芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 声優




     声優の小松未可子が10日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルスの療養期間を終えて、復帰することを報告した。

    【写真】ボブ姿でかわいい!公開された小松未可子の免許証

     小松は「新型コロナウイルス感染の療養期間を経て、本日より復帰させて頂きます。シャバの空気は…アツいぜ…」と顔文字を添えて、復帰を伝えた。

     7月30日には、自身のツイッターで「この度、新型コロナウイルス感染症の陽性が確認されました。感染対策にはかなり気を付けていましたが、このような結果になり申し訳ない気持ちでいっぱいです」と伝えていた。

     小松は『スター☆トゥインクルプリキュア香久矢まどかキュアセレーネ役、『呪術廻戦禪院真希役、『ダイの大冒険マァム役などで知られる人気声優。

    小松未可子 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】小松未可子、新型コロナ療養から復帰「シャバの空気は…アツいぜ」】の続きを読む


    告白する。

    1 muffin ★ :2022/08/10(水) 17:59:08.65ID:CAP_USER9
    https://www.oricon.co.jp/news/2245329/full/
    2022-08-10

    声優の田中真弓(67)が、9日放送のカンテレ・フジテレビ系バラエティー『セブンルール』(毎週火曜 後11:00)に出演。アフレコ中に起こったエピソード、ルフィ役への思いを明かした。

    密着VTR中、田中はお腹がなるとマイクが拾ってしまうことから、『アフレコには食べ物を持参する』というマイルールを明かした。続けて、「お腹のクゥ~という音をマイクが拾うのに大きなおならの音は拾わないという。私、すごい大きなおならを(おーい!はに丸)のはに丸のときに『ハニャ!!』って言った途端にスッと。なんだけど入ってなかったんですよ。全然OKになっちゃって」とほほえんだ様子で明かした。

    声優を始めて44年、そのおよそ半分をかけてルフィを演じ、いまや『ONE PIECE』の看板でもある田中は、普段からキャラクターたちに囲まれて生活している。「少年役として、いろいろやらせてもらってきて、声優業はルフィで終わりたいと思っているし。これ以上、少年の役をやれるかっていうと、もうやりきった感じ」と率直な思いを吐露していた。

    ルフィの声優を務めるきっかけについて「何回かオーディションがあって。(ルフィ役を)男の人でやりたいっていう人と、女でいきたいっていう人と、新人でやりたいかっていう。新しい声で。新人の中井和哉くんが、先にゾロに決まったの。『じゃあ、ルフィはベテランか』っていう風になった時に、私が浮上してきたっていう。あとあと聞いたら、もともと尾田(栄一郎)先生は『パズーの人(田中)がいい』と言っていたんですって」と話していた。


    (出典 contents.oricon.co.jp)

    【【声優】67歳・田中真弓「声優業はルフィで終わりたい」 起用のきっかけ告白「尾田先生はパズーの人がいいと言っていた」】の続きを読む


    心よりご冥福をお祈りいたします。

    1 愛の戦士 ★ :2022/08/08(月) 16:11:50.75ID:CAP_USER9
    MANTANWEB 8/8(月) 16:00

    小林清志さん(2019年撮影)
     人気アニメ「ルパン三世」の次元大介役などを務めた声優の小林清志さんが7月30日、肺炎のため死去した。89歳。葬儀は遺族の意思により既に執り行われた。お別れの会については、後日行う予定。

     1933年に東京都で生まれる。国民文化研究所・劇団泉座、日大芸術学部演劇科を経て、1960年、所属事務所でもある東京俳優生活協同組合(俳協)の創立に参加した。ジェームズ・コバーン、リー・マーヴィン、トミー・リー・ジョーンズさんらの吹き替えのほか、「妖怪人間ベム」のベム役、「機動戦士ガンダム0083」のエギーユ・デラーズ役などアニメの声優としても活躍。「SASUKE」「ガキの使いやあらへんで!!」など人気番組のナレーションも務めた。

     特に思い入れが深かったとされる「ルパン三世」の次元大介役は、50年以上にわたって担当。2021年10月から放送された「ルパン三世 PART6」の初回「EPISODE 0 -時代-」をもって次元役を“勇退”し、大塚明夫さんが2話以降後任を務めている。

    https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/6059d4be7ec6628d82f92b3d2754dc276e88f295&preview=auto

    【【訃報】小林清志さん 肺炎のため89歳で死去 「ルパン三世」次元大介役など】の続きを読む


    乗り越える

    1 ネギうどん ★ :2022/08/01(月) 16:16:21.96ID:CAP_USER9
     7月26日放送のバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、「人気声優&アニメ大好き芸能人」が特集された。古谷徹、島本須美、柳沢三千代、関智一、浪川大輔、新田恵海、林勇、本渡楓、岡咲美保ら声優陣のほか、アニメ大好き芸能人としてKis-My-Ft2・宮田俊哉、ハライチ・岩井勇気、アメリカザリガニ・柳原哲也、浅川梨奈らが出演し、ネット上では特に、新田と宮田の共演に注目が集まったようだ。

     人気アニメ『ラブライブ!』(TOKYO MXほか、2013年1~3月、14年4~6月)で主人公・高坂穂乃果の声を務め、一躍ブレークを果たした新田。同作品発の女性声優ユニット「μ’s(ミューズ)」ではセンターを張り、15年末の『第66回NHK紅白歌合戦』にも出場するなど、華々しい活躍を見せた。

    「今回『さんま御殿!!』で共演した宮田と浅川は『ラブライブ!』好きを公言しており、新田がその場で穂乃果のセリフを披露すると、声を上げて大喜び。特に宮田は、2016年4月に東京ドームで行われたμ’sのラストライブ『ラブライブ!μ’s Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜』にも参戦したほどの大ファンで、当時、SNS上では写真と共に宮田の目撃情報が続出し、声優ファンとジャニーズファン双方の間で大きな話題に。今回、宮田はその後日談を語り、新田も当時を振り返りました」(芸能ライター)

     なんでも宮田は、μ’sのライブ当日は「どうしても外せない家の用事があるから休みにしてほしい」とマネジャーに頼み込み、当日はアニメTシャツやグッズを身に着けて“フル装備”で会場に行ったそう。しかし、SNSを通して現地にい居ることがバレたのか、翌日、ジャニーズ事務所に呼ばれ、「追っかけてもらう立場なんだから、今は誰かを追っかけるっていうのはおかしくないか」などと怒られたとか。

     一方で、新田をはじめとしたμ’sメンバーは公演前にTwitterでファンの様子をチェックしていたため、宮田が来ていると話題になっているのを目にしていたという。宮田は、「それはよくないですね……」と目立ってしまったことを反省しつつ、新田に「本当に素敵な夢をたくさんありがとうございました」と土下座しながら感謝を伝えていた。

     そのほか、恐竜好きである新田はその魅力を熱弁し、36歳になった今も制服を着てステージに立つことがあるため、「いくつまで制服を着ていていいのかな?」と悩みを打ち明ける場面も。

    「これを受け、さんまから話を振られた宮田は『そこにキャラクターがいるんですよ、ステージの上に。なので、新田さん1人(として見ている)というより、キャラクターと2人なんですよ(重ねて見ているんですよ)』と制服を着ても問題ないとフォローしていました。ネット上では、『宮田君の答えが真理すぎる』『宮田ニキは僕らの心境をわかってる』『宮田は信頼できるオタク』などと新田や『ラブライブ!』ファンから共感や称賛の声が上がり、2人の共演に対しても『えみつん×宮田くんサイコーでした』『宮田くん俺の代わりにえみつんにありがとうを伝えてくれてありがとう』などと好意的は声が続出しています」(芸能ライター)

     また、「えみつんをゴールデンタイムの地上波で見られる日が来るとは……」と喜ぶ声も多数見受けられる。

    「新田は16年4月に、一部週刊誌のスクープにより、声優として活動を始める以前にアダルトビデオへ出演していた疑惑が浮上。所属事務所は公式サイト上で、『新田恵海本人ではないという結論に至りました』と声明文を発表したものの、アイドル声優にまつわるまさかのスキャンダルに、アニメファンや声優ファンは騒然となり、ネット上では大炎上状態となりました。同年9月にはアニメ『カードファイト!!ヴァンガードG』(テレビ東京系)のメインキャラクター・ 安城トコハ役を降板し、一時期は仕事が激減していたため、今回の『さんま御殿!!』出演はファンにとって喜ばしい出来事だったようです」(同)

     昨今、声優がバラエティ番組に出演する機会が増えているだけに、新田と宮田の再共演に期待したいところだ。

    https://www.cyzowoman.com/2022/08/post_397544_1.html

    【【芸能】『ラブライブ!』声優・新田恵海、“AV出演疑惑”乗り越え地上波登場!】の続きを読む



    内海 賢二(うつみ けんじ、1937年8月26日 - 2013年6月13日)は、日本の声優、俳優、ナレーター。賢プロダクション会長。キャリア初期は、本名の内海 健司や内海 賢治(読み同じ)の名前で活動。 張りや存在感のある低音を生かした声で、多くの作品に出演し活躍した。
    118キロバイト (11,638 語) - 2022年7月4日 (月) 14:44


    豪華な声優人が出演する。

    伝説の声優・内海賢二さんの仕事や偉業に追ったドキュメンタリー映画「その声のあなたへ」が、9月30日に公開されることが決定。あわせて、柴田秀勝羽佐間道夫野沢雅子神谷明戸田恵子が出演していることもわかった。

    日本のカルチャーの代表ともいえる「アニメーション」。その現場を支える“声優”は、注目を浴びている職業のひとつだ。現在、声優志望者数は30万人とも言われており、近年の人気職業ランキングの上位に入っている。

    内海さんは、そんな声優業界の歴史の中で、数多くの名作・名言を世に残し、声優業界を黎明期から強烈な個性と演技力で引っ張ってきた。「北斗の拳」のラオウ、「Dr.スランプアラレちゃん」の則巻千兵衛、「鋼の錬金術師」のアレックス・ルイ・アームストロングなど、常に第一線で活躍し続けていたが、2013年6月に惜しまれながら亡くなった。内海の訃報は、ファンや声優界のみならず、各界に悲しみと衝撃を与え、大きなニュースとして報じられた。

    本作は、主人公の新人ライターが、内海さんを生前からよく知る声優陣たちの証言を通して「内海賢二」について、そして声優という職業の変遷を辿っていくドキュメンタリー。豪華声優陣によるインタビューパートドラマパートで構成されており、多くの声優から語られる言葉は、歴史の証言のようでもあり、現在にも響く“生の声”という2つの側面がある。

    柴田、羽佐間、野沢、神谷、戸田は、証言者として出演。“声優”という仕事の礎を築き、活躍してきた世代、そしてそれを拡げ繋いでいったレジェンドたち。そんな彼らの言葉は、ただ過去を懐かしむものではなく、仕事としての魅力、声優業界の黎明期における知られざる苦労の数々など、心を揺さぶるものとなっており、「好きな事を無心にやり続けることの尊さ」を感じさせてくれる。

    「その声のあなたへ」の監督・脚本は、「栞」の榊原有佑が担当。アニメ関連情報配信サイト「アニメイトタイムズ」の全面協力作品となっている。9月30日から全国公開。

    (C)映画「その声のあなたへ」製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】声優・内海賢二さんの偉業に追ったドキュメンタリー、9月公開 野沢雅子、神谷明、戸田恵子らが出演】の続きを読む

    このページのトップヘ