芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:政治 > 国内


    「年金を受け取っているか」の質問に麻生太郎「記憶がない」

    政治家なら真剣に取り組んでほしいです。何で政治家になったの?

    「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委 - 毎日新聞 - 毎日新聞
    1. 「年金を受け取っているか」の質問に麻生氏「正確な記憶がない」 衆院財務金融委 - 毎日新聞  毎日新聞
    2. 「年金がいくらとか自分の生活では心配したことない」麻生太郎大臣と老後2000万円問題  www.fnn.jp
    3. 「老後2000万円報告書」を受け取らなかった麻生大臣、自らの年金は「記憶ない」「心配したことない」  BuzzFeed Japan
    4. 麻生氏 年金受給「記憶ない」 | 2019/6/14(金) 20:55  Yahoo!ニュース
    5. “自分の年金”について問われ、麻生財務相の発言に野党反発 14日 15時20分  TBS News
    6. Google ニュースですべての記事を表示

    (出典:毎日新聞)

    2007年8月17日[リンク切れ]。また、麻生太郎の従兄弟に当たる人物がブラジルに移民していたことも近年になって判明した。麻生総理の従兄弟とついに接触! 学移連出身だった忠氏 「人生一度だけ!」と熱弁 VillageJapan 2008年12月31日 [リンク切れ] ^ この採掘事業を開始したのは、麻生太郎の父親である麻生太
    176キロバイト (24,529 語) - 2019年6月15日 (土) 03:32


    (出典 cf-images.ap-northeast-1.prod.boltdns.net)


    NO.7534064 2019/06/15 00:09
    「年金を受け取っているか」の質問に麻生太郎「記憶がない」
    「年金を受け取っているか」の質問に麻生太郎「記憶がない」
    年金を受給しているか分からない――麻生太郎副総理兼金融担当相(78)は14日の衆院財務金融委員会で、そんな答弁をした。

    金融庁のワーキンググループ(WG)報告書をきっかけに、老後の暮らしへの不安が高まる中、会社役員も務めた閣僚のずれた生活感覚が浮き彫りとなった。

    立憲民主党会派の大串博志氏から「年金を受け取っているか」と問われた麻生氏は「受け取っていないと思う」とあいまいに答弁。

    さらに追及されると「年金を受け取るかどうか、随分前に秘書に『君に任す』と言って以来、正確な記憶がない」と答弁。

    「年金がいくらとか、自分の生活として心配したことはない」とも述べた。

    答弁に窮した麻生氏が、質問することを事前に通告していなかったと指摘すると、大串氏は「さすがに即座に答えられるだろうと思った」とあきれ、「通告してまたの機会に聞きます」と皮肉った。

    麻生氏は2006年に廃止された議員年金についても、在職年数からみて引退後に毎年約450万円を受け取る資格があるとみられる。



    【日時】2019年06月14日 19:58
    【ソース】毎日新聞


    【「年金を受け取っているか」の質問に麻生太郎「記憶がない」】の続きを読む


    内閣支持横ばい45%=消費増税、5割超が反対-時事世論調査 - 時事通信ニュース
    時事通信が7~10日に実施した6月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比0.2ポイント増の44.9%で横ばいだった。不支持率は0.4ポイント増の31.5%。
    (出典:時事通信ニュース)


    安倍内閣(あべないかく) 安倍晋三を内閣総理大臣・首班とする内閣。 第1次安倍政権 第1次安倍内閣…2006年(平成18年)9月26日 - 2007年(平成19年)8月27日 第1次安倍内閣 (改造)…2007年(平成19年)8月27日 - 2007年(平成19年)9月26日 第2次安倍政権
    2キロバイト (283 語) - 2019年5月16日 (木) 04:52



    (出典 newsphere.jp)


    長く続いてます。

    1 おでん ★ :2019/06/14(金) 18:07:55.41

    時事通信が7~10日に実施した6月の世論調査で、
    安倍内閣の支持率は前月比0.2ポイント増の44.9%で横ばいだった。
    不支持率は0.4ポイント増の31.5%。

    老後資金に2000万円が必要とした金融庁の報告書をめぐる問題が浮上しながら支持率を維持した背景には
    トランプ米大統領の5月下旬の来日で安倍首相の外交に関心が集まったことなどがあるとみられる。

    10月の消費税率10%への引き上げについて、
    「反対」は「どちらかと言えば」を含め55.1%と半数を超えた。
    「賛成」は「どちらかと言えば」を含め39.0%だった。

    景気の実感を尋ねると、「良い」は1.2%にとどまり、「どちらかと言えば良い」23.7%、
    「どちらかと言えば悪い」53.1%、「悪い」13.5%となった。

    夏の参院選に合わせた衆参同日選に関しては、賛成派が反対派を上回った。
    「賛成」が「どちらかと言えば」を含め45.9%、「反対」は「どちらかと言えば」を含め32.4%だった。

    内閣支持の理由(複数回答)は、多い順に「他に適当な人がいない」21.0%、「リーダーシップがある」12.9%
    「首相を信頼する」11.2%など。

    支持しない理由(同)は、「首相を信頼できない」15.5%、「期待が持てない」15.1%、
    「政策が駄目」11.2%などだった。

    政党支持率は、
    自民党が前月比1.2ポイント増の27.7%、立憲民主党は0.4ポイント減の3.3%だった。
    以下、公明党2.6%、共産党1.8%、日本維新の会1.2%、国民民主党0.6%、社民党0.3%。
    「支持政党なし」は0.2ポイント減の59.4%だった。

    調査は全国の18歳以上の男女2000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は62.8%。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061400822&g=pol

    関連スレ 最新世論調査
    【首相在職日数・歴代1位へ】安倍内閣支持率48%不支持率32% - NHK世論調査
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1560222683/
    【共同通信調査】安倍内閣支持率50.5%不支持率36.2% ダブル選挙「行った方がよい」47.8%
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1558321058/

    【JNN世論調査】安倍内閣支持率59.1%(+1.7)不支持率36.9%(-3.4)★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559528747/
    【世論調査】安倍内閣支持率、前回調査から7ポイント上昇の55% 不支持率も大幅ダウン 日経・テレ東★6
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557715745/
    【世論調査】安倍内閣支持率50.7%不支持率34.9% 政党支持率 自民党41%、立憲民主党7.4%他 - FNN・産経
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557976857/


    【【世論調査】安倍内閣支持率44.9%不支持率31.5% 政党支持率 自民27.7%、立憲3.3%、公明2.6% - 時事通信】の続きを読む


    「年金では老後資金2000万円不足」を安倍首相が否定→介護などのためにあと1500万円必要でした


    「年金では老後資金2000万円不足」を安倍首相が否定→介護などのためにあと1500万円必要でした (2019年6月10日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    実は老後に年金だけで不足するのは2000万円だけではありませんでした。詳細は以下から。◇「老後2000万円不足」の不正確が与えた誤解とは何か?安倍首相が6月10 ...
    (出典:エキサイトニュース)


    年金(ねんきん、英: pension、annuity)とは、毎年定期的・継続的に給付される金銭のことである。また、年金を保障する仕組みとして年金制度(ねんきんせいど)も指す。制度の運営手法によって、公的年金と私的年金に分類される。また個人年金は私的年金とは別に分類する場合が多い。 年金
    27キロバイト (3,371 語) - 2019年5月23日 (木) 07:55



    (出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


    年金制度はしっかりしてほしいです。これは国会議員の仕事なのではないでしょうか。何のために国会議員になったんですか?

    実は老後に年金だけで不足するのは2000万円だけではありませんでした。詳細は以下から。

    ◆「老後2000万円不足」の不正確が与えた誤解とは何か?
    安倍首相6月10日の参院決算委員会で、95歳まで生きるには夫婦で2000万円の蓄えが必要とする金融庁金融審議会の試算について「不正確であり、誤解を与えるものだった」と述べました。

    これは立憲民主党の蓮舫副代表との質疑でのやり取りの中での一幕ですが、いったいどのように不正確でどんな誤解を与えたのでしょうか。

    蓮舫副代表は質疑の中で年金だけでは老後に不足とされる2000万円について以下のように追求。

    2000万円足りないという記述の後に「ここには例えば老人ホームなどの介護費用、住宅リフォーム費用などを含んでいないことに留意が必要である」。

    そしてわざわざライフステージごとに発生する費用等の例ととして、介護が必要だと1000万円最大で掛かる、リフォームが必要だと465万円掛かるって明確に書いてある。3000万、4000万円どんどん膨らんでいく。そんな話をされているんですよ。

    これには金融庁側も「説明が稚拙でもうしわけございません」と答えるしかありませんでした。

    本当であれば、私たちが用意するべき資産はさらに手の届かない額になってしまいます。いったい蓮舫副代表の出してきた数字にはどのような根拠があるのでしょうか?

    ◆蓮舫副代表の出してきた数字の正確性は?
    蓮舫副代表が指摘しているのは5月22日の金融審議会で配布された資料「事務局説明資料(「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案))」と「参考資料」での記述です。

    事務局説明資料の17ページには以下のように記述されています。

    収入と支出の差である不足額約5万円が毎月発生する場合には、20年で約1300万円、30年で約2000万円の取崩しが必要になる。支出については、特別な支出(例えば老人ホームなどの介護費用や住宅リフォーム費用など)を含んでいないことに留意が必要である。


    事務局説明資料(「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案))」より引用

    そして「特別な支出」とされた「老人ホームなどの介護費用」や「住宅リフォーム費用」については参考資料の19ページに記述があります。


    参考資料」より引用(クリックして拡大)

    ここでは介護費用は0~1000万円となっており、最大の1000万円となる場合の根拠は生命保険文化センターの「平成27年生命保険に関する全国実態調査」からで、以下のような内訳となっています。

    初期費用80万円+(月額7.9万円×12月×10年)=1028万円

    また、リフォーム費用は国土交通省平成25年住生活総合調査結果」から撮られた平均値が465万円という値です。

    ということで、蓮舫議員の述べた数字はいずれも金融庁の提出した資料に寄るものであることが確認できます。

    高齢化社会の日本において、介護がどれほど大きな問題になっているかは改めて指摘するまでもありませんし、家屋の老朽化や病気・老衰・介護といった理由でリフォームせざるを得ないケースもいくらでもあります。

    つまり、2000万円という金額はこれらの発生する蓋然性の高い支出を敢えて外した数字だったという事になり、金融庁の説明は稚拙である以上に不誠実だと言われても致し方ありません。

    ◆若い世代にはもっと厳しい現実が
    しかもこれはあくまで現在の高齢者の年金受給額や預貯金、金融資産の平均から算出したもの。「事務局説明資料(「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案))」の10ページにある表を見てみましょう。これによると、社会保険給付が夫婦併せて19万1880円となっています。

    クリックして拡大)

    また、高齢夫婦無職世帯の平均純貯蓄額は2484万円となっており、65歳時点における金融資産の平均保有状況については16ページで「夫婦世帯、単身男性、単身女性のそれぞれで、2252万円、1552万円、1506万円」とされています。

    まず終身雇用制度が既に崩壊しており、低賃金・低待遇な非正規雇用が蔓延する現代において、月に20万円近い年金を受取れるような収入を得ている現役世代は少なくなっています。

    バブル崩壊後の1995年に世帯収入の中央値はピークの550万円を記録していましたが、その後22年間で122万円減少。これは22%超の減少ということで、およそ3/4になったということになります。

    またSMBCコンシューマーファイナンス3月6日に発表した30~40代の金銭感覚に関する調査結果によると「現在の貯蓄額がゼロ」と答えた人が前年比6ポイント増の23.1%になり、平均貯蓄額も同52万円減の195万円に低下しています。

    その中でも、貯蓄額の平均は30代が前年比4万円減の194万円なのに対し、40代は同120万円減の196万円と著しい落ち込みを見せています。

    つまり、今現在の高齢者にとっても人生100年を生き抜くのは非常に大変ですが、それ以上により若い世代が迎える老後は一層厳しいものになることが予想されます。2000万円の資産形成で済む話ではありません。

    【「年金では老後資金2000万円不足」を安倍首相が否定→介護などのためにあと1500万円必要でした】を全て見る

    「年金では老後資金2000万円不足」を安倍首相が否定→介護などのためにあと1500万円必要でした


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「年金では老後資金2000万円不足」を安倍首相が否定→介護などのためにあと1500万円必要でした】の続きを読む


    「国会議員としての資格はない」丸山穂高議員に対する糾弾決議が可決 衆院本会議


    丸山 穂高(まるやま ほだか、1984年1月10日 - )は、日本の政治家、衆議院議員(3期)。 大阪府堺市生まれ。西大和学園高等学校、東京大学経済学部卒業。 2006年、経済産業省に入省。大臣官房総務課や原子力安全・保安院(当時)保安課企画法規係長を経て、2009年に退官。 2009年、財団法人松下政経塾に入塾し、2012年に卒塾。
    34キロバイト (4,919 語) - 2019年6月8日 (土) 22:48



    (出典 www.sejp.net)


    戦争はよくないです。


     北方領土問題をめぐって「戦争」に言及した丸山穂高衆議院議員に対する「糾弾決議」が衆議院本会議で可決された。議員に対する糾弾決議は初めてとなる。

     決議では丸山議員に対し、「国会議員としての資格はないと断ぜざるを得ない」とした上で、「直ちに自ら進退について判断するよう促す」としている。しかし法的拘束力はなく、丸山議員の対応が焦点になる。
     

    最新ニュースはAbemaNewsで

    「国会議員としての資格はない」丸山穂高議員に対する糾弾決議が可決 衆院本会議


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「国会議員としての資格はない」丸山穂高議員に対する糾弾決議が可決 衆院本会議】の続きを読む


    「ポスト安倍」は誰? 自民党の「首相候補」たち - nippon.com | 日本情報多言語発信サイト
    ポスト安倍」とは、安倍晋三首相の後を務める可能性を持つ「総裁、首相候補」のことだが、自民党で派閥政治が絶頂を迎えていた1960年代から80年代にかけてと現在では ...
    (出典:nippon.com | 日本情報多言語発信サイト)



    (出典 www.zakzak.co.jp)


    次の総理は誰になるのか?

    1 おでん ★ :2019/05/16(木) 18:52:55.43

    ※夜の政治スレ

    日本経済新聞社の世論調査で、次の首相にふさわしいのは誰かを聞いたところ、
    自民党の安倍晋三首相(総裁)と小泉進次郎氏が23%で並んだ。
    3位は石破茂元幹事長で11%だった。
    4位は菅義偉官房長官の7%で2018年10月の前回調査の2%から大幅に増えた。
    野党第1党・立憲民主党の枝野幸男代表は5%で5位だった。

    10人の中から1人を選択してもらった。
    18年9月の自民党総裁選直後に実施した前回調査では
    「安倍首相の党総裁任期は21年9月までです」と示した上で質問した。
    今回は任期に触れていないため単純比較はできないが、安倍首相をあげた人は前回は9%だった。

    内閣支持層でみるとトップが安倍首相の41%で、2位が小泉氏の21%、3位が菅氏の9%だった。
    不支持層では1位は小泉氏の28%で2位は石破氏の18%、3位は枝野氏の10%だった。

    菅氏は前回は8位だった。17年2、8月、18年10月の調査では1~2%だった。
    新元号「令和」の発表役を務め、米国を訪問してペンス副大統領らと会談するなど知名度が上がり、
    次の首相候補に推す声が高まったとみられる。

    ■他の「ポスト安倍」の候補の多くは数字が下がった。

    石破氏は17年8月は22%でトップ、18年10月は21%で2位だったが、今回は約半分の11%だった。
    自民党の岸田文雄政調会長は前回6%の4位だったが半分の3%で7位になった。
    河野太郎外相は前回と同じ4%だった。「いえない・わからない」は22%だった。

    世代別では若年層ほど安倍首相を選ぶ傾向がある。

    18~29歳での支持は安倍首相が44%でトップだった。
    2位が小泉氏の15%、3位が菅氏の10%だった。
    60歳以上の支持は小泉氏の25%がトップで、安倍首相が16%、石破氏が15%で続いた。

    男性では1位は安倍首相の25%、2位は小泉氏の22%、3位は石破氏の13%だった。
    女性は小泉氏の24%が最多で、安倍首相が21%、石破氏が9%で続いた。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44698030S9A510C1PE8000/

    関連スレ
    【NHK世論調査】安倍内閣支持率48%(+1)不支持率32%(-3) 政党支持率 自民党35.2%、立憲民主党4.8%他
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557888527/

    【JNN世論調査】安倍内閣支持率57.4%(+4)不支持率40.3%(-3)★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557800702/

    【世論調査】安倍内閣支持率、前回調査から7ポイント上昇の55% 不支持率も大幅ダウン 日経・テレ東★6
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557715745/

    【世論調査】安倍内閣支持率50.7%不支持率34.9% 政党支持率 自民党41%、立憲民主党7.4%他 - FNN・産経
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1557976857/


    【【次期首相は誰がいい?】若年層人気の安倍氏が1位、候補の多くは数字が激減 菅氏は大幅増 -日経、テレ東調査】の続きを読む

    このページのトップヘ