芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 作家


    心よりご冥福をお祈りいたします。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/22(木) 16:42:15.78

    7/22(木) 16:31配信
    共同通信

    那須正幹さん=2015年6月、山口県防府市

     「ズッコケ三人組」シリーズで知られる児童文学作家で、被爆体験を基に平和を訴えた那須正幹さんが22日死去した。79歳。広島市出身。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6ca616c0e3ddccd72ca0fceba3deeeae50c40043


    【【訃報】児童文学作家の那須正幹さん死去 「ズッコケ三人組」シリーズ】の続きを読む


    脅迫はよくないです。


    NO.9552719 2021/06/10 21:33
    川上未映子さんへの脅迫、投稿女性に320万円賠償命令
    川上未映子さんへの脅迫、投稿女性に320万円賠償命令
    芥川賞作家の川上未映子さん(44)をネット上の投稿などで脅迫や中傷したとして、東京地裁(金沢秀樹裁判長)は10日、東京都の女性に慰謝料など約320万円を支払うよう命じた。

    ■女性の投稿「加害行為の意思示す」
    判決は、「レ(死)んでしまえと思っている。やるっきゃない、さ(刺)すしか」などとした女性の投稿について、「生命や身体に対する加害行為の意思を表示する」と指摘。この影響で川上さんが「対談イベントへの出演を取りやめた」とした。川上さんが盗作したように読める投稿については、盗作したと認める証拠はなく、盗作を信じる相当な事情もないと判断。「社会的評価を低下させた」とした。

    【日時】2021年06月10日 20:35
    【ソース】朝日新聞

    【川上未映子さんへの脅迫、投稿女性に320万円賠償命令】の続きを読む


    古市 憲寿(ふるいち のりとし、1985年1月14日 - )は、社会学者、作家。東京都出身。 東京都墨田区生まれ、6歳で埼玉県川口市に引越した。 埼玉県立越谷北高等学校卒業。 2003年、慶應義塾大学環境情報学部にAO入試で入学。 2005年、ノルウェーのオスロ大学に交換留学(- 2006年)。
    20キロバイト (2,504 語) - 2020年11月4日 (水) 08:37



    (出典 www.fnn.jp)


    カケゴトが嫌いなのかな?

    古市憲寿

    4日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、アイドルグループ・嵐のオンラインライブ「アラフェス 2020」の様子について注目。番組コメンテーター古市憲寿氏のコメントが、ネット上で波紋を呼んでいる。

     

    ■ライブを見て涙するファンも

    今回のコンサートは、新型コロナウイルスの影響を受け、事前に国立競技場で撮影したものをオンラインで配信する無観客ライブという形で開催。嵐の活動休止前最後のライブということもあり、世間からの注目度はかなり高かったようだ。

    この日の番組では、カラオケ店でコンサートを視聴するファン歴10年以上という嵐ファンに密着。「久しぶりのライブが嬉しくて…」と涙する様子を紹介した。


    関連記事:小倉智昭、無観客ライブのサーバー落ちに不安 「対策してほしい」の声も

    ■国立競技場でのライブに疑問

    古市氏は、今回のコンサートについて「無観客なら国立競技場でやる必要あったのかなって。もっと小さい所でやってもよかったんじゃないかなと思っちゃいましたね」とコメント。これに対し、番組MCの小倉智昭は「嵐といえばやっぱり国立なんだよね」とすかさずフォローを入れる。

    続けて、古市氏は「またいつか、観客がいる前で意味のある国立競技場でのライブを行なってほしいなって思いました」と語った。


    ■古市氏のコメントに波紋

    今回の放送に対し、ツイッター上では「嵐のライブスゴいんだね」「見たい人はみんな見れたみたいだから、逆にオンラインライブで良かったのかも」といった視聴者からの感想がつぶやかれていた。

    また、古市氏のコメントに対して「嵐といえば国立競技場なんだよ!」「国立競技場の広さじゃないと、メンバーの満足のいくライブができないんじゃないかな」「国立ならではの迫力ってのはあると思う」など疑問の声も多数見られた。


    ■嵐の活動休止が残念だと思う人は…

    「これでしばらく嵐のライブが見れなくなるのか…」「活動休止ってワードがいまだにツラい」といったファンからの声も見られた今回の放送。国民的アイドルである嵐の活動休止を悲しむファンも多いのではないだろうか。

    しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名に調査したところ、全体の39.2%が「嵐の活動休止は残念だと思う」と回答している。

    嵐活動休止を残念に思う人の割合

    今年いっぱいで活動休止することが決定している嵐。「解散」ではなく、「活動休止」であるため、今後の復帰に期待するファンも多いだろう。

    ・合わせて読みたい→『嵐にしやがれ』年内で終了へ ファン切望「最終回はゲスト呼ばないで」

    (文/しらべぇ編集部・北田力也

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年2月21日2020年2月26日
    対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)

    古市憲寿氏、嵐の無観客ライブへの発言に波紋 「競技場でやる必要ある?」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【古市憲寿氏、嵐の無観客ライブへの発言に波紋 「競技場でやる必要ある?」】の続きを読む

    室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年〈昭和45年〉227日 - )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県八戸市出身。血液型はB型。身長162 cm。オーケープロダクション → オールラウンド所属。 1970年(昭和45年)227日 - 青森県八戸市で生まれる。 1997年(平成9年)
    13キロバイト (1,443 語) - 2020年5月9日 (土) 23:14



    (出典 snjpn.net)


    聞いて、驚きました。

     作家・室井佑月氏(50)との結婚が報じられた前新潟県知事の米山隆一氏(52)。その米山氏は5月9日の夕方、室井氏との結婚について「週刊文春」の直撃取材を受けていた。

     当時、新潟県知事だった米山氏が出会い系サイトハッピーメール」で知り合った複数の女子大生と援助交際をしていたことを「週刊文春」が報じたのは2018年4月のこと。米山氏は「(女性に金銭を渡して)歓心を買おうと思った」という迷言を残し、在任わずか約1年半で新潟県庁を後にした。

    「彼は灘高、東大医学部を卒業後、医師免許を取得。さらに司法試験にも合格しているスーパーエリートですが、女性には縁がなく、40代になっても結婚相手に恵まれなかった。知事になっても独り身の寂しさには勝てなかったのか、女子大生に金銭を渡し、東京に借りていたマンションに招いていたのです」(地元記者)

     それから苦節2年。ようやく米山氏に春が訪れた。

    「室井さんとはツイッターなどで意見交換をする仲で、脱原発など政治信条も近かった。2016年10月の新潟知事選で、米山氏が脱原発政策を掲げて当選した際、室井氏はスポーツ紙のコラムで『正義は勝つ!』と書くなど大喜びしていました。今年初め頃から急速に仲を深め、交際に発展したと聞いています」(米山氏の知人)

     室井氏を知るテレビ局関係者が明かす。

    「室井氏はコラムなどの原稿執筆の他、ワイドショーコメンテーターや『中居正広金曜日のスマたちへ』(TBS系)にレギュラー出演するなど、幅広く活動しています。私生活では作家の高橋源一郎氏と1999年8月に結婚し一児をもうけましたが、01年に離婚しています」

     そんな米山氏は、次期衆院選に出馬の意欲を示しているという。

    「辞任後、『能力がある人なのに、女で辞めるのはもったいねえ』という同情論がありましたが、再出馬の話題が出るたびに支援者からは『地盤を固めるより、まずは身を固めろ』と反対されていました」(県議会関係者)

     5月9日夕方、米山氏を電話で直撃した。

    ――近々結婚されると聞きました。

    「(少し間があって)いやぁ、知りませんね」

    ――室井佑月さんと交際していますよね。

    「いやぁ、知りませんね」

    ――面識もない?

    「面識はありますよ」

    ――交際の事実はまったくないということ?

    「(少し間があって)知りませんですね……」

    ――否定? それとも答えられない?

    「知らないです」

    ――衆院選に出馬を予定していると聞くが。

    「知らんです」 

     室井氏というパートナーを得た米山氏は、再び政界復帰を目指すのだろうか。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春

    米山隆一氏 ©共同通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【室井佑月氏と結婚 米山前新潟県知事との一問一答】の続きを読む


    上原多香子の夫 炎上したSNS投稿を全削除 - デイリースポーツ
    SPEEDの上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が15日、上原に関する記述が炎上を招いていた一連のツイッター投稿を削除した。
    (出典:デイリースポーツ)


    上原 多香子(うえはら たかこ、1983年1月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。SPEEDのメンバー。所属事務所はライジングプロダクション、所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。沖縄県豊見城市出身。 1996年8月、アイドルグループ・SPEEDのメンバー(ダンス・コーラス担当)としてデビュー。
    24キロバイト (2,147 語) - 2019年3月26日 (火) 11:21



    (出典 entamejoker.com)



    1 ひかり ★ :2019/05/15(水) 18:47:58.19

     SPEEDの上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が15日、上原に関する記述が炎上を招いていた一連のツイッター投稿を削除した。

     コウ氏は14日に、承認された人しか読むことができない上原のツイートが一部で記事化されたとして
    「特定の人にしか見られないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。
    実に鬱陶しい…」とツイート。

     背景には、以前に上原と自*た前夫でET-KINGのTENNさんの問題が報じられていることもあり、この投稿には多数のコメントが殺到した。

     コウ氏は「実態のない匿名の方にどんだけ叩かれても屁とも思わないので、どんどん叩いてくれて結構です」などとツイートしていた。

     しかし一夜明けた15日午前には「実態のない匿名の方々と一瞬でも向き合ってしまった僕がいけなかった」と記した。「思った以上に面倒くさいことに
    なってしまい、僕の周りに多大なるご迷惑をかけてしまった」と反省し、「今は自分が子供だったと反省しております。もう二度と皆さんと向き合わないので、
    今後は何を言われても貝にならせてもらいます」としていた。

     これらの投稿は15日午後、ツイッターから消えた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000086-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557906624/


    【【芸能】上原多香子の夫・コウカズヤ氏、炎上したSNS投稿を全削除】の続きを読む

    このページのトップヘ