芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 作家

    室井 佑月(むろい ゆづき、本名非公開、1970年〈昭和45年〉227日 - )は、日本の小説家、随筆家、タレント。青森県八戸市出身。血液型はB型。身長162 cm。オーケープロダクション → オールラウンド所属。 1970年(昭和45年)227日 - 青森県八戸市で生まれる。 1997年(平成9年)
    13キロバイト (1,443 語) - 2020年5月9日 (土) 23:14



    (出典 snjpn.net)


    聞いて、驚きました。

     作家・室井佑月氏(50)との結婚が報じられた前新潟県知事の米山隆一氏(52)。その米山氏は5月9日の夕方、室井氏との結婚について「週刊文春」の直撃取材を受けていた。

     当時、新潟県知事だった米山氏が出会い系サイトハッピーメール」で知り合った複数の女子大生と援助交際をしていたことを「週刊文春」が報じたのは2018年4月のこと。米山氏は「(女性に金銭を渡して)歓心を買おうと思った」という迷言を残し、在任わずか約1年半で新潟県庁を後にした。

    「彼は灘高、東大医学部を卒業後、医師免許を取得。さらに司法試験にも合格しているスーパーエリートですが、女性には縁がなく、40代になっても結婚相手に恵まれなかった。知事になっても独り身の寂しさには勝てなかったのか、女子大生に金銭を渡し、東京に借りていたマンションに招いていたのです」(地元記者)

     それから苦節2年。ようやく米山氏に春が訪れた。

    「室井さんとはツイッターなどで意見交換をする仲で、脱原発など政治信条も近かった。2016年10月の新潟知事選で、米山氏が脱原発政策を掲げて当選した際、室井氏はスポーツ紙のコラムで『正義は勝つ!』と書くなど大喜びしていました。今年初め頃から急速に仲を深め、交際に発展したと聞いています」(米山氏の知人)

     室井氏を知るテレビ局関係者が明かす。

    「室井氏はコラムなどの原稿執筆の他、ワイドショーコメンテーターや『中居正広金曜日のスマたちへ』(TBS系)にレギュラー出演するなど、幅広く活動しています。私生活では作家の高橋源一郎氏と1999年8月に結婚し一児をもうけましたが、01年に離婚しています」

     そんな米山氏は、次期衆院選に出馬の意欲を示しているという。

    「辞任後、『能力がある人なのに、女で辞めるのはもったいねえ』という同情論がありましたが、再出馬の話題が出るたびに支援者からは『地盤を固めるより、まずは身を固めろ』と反対されていました」(県議会関係者)

     5月9日夕方、米山氏を電話で直撃した。

    ――近々結婚されると聞きました。

    「(少し間があって)いやぁ、知りませんね」

    ――室井佑月さんと交際していますよね。

    「いやぁ、知りませんね」

    ――面識もない?

    「面識はありますよ」

    ――交際の事実はまったくないということ?

    「(少し間があって)知りませんですね……」

    ――否定? それとも答えられない?

    「知らないです」

    ――衆院選に出馬を予定していると聞くが。

    「知らんです」 

     室井氏というパートナーを得た米山氏は、再び政界復帰を目指すのだろうか。

    (「週刊文春」編集部/週刊文春

    米山隆一氏 ©共同通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【室井佑月氏と結婚 米山前新潟県知事との一問一答】の続きを読む


    上原多香子の夫 炎上したSNS投稿を全削除 - デイリースポーツ
    SPEEDの上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が15日、上原に関する記述が炎上を招いていた一連のツイッター投稿を削除した。
    (出典:デイリースポーツ)


    上原 多香子(うえはら たかこ、1983年1月14日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。SPEEDのメンバー。所属事務所はライジングプロダクション、所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。沖縄県豊見城市出身。 1996年8月、アイドルグループ・SPEEDのメンバー(ダンス・コーラス担当)としてデビュー。
    24キロバイト (2,147 語) - 2019年3月26日 (火) 11:21



    (出典 entamejoker.com)



    1 ひかり ★ :2019/05/15(水) 18:47:58.19

     SPEEDの上原多香子の夫で劇作家のコウカズヤ氏が15日、上原に関する記述が炎上を招いていた一連のツイッター投稿を削除した。

     コウ氏は14日に、承認された人しか読むことができない上原のツイートが一部で記事化されたとして
    「特定の人にしか見られないはずのうちの嫁のツイートが、週刊誌のネットニュースに晒されて、また蚊の大群がウジャウジャ湧いてきました。鬱陶しい。
    実に鬱陶しい…」とツイート。

     背景には、以前に上原と自*た前夫でET-KINGのTENNさんの問題が報じられていることもあり、この投稿には多数のコメントが殺到した。

     コウ氏は「実態のない匿名の方にどんだけ叩かれても屁とも思わないので、どんどん叩いてくれて結構です」などとツイートしていた。

     しかし一夜明けた15日午前には「実態のない匿名の方々と一瞬でも向き合ってしまった僕がいけなかった」と記した。「思った以上に面倒くさいことに
    なってしまい、僕の周りに多大なるご迷惑をかけてしまった」と反省し、「今は自分が子供だったと反省しております。もう二度と皆さんと向き合わないので、
    今後は何を言われても貝にならせてもらいます」としていた。

     これらの投稿は15日午後、ツイッターから消えた。

    デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190515-00000086-dal-ent

    ※前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1557906624/


    【【芸能】上原多香子の夫・コウカズヤ氏、炎上したSNS投稿を全削除】の続きを読む


    百田尚樹氏 古市憲寿氏に大激怒「ウソを書くな!ボケが!」 


    (出典 www.sankei.com)

    百田尚樹氏が古市憲寿氏を批判「ウソを書くなボケが」 - livedoor
    古市憲寿氏は、百田尚樹氏の著書「日本国紀」について新潮社の雑誌に記した。百田氏が同著で「『大東亜戦争は正義の戦争だった』と主張した」と古市氏。これに対し百田 ...
    (出典:livedoor)

    百田 尚樹(ひゃくた なおき、1956年2月23日 - )は、日本の放送作家、小説家。 大阪府大阪市東淀川区出身。同志社大学法学部在学中に『ラブアタック!』(ABC)に出演し1978年当時大学3年生で6回目の挑戦などをする常連だった。大学生活5年目で中退。 その後、朝日放送プロデューサー松本修に目をかけられ、放送作家となり、『探偵
    37キロバイト (3,533 語) - 2019年3月2日 (土) 19:39


    NO.7311483 2019/03/06 21:44
    百田尚樹氏 古市憲寿氏に大激怒「ウソを書くな!ボケが!」
    百田尚樹氏 古市憲寿氏に大激怒「ウソを書くな!ボケが!」
    構成作家の百田尚樹氏(63)が6日、ツイッターを更新し、社会学者の古市憲寿氏(34)を批判した。

    百田氏は新潮社の雑誌「波」の中で古市氏が、百田氏の著書「日本国紀」について「百田は『日本国紀』で『大東亜戦争は正義の戦争だった』と主張した」と書いたことに立腹。

    「私がいつそんな主張をした! そんなこと、どこにも書いてない! 本を批判するのは自由だが、ウソを書くな! ボケが!」と怒りを爆発させた。

    古市氏とは面識がないようで「古市憲寿というのはどういう人かは知らないが、聞いた話では、オバチャン・キラーだそうだ。力のあるオバチャンの懐に飛び込むのが上手くて、可愛がられるらしい。私とは正反対のタイプな感じ」と嫌悪感を漂わせた。

    一部のフォロワーから、たしなめる声もあったが、百田氏は「あんな嘘つきを好きなら、私を好きでいてくれなくていいから」と突き放した。



    【日時】2019年03月06日 15:52
    【ソース】東スポWeb


    【百田尚樹氏 古市憲寿氏に大激怒「ウソを書くな!ボケが!」】の続きを読む

    このページのトップヘ