芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 漫画家


    時代の流れかな?

    1 muffin ★ :2023/01/18(水) 16:14:58.53ID:irWC1zok9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c441ed092cffea5f08ff4c481b87069c64fb5fe3
    1/18(水) 15:54配信 スポニチ

    「孤独のグルメ」原作者の漫画家・久住昌之氏(64)が、18日までに自身のツイッターを更新。飲食店で広がりつつある「QRコード注文」に関して苦言を呈した。

    「よく使ってた喫茶店が注文をスマホで卓のQRコード読み込んでやる方式になってて、めんどくせえ!」と書き出した久住氏。「ウエイターがメニュー持ってきて“注文はこちらからスマホでお願いします”って。今、君に“ホットコーヒー”って口で言えばそれでいいじゃん」と説明し「やな時代になってきた」と吐露した。

    この投稿には「私も何もかもスマホで済ます時代に寂しさを感じます」「お店の端末でできるならまだしも、自分の端末を使う方式ってすごいストレスですね」「従来の口頭オーダーよりも正確に伝わりますし、注文履歴も確認できて便利です」「孤独のグルメもこれで注文したら無言になっておもしろい」「コンサートも何でもスマホになっちゃってスマホに慣れてない世代は何事もやりにくい時代になっちゃいましたよね」「せめてタッチパネル」「過度なスマート化はやはりストレスになりますね~」と、さまざまなコメントが寄せられた。

    【【芸能】「孤独のグルメ」原作者、飲食店の注文方法に苦言「『スマホでお願いします』って、口で言えばそれでいいじゃん。やな時代」共感の嵐】の続きを読む


    反響がある。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/11/11(金) 18:49:45.23ID:bFCuQ1el9
    2022-11-10 19:15ORICON NEWS

     アイドルグループ・櫻坂46が9日、東京ドームで全国アリーナツアー最終公演『櫻坂46「2nd TOUR 2022 “As you know?” TOUR FINAL」』を開催した。
    本公演をもって、初期からキャプテンとしてグループをけん引してきた1期生の菅井友香(26)が卒業し、7年2ヶ月のアイドル人生に幕を下ろしたことを受け、人気漫画『SPY×FAMILY』作者・遠藤達哉が自身のツイッターを更新し、イラストで気持ちを伝えた。

     ツイッターでは「#sugaifamily」とし、アーニャとヨルがライブで涙するイラストを投稿。


    (出典 pbs.twimg.com)


     これにファンは「先生、私も現場でゆかのすけさんのらすとがんばりきをみまもりました。なみだなみだでした」「遠藤先生もまた参戦されていたんですね!同じ坂推しとして同じ空間で楽しめて幸せです!」
    「最高です。母娘で涙のがんばりき」「この絵がゆっかーとまつりちゃんにに届いて欲しい」「思わず感動…」などと反応している。

    https://www.oricon.co.jp/news/2256533/full/

    関連する菅井友香
    【櫻坂46】「僕は嫌だ!」卒業のキャプテン菅井友香が東京ドームで絶叫!禁曲「不協和音」3年ぶり解禁「鳥肌!」「まさか」感動の声殺到 [ジョーカーマン★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1668008905/

    【【芸能】『SPY×FAMILY』作者、櫻坂46菅井友香が卒業で「#sugaifamily」 アーニャ&ヨル涙のイラスト公開で反響】の続きを読む


    反省する。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/29(木) 14:41:45.85ID:CAP_USER9
    9/29(木) 13:00配信
    日刊スポーツ

    小林よしのり氏、安倍氏国葬の献花人数発言で炎上騒ぎ“反省”も「嘘をつくのが超苦手なのだ…」

     漫画家の小林よしのり氏(69)が29日、ブログを更新。安倍晋三元首相の国葬で献花に訪れた一般人の人数について「統一協会の動員で十分集まる」と指摘したことによる反響を受け、「もう少し配慮するべきだったもしれない」と反省するも、「わしは、嘘をつくのが超苦手なのだ」とつづった。

     小林氏は28日のブログで、賛否が別れていた国葬でおよそ2万3000人の一般人が献花に訪れたことについて「統一協会の動員で十分集まる」と指摘し、「統一協会の権力浸食問題は、そういう邪推や偏見を生んでも仕方がないということなんだ」と私見を述べた。

     続く投稿でも「国葬で2万人か。少ないなー」と感想を述べるとともに、「統一協会の動員で集まった人数じゃないかとからかったら、ネトウヨが怒り狂ってる。*だねー」と反響に言及。「じゃもっと言ってやろう。コミケなら1日10万人が集まるのに、国民の巨額の税金を使ってやった国葬が、たったの2万人か!巨人戦なら東京ドームに4万人、集まるらしい。なのに国を挙げて交通規制して、大騒ぎでやった国葬がたったの2万人とはこれいかに?少ないな~~~~~~~~~」と指摘し、「献花する女性が、統一協会のサギ商品のペンダント付けて、テレビのインタビューに答えてるんだから、バレバレじゃん!2万人なら、自民党葬でよかったじゃないか!」と私見を述べた。

     29日の投稿では、自身の発言がネット上で拡散されて炎上騒ぎとなったことに触れ、「わしが書いた『献花が2万人は、国葬にしては少なすぎる』というシビアな見解が、安倍マンセーのプライドを痛く痛く傷つけてしまっていたのだ。彼らは国葬の献花の列を見て、『これがサイレントマジョリティーだ』『報道は偏向だった」と大喜びしていたから、その幻想を打ち砕いてしまったことは申し訳ない。しかもわしは『統一協会の動員があるはず』と普通なら誰でも考えそうなことを書いてしまった」と“反省”。「もう少し配慮するべきだったもしれない」としつつも、「しかし、『王様は裸だ!』の反権威主義でやってきたわしは、嘘をつくのが超苦手なのだ。これからも真実しか言わないだろう」と宣言し、「国葬に献花のために並んでいた人々は、たったの2万人!『国葬』にしては少なすぎた」と繰り返した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d174fc7a5611a1e40daa9b55cdcee071399d5df9

    【小林よしのり氏、安倍氏国葬の献花人数発言で炎上騒ぎ“反省”「もう少し配慮するべきだったもしれない、嘘をつくのが超苦手なのだ…」】の続きを読む


    過酷だった。

    1 muffin ★ :2022/09/18(日) 16:43:03.96ID:CAP_USER9
    https://bunshun.jp/articles/-/57146

     漫画家生活30年を超える柴田亜美さん。1991年に発表したプロデビュー作『南国少年パプワくん』で一世を風靡したのち、少年漫画、ギャグ漫画、エッセイ漫画などジャンルを問わず、多くの傑作を生み出した。 

     そんな柴田さんがTwitterに「常軌を逸した多忙ぶり」を紹介する4コマを投稿した途端、ネットは激震。毎月の執筆ページは、なんと150ページ近く。90年代を代表する超人気漫画家の生活とはどんなものだったのか? 柴田さんに振り返ってもらった。

    ――1991年に「月刊少年ガンガン」創刊号で漫画家デビュー。いちばん忙しかったのはいつ頃ですか?

    柴田亜美さん(以下、柴田) デビュー翌年に『パプワくん』がアニメ化されて、その数年後には「月刊少年ジャンプ」や「週刊ファミ通」での連載が始まって……。漫画家生活2~3年目で、もう地獄でしたね。

    中略

    ――バブル崩壊後の90年代に「出版バブル時代」が到来します。

    柴田 90年代って、少年漫画は『SLAM DUNK』や『幽☆遊☆白書』、少女漫画なら『美少女戦士セーラームーン』とか、ヒット作が連発でしょう。当時のジャンプが600万部の時代ですから。

     私もあっという間に連載が増えて、パプワくんの2話目を描いた後に、会社を辞めました。あの頃、キツかったのは『自由人HERO』を連載していた「月刊ジャンプ」のネーム直し。何度、編集をぶん殴りたいと思ったことか(笑)。とはいえ、アシスタント経験もない自分に漫画のイロハを叩き込んでくれたわけですから、集英社には足を向けて寝られません。

    ――慣れない漫画家生活はどうでしたか?

    柴田 デビュー当時はアシスタントさんもいなかったから、1人で高円寺のアパートにこもりっきり。ものすごい孤独感で、精神的に追い詰められるし、やっぱりちょっとおかしくなりました。何度も発狂しそうになりましたね。

    ――食事はどうしていましたか?

    柴田 出来合いのものを買ったり、近所のデリバリーを頼んだり。あるいは、食べない。あまりの忙しさで食べる余裕がないときも多くて……。そういうときは栄養ドリンクを浴びるように飲んで、最終的には男性向けの強壮ドリンクにも手を出していましたね。 ところが、ある日、医者をやっていた父が冷蔵庫の中を見て、「これは興奮剤だから絶対に飲んだらダメだ!」とかなんとか言って、全部捨てられたんです。
    中略

    ――休みは年間で何日ぐらいありましたか?

    柴田 いちばん酷いときは……ゼロですね。休みどころか、睡眠時間も人生で普通の人の3分の1以下しか取れていない気がする。「36時間起きて、4時間寝る」というような生活でした。

    中略

    柴田 当時、まわりにカラダを壊す同業者が続出して、冗談抜きで「死にたくない!」と思ったからです。ずっとまわりにいる人間がみんな不健康だったから、変な状況に慣れてしまったのよね。だって「30時間寝てない」とか、当時は当たり前の会話でしたから。

     当然、早くに亡くなる漫画家の知らせも続いて……。このままだと自分もヤバいと思って、44歳でジムに通い始めました。そこでカラダの歪みや筋肉量を細かく測定してもらったら、トレーナーから「このままだと50歳で寝たきりですよ」と言われて。

    全文はソースをご覧ください


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【「このままだと50歳で寝たきり」パプワくん作者・柴田亜美(55)が体験した“地獄の漫画家生活”「何度も発狂しそうになりました」】の続きを読む



    登場する。

     少女漫画ベルサイユのばら』作者の漫画家池田理代子氏(74)、モデルタレント高橋愛(36)が16日、六本木・東京シティービューで行われた『誕生50周年記念 ベルサイユのばら展-ベルばら永遠に-』オープニングセレモニーに登壇した。

    【全身ショット】ゴージャス!バラをまとった高橋愛

     オスカル誕生のきっかけについて池田氏は「オスカルは、フランス革命のあの日に国王軍から民衆側に寝返る軍隊があってそれを指揮していた人を書きたいなと思ったのですが、なかなか軍人の方の生活がわからなくて」と職業軍人だった祖父から資料をもらって研究したことにも触れながら「朝起きて髭を剃るのかしらとかわからなくて女の人にしちゃえという感じで」と打ち明けた。高橋は「そういうことだったんですね!面白いですね」と目を見開いて驚いていた。

     続けて、『ベルばらファンを公言する高橋からお気に入りのキャラを問われた池田氏は「とっても難しいの。自分が書く作品の中のキャラクターは悪役でも全部好き」と悩んだものの「ルイ19世が好きです」と告白。「包容力があって王様ですし」と優しい笑顔で語ると高橋も「めちゃめちゃいい人ですよね!」と共感した。

     同展は、連載開始から50周年を迎えることを記念して開催。連載当時の貴重な原画を池田氏の作品への思いや言葉を交えながら展示し、宝塚歌劇からテレビアニメに至るまで『ベルばら』をまるごと楽しむことができる。同場所であす17日から11月20日まで開催する。

    『ベルばら』オスカルの誕生秘話を明かした池田理代子氏 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】池田理代子氏、『ベルばら』オスカル誕生秘話明かす「女の人にしちゃえという感じで」 お気に入りはルイ16世】の続きを読む

    このページのトップヘ