芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:TV・ラジオ・CM > TV番組



    いろいろある

     『バイキングMORE』(フジテレビ系)が1月19日の放送で、前日の番組内で用いられた「トンガ頭痛」の表現が不適切であったと謝罪した。

     >>坂上忍だけじゃない!『バイキング』炎上常連コメンテーター3人の問題発言<<

     番組ではトンガ沖で海底火山が噴火し、この影響で気圧の変化が起こり、「トンガ頭痛」が起こったというネット上での話題を取り上げた。この表現が「被災された方々に配慮を欠いた不適切な表現」と伊藤利尋アナウンサーが謝罪した。

     『バイキング』では、これまでにも多くの炎上事件を起こしている。2021年10月12日の放送では、伊藤アナが番組内で不適切な発言があったと謝罪。フレーズは明示されなかったものの、放送作家の野々村友紀子氏が精神疾患を抱えた人物を侮蔑する言葉を発したためではとネット上では指摘されている。

     さらに芸能関係のニュースでは、2017年10月には女優の江角マキコ、2021年2月にはモデルゆきぽよ(木村有希)に関し、事実誤認に基づく内容を放送し、当事者サイドからの抗議を受け謝罪している。

     このほか、2020年5月には都内の人混みの映像を使うも3月のものを使用、2017年6月には『週刊新潮』(新潮社)の記事を無断使用し謝罪。こちらはグダグダな番組制作体制側の問題が現れたと言えるだろう。

     多方面で問題を起こしている『バイキングMORE』だが、「謝らなかった」案件もある。2021年6月には、東京オリンピック無観客開催となる可能性が報じられた。これを受け、おぎやはぎの矢作兼がお年寄りはワクチン接種を終えているため、観戦の機会を与えてはと提案。「小池さん(小池百合子都知事)お得意のフリップでさ、『冥土の土産チケット』って売り出してさ」と話した。これには「不謹慎」といった批判が殺到したが、笑い話という扱いのためか、謝罪は行われていない。

     これまで数々の問題を起こしてきた番組だけに、終了もやむなしというのが実際のところかもしれない。

    画像はイメージです


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「トンガ頭痛」で謝罪の『バイキング』炎上のち謝罪はほかにも、謝らなかった案件も?】の続きを読む



    それがイイです。寒い時期は無理があります。

    NO.10140318 2022/01/22 19:17
    TBS 冒険少年「脱出島」は暖かくなった頃に皆さまにお届けしたい
    TBS 冒険少年「脱出島」は暖かくなった頃に皆さまにお届けしたい
    TBSは22日、同局系バラエティー「アイ・アム・冒険少年」に過剰な演出があったと一部ニュースサイトで報じられたことを受けて、公式サイトでコメントを発表した。

    サイトでは「いつも『アイ・アム・冒険少年』をご覧いただきありがとうございます。当番組は大自然を舞台に、番組が設定した環境の中でさまざまなミッションに立ち向かい、時にはスタッフと力を合わせながら、全力で頑張る出演者の勇姿を楽しんでいただくアドベンチャーバラエティーです」と説明。

    「番組ファンの皆さまにはご心配をおかけしていますが、出演者の方々にはいつも真剣にロケに取り組んでいただいています。100%本気で挑戦するその姿を見て、ドキドキ・ワクワクしていただけたら幸いです」と記した。

    続けて「次回の放送は1月31日(月)よる7時からです。あばれる君が、『あばれる山』で風力発電にチャレンジしています。またメイン企画『脱出島』は暖かくなった頃に皆さまにお届けしたいと思っています。これからも応援よろしくお願いいたします」とした。

    9日に、ニュースサイト「文春オンライン」では、今月3日放送の特番で無人島から脱出する人気コーナー「脱出島」の演出を問題視。タレントが脱出に使うイカダをスタッフも制作していることや、出演者の1人であるあばれる君がイカダで脱出する際には、スタッフ船で引っ張ったり、スタッフの船に乗ったりしていると指摘していた。

    同局は、イカダの制作については「イカダは、安全面や環境面を考慮して、専門家の指導の下、出演者とスタッフが一緒に作っております」と回答。イカダ脱出をスタッフが..

    【日時】2022年01月22日 15:02
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】

    【TBS 冒険少年「脱出島」は暖かくなった頃に皆さまにお届けしたい】の続きを読む


    異例

    1 バーミーズ(愛知県) [TW] :2022/01/20(木) 23:01:31.69


    Hey!Say!JUMP伊野尾慧(31)の新型コロナウイルス感染が発表されたことを受け、
    伊野尾が20日に出演したフジテレビ系情報番組「めざましテレビ」(月~金曜午前5時
    25分)で伊野尾と接触があった出演者は、大事をとって21日の番組出演を見合わせる
    ことが分かった。同局関係者が明らかにした。

    出演を見合わせる主なメンバーは三宅正治、生田竜聖、軽部真一、永尾亜子、
    藤本万梨乃、藤井弘輝、渡邊渚の各アナウンサーら。

    メインキャスターのうち井上清華アナは休暇のため同日は出演していなかった。21日
    の放送は「めざましどようび」(土曜午前6時)チームの佐野瑞樹、久慈暁子両アナら
    が担当する。
    【関連記事】Hey!Say!JUMP知念侑李、伊野尾慧感染 30日埼玉公演まで中止

    伊野尾は「めざましテレビ」の木曜パーソナリティーを務めている。Hey!Say!JUMP
    では知念侑李(28)の感染も発表されている。

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202201200001015.html


    【フジテレビ「めざましテレビ」、コロナの影響でアナウンサー全員出演見合わせ】の続きを読む



    影響があった?

    NO.10136135 2022/01/20 17:19
    「今夜くらべてみました」打ち切り決定 徳井義実の税金不払い問題が尾を引いたか
    「今夜くらべてみました」打ち切り決定 徳井義実の税金不払い問題が尾を引いたか
     日本テレビが今春、大改編をする。真っ先に打ち切りが決定したのが「今夜くらべてみました」(水曜・21:00)だった。番組終了の理由は視聴率の低迷と言われるが、それは表向きの話だろう。真の理由は、やはりチュートリアルの徳井義実(46)の例の問題だという。

     日テレは昨年、年間個人視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)で11年連続の三冠王という快挙を成し遂げた。ところが、プライム帯の個人視聴率はテレ朝と同率。世帯視聴率で見ると、全日は日テレが1位、プライムはテレ朝が1位、ゴールデンは両社同率と拮抗しており、すぐ後ろにテレ朝が迫ってきている状況だ。

     それゆえ大改編というわけだが、「今くら(正式名:徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました)」の打ち切りで注目されているのが、徳井の今後だ。昨年4月に「しゃべくり007」(日テレ)への復帰が叶ったばかりというのに、「今くら」が打ち切られることで、再び地上波レギュラーは1本のみとなるのだ。日テレ関係者に聞いた。

    「すでに報じられている『今くら』打ち切りの理由は視聴率の低迷ですが、その根本的な理由は徳井義実と言っていいでしょう。今回、いくつかの番組が終了するタイミングに合わせて、徳井が出演する番組を目立たぬよう、こっそり終了させたいというのが日テレの本音です。彼が出演する度に、いまだにあの問題についてのクレーム電話やネットの書き込みがありますからね」

     あの問題とは、徳井の税金不払いのことだ。19年10月、彼は東京国税局から3年分の法人所得(約1億1800万円)が無申告と指摘されてい..

    【日時】2022年01月20日 11:01
    【ソース】デイリー新潮

    【「今夜くらべてみました」打ち切り決定 徳井義実の税金不払い問題が尾を引いたか】の続きを読む



    どうなるのかな?

    NO.10128576 2022/01/17 14:51
    『ネプリーグ』打ち切りか、「どっちが打ち切りでもおかしくない」『ネプチューン』は冠番組が終了しまくっているとまいじつが報じた
    『ネプリーグ』打ち切りか、「どっちが打ち切りでもおかしくない」『ネプチューン』は冠番組が終了しまくっているとまいじつが報じた
    1月12日、人気番組『スカッとジャパン』(フジテレビ系)の打ち切りが報じられた。少し前にはお昼の番組『バイキングMORE』の打ち切りが発表されたこともあり、多くの人がフジテレビの改革を予感しているようだ。

    2014年10月からレギュラー化した「スカッとジャパン」は、視聴者から募集した〝ムカッとする話〟を俳優や芸人が再現し、最後にはスカッとする演出で悪者を成敗していくバラエティー番組である。

    【日時】2022年01月16日 17:30
    【ソース】まいじつ
    【関連掲示板】

    【『ネプリーグ』打ち切りか、「どっちが打ち切りでもおかしくない」『ネプチューン』は冠番組が終了しまくっているとまいじつが報じた】の続きを読む

    このページのトップヘ