芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > アニメ


    日本の漫画やアニメに登場する中国人キャラは「だいたい3つのパターン」 中国



    (出典 zero-animelife.com)


    確かに言われてみれば、それもありますね。

     日本の漫画やアニメゲームには世界中にファンがいる。中国人の若者の間でも人気が高いわけだが、日本の漫画やアニメには中国人からするとどうにも納得できない1つの描写があるのだという。

     中国メディアの今日頭条は2日、日本の漫画やアニメにはしばしば「中国人キャラクター」が登場するが、このキャラクターには日本人の固定概念が反映されており、中国人からすると理解に苦しむものもあるとする記事を掲載した。

     記事は、かつて推理小説が大衆の人気を集めた黄金期に、英国の推理作家ドナルドロックスが記した「ロックスの十戒」について触れ、推理小説を執筆する際のルールの一つに「中国人を登場させてはならない」というものがあると紹介。これは、中国人が武林の達人として物語に登場すると、推理の軸が揺らいでしまうとして含められたものと説明した。

     しかし、時代は移り変わり、「現代のアニメや漫画、ゲームには必ず中国人キャラクターが登場するようになっている」と指摘。なかには中国人キャラが主役として描かれるものもあるが、「日本のアニメーターが描き出す中国人キャラクターには大きく分けると3つのパターンしかない」と主張した。

     その3つのパターンのうちの1つは「カンフーの使い手」であること、2つ目は「中華料理を作る料理人」であること、3つ目は「チャイナドレスを着て、女性の髪型は二つにまとめたお団子ヘアー」というものだと主張。

     これらのパターン日本人中国人に対する固定概念を示しているとし、中国人からすると理解に苦しみ、複雑な気持ちになるようだが、ストーリーを展開させるうえで重要な役割を果たす中国人キャラクターも多いゆえに、「中国の要素は日本のアニメや漫画の関連産業に大きな利益をもたらしているのは間違いない」と主張した。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    日本の漫画やアニメに登場する中国人キャラは「だいたい3つのパターン」=中国


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本の漫画やアニメに登場する中国人キャラは「だいたい3つのパターン」 中国】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)


    少子化でアニメにも限界があるのかな?

    1 記憶たどり。 ★ :2019/09/29(日) 15:06:22.71

    テレビ局の看板番組がそろうゴールデン帯(午後7~10時)で、民放キー局では今秋からアニメが消えてしまう。かつては各局がこぞって放映し、今やアニメは日本文化の象徴なのに、いったいなぜ?
    これまで金曜日の夜にテレビ朝日で放送されていた「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」が、10月から土曜日の夕方に放送枠を移動する。かつては視聴率2桁が当たり前だった長寿の両番組だが、最近の視聴率は6~7%に低下。テレ朝の榊原誠志総合編成部長は「非常に厳しい結果。この時間に見て頂くのが厳しくなったと思い、週末の夕方に家族で楽しんで頂きたいと判断した」と説明する。

     家族で楽しめるアニメは、かつてはゴールデン帯の鉄板コンテンツだった。日本初の本格的な連続テレビアニメ「鉄腕アトム」は1963年にフジテレビ系で放送が始まり、64年にはゴールデン帯に放送枠を移している。

     特番の影響の少ない10月中旬の1週間の番組表(関東地区・再放送含む)では、50年前の1969年にはゴールデン帯のアニメは「タイガーマスク」「ひみつのアッコちゃん」など5番組だったが、79年は18番組にまで増加し、毎日アニメが放送された。水曜日と土曜日の午後7時には、3局でアニメ番組が同時に放送されてもいた。

     しかし90年代以降は「新世紀エヴァンゲリオン」が深夜帯で再放送され人気を得るなど深夜アニメが盛んになる一方で、ゴールデン帯ではアニメが徐々に減少した。2000年代は、独自色の強いテレビ東京が積極的にアニメを放映したが、「名探偵コナン」(日テレ系)や「ワンピース」(フジ系)といった人気アニメがゴールデン帯から土日の朝夕に放送枠を移し、アニメ枠がなくなるキー局が相次いだ。10年代にはテレビ東京でも同様の動きが起こり、国民的アニメの「ドラえもん」と「クレヨンしんちゃん」はゴールデン帯アニメの最後のとりでだった。

     少子化や子どもの習い事の増加が理由として挙げられるが、視聴率低下は必ずしもアニメ視聴者の減少ではない。

     「ドラえもん」と「クレヨン…残り:1760文字/全文:2603文字

    2019年9月28日17時30分  朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASM9T7FXDM9TUCVL03S.html

    (出典 www.asahicom.jp)


    ★1が立った時間 2019/09/28(土) 22:05:28.94
    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1569701184/


    【【日本文化の象徴】進むアニメの「テレビ離れ」 ゴールデン帯から番組消失】の続きを読む


    まる子に配慮求める“視聴者の声”が話題


    『ちびまる子ちゃん』(ちびまるこちゃん)は、さくらももこによる日本の漫画、および同作品を原作とするテレビアニメである。また本作の主人公のニックネームでもある。 本作品は、1974年から1975年にかけて静岡県清水市(現:静岡県静岡市清水区)の入江地区で少女時代を過ごした作者のさくらももこの投影である
    147キロバイト (20,327 語) - 2019年9月23日 (月) 08:42



    (出典 i.ytimg.com)


    時代背景が違うのかな?

    9月28日に放送された「週刊フジテレビ批評」(フジテレビ系)で、アニメちびまる子ちゃん」に対する“視聴者の声”が紹介され、話題を呼んでいる。


    この日、「ちびまる子ちゃん」に意見を寄せたのは60代の女性。「まる子がねだる話があるが…」との見出しが付けられたその“視聴者の声”の内容は次の通り。

    「少ない年金の小遣いに友蔵が悩んでいるのを見ていて辛い。まるちゃんおじいちゃん思いの可愛い子だからそんなシーンは悲しくなる。できるだけ配慮してくれたら嬉しい」


    これにネットでは「なるほど、こういう“ご意見”が来るのか」「孫がおじいちゃんおねだりする、孫に甘いおじいちゃんが買ってあげる、みたいなのは昔から普通の話なのに……」「本当のまるちゃんおじいちゃん思いじゃない定期」「話が面白くなくなっていくわけだ」「配慮ってなによ」「テレビ作る人たちは大変だなぁ」などの声が上がっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【まる子に配慮求める“視聴者の声”が話題】の続きを読む


    ドラえもんのトラウマ回 バイバインで無限に増えた栗饅頭が提供開始

    最終的にはどうなるのか。


    ドラえもん』は、藤子・F・不二雄による日本の児童漫画・SF漫画作品。及び、作品内に登場する主人公(未来からやってきたネコ型ロボット)の名前である。 作者が最も長く描き続けた代表作であり、日本では国民的な漫画作品の一つ。テレビアニメ化、映画化、舞台化なども行われ、多くのキャラクター商品が販売されて
    122キロバイト (17,684 語) - 2019年9月20日 (金) 15:39


    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    NO.7826481 2019/09/27 10:30
    ドラえもんのトラウマ回 バイバインで無限に増えた栗饅頭が提供開始
    ドラえもんのトラウマ回 バイバインで無限に増えた栗饅頭が提供開始
    ドラえもんのトラウマ回である「バイバイン」をご存じだろうか? 何でも増やす液体の秘密道具で「バイバイン」をかけたものは5分ごとに倍に増えるという。

    のび太君は栗まんじゅうを増やしたくてこの「バイバイン」をかけたところ倍に増やすのに成功。

    ドラえもんは「くすりで増やしたまんじゅうは残さず食べること」と注意したにも関わらず、残してしまったのだ。

    4つに増えた栗まんじゅうはのび太君に取っては量が多かったらしく、ママに助けを求めるがママも完食してくれず。

    最終的にジャイアン、スネ夫、しずかちゃんを呼んでみんなに食べて貰うことにするが、残り一個というところで食べきれず。

    ママもこれ以上は食べてくれず、仕方なくゴミ箱に栗まんじゅうを捨てたのび太君……。

    ここからとんでもない出来事が起きるのだ。

    栗まんじゅうは5分で倍になるので、1時間で4096個、2時間で16777206個ととんでもない数に増え続けるのだ。

    それを聞いたのび太君はゴミ箱に捨てたことを打ち明け最終的に増え続ける栗まんじゅうをロケットで飛ばし宇宙に送ったという話だ。

    話が長くなってしまったが、そんな「バイバイン」の話で出てきた栗まんじゅうが、藤子F不二雄ミュージアムで10月1日より提供開始される。

    ほうじ茶付きで1000円となっているぞ。

    【日時】2019年09月27日
    【提供】ゴゴ通信
    【関連掲示板】


    【ドラえもんのトラウマ回 バイバインで無限に増えた栗饅頭が提供開始】の続きを読む


    高橋留美子:NHKで投票企画 作品、キャラのお気に入りを選ぶ るーみ… - マイナビニュース
    NHKで、「うる星やつら」「めぞん一刻」などで知られるマンガ家の高橋留美子さんの作品が原作のアニメを取り上げる投票企画「全るーみっくアニメ大投票」が9月17日、 ...
    (出典:マイナビニュース)


    高橋 留美子(たかはし るみこ、1957年10月10日 - )は、日本の漫画家。有限会社 るーみっくプロダクション代表取締役。新潟県新潟市出身。血液型A型。 1978年『勝手なやつら』でデビュー。代表作に『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』など。特にラブコメデ
    47キロバイト (6,990 語) - 2019年9月1日 (日) 05:55



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)


    面白い作品が多くて、見所があります。これからもいい作品を出してほしいです。

    1 フォーエバー ★ :2019/09/17(火) 17:25:05.05

    『うる星やつら』、『めぞん一刻』、『らんま1/2』などで知られる高橋留美子原作のアニメ投票企画「全るーみっくアニメ大投票」が開催決定。2019年9月17日から、作品・キャラクター・エピソード・歌の4カテゴリーへの投票受付がスタートし、結果は11月にBSプレミアムの生放送で発表される。

    「全るーみっくアニメ大投票」は、「全ガンダム大投票」、「全マクロス大投票」、「全プリキュア大投票」に続く、ファン参加型の投票企画。
    初の「原作者くくり」として、『うる星やつら』、『めぞん一刻』、『らんま1/2』、『犬夜叉』、『境界のRINNE』といった高橋原作の“るーみっくアニメ”を題材とする。

    投票対象は52作品のアニメ、約1,100のキャラクター、約700のTVシリーズのエピソード、約160曲の歌。2019年9月17日から11月4日まで、特設サイトにて受付中だ。なお、特設サイトではスペシャル動画や番組情報も確認可能なので、ぜひチェックしてみてほしい。

    また、BSプレミアムでは、10月14日に“るーみっくアニメ”38年の歴史を振り返りつつ、投票の中間発表を実施する「歴史秘話 るーみっくアニメ ヒストリア」、そして11月16日に3時間半の生放送で結果が発表される「発表! 全るーみっくアニメ大投票」が放送。

    9/17(火) 13:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190917-00000005-anmanmv-ent


    【【アニメ】「うる星やつら」「めぞん一刻」…高橋留美子原作のアニメの頂点は? 「全るーみっくアニメ大投票」受付開始!】の続きを読む

    このページのトップヘ