芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:TV・ラジオ・CM > TV番組


    打ち切りになるのかな?

    1 クロケット ★ :2023/01/27(金) 23:07:29.71ID:C4lrt4x49
    ハライチと神田愛花がMCを務める昼のバラエティ番組「ぽかぽか」(フジテレビ系)がスタートして、約3週間が経過した。

    同番組は、視聴率が早くも危険水域に達しているという。

    「『ぽかぽか』は、約9カ月で打ち切られたフジの情報番組『ポップUP!』の枠でスタートした公開生放送形式の番組です。
    放送前、同局のバラエティ班が集結するとのことで注目された『ぽかぽか』ですが、視聴率は初回こそ3.3%を記録したものの、その後、1%台を連発することに。

    1月18日の『デイリー新潮』によると、週の平均視聴率は『ポップUP!』の開始当初よりも悪いらしく、
    この状況が続いた場合、今年の秋どころか4月で打ち切られる可能性も浮上しているようです」(テレビ誌記者)

    そんな「ぽかぽか」といえば、前半のトークコーナーには北川景子、マツコ・デラックス、GACKTなど豪華ゲストが連日出演しており、
    その部分のみSNSで大きな盛り上がりを見せている。だが一方で、曜日レギュラーに関しては、インパクトのなさが指摘されているようだ。

    「『ぽかぽか』の曜日レギュラーは、ゴリエ(ガレッジセール・ゴリ)、貴乃花の娘・白河れい、女性声優、
    アンジャッシュ・児嶋一哉などが務めているのですが、ネットで『かつての「いいとも」レギュラーと比べると微妙すぎるメンツ』などと辛辣な意見があがっています。

    この件に関して1月24日発売の『週刊女性』によると、番組の開始前、吉本興業側からフジに『ナインティナイン・矢部浩之を
    『ぽかぽか』のMCにできないか?』という打診があったそう。

    そして、もし矢部のMCが実現した場合、かまいたちやニューヨークなど、バラエティの一線で活躍する人気芸人をこぞって出演させる話もあったのだとか。
    しかしフジは、若い視聴者を取り込みたいという狙いがあったため、吉本の提案を断り、ナベプロ所属のハライチを起用したそうです。

    その一件があったことで、吉本は人気芸人の出演を見送っている可能性があり、
    結果、パンチの弱いキャスティングしかできない事情があるとのこと」(前出・テレビ誌記者)

    とはいえ、今でこそ人気番組となった「ラヴィット!」(TBS系)も当初は視聴率、評判ともに散々な状態だった。
    はたして「ぽかぽか」は今後、この逆境を跳ね除けることができるだろうか。

    https://asajo.jp/excerpt/166503

    【【芸能】フジ「ぽかぽか」が早くも打ち切り危機!「ナイナイ矢部MC」を断り吉本と亀裂?】の続きを読む


    メンバーになる。

    1 爆笑ゴリラ ★ :2023/01/26(木) 20:17:42.39ID:I0lzdwQi9
    1/26(木) 20:15配信
    オリコン

     26日放送の日本テレビ系バラエティー『ぐるぐるナインティナイン』(後8:00)では、木村佳乃、出川哲朗をVIPチャレンジャーに迎えた「ゴチになります!24」初戦の後半戦を放送。小芝風花、盛山晋太郎(見取り図)に続く、3人目の新メンバーとして宮野真守が加入することが発表された。1998年10月からスタートした『ゴチ』だが、声優のレギュラー起用は、これが初となる。

     これで今シーズンの陣容が明らかになり、ナインティナイン、増田貴久、小芝、盛山、宮野という顔ぶれとなった。

     ナイナイ、増田、小芝、盛山、木村、出川が、新メンバーについて予想をめぐらせる中、シルエット姿を現すと「めちゃめちゃノリが良いよ」(岡村隆史)とお茶目なポーズを披露。となりの席の増田貴久も一気に新メンバーとの距離を縮めて、今年もクセ者コンビ誕生を予感させる。

     初戦の舞台は東京マリオットホテルの「G~和Selection」で、設定金額は2万円という高額ゴチ。前回自腹の木村、出川は過去のゴチバトルで背負った250万円の自腹額を取り返そうと必死となる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6f9ce253ab0f9983125ac29b94f7aeacf4ef04bd

    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

    【【ぐるナイ】宮野真守『ゴチ』新メンバーに 声優界から初レギュラー】の続きを読む


    新のほうは、放送されるのかな?

    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/01/24(火) 16:53:08.66ID:z+MrCL419
    1/23(月) 16:00配信

    Impress Watch

    NHKは、貴重な映像で20世紀を描いた番組を最新のデジタル技術で鮮やかな映像にした「映像の世紀」の第1~5集を、総合テレビにて1月28日から順次再放送する。
    初日の28日は「20世紀の幕開け ~カメラは歴史の断片をとらえ始めた~」と「大量殺戮の完成 ~塹壕の兵士たちはすさまじい兵器を見た~」を0時25分から連続放送する。

    20世紀は人類が初めて歴史を「動く映像」として見ることができた最初の世紀であることから、“映像は20世紀をいかに記録してきたのか”を、
    世界中の映像記録を発掘・収集し、再構成したドキュメンタリー。再放送のスケジュールは次のとおり。

    ・1月28日0時25分~1時40分
    (1)「20世紀の幕開け ~カメラは歴史の断片をとらえ始めた~」
    ・1月28日1時40分~2時54分
    (2)「大量殺戮の完成 ~塹壕の兵士たちはすさまじい兵器を見た~」
    ・1月29日0時50分~2時5分
    (3)「それはマンハッタンから始まった」
    ・1月29日2時5分~3時19分
    (4)「ヒトラーの野望~人々はナチスに未来を託した~」
    ・1月31日2時11分~3時26分
    (5)「世界は地獄を見た 無差別爆撃、ホロコースト、原爆」

    AV Watch,酒井隆文

    https://news.yahoo.co.jp/articles/0cfb9b8146332f0bd66ddf9bd7a4958bc28cbf77

    最終更新:1/23(月) 16:00
    Impress Watch

    【【NHK】「映像の世紀」28日から再放送】の続きを読む


    大絶賛

    1 ネギうどん ★ :2023/01/20(金) 14:53:26.44ID:HpZ9BnWe9
    1月18日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)が喫煙にまつわる企画を行い、大反響を巻き起こしている。

    今回番組は『愛煙家対抗 負け残りタバコ我慢対決』を実施。1日1箱以上タバコを吸う愛煙家タレントを集め、勝てばタバコを吸って即帰宅というルールのもと、さまざまなゲームが行われた。

    参加したのは、大食いタレントのジャイアント白田のほか、『パンサー』尾形貴弘、『トム・ブラウン』みちお、『カミナリ』竹内まなぶ、『銀シャリ』鰻和弘、『納言』薄幸、牧野ステテコなど総勢10名。

    ゲームは1時間に1回行われ、最後まで残った1人は1週間の禁煙生活を強いられることに。

    タバコが吸えないイライラから、参加者たちはゲーム中にギスギスし始める。途中で行われたドミノの対決では、互いに足を引っ張りあい、竹内に至っては邪魔された相手に「てめぇ*ぞ」などと言い放つ一面も。

    またイス取りゲームでは、みちおと牧野がイスの取り合いになってしまう。牧野が抗議すると、みちおはイスを素直に譲ったが、明らかにブチギレた表情で「ごちゃごちゃ言われたから…」と怒りを露わにしていた。

    喫煙者の本性にドン引き?

    そんな極限状態の喫煙者たちが繰り広げる、タバコを賭けた泥沼の戦いに、視聴者は学びを得た様子。

    ネット上では、

    《マジで滑稽だったわ》
    《教訓を得られるいい企画でした》
    《ヤニに犯された人間の成れの果て》
    《神回だった。他人の阿鼻叫喚は見てて楽しい》
    《タバコはやばいって今日の水ダウでわかった。お酒好きな人でもここまではならないわ》

    など絶賛の声が続出している。

    「昨今は空前の禁煙ブームが到来しており、屋内でタバコを吸えるところはほとんどなくなりました。また駅前などの喫煙スペースも減っており、喫煙者はどんどん肩身が狭くなることに。もはや日本全国をあげた禁煙の波に、テレビも参入したとしか思えない企画でした」(芸能ライター)

    今回の放送で、より一層喫煙者に対する目が厳しくなっていくのかもしれない。

    https://myjitsu.jp/archives/405098

    【【テレビ】『水ダウ』喫煙者の本性を炙り出す企画に絶賛「神回」「教訓を得られる」】の続きを読む



    トキワ荘時代の仲間達の支えも出てくるのかな?

    【元記事をコミックナタリーで読む】

    赤塚不二夫の生涯を追う特集が、1月19日BSプレミアムで放送の「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」で展開される。

    「ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~」はMCの岡田准一が時代を動かした人物に迫る、歴史エンターテインメント。番組では“ギャグマンガの王様”でありながら、幼年期の戦災と貧困、売れない新人時代、時代のトップを走り続ける悩み、そして病魔という、数々の苦難と戦い続けた赤塚の人生を振り返る。

    赤塚不二夫(写真提供:NHK)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】“ギャグマンガの王様”赤塚不二夫が苦難と戦い続けた人生を追う、BSプレミアムで放送】の続きを読む

    このページのトップヘ