芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > TV番組


    アメトーーク!でこち亀芸人、ケンコバの海パン刑事

    こち亀の人気はすごいものがあります。

    アメトーーク!でこち亀芸人、ケンコバの海パン刑事に蛍原「ほんまに出てくる?」 - ナタリー
    秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にスポットを当てた「こち亀芸人」が、9月5日にテレビ朝日系のバラエティ番組「アメトーーク!」にて放送される。
    (出典:ナタリー)


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    18:57 - 19:58(JST)に『日曜もアメトーーク!』(にちようもアメトーーク!)も放送されていた。2003年4月8日(7日深夜)から、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーク!』(ーが1字少ない)として放送を開始し、2006年10月に改題した。通称『アメトーーク』。キャッチフレーズは「業界内視聴率ナンバー1(番組)
    89キロバイト (11,053 語) - 2019年9月1日 (日) 23:26

    NO.7755446 2019/09/03 23:15
    アメトーーク!でこち亀芸人、ケンコバの海パン刑事
    アメトーーク!でこち亀芸人、ケンコバの海パン刑事
    秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」にスポットを当てた「こち亀芸人」が、9月5日にテレビ朝日系のバラエティ番組「アメトーーク!」にて放送される。

    番組では塙宣之(ナイツ)、バカリズム、川島明(麒麟)、山内健司(かまいたち)、ケンドーコバヤシ、仲嶺巧(三日月マンハッタン)、小宮浩信(三四郎)、ひるちゃん(インポッシブル)が「こち亀」の魅力を熱弁。周囲が両津勘吉のコスプレをする中、海パン刑事に扮装して登場したケンコバに、「こち亀」について詳しくないMCの蛍原徹は「ほんまに出てくるキャラクター!?」と驚きの表情を浮かべる。

    このほか番組では「こち亀」のすべての情報を網羅している仲嶺が、「ゴルフ」「競馬」など、蛍原が挙げたキーワードが出てくる回を即答。さらにひるちゃんは同作の単行本全200巻の表紙をどれでも瞬時に再現できるという特技を披露する。



    【日時】2019年09月03日 19:10
    【ソース】コミックナタリー
    【関連掲示板】


    【アメトーーク!でこち亀芸人、ケンコバの海パン刑事】の続きを読む


    『Mステ』放送枠移動でささやかれ始めたタモリの”勇退カウントダウン”

    移動したあと、どう変わるのかな?

    テレ朝『Mステ』放送枠移動でささやかれ始めた、タモリの”勇退カウントダウン” (2019年9月3日) - エキサイトニュース - エキサイトニュース
    テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』が10月から毎週金曜日21時に放送枠が移動となることが発表された。1986年の放送開始以来、金曜20時に放送されてい ...
    (出典:エキサイトニュース)


    (出典 otowota.com)


    ステ』(エムステ)、『Mステーション』(エムステーション)。過去には『MS』(エムエス)という通称名もあった。 本項目では、本番組直前に生放送されているミニ番組『ミニステ』についても扱う。 1985年(昭和60年)10月7日に開始した『ニュースステーション』から派生し、同番組のタイトルにある『ステ
    149キロバイト (20,806 語) - 2019年8月31日 (土) 06:42

    NO.7753462 2019/09/03 09:40
    『Mステ』放送枠移動でささやかれ始めたタモリの”勇退カウントダウン”
    『Mステ』放送枠移動でささやかれ始めたタモリの”勇退カウントダウン”
     テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』が10月から毎週金曜日21時に放送枠が移動となることが発表された。

    1986年の放送開始以来、金曜20時に放送されていた同番組だが、実に34年目にして初の放送枠移動となる。

    「これまでは金曜19時台に『ドラえもん』と『クレヨンしんちゃん』が放送され、その後に『Mステ』という流れだったのが、今後は金曜20時台に『マツコ&有吉 かりそめ天国』が移動し、その後に『Mステ』となる。

    子供向けアニメから音楽番組という流れではなかなか視聴者を獲得できないと判断したのでしょう。

    今後、Mステはバラエティー的な企画も増えるということで、今はまさにその方向性を模索している状態だといえます」(テレビ誌ライター)
     老舗音楽番組である『Mステ』だが、ここ数年は視聴率も芳しくない状態が続いている。

    「出演者によって数字は変わりますが、6〜8%くらいがアベレージで2ケタを記録することはまれ。

    同じ生放送の音楽番組でいうと、NHKの『うたコン』がほぼ毎週10%前後を叩き出しているので、完全敗北状態ですね」(音楽業界関係者)
     基本的に新曲を披露する『Mステ』に対して、『うたコン』では、季節にちなんだ名曲のカバーや、歌手同士のコラボ企画も多い。

    「『うたコン』は、“プチ紅白”なんて言われていますが、企画性が高く、さらには演歌、アイドル、ロックなど、出演者もバラエティーに富んでいて、視聴者の年齢層も広い。

    今の時代はテレビの視聴者層自体が高齢化していて、若者をターゲットにした音楽番組というのはなかなか難しい。

    『Mステ』についても、企画性を高めるのであれば、『うたコン』に近いものになっていくかもしれません」(同)
     さらに、『Mステ』のリニューアルに伴い、気になるのが番組開始からMCを務めているタモリの動向だ。

    「『笑っていいとも!』が終了して以来、仕事量をセーブしているタモリさんですが、そろそろ本格的に勇退するのではないかとささやかれ始めています。

    『いいとも!』の後期は、タモリさんが登場しないコーナーなどもありましたが、もしかしたら今後の『Mステ』についても、同様にタモリの出演時間が減る可能性はあるでしょう」(テレビ局関係者)
     そして、もしもタモリが勇退するなら、そのタイミングで番組も終了するのではないかともみられている。

    「30年以上も続いている番組の場合、大きなきっかけがないとなかなか番組を終わらせることができない。

    視聴率という点では、すでに継続させる理由もないし、生放送の音楽番組というだけで、予算もかなりかかる。

    テレビ朝日としても、終わらせるきっかけを探している面もある。

    リニューアルと言いつつも、店じまいの準備と捉えている関係者も少なくないでしょう」(同)
     34年目の『Mステ』を待ち受けるのは、放送枠移動ということ以上に大きな変化なのかもしれない。
    【日時】2019年09月03日 00:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【『Mステ』放送枠移動でささやかれ始めたタモリの”勇退カウントダウン”】の続きを読む


    「天空の城ラピュタ」視聴率は14・5% テレビ放送17回目も安定の人気 - スポニチアネックス Sponichi Annex
    宮崎駿監督のスタジオジブリの長編アニメーション映画「天空の城ラピュタ」が8月30日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)で放送され、平均視聴率は14・5%( ...
    (出典:スポニチアネックス Sponichi Annex)


    天空の城ラピュタ』(てんくうしろラピュタ)は、スタジオジブリ制作長編アニメーション映画作品。スタジオジブリ初制作作品。監督は宮崎駿。 監督である宮崎小学校時代に考えていた架空の作品が骨子となっており、原作となる作品が存在しない初アニメオリジナル監督作品である。製作は徳間書店。高畑勲
    108キロバイト (15,705 語) - 2019年9月2日 (月) 02:35



    (出典 dtg3yjoeemd2c.cloudfront.net)


    天空の城ラピュタ

    (出典 Youtube)


    かなりの人気があります。ここまで高視聴率をとれるのは不動の人気ということですね。

    1 ひかり ★ :2019/09/02(月) 09:14:38.79

     宮崎駿監督のスタジオジブリの長編アニメーション映画「天空の城ラピュタ」が8月30日、日本テレビ「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)で放送され、
    平均視聴率は14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが2日、分かった。前回の14・4%から0・1ポイント上昇し、17回目のテレビ放送ながら根強い人気を示した。

     少年・パズーが空から舞い降りた少女・シータを守るため、空に浮かぶという伝説の城「ラピュタ」を探し求める姿を描く冒険ファンタジー。テレビ放送2回目の
    22・6%(1989年7月)を筆頭に、過去16回のうち、20%超えは6回。13回目(2011年12月)は15・9%、14回目(13年8月)は18・5%、前々回(16年1月)は
    17・9、前回(17年9月)14・4%を記録した。

     今回も滅びの言葉「バルス」がインターネット上で多くつぶやかれる「バルス祭り」が発動。「バルス」が世界トレンド1位となる盛り上がりを見せた。

     裏番組のTBS「凪のお暇」で、武田真治演じるスナック「バブル」のママが料理を提供する際に「バルス」とつぶやくシーンもあり、放送中の「天空の城ラピュタ」を
    意識したセリフだと話題になった。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00000137-spnannex-ent


    【【視聴率】「天空の城ラピュタ」視聴率は14・5% テレビ放送17回目も安定の人気】の続きを読む


    来年の「24時間テレビ」東京五輪で前倒しや延期も - 日刊スポーツ
    東京オリンピック(五輪)・パラリンピックと時期が重なる来年の「24時間テレビ」について、同局関係者は25日「まだ白紙」とした。例年会場としていた日本武道館が、…
    (出典:日刊スポーツ)



    (出典 ntv.rgr.jp)


    オリンピックで放送日が変わるんですね。来年はどうなるのかな?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/08/25(日) 20:23:11.00 ID:K5PEZw3c9.net

    [2019年8月25日19時59分]

    東京オリンピック(五輪)・パラリンピックと時期が重なる来年の「24時間テレビ」について、同局関係者は25日「まだ白紙」とした。

    例年会場としていた日本武道館が、東京五輪に向けた改修工事に入るため、今年は初めて両国国技館を使用。来年7月24日~8月9日の五輪期間中は、武道館で柔道や空手、国技館でボクシングの試合が行われる。近年、24時間テレビの放送が多い、8月最終週週末の29~30日には武道館でパラ柔道がある。

    番組休止は考えにくく、通常開催以外に、1週前倒しや9月以降への延期、場所も2年連続の国技館などが選択肢となりそうだ。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201908250000880.html


    【【芸能】 来年の「24時間テレビ」東京五輪で前倒しや延期も 2019/08/25】の続きを読む


    山口智子、リリー・フランキー、大根仁監督が語る視聴率「悲しい」 - マイナビニュース
    女優の山口智子、俳優のリリー・フランキー、大根仁監督が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00~7:30)で、視聴率について語り合っ ...
    (出典:マイナビニュース)


    ボクらの時代』(ボクらのじだい)は、フジテレビ系列で2007年4月1日から毎週日曜日 7:00 - 7:30(JST)に放送されているトーク番組である。 毎回、芸能・お笑い・音楽・スポーツ・ドラマ・映画・漫画・小説・ゲーム・学術・政治など様々なジャンルや業界で活動する3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げ鼎談する。
    62キロバイト (659 語) - 2019年8月17日 (土) 22:28



    (出典 pbs.twimg.com)


    「ボクらの時代」で視聴率を取るために何をやってもいいというのは良くない、常識を持ってほしいです。

    1 muffin ★ :2019/08/18(日) 19:28:58.51 ID:lDZc7yAn9.net

    https://news.mynavi.jp/article/20190818-878754/
    2019/08/18

    女優の山口智子、俳優のリリー・フランキー、大根仁監督が、18日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00~7:30)で、視聴率について語り合った。

    女優業の傍ら、世界中を旅する時期があった山口。異文化に触れるにつれて、日本古来の職人世界にも感銘を受けるようになったという。

    山口は、「いい仕事ほど、ちょっと時間がかかるじゃないですか。世の中がちゃんと分かるのに、10年~20年かかってしまった時にその見返り、対価が何もないままに過ぎていってしまう社会はちょっと悲しい気がする」とその経験を振り返り、「見たら『いい!』と言いまくって、使いまくって、買いまくって。何か歯車として動かしていかないと。気がついたらなくなっていた、絶滅しちゃった現実が一番切ない」と職人世界を存続させるために経済活動を意識しているらしい。

    そこから話題は、身近な「視聴率」に。「今はすぐ判断を迫られる。視聴率でも何でも。明日、明後日ぐらいの結果だけ、数字だけで判断してというのは……。本当に良い材料、しっかり時間をかけて永久不滅ぐらいに使えるステキものができているはずなのに、その結果が明日、明後日の評価だけで終わってしまっては」と危惧し、「100年後にも揺るぎない結果を」「ちゃんとみんなが評価できる受け入れ体制というか、視野の広さというか」や「待つこと」が重要であると説く。

    これにはリリーも「例えば、『この数字が良くない』とその瞬間にそうなっても、10年後、20年後にコンテンツとして延々人に見られていれば、今週の何%なんかあまり意味がない」と納得し、「今はそういうふうにコンテンツになっているものをみんなが好きな時間に見るようになってくると、その瞬間に何人見たかというよりも、もっと大切なことがある」と解説する。

    また、山口の「今の一瞬だけの結果だけで判断していたら、受けやすいものだけにしておきましょうみたいな風潮が蔓延して。バリエーションがなくなっちゃうことが一番悲しくないですか?」という問いかけに、大根監督は「これまではテレビもドラマとかはソフト化されていたけど、こういったトーク番組やバラエティもアーカイブで残っていく」と同調。

    さらに大根監督が「視聴率だけで考えるのは、本当にバカバカしい……ってあまり言っちゃいけないんですけど、本当にそう思います」と言葉を選びながら切実な思いを伝えると、山口も「いろんな判断基準、いろんな声があっていい」と視聴率至上主義から変わっていくことに期待を寄せていた。


    (出典 cdnx.natalie.mu)


    【【テレビ】山口智子、リリー・フランキー、大根仁監督が語る" 視聴率 "「数字だけで判断というのは…」「本当にバカバカしい」】の続きを読む

    このページのトップヘ