつやるか? 今でしょう」と始めた の日々雑感 ^ いつMLBをみるか? 今でしょ! 林修先生がゲスト解説として登場! ^ “松井選手のマイナー契約に思う”. 林修オフィシャルブログ「いつやるか
    44キロバイト (6,091 語) - 2019年7月22日 (月) 11:17



    (出典 www.asahi.com)


    林先生名言初耳学

    (出典 Youtube)


    テレビでも大活躍してます。今でも予備校講師の仕事でもしているのか?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/28(日) 20:19:40.25 ID:osH+lZHn9.net

    7月21日放送の『マルコポロリ!』(カンテレ)に、大学受験予備校『東進ハイスクール』の人気講師の3人、地理の村瀬哲史氏、数学の志田晶氏、英語の渡辺勝彦氏が出演。東進の中でも圧倒的知名度を誇る林修氏の素顔について語った。

    林氏が「今でしょ!」で流行語大賞を取ったのは2013年。当時は〝一発屋〟としてすぐに消えると思われた林氏だが、今もレギュラー番組5本と大活躍だ。

    「テレビ界ではクイズ番組が減り、その穴埋めをしているのが雑学系のバラエティー番組。そこでMCとして地位を確立しているのが、ジャーナリストの池上彰氏と林氏です。ひな壇にタレントや芸人が並び、生徒として講義を受ける雑学番組は当面、消えそうにありませんから、林氏の地位も安泰でしょう」(テレビ雑誌編集者)

    いい話系の暴露でした
    「今でしょ!」で一気に有名になる前から、東進の東大コースではトップ講師だったという林氏。『マルコ――』のMC東野幸治が「テレビにいっぱい出ているけど、予備校には顔を出しているのか」と聞くと、村瀬氏は「他の予備校の先生とかが〝芸能人みたいにやりやがって〟と言うのですけど、めちゃめちゃ東進の授業をしています。授業優先で、その合間にテレビをされています」と返答。

    また志田氏によると、林氏は意外にミーハーらしく、13年1月にトヨタの「今でしょ!」のCMが流れる前、林氏から志田氏に電話があり、「俺、明日から人生変わるかも」と話したそうだ。さらに当時、『はねるのトびら』(フジテレビ系)では東進のCMのパロディーをしていたが、たまたま出張で一緒だった志田氏は、林先生からそのVTRを「一緒に見ようぜ」と誘われ、見ていると、林氏は「俺らマネされてるじゃん」と喜んでいたという。

    現在放送中のMC番組『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)も超好調の林氏。タレントとしての運も〝もっている〟ようだが、こうした真摯な姿勢が運を運んでくるのかもしれない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1942203/
    2019.07.28 19:01 まいじつ


    【【芸能】林修先生の“素顔”を同僚たちが暴露「東進予備校の授業は今…」】の続きを読む

    このページのトップヘ