芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > CM


    Hazuki Company (ハズキルーペからのリダイレクト)
    株式会社エー・ジーがプリヴェ企業再生グループの傘下に入る。 2010年 プリヴェAG株式会社に社名変更。 -自社ブランド「ハズキルーペ」を立ち上げる。 2017年 Hazuki Company株式会社に社名変更。 2018年 渡辺謙のCMが話題となる。 -取扱店舗が3万店を超える。 2019年 取扱店舗が5万店を超える。 ハズキルーペは、Hazuki
    7キロバイト (780 語) - 2019年7月25日 (木) 00:39



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    このCMに出るんですね。

    1 牛丼 ★ :2019/11/06(水) 07:51:22 ID:GcL3W5II9.net

    今や出演も難しい「ハズキルーペ」CMに木村拓哉の“出演内定”仰天情報!

     今、芸能人が行列を作って売り込むスポンサーと言われているのが、あのメガネ型拡大鏡「ハズキルーペ」を販売する、ハズキカンパニーだ。最近は渡辺謙や舘ひろし、菊川怜に武井咲、小泉孝太郎や松岡修造など、次々と大物芸能人をCMに起用したことで、一躍、芸能界でも話題になっているという。

    「芸能人がハズキに売り込みをかける理由は簡単で、昨今の広告界では考えられない、巨額な出演料が提示されると言われているからです。そのギャラは、渡辺が2億円、舘が8000万円、菊川が7500万円、武井が7800万円。小泉が6000万円で、松岡は8000万円と言われている。このご時世、そんな出演料など聞いたことがありませんよ」(大手広告代理店幹部)

     それにしても、なぜ、ハズキカンパニーは芸能人にここまで高額な出演料を支払うことに躊躇しないのか?

    「『ハズキカンパニー』の松村謙三会長兼CEOの方針なんです。もともと『ハズキルーペ』は、宝田明や石坂浩二をCMに起用していましたが、大した話題にはならなかった。その反省から、世の中に対し影響力のある大物芸能人や、旬の人物にターゲットを絞ることにしたそうです」(業界関係者)

     今や、芸能事務所が売り込んだとしても、認められたタレントでなければ出演は叶わない状況だというが、そんな中、新キャラとして仰天の人物が加わるという話も。

    「木村拓哉が内定したという情報が流れているんです。しかも、その出演料は1億5000万円~なのだとか。順調にいけば、来年春からの放映になるそうです」(前出・関係者)

     となれば、さらに「ハズキルーペ」が話題になりそうだ。

    https://www.asagei.com/136429


    【【芸能】今や出演も難しい「ハズキルーペ」CMに木村拓哉の“出演内定”仰天情報!】の続きを読む


    【爆笑】「なぜこれでOK出したんだ笑」「何も言えていない笑」日清「ラ王」のCMの子供たちがセリフを全然言えてないのが可愛すぎると話題に!


    日清ラ王(にっしんおう)は、日清食品から発売されているカップラーメン、および袋入りインスタントラーメンの各種シリーズ製品。 1992年9月から発売され、2010年8月まで生産された初代は一般的なカップラーメンで採用されている乾燥麺ではなく、レトルトパウチされた生タイプ麺であることが特徴の商品であ
    41キロバイト (6,008 語) - 2019年9月14日 (土) 00:37



    (出典 okinawan-life.com)


    可愛いであれば、いいのではないか。

    【動画はこちら】

    日清「ラ王」のCMに出演する子供達がセリフを言えていないのが可愛すぎると話題になっています。

    動画には「これをOKにした日清の担当者さん好き」「何も言えていない笑」「舌っ足らず感がかわいすぎ」などのコメントが寄せられています。

    狙ったのか、たまたまなのか分かりませんが、ちょっと可愛すぎです笑

    【動画はこちら】

    【爆笑】「なぜこれでOK出したんだ笑」「何も言えていない笑」日清「ラ王」のCMの子供たちがセリフを全然言えてないのが可愛すぎると話題に!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【爆笑】「なぜこれでOK出したんだ笑」「何も言えていない笑」日清「ラ王」のCMの子供たちがセリフを全然言えてないのが可愛すぎると話題に!】の続きを読む


    ビールCMに異変? プレモルCMに人気声優を起用したワケ - ORICON NEWS
    サントリービール『ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール』のCM「夏の神泡(ラバーズ)」篇が、ネット上で注目を集めている。女優の石原さとみや、男性2人組ユニット・ ...
    (出典:ORICON NEWS)



    (出典 cdnx.natalie.mu)


    ビールのCMも変わってきているですね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/09/12(木) 08:53:01.90 ID:CAP_USER.net

    2019-09-12
     サントリービール『ザ・プレミアム・モルツ<香る>エール』のCM「夏の神泡(ラバーズ)」篇が、ネット上で注目を集めている。女優の石原さとみや、男性2人組ユニット・スキマスイッチ(大橋卓弥、常田真太郎)らが出演する中、声優の花澤香菜の起用に対し、SNS上では「ざーさんがプレモルCM出てる!」、「プレモルのCMに見覚えのある顔だなと思ってたら、ざーさんでした」といったコメントが相次いでいる。ビールCMといえば人気俳優・女優を起用するのが常だが、なぜ声優を起用するに至ったのか? 同社マーケティング本部の小浦昌子さんに聞いた。



    →“プレミアムの象徴”として矢沢永吉を起用、ビール事業参入45年で初の黒字に

     『ザ・プレミアム・モルツ』は、2003年に販売を開始した。ただ当時の日本は、デフレ真っただ中。ビールに近い味わいながら、低価格で楽しむことができる“第三のビール”と呼ばれる「新ジャンル」が出始めたタイミングでもあった。商品や製品の安価が進む中、同社はあえて高級路線をたどることを決めたという。

    「プレモルは、天然水醸造など厳選された素材で製法しています。ただその分、手間暇がかかるため、『プレミアムビール』として、付加価値を高めたプレミアム戦略に挑戦しました」(小浦氏)

     発売当初は伸び悩んでいたが、3年目となる05年、潮目が変わる。世界的な飲食料品の品評会「モンドセレクション」のビール部門で、国産ビール製品初の最高金賞を受賞すると、注目度が上昇。また同年、初めてCMも展開。歌手の矢沢永吉を起用し、「最高金賞のビールで最高の週末を」というキャッチフレーズとともに打ち出した。矢沢を起用した理由について、小浦氏はこう振り返る。

    「矢沢さんは、“プレミアムの象徴”のような方だと思うんです。自叙伝の『成り上がり』という言葉に代表される通り、ご自身で今の地位を築き上げられた方。嘘がなく、メッセージ性が強い方なので、起用させていただきました。CM初期から現在まで、出演していただいております」(小浦氏)

     その後、07年まで3年連続で「モンドセレクション」の最高金賞を受賞すると、認知度は大きく拡大。08年には、同社のビール事業において、初の黒字化を達成した。

    「当社がビール事業に参入して、45年後に初めて、黒字になりました。プレモルを発売した当時は、メディアに『サントリーはビール事業で天文学的赤字』と書かれるぐらい、苦悩の時代は長かったんです。07年に新ジャンルの『金麦』、10年にはノンアルコールビールの『オールフリー』を発売しておりますが、これらはプレモルで、お客様の支持が得られたからこそ実現できたこと。プレモルのヒットが、サントリービールのイメージを変えるきっかけになり、当社のビール事業の礎ができました」(小浦氏)



    →30代のタイミングで、石原さとみ起用 「大人な魅力あふれる今こそ出演していただいた」

    →声優の花澤香菜を通して、今まで振り向いてもらえなかったアニメファンに訴求

    →ビール市場縮小の中、プレミアムビールは拡大中
         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで
     https://www.oricon.co.jp/special/53601/


    【【芸能】ビールCMに異変? プレモルCMに人気声優を起用したワケ】の続きを読む


    武田鉄矢「赤いきつね」CM41年でギネス世界記録 - 日刊スポーツ
    武田鉄矢(70)が28日、都内で「東洋水産『マルちゃん 赤いきつねうどん』TV CMギネス世界記録公式認定証授与式」に出席した。武田は、1978年の発売から4…
    (出典:日刊スポーツ)


    武田 鉄矢(たけだ てつや、1949年〈昭和24年〉4月11日 - )は、日本の歌手・俳優・タレント・司会者・作詞家。フォークグループ・海援隊のボーカル・リーダー。本名は同じで、自身が出演する映画・ドラマの脚本を片山蒼の名義で執筆することもある。 代表曲に「母に捧げるバラード」、「贈る言葉」、「あ
    70キロバイト (7,785 語) - 2019年8月24日 (土) 08:12



    (出典 grapee.jp)


    確かにCMに出演していて、かなり長く出ていますね。まさか、ギネス認定は驚きますね。

    1 スズムシのなく頃に ★ :2019/08/28(水) 16:42:06.69 ID:Jdq1+WGT9.net

    2019年8月28日13時55分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908280000304.html

    (出典 www.nikkansports.com)


    武田鉄矢(70)が28日、都内で「東洋水産『マルちゃん 赤いきつねうどん』TV CMギネス世界記録公式認定証授与式」に出席した。

    武田は、1978年の発売から41年間にわたり「赤いきつね」のテレビCMに出演。このたび同商品が「同じ俳優を起用したテレビCMを最も長い間放映し続けている商品」としてギネス世界記録に認定され、武田が公式認定証授与式に出席した。

    認定の報告を受けた武田は「まさかこんな日が来るとは思いませんでした。年は取りたくないけど、ギネスは年を取らないともらえない」と笑顔。昨年、同商品が誕生40周年を迎えた際「ギネスを取るまで頑張りたい」と話したことを紹介されると、「その翌年に世界に立てると思いませんで。喜んでおります」と笑みを浮かべた。また「下世話な話ですけど、貴重な収入源なんで」と付け加え、会場の笑いを誘った。

    41年前、最初のCMが放送された当時の“赤いきつねブーム”を振り返り「すごかった。どこのコンサートに行っても赤いきつねを投げられる」と苦笑い。マンションを購入した時には「“きつね御殿”と言われた。衣食住にわたってお世話をしていただきました」と振り返った。現在は、ドラマ「3年B組金八先生」で共演した浜田岳とともにCMに出演。「ひときわ感慨深いのは、教え子と共演したこと。このCMの長さを痛感した次第です」と、しみじみと語った。

    今後のCMについて「最近は若い人と組むことが多いので、すてきな新人さんと会えれば」と意欲を見せた一方、いつまでキャラクターを続けられるか? との質問には「じじいになってきたから、覚悟はしている。商品のイメージに年齢がにじみ出てきたらよくない」と引き際を考えていることを明かした。武田は「ここまでかわいがってもらって、返す言葉もないくらい」と感謝し、「きれいに首を洗って、きちんと2代目に譲りたい。バトンタッチの儀式をしたい」と構想も語った。


    【【芸能】武田鉄矢「赤いきつね」CM41年でギネス世界記録】の続きを読む


    ソフトバンクの新CMに「放送事故かと思った」の声? かつて斬新な演出で視聴者が困惑した番組も - リアルライブ
    大手電気通信事業者、ソフトバンクの最新CMが物議を醸している。 8月1日より、ソフトバンクは、固定料金でインターネット通信が使い放題になるサービス「ウルトラギガ ...
    (出典:リアルライブ)



    (出典 gei-supo.com)


    インパクトのあるCMということですか。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/08(木) 22:10:10.20 ID:e/CRcBy+9.net

    大手電気通信事業者、ソフトバンクの最新CMが物議を醸している。

    8月1日より、ソフトバンクは、固定料金でインターネット通信が使い放題になるサービス「ウルトラギガモンスター+(プラス)」を宣伝するCM「真夏のバッキャロー篇」を放送。神田沙也加の歌う「真夏のバッキャロー」をバックに、吉沢亮と広瀬すずがカップル役を演じている本CMは、通信制限により「出会えなくなってしまった」悲哀をコミカルに描く内容で、話題を呼んでいる。

    本CMでは通信制限により、映像がカクカクと処理落ちする模様が効果的に使用されているのだが、その処理落ちがあまりにリアルなため、「テレビが壊れた」と勘違いする視聴者が多くおり、ネットでは「心臓に悪い」「CMの演出として失敗している」といった批難の声が多数投稿されているのだ。

    確かに、CMでは左下に「※CM上の演出です、」と小さくテロップ表示されているものの、あまりに小さすぎるため「気づかない」という声も多い。その一方、電気通信事業者にとって永遠の問題でもある「通信制限」を真正面からパロディ化した内容に「ユニーク」との評価も見られ、「印象に残るいいCMだと思う」「サービスの売りがよくわかる」と賛意も上がり、受け手によってその印象は大きく違うようだ。

    今回のような「テレビが故障した」と疑われるような演出は、昭和の時代はバラエティ番組などでしばしば行われていた演出だが、平成に入ってからは視聴者からのクレームが殺到するようになり、現在ではあまり使われなくなっている。

    そんな中、2015年に放送された特撮ドラマ『仮面ライダーゴースト』(テレビ朝日系)にて、音を奪う能力の敵怪人が登場し、キャラクターたちのセリフやBGMがテレビから聞こえなくなるという実験的な演出を行ったことがあり、こちらも当時「テレビが壊れた!?」と物議を醸したことがある。

    「ユニークなCM」か、ただの「悪ふざけ」か……。インパクトのあるCMを作っていくのも大変である。

    http://dailynewsonline.jp/article/1956376/
    2019.08.08 21:00 リアルライブ


    【【芸能】ソフトバンクの新CMに「放送事故かと思った」の声? かつて斬新な演出で視聴者が困惑した番組も】の続きを読む

    このページのトップヘ