芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:社会人 > 評論家


    賛成する。

    1 muffin ★ :2022/07/10(日) 17:04:56.16
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/10/kiji/20220710s00041000470000c.html
    2022年7月10日

    経済アナリストの森永卓郎氏(64)が、10日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」(後1・30)に出演。
    「映画を通して見る社会問題 徹底討論SP」と題した中で、政府が毎月10万円を支給する「ベーシックインカム」導入を推奨した。

    紹介された映画は、現在公開中の「PLAN75」。舞台は近い将来の日本で、映画の世界では少子高齢化問題の解決策として「プラン75」という75歳の高齢者が生死を選択できる制度が施行されており、その制度に翻弄される人々の姿が描かれている。フィクションとは思えないほど高齢化が深刻な社会問題となっている日本。政府は年金以外の収入を得る高齢者を増やす対策を講じ、70歳までの就業確保を企業の努力義務とし、4月には年金を受け取りながら働く場合、年金がカットされにくい仕組みを導入。受給開始年齢を75歳まで繰り下げ、受給月額を最大84%増やすことができるようにしている。

    そこで注目したのは「ベーシックインカム」。最低限の生活に必要なお金を所得制限や年齢制限なしに国が支給する仕組み。欧州では試験的に導入されている。そこで番組は「ベーシックインカム」として全国民に毎月10万円支給することへの賛否を問い、パネリスト8人の中で森永氏はただ一人条件付きながら「賛成」とした。

    その財源が問題となる中、森永氏は「世界で財政が一番健全なのは日本。1500兆円の国の債務があるが、資産1000兆円で日銀引受分の国債が500兆円。合わせればチャラ。先進国の中で数少ない無借金経営している。日銀に引き受けされている限りは借金増えませんから」と力説。他のパネリストからさすがに国の借金が増えないことに疑問の声が上がったが、「とりあえずやってみないと」とヤケクソ?発言で切り返していた。

    一方で「反対」の信州大学・特任教授の山口真由氏(39)は「今現在の一番の美徳っていうのは、勤労こそが美徳なんですよ。高度経済成長期以降、働くことが美徳。ベーシックインカムが勤労の美徳という価値観を奪うんじゃないか、とそこに懸念を持つ」と、持論を展開していた。

    【【芸能】森永卓郎氏 全国民に毎月10万円支給を! 「ベーシックインカム」導入案に“賛成” 】の続きを読む


    厳しく言う

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/10(日) 21:14:43.92
    7/10(日) 21:05
    日刊スポーツ

    池上彰氏「政治家としての責務、責任ではないのか」生稲晃子氏の番組出演拒否に苦言

     キャスター池上彰氏(71)が10日、第26回参院選のテレビ東京系選挙特番「池上彰の参院選ライブ」(午後7時50分)に生出演し、自民党の東京選挙区立候補者で、アイドルグループ、おニャン子クラブ元メンバーの生稲晃子氏(54)が番組出演を拒んだことに苦言を呈した。

     番組は生稲氏へ安倍晋三元首相の銃撃事件が起こる前から10日の出演をオファーしていたというが、同陣営は全てのテレビ番組へのインタビュー出演を拒否したといい、出演はかなわず。テレビ東京官邸キャップの篠原裕明氏は同陣営関係者への取材の結果、出演拒否の理由として「生稲さんは国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りない」ことを挙げられたと明かした。

     池上氏は「陣営の中にかなり正直に、または冷ややかに見ている人がいるのだと考えられますよね」と語り、ゲスト出演していた勝俣州和(57)も「ちょっと驚きの意見ですけどね。そんなことないと思いますけどね、あの演説を見ていると」と話した。同じくゲスト出演していた鈴木福(18)も「政治家として活動していくということで臨まれている中で、そういう風に言われるのはどうなんだろうとびっくりしました」と語った。

     池上氏も「そもそも、ぜひ私に(投票を)と言い続けてきたわけですよね。当選が決まるのであれば、これからこういうことをやっていきますということをみなさん伝えるということが政治家としての責務、責任ではないのかなと思いますけどね」と指摘し「インタビューに自信がないのかもしれないですけど、自信がない中でも答えるという責任が出てくると思います。そういう意味ではとても残念です」と語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/687c0367b955b46d913cf09d1c2cb2e392f04fb2

    【池上彰氏「政治家としての責務、責任ではないのか」生稲晃子氏の番組出演拒否に苦言】の続きを読む



    (出典 gendai.ismcdn.jp)


    いろいろある。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/06/22(火) 13:14:12.94

    6/22(火) 11:56配信
    東スポWeb

    三浦瑠麗氏

     国際政治学者の三浦瑠麗氏(40)が22日、自身のツイッターで新型コロナワクチンの副反応とみられる症状を明かした。

     前日に職域接種で米モデルナ製のワクチン接種を済ませた三浦氏。「明日はちょっと筋肉痛になるらしい」と関係者から告げられていたが、この日、実際に「朝起きたらちょい筋肉痛で、風邪の前の筋肉の痛みみたいな感じです」と想定通りの反応が出たという。

     普段は強気な言論で知られる三浦氏も「でも有害事象とかたくさん言われているから気になる部分もあるかな」と不安な胸中を吐露。

     それでも「わたしのような世代も打たないと社会は元通りに戻ろうとしないでしょう。インフルエンザは高熱が出て結構しんどいものだし、それを思えば一、二日程度のワクチンの副反応は我慢できる」と接種のメリットを訴えた。

     そして「旅行宿泊、エンターテインメント、飲食、小売、その他多くの人々が救われる道はワクチンの先にしかないでしょう」と指摘。

     続けて「わたしはまだ重症化しにくい年齢ですが、社会の正常化のために新型コロナウイルスのワクチンを打ちました。多くの人が、仕事を、営業を続けていくためにそうするでしょう」と接種の必然性を強調した。

     最後に「ワクチン普及以前とワクチン普及以後は、異なる風景であるべきです。くれぐれもゴールポストを動*ことのないように」とクギを刺すことも忘れなかった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/73b542c618adce1494ec08902a93c8c91b400934


    【【芸能】三浦瑠麗氏 新型コロナワクチンの副反応明かす「朝起きたら筋肉痛で…」】の続きを読む


    称賛の声が上がる。

    張本勲(写真提供:JP News

    23日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、張本勲氏が野球界の後輩に涙声で感謝を述べる一幕があった。


    ■ドリームマッチの試合を紹介

    番組は17日、東京ドームで開催されたプロ野球OBによる交流戦サントリードリームマッチ2021」の様子を紹介。

    今年80歳を迎えた張本氏は代打で登場し、元大洋ホエールズの齋藤氏と対戦。2ボール2ストライクから投じられたボールをスイングし当てたたものの、ゴロに打ち取られる。

    張本氏がベンチに戻ると、80歳にしてバットボールが当たったことを称賛する選手たちがハイタッチで出迎え。普段は厳しい同氏も、1人1人応じていた。


    関連記事:張本勲氏と堀内恒夫氏、プロ野球の練習に苦言 「意味がない」「学芸会の発表会」

    ■張本氏が涙声で…

    ゲストの元千葉ロッテマリーンズ黒木知宏氏は「ハリさんあっぱれですね。レベルスイング出来てますし、打席に立ったときの眼光の鋭さ。戦う男になってるとこにあっぱれあげます」と賛辞を送る。

    嬉しそうにしていた張本氏は「いやあ、私はね。打ち損じて、ベンチに帰ったときに『アッ』と驚いて、胸が熱くなったんですよ」と若干涙声で話す。

    そして「私は二度とプロ野球の選手になりたくないんですよ。命を削って練習して、過酷な商売はもう疲れ果てたから。だけど、全員で総立ちで、私を迎えてくれたんですよ『先輩よく頑張りましたね』、胸がジーンときましたよ」と熱く語った。


    ■後輩に感謝の弁

    感激している様子の張本氏は、「私はハイタッチをしながらね、良い世界におったんだな。良い後輩を持って良かったな。関口さん、これが日本スポーツ界の美徳なんだ。先人、先輩を大事にしてくれる」とコメントする。

    そして「(主催者の)サントリーにはお礼を言いたいわ。25年間素晴らしい大会を続けてくれるから。25年間、全部出てるのは私一人しか残ってないんだ。来年もやってくれると思います」と語った。


    ■視聴者も称賛の声

    サンデーモーニング』では後輩に厳しい発言をすることが多い張本氏が見せた感謝の言葉に、視聴者から「良いことを言ってる」「プロ野球への会社の言葉が聞けたのは良かった」「ハリさんも人の子だったんだね」と好意的な声が上がる。

    また、試合でしっかりとしたスイングを見せたことについても「80歳にしてあのスイングは凄い」「よく頑張っていた」と称賛が相次ぐことになった。

    後輩に厳しい張本氏だが、試合で受けた優しさには感激した様子。今後も「らしさ」を忘れず、野球界の重鎮として活躍してほしい。

    ・合わせて読みたい→巨人・桑田真澄コーチに苦言で物議の張本勲氏 現役時代の評価を聞くと…

    (文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

    張本勲氏、野球界後輩の優しさに涙声で感謝の弁 称賛の声相次ぐ 


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【張本勲氏、野球界後輩の優しさに涙声で感謝の弁 称賛の声相次ぐ】の続きを読む



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    野党はしっかりしてほしいです。

    1 live ★ :2021/02/10(水) 18:17:28.61 ID:CAP_USER9.net

    脳科学者の茂木健一郎氏(58)が9日、ツイッターで野党のふがいなさを嘆いた。

     最近の大手メディアの世論調査では、コロナ対応のまずさで菅内閣の支持率が低迷。
    発足当時、70%を記録したが、最近の世論調査では軒並み40%を切り、不支持が支持を上回る状況が続いている。

     その一方で野党の支持利率も低迷しており、
    茂木氏は「菅内閣の支持率が下がったと言っても、野党の支持率を全部足しても、その下がった数字に届かないんだよね…」と嘆いた。

     立憲民主党をはじめとする野党全ての支持率は合わせて20%程度と、政権交代は非常に難しい状況が続いている。

    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2730654/

    関連スレ
    茂木健一郎 民進党への直言「党名を民主党に戻せ、そして、小沢と鳩山を三顧の礼を持ってお迎えすべきだ」
    https://karma.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1491057483/
    茂木健一郎 「SEALDsの運動にノーベル平和賞を!」
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1442678472/


    【【芸能】茂木健一郎が野党の支持率を嘆く「全部足しても菅内閣の下がった数字に届かないんだよね…」】の続きを読む

    このページのトップヘ