芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:TV・ラジオ・CM > アニメ


    かなり人気があるようだ。


    2023年1月27日、韓国メディアソウル経済によると、日本の人気漫画「スラムダンク」の劇場版アニメ「THE FIRST SLAM DUNK」が大ヒット中の韓国で、登場人物「三井寿」の名前の由来となった日本酒が入手困難になっている。

    記事によると、映画人気を受けて、福岡県の酒蔵の「三井の寿」という日本酒にも注目が集まっており、主要な酒類販売店では品切れが相次いでいるという。公式輸入会社「JIZAKE CY KOREA」は今月中旬、在庫不足のため小売り販売を中止すると発表し、販売再開は2月中旬の見込みだとしている。

    原作者の井上雄彦氏がもともと「三井の寿」を好んでいたことから、キャラクターに「三井寿」という名前を付けたという。ラベルデザインキャラクターを想起させるものになっている。韓国版では、三井寿は「チョン・デマン」という名前になっており、韓国のファンの間では「チョン・デマンの酒」として知られているという。

    この記事に、韓国のネットユーザーからは「韓国人の鍋根性(熱しやすく冷めやすい)とは恐ろしいものだ」「『韓国人は時が経てば全て忘れてノージャパンもなくなる』そのとおりになった」「いいかげんにしなよ。日本の右翼たちに鼻で笑われる」「ユニクロはだめでスラムダンクはいいという、魔法の世界(笑)」「反日先導の主軸である40代は子供の頃にスラムダンクに熱狂していた世代。劇場版を見ている人がとても多い。まるでコメディーだな」「ついこの間までノージャパンを叫んでいたのに」などの声が多く寄せられている。

    また、「三井の寿、という名前なだけで特別は酒ではないよ」「高校バスケの話なのに、酒まで関連商品にして売ってるのか」などのコメントも見られた。(翻訳・編集/麻江)

    27日、韓国メディア・ソウル経済によると、劇場版アニメ「THE FIRST SLAM DUNK」が大ヒット中の韓国で、登場人物「三井寿」の名前の由来となった日本酒が入手困難になっている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】スラムダンクが大人気の韓国、意外なものが爆売れ=ネット「まるでコメディー」】の続きを読む


    不安がある?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/16(月) 11:32:08.64ID:aEGmwcwF9
    2023年1月16日


    『水星の魔女』続編に不安? 脚本家の暴走と“ヴァルヴレイヴの再来”を恐れるファンたち

    アニメ『機動戦士ガンダム 水星の魔女』(TBS系)の第1クールが、大好評のうちに終了を迎えた。その続編にも大きな期待が寄せられているが、シリーズ構成・脚本の大河内一楼氏をめぐって、とある不安が強まっているようだ。


    ヒットメーカーだけど爆弾持ち?

    大河内氏は、『コードギアス 反逆のルルーシュ』を始めとしたヒット作を手掛けてきた人気脚本家。

    担当作品は「東京国際アニメフェア脚本賞」や「日本アカデミー賞優秀アニメーション作品賞」に輝いたこともあり、アニメファンの間では「天才」とも名高い。

    大河内氏の手法としては、1話ごとに視聴者を釘付けにする引きを作るという、ジェットコースター式の展開が特徴的。これが「水星の魔女」でも活かれており、放送のたびにツイッタートレンド上位に入り込むほど、話題を呼んでいた。

    人気漫画『黒執事』の作者・柩やな氏も、ツイッター上で大河内氏の脚本を絶賛。1クール目最終回の放送にあたって、《流石は日本アニメ界が誇る地獄の一級建築士・大河内先生。匠の技!》と褒め称えている。

    しかしその裏で、アニメファンの間では、第2クールの展開を危惧する声も少なくないようだ。《途中までものすごくよかったけど、駄作になりそうで怖い》《グダグダになって終わる危険性がある》などと、戦々恐々とする姿が見受けられる。


    得意の鬱展開が思わぬ罠に

    大河内氏の手がける脚本は、容赦ない鬱展開が多いことでもお馴染み。「水星の魔女」1クール目の最終回でも、その片鱗を見せ付けていた。

    しかしそうした脚本家としての個性が、悪い方向に転んでしまうパターンも少なくない。とくに印象的だったのが、2013年に放送されたアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』だ。

    同作は、「水星の魔女」と同じくサンライズ製作のロボットアニメ。ジェットコースター展開と鬱展開のオンパレードなのだが、全体として着地点が不明だった上、迷走を極めたという評価が定着してしまった。

    ネット上では、《今だかつてここまで酷い脚本見たことない》《大河内脚本を避けるようになった》などと酷評されている。

    とはいえ、どこまでが脚本の裁量なのかは定かではなく、ストッパーとなりうる監督との相性次第とも言えるだろう。

    その点で言うと、「水星の魔女」の小林寛監督は、あまり実績が多いタイプではないので、アニメファンからすると不安なのかもしれないが…。

    第2クールでその実力を見せ付け、「コードギアス」の谷口監督×大河内脚本のように、新たな黄金コンビとなってくれることを期待したい。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/116820

    【【アニメ】アニメ『水星の魔女』続編に不安? 脚本家の暴走と“ヴァルヴレイヴの再来”を恐れるファンたち】の続きを読む


    物議になる。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/13(金) 19:09:06.48ID:FsIr7XAz9
    1/13(金) 17:01配信 女性自身

    毎週日曜日に放送されている国民的アニメ『ちびまる子ちゃん』(フジテレビ系)。1月8日放送回では「~新春!さくらももこ脚本まつり~」と題して、原作者であるさくらももこさん(享年53)がアニメ用に書き下ろした脚本の中でもより人気の高い作品が新規作画・演出で放送された。しかし、その中の「『成人の日』の巻」の一場面をめぐって、ネットで物議を醸している。

    まる子が「成人の日」を過ごす1日を描いた「『成人の日』の巻」。休みで暇を持て余したまる子が、親友のたまちゃんを誘って遊びに出かけると、写真店から出てきた談笑する晴れ着姿の女性たちを見かけることに。「ねぇ、あの人すごい綺麗だね」「本当だ、美人だね」「着物もあんな人が着るとよく似合うねぇ」と、遠目で盛り上がる2人をよそに、気の抜けた効果音とともに写真店から別の晴れ着姿の女性があらわれる。

    最初に見かけた女性たちが整った顔立ちで描かれているのとは対照的に、口や鼻の穴が大きく描かれたその女性。見かけたまる子は思わず「げっ、すごいのが出てきたね」と一言。たまちゃんも「うん、すごいね……」と声をひきつらせた。

    そこに、呉服店を営む佐々木のじいさんが登場。まる子たちが驚いた女性の着物は佐々木のじいさんの店で購入されたもので、じいさんは写真店を訪れた女性に挨拶へやってきたという。女性へ声をかける佐々木のじいさんを眺めながら、まる子とたまちゃんは会話を続ける。

    まる子「まぁ、高そうな着物だけどね」
    たまちゃん「うん、立派な着物だね」
    まる子「似合う似合わないは別としてね」
    たまちゃん「うん、それは別だね」

    さらに、まる子は「あっちの美人の人が着たら、ものすごく似合うだろうね」とチクリ。佐々木のじいさんが女性に「本当によくお似合いですね、写真もきっと綺麗に撮れているでしょう」と声をかけるのを聞いてからも、「きっと着物の写真“は”綺麗に撮れているだろうね」「着物“は”綺麗だもんね」と、皮肉めいたコメントを続けていた。

    その後、場面は変わって神社で出会う新成人の青年の話になっていくが、終盤にはまたその女性が登場。たまちゃんのお父さんが渋々その晴れ着姿をカメラにおさめる、という“ダメ押し”の一幕も描かれた。

    この一連の流れに対して、見た目で人間の価値を判断するという“外見至上主義・ルッキズム的”だと、放送直後からネット上で批判的な声が相次いでいるのだ。

    《今日のちびまる子ちゃんめちゃめちゃルッキズムで辛辣だった》
    《ちびまる子ちゃんの成人式の話を見てたんだけどなんか*は良い着物ても意味ないみたいな中々えぐいシーンが何度もあってめっちゃ不愉快やった。もともとこんな感じだったっけ、久しぶりに見て違和感。子供の頃大好きやったのに。。》
    《今日のちびまる子ちゃん*ほど不愉快なんだけど》
    《子供向けの番組で外見至上主義を植え付けるようなことするのやめてくれんか?最悪すぎるでしょ》

    そのいっぽうで、原作者であるさくらももこさんの作風に馴染み深い視聴者からは、こんな声も。

    《さくらももこ作品は昔からそういう性格悪い話多いやろ。むしろそれが作風》
    《さくらももこらしさがあって面白いと思うけどな~》
    《前時代的な作品で、原作者がさくらももこなら、許容範囲だと個人的には思ってしまうけれど》
    《もともと毒舌な作風のちびまる子ちゃんがルッキズム云々で炎上って、意味わからんね》

    https://news.yahoo.co.jp/articles/71e5e0511d1ad797ede43b58161e3e5fee328ddb

    【【アニメ】『ちびまる子ちゃん』最新回が“ルッキズム”と物議…振り袖姿の女性に「すごいの出てきた」とまる子が皮肉】の続きを読む


    賛否がある。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/12/30(金) 07:50:16.16ID:1cTedxDx9
    2022年12月29日
    カルチャー

    アニメ『チェンソーマン』最終回も賛否…120点を期待された80点作品に

    原作ファンから賛否を巻き起こしていたアニメ『チェンソーマン』(テレビ東京系)が、12月27日の放送をもって完結。最後に一発逆転…とはいかなかったようで、とある演出をめぐってツッコミの声が相次いでしまった。

    すでに亡くなった姫野と早川アキとの回想や、修行を経て成長したデンジと、サムライソードとのタイマンバトル。いずれも圧倒的な作画クオリティによって描き出されており、アニメファンたちを興奮させている。

    また、ラストシーンでは“デンジくん”に語り掛ける謎めいた女性キャラクターも登場。今後のメディア展開に一層期待が高まる終わり方となっていた。

    とくに力を入れて描かれていたのが、アキと姫野をつなぐ“タバコ”のエピソード。「幽霊の悪魔」から伸びた腕が、かつて姫野がアキから奪ったタバコを預けるのだが、そこには「easy revenge!」という文字があった…という流れだ。


    幻となった「気楽に復讐を!」

    原作でも姫野のタバコは印象的な道具となっていたが、このシーンは漫画版だと丁寧に和訳として「気楽に復讐を!」という文字が表示されている。

    ところがアニメでは、なぜか字幕はなく、英語だけの表示。リアリティを重視する方針のために、あえて字幕をカットしたのかもしれない。

    ささいな改変ではあるが、これに納得がいかない原作ファンは多い。

    《ちゃんと原作通りに「気楽に復讐を!」の字幕欲しかったな》《イージーリベンジに字幕付けなかったの割りと戦犯じゃないかな…初見で読めないでしょアレ》《ここだけは中山監督の目の前で溜息つきたくなった》《easy revengeのとこアニメ勢の人はわかんなかったんじゃねぇの? 字幕ぐらいふればいいのに…》といった声が噴出している。

    作画や音楽などは間違いなくハイクオリティだが、原作ファンが見たいものを絶妙にズラしているアニメ「チェンソーマン」。《120点期待されてたけど実際は80点》と評価するアニメファンもいるようだが、今後信頼を取り戻すことはできるのだろうか。

    https://myjitsu.jp/enta/archives/116406

    【【芸能】アニメ『チェンソーマン』最終回も賛否…120点を期待された80点作品に】の続きを読む


    不評もある。

    1 フォーエバー ★ :2022/12/26(月) 17:25:18.38ID:1ztJCPuD9
    12/26(月) 15:10配信

    マグミクス
    孫悟飯のウザキャラっぷりが発揮される幼少期時代
    ピッコロの厳しい修行に悟飯は泣いてばかり? 『ドラゴンボール改 2』DVD(Happinet(SB)(D))

     2022年6月11日に公開された映画『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』で主役として描かれていた孫悟飯。ネット上では「幼少期の孫悟飯がウザすぎる」という意見をきっかけに、共感する声が続出しています。孫悟空とチチの息子で、幼少期は礼儀正しい子供だった悟飯が、「ウザキャラ」っぷりを発揮しているシーンを見ていきます。

    【画像】「かませ」「やられキャラ」と言われても…超頑張ってるキャラたち(4枚)

     まずは、ピッコロと悟飯の修行シーンから。ピッコロと悟飯といえば、親子のような師弟関係がほほえましい印象です。しかし、修行シーンでの悟飯はすぐに泣いて弱音を連発していました。泣き虫の悟飯は、ピッコロから荒野で6か月間生き延びるという課題を与えられると「ボクさびしくて*じゃうよっ!!!」と弱音を吐きます。「やめてよおいてかないで!!!」となんとも情けないことを言う描写もあり、「すごいイライラするんだが……」「あんまり好きになれないなぁ」とマイナスな意見が多くあがっていました。

     さらにピッコロの修行に耐え抜き強くなったと思いきや、人造人間であるセルとの戦いでも悟飯のウザキャラっぷりが分かるシーンが……。セルとの戦闘では「ボクはほんとうは戦いたくないんだ」と戦いを好まないスタンスを貫くのです。仲間が攻撃されているのにも関わらず悟飯はなかなか自分が思うように戦えませんが、最終的には驚異的なパワーを発揮しセルに圧倒的な力の差を見せつけます。ネット上には「バトルマンガの主人公なんだから最初から頼むよ」という声があがっていました。

     最後は意外なものがウザがられていました。それは、悟飯が悪を倒す正義のヒーローとして変身していた「グレートサイヤマン」の存在です。ヘルメットもしくはサングラスをかけて頭にはバンダナ、そしてデジタル式の腕時計が変身用アイテムというなんとも言えない格好がかなり不評です。作中でもクリリンやピッコロにセンスを疑われてしまう描写がありましたが、ファンからも「ネーミングや服装のセンスがダサすぎ」「致命的にイケてないわ」との声があがっていました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/65b022161e6ef1749efa9afc44c72f2f3e7c3baa


    (出典 magmix.jp)

    【【アニメ】『ドラゴンボール』孫悟飯はウザすぎた!? 「めんどくさい」「イライラする」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ