芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > アニメ


    規制のかかったアメリカ版『ONE PIECE』をアメリカ人に見てもらった / 反応「こんなの馬鹿げている」 - ロケットニュース24
    アメリカの特徴を表する言葉に、「自由の国アメリカ」というものがある。しかしそのイメージとは裏腹に、アメリカ国内には様々な規制・検閲があり、多くの人が不満を抱い …
    (出典:ロケットニュース24)


    ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
    214キロバイト (27,520 語) - 2019年4月4日 (木) 03:13



    (出典 img-cdn.jg.jugem.jp)



    1 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします :2019/04/06(土) 08:24:12.958


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)



    アメリカって規制厳しいのか緩いのかよく分からんわ


    【日本版ワンピースとアメリカ版ワンピースの違い】の続きを読む


    978-4-04-192903-2 雪姫ちゃんとゲゲゲの鬼太郎 1995年10月25日発行、ISBN 978-4-04-192904-9 ゲゲゲの森鬼太郎 1995年11月25日発行、ISBN 978-4-04-192905-6 天界のゲゲゲの鬼太郎 1995年11月25日発行、ISBN 978-4-04-192906-3
    96キロバイト (13,109 語) - 2019年2月21日 (木) 13:04



    (出典 news.walkerplus.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2019/03/03(日)08:48:17 ID:G0l

    無かったので


    【【実況】ゲゲゲの鬼太郎】の続きを読む


     声優の悠木碧が、テレビアニメ『炎炎ノ消防隊』で環古達役を担当することが26日に発表された。

    【画像】ティザービジュアル第二弾

     同作は「太陽暦佰九拾八年・東京」という架空の世界が舞台。人が突如燃え出し炎の怪物“焰ビト”となって破壊の限りを尽くす“人体発火現象”の脅威に立ち向かう特殊消防隊たちが、現象の謎の解明と焰ビトから人類を救う姿が描かれたダークバトルファンタジー

     第1特殊消防隊に所属する新米二等消防官・環古達役を担当する悠木は「一生懸命でちょっと不憫で、口調は乱暴な時もあるけど、とても女の子らしい部分もある、かわいいの塊みたいな子です。でもかわいいの表し方がストレートじゃない感じが更にかわいいというか…」と演じるキャラクターの印象を告白。

     “ラッキースケベられ”体質でエッチイベントを巻き起こす設定については「あとやっぱり“ラッキースケベられ”は最高ですね」と伝えた。

    環古達を演じる悠木碧(右) (C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課


    (出典 news.nicovideo.jp)


    <このニュースへのネットの反応>

    【悠木碧、「“ラッキースケベられ”は最高」 アニメ『炎炎ノ消防隊』で環古達役】の続きを読む



    (出典 www.manga-anime-hondana.com)


    長く続いています。人気がすごいです。

    1 名無しさん@おーぷん :2019/02/27(水)00:20:32 ID:6P6

    なんで追われてたん?


    【麦わらの海賊団って初期の頃、なんにも悪い事してないのに】の続きを読む


    水田わさび、ドラえもんとの14年


      (出典 news.walkerplus.com) 
    水田 わさび(みずた わさび、1974年8月4日 - )は、日本の女性声優、ナレーター、舞台女優。三重県名賀郡青山町(現・伊賀市)出身。血液型はO型。青二プロダクション所属。 以前はぷろだくしょんバオバブ、賢プロダクションに所属していた。特技は関西弁。既婚。 代表作は『ドラえもん(テレビ朝日版第2期
    28キロバイト (2,690 語) - 2019年2月14日 (木) 13:34



    国民的アニメの映画シリーズ最新作『映画ドラえもん のび太の月面探査記』が3月1日から公開される。声を演じる水田わさびは、辻村が描く本作を「(原作者の)藤子・F・不二雄先生の要素が全て分かりやすく組み込まれている」と太鼓判を押す。

     (出典 public0.potaufeu.asahi.com) 
    そんな水田にとって、ずばりドラえもんとは? 「ライフワークだと思ってやっています。正直ご先祖様や実家には悪いですけど、私にとって『映画ドラえもん』はお盆、正月より大きいことで、1年の中で中心ですね」と笑顔を見せる。

    【水田わさび、ドラえもんとの14年】の続きを読む

    このページのトップヘ