芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > マラソン


    マラソン男子のエース・大迫傑“爆弾ツイート”


    大迫 (おおさこ すぐる、1991年5月23日 - )は、東京都町田市出身の陸上競技選手。専門は長距離種目。町田市立金井中学校・佐久長聖高等学校卒業、早稲田大学スポーツ科学部卒業、ナイキ・オレゴン・プロジェクト所属。マネジメントはアミューズ。第26回ユニバーシアード男子10000m優勝者、ハーフマ
    19キロバイト (2,764 語) - 2019年4月2日 (火) 11:18



    (出典 mag.onyourmark.jp)


     陸上長距離のエースがまさかの“爆弾投下”だ。男子マラソン日本記録保持者の大迫傑(27=ナイキ)が23日、自身のツイッターを更新し、1万メートルの日本選手権(5月19日、ヤンマースタジアム長居)の選考基準をめぐって強烈な日本陸連批判を展開した。

     大迫はこの日、せきを切ったように次々と日本陸連への批判を投稿した。「日本選手権、『本連盟強化委員が特に推薦する本連盟登録競技者』という枠で出場しようと試みましたが、かないませんでした…。陸連強化委員からの『大迫くんが日本選手権でいい走りをするとそれに負けた選手のランキングが下がり、不平不満が出るから』という理由でした。すごい理由だな。笑笑」

     続けてランキング制度採用に関する矛盾点を述べ、強化委員会所属チームが合宿や遠征に優先的に参加できる点を指摘。「そろそろ陸連を私物化するのはやめた方がいいと思う」「どういう選手が推薦出場に値するのかちゃんと明記してほしい」と連続でつぶやいた。

     ネット上での反響は大きかったが、そのほとんどが「大迫の言う通り」「誰かがこういう機会にやらないと」と大迫寄りの声だ。さらに「選手が安心して競技できなくなるのは本末転倒」などの陸連に苦言を呈するコメントもあった。

    【マラソン男子のエース・大迫傑“爆弾ツイート”】の続きを読む


    熊本城マラソン 過去最多1万4000人力走


    熊本城マラソン 過去最多1万4000人力走 熊本城マラソン 過去最多1万4000人力走
    …8回目となる熊本城マラソンには青空のもとこれまでで最も多い1万4000人が参加しています。大会前には今回も参加者全員で復興を願い黙祷がささげられました…
    (出典:熊本(RKK熊本放送))



    (出典 outinlook.com)


    8回目となる熊本城マラソンには青空のもとこれまでで最も多い1万4000人が参加しています。
    中心市街地のおよそ3キロを走る『復興チャレンジファンラン』では思い思いの衣装に身を包んだランナーが笑顔で駆け抜けていました。

    【熊本城マラソン 過去最多1万4000人力走】の続きを読む

    このページのトップヘ