芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 漫画家


    奥さんが代わりに書かないのかな?

    1 ひかり ★ :2022/08/12(金) 13:04:32.02ID:CAP_USER9
    人気漫画『HUNTER×HUNTER』(『H×H』)の作者・冨樫義博が12日、自身のツイッターを更新し、体調不良を報告した。

     5月24日の開設以降、毎日、一部に数字が書かれた原稿を公開している冨樫氏。この日は、初めて原稿を公開せず、「症状が改善せず、治療・回復に時間を大幅に割く事になりました。No399…背景効果指定作成中」と報告。

     冨樫氏は以前、画業35周年を記念した展覧会「冨樫義博展 -PUZZLE-」が開催されることが決定した際、直筆メッセージで「私自身思っておりますよ。「いや話の続き描けよ。」って思われてんだろうなと。確かに2年ほど椅子に座れない状態で描けませんでしたが、従来のやり方をあきらめることで現在は何とか執筆を再開しております」と告白。

     「皆さま、くれぐれも腰は大切に。これを書いている2週間前までお尻をふく姿勢がとれず、ウンコするたびシャワー浴びてました。あらゆる動作が常人の3~5倍時間がかかります。腰大事」と体調不良で『H×H』を休載していることを打ち明けていた。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ca51d2e7454890ee4ee3225461e024e5a802e42

    【【漫画】冨樫義博「症状が改善せず、治療・回復に時間を大幅に割く事になりました」】の続きを読む


    心よりご冥福をお祈りいたします。

    1 muffin ★ :2022/07/07(木) 17:50:38.12
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202207070000662.html
    2022年7月7日16時53分

    人気漫画「遊戯王」の作者、高橋和希さん(本名高橋一雅=かずお)が亡くなったことが7日、明らかになった。60歳。

    名護海上保安署によると、6日午前10時29分ごろ、沖縄県名護市安和(あわ)の沖合300メートルでマリンレジャー関係者から「死体らしきものが浮いている」と118番通報があった。同11時27分ごろ、名護市の消防がその場で死亡を確認した。警察に寄せられた行方不明者情報との関連を調べた結果、高橋さんと確認された。

    高橋さんは、黒いTシャツにスノーケリング、水中マスク、フィンを装着し、うつぶせの状態で見つかった。下半身は下着も含め、何も着用していない状態だったという。遺体の一部には、海洋生物にかまれたような跡があるという。

    高橋さんは観光のため1人で沖縄を訪れていた。海上保安署と警察が、亡くなるまでの経緯を調べている。

    https://www.oricon.co.jp/news/2241496/full/

    高橋さんは1986年に連載デビューし、代表作となった『遊☆戯☆王』は『週刊少年ジャンプ』で1996年9月から2004年3月まで連載。物語で登場した架空のカードゲーム「マジック&ウィザーズ」が話題となり、ストーリーは同ゲームを中心に展開すると、98年には初のテレビアニメが放送され、それ以降も主人公が変わりながらも『遊☆戯☆王』シリーズとして現在まで放送。

    また、「マジック&ウィザーズ」は「遊☆戯☆王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」として商品化され、2011年に累計販売枚数251億7000万枚を突破したことで「世界一販売枚数の多いトレーディング・カードゲーム」としてギネス認定された、世界中で人気となっている。

    なお、高橋さんは『遊☆戯☆王』の連載終了後も、『Vジャンプ』で連載された『遊☆戯☆王R』『遊☆戯☆王GX』などで原案・担当として参加。『週刊少年ジャンプ』で13年に読み切り作品『DRUMP』、16年に映画『遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』の公開と連動した『TRANSCEND・GAME 遊☆戯☆王』、18年に新作の短期集中連載『THE COMIQ』を掲載した。


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


    (出典 contents.oricon.co.jp)


    ★1:2022/07/07(木) 16:23:35.40
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1657178615/ (★1)
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1657180584/ (★2)

    【【訃報】人気漫画「遊戯王」作者 高橋和希さん(60) 沖縄 名護で死去 遺体の一部に海洋生物にかまれたような跡】の続きを読む



    YouTubeを始める。

    伝説的ともいえる小学館の人気漫画雑誌コロコロコミック』で連載し、今現在もレジェンド漫画として君臨している人気漫画『つるピカハゲ丸くん』。その作者である、のむらしんぼ先生が、動画共有サイトYouTube』にてユーチューバーとしてデビューしていたことが判明した。

    つるセコしんぼチャンネル

    むらしんぼ先生は、2021年12月16日YouTubeチャンネル登録。その後、半年間の準備期間を経て、2022年2年20日に初の動画「つるセコしんぼチャンネルはじめました! by石神井公園駅前」を掲載した。


    ファンや同業者にとって興味深いコンテンツ

    むらしんぼ先生のYouTubeチャンネルは、公園で撮影されることが多いようで、なんと、野外でウクレレ演奏をしているシーンも動画に収録されていた。また、漫画のカラー原稿の着色シーンを動画で撮影するなど、ファンや同業者にとって興味深いコンテンツもあった。

    チャンネル登録者数はこれから増えそう

    あまり告知していなかった影響もあるのか、のむらしんぼ先生がユーチューバーデビューしたことを知っている人は少ないようで、チャンネル登録者数はこれから増えていくと思われる。

    注目せずにはいられないのむらしんぼ先生のYouTubeチャンネル

    みんなが夢中になって読んだ『つるピカハゲ丸くん』。そんな伝説的な作品を描いた、ギャグマンガの先駆者ともいえるのむらしんぼ先生のYouTubeチャンネル、注目せずにはいられない。



    (執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

    漫画『つるピカハゲ丸』作者がユーチューバーになってた件「のむらしんぼ先生スゴイ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【漫画『つるピカハゲ丸』作者がユーチューバーになってた件「のむらしんぼ先生スゴイ」】の続きを読む



    話題になる。

     少年漫画HUNTER×HUNTERで知られる冨樫義博氏は5月24日(火)、自身の公式Twitterアカウント@Un4v5s8bgsVk9Xp)を開設した。冨樫氏のアシスタントである井上コウセイ氏やアイシールド21ワンパンマンの作画を手がけた村田雄介氏が確認したところによると、アカウントは本人のもので間違いないという。

    『HUNTER×HUNTER』
    (画像は『HUNTER×HUNTER』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイトより)

     冨樫氏による最初のツイートとりあえずあと4話。」と記されており、ネーム用紙とページ数の「6」も画像で確認できる。投稿を踏まえて、Twitter上ではアニメ版でゴン役を務めた潘めぐみさんやキルア役の伊瀬茉莉也さんを筆頭に、数多くのファンツイートに反応。本人かどうかの確認が取れるまでは本物のツイートであるかを疑うものも投稿されていた。

     なお、集英社や「週刊少年ジャンプ」の公式Twitterアカウントは執筆時点で冨樫氏のアカウント開設に反応しておらず、編集部をかたる偽のアカウントも出没しているようだ。続報までにはまだ時間を要しそうだが、興味があればチェックしておくとよいだろう。





    冨樫義博氏の公式Twitterアカウント(@Un4v5s8bgsVk9Xp)はこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『HUNTER×HUNTER』著者の冨樫義博氏がTwitterアカウントを開設し大きな話題に。『ワンパンマン』作画の村田雄介氏や冨樫氏のアシスタントによる確認で本人だと判明】の続きを読む



    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    1位は「手塚治虫」 です。

    1 フォーエバー ★ :2022/05/20(金) 20:36:16.31

     ねとらぼ調査隊では、アンケートサイト「ボイスノート」協力のもと「画力がある漫画家は誰?」というテーマでアンケートを実施しました。対象者は全国の40代以上の男性となっています。

    【画像:ランキング21位~1位を見る】

     漫画はストーリーもさることながら、絵の迫力や繊細さ、コマ割りなどに関しても作家によって個性があり、好みが分かれるところです。40代以上の男性は、はたしてどの作家を支持したのでしょうか? さっそく上位からランキングを見ていきましょう。

    ●第2位:鳥山明
     第2位は「鳥山明」さんです。1978年に週刊少年ジャンプにてデビューした鳥山さんは、『Dr.スランプ』が大ヒットし人気作家の仲間入りをはたします。

     その後、『DRAGON BALL』の連載をスタートさせて、国民的な人気を獲得します。全世界で単行本のシリーズ累計発行部数は約3億部となり、アニメやゲームなども大ヒット。いまでも関連作品が制作されるほどの日本を代表する漫画となっています。『DRAGON BALL』は迫力のある絵でも知られ、背景や乗り物までしっかりと書き込まれたイラスト集も発売されています。

     また、ゲームソフトの「ドラゴンクエストシリーズ」などでキャラクターデザインを担当し、多くの人に愛されています。

    ●第1位:手塚治虫
     第1位は「手塚治虫」さんです。日本の漫画やアニメの概念を変えた功績がたたえられる手塚さんは、『鉄腕アトム』や『ジャングル大帝』など、現在でも愛されている名作を多く生み出してきました。

     また、『*・ジャック』『三つ目がとおる』『火の鳥』などさまざまなジャンルの漫画を創作し、藤子不二雄さんや石ノ森章太郎さん、赤塚不二夫さんなどの後進に多大な影響を与えることに。

     緻密に描かれた躍動感のある作品の数々は、いまでも老若男女に読まれ続けています。

    5/20(金) 20:05配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/edc24a74618f77613d89f90e8dd03f641474542d

    (出典 i.imgur.com)


    【【漫画】「画力がある漫画家」ランキング! 40代以上の男性が選ぶ1位は「手塚治虫」】の続きを読む

    このページのトップヘ