芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 映画


    長渕剛が主演映画で14年ぶり主題歌を書き下ろし - 日刊スポーツ
    シンガー・ソングライター長渕剛(62)が、主演映画「太陽の家」(権野元監督、来年公開)の主題歌「Orange」を書き下ろしたことが13日、分かった。映画主題歌…
    (出典:日刊スポーツ)


    長渕 (ながぶち つよし、本名:同じ、1956年9月7日 - )は、日本のシンガーソングライター・俳優・詩人・画家・書道家。デビュー時の芸名は長淵 で、名の読みが「ごう」。Office REN(オフィス・レン)所属。妻は元女優の志穂美悦子。長女は女優の文音(あやね)。長男はミュージシャンのWATARU
    133キロバイト (11,029 語) - 2019年7月9日 (火) 16:57



    (出典 grapee.jp)


    映画の主題歌。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/07/13(土) 21:23:45.23 ID:+viSK6hz9.net

    シンガー・ソングライター長渕剛(62)が、主演映画「太陽の家」(権野元監督、来年公開)の主題歌「Orange」を書き下ろしたことが13日、分かった。

    映画主題歌は05年公開の映画「男たちの大和」以来14年ぶり。曲名は、大切な人と一緒に歩く1本道に温かく降り注ぐ夕焼けの色を象徴している。大切な人に語りかける歌詞には「太陽の家」で長渕が演じる主人公・川崎信吾の心情が重ねられている。

    映画「太陽の家」は神技的な腕を持つ大工の棟梁(とうりょう)・川崎信吾の人情味あふれる熱い男を中心にした家族や大切な人たちへの愛が描かれた作品。飯島直子、山口まゆ、潤浩、広末涼子、瑛太らが出演する。

    曲は撮影現場で受けたインスピレーションから生まれた。「川崎信吾と(潤浩演じる)龍生のすてきな関係性をそのまま楽曲で表現したいと思った」といい、「撮影現場の後半には既に僕の中で音が聞こえていて、それはキラキラしたアコースティックの音でした。だから、そのイメージ通りのものを頭で理屈に変換しないで、創作していきました」と話した。また「誰もが人との関係性は永遠ではないということを知っているからこそ、今という優しさが切ないのだということ。自分が1番この歌を聞いて癒やされたかった」と続けた。

    同曲は今日13日放送のTBS系「音楽の日2019」(午後2時)で初披露され、「GYAO!特設チャンネル」「長渕剛オフィシャルYoutubeチャンネル」で先行プロモーション動画も公開される。また、25日から音楽配信代行サービスBIG UP!を通じて世界112カ国以上の音楽配信ストアで同時リリースされる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16768437/
    2019年7月13日 16時30分 日刊スポーツ


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】長渕剛が主演映画で14年ぶり主題歌を書き下ろし】の続きを読む


    『天気の子』、『君の名は。』のおかげで異例づくし 140の国と地域で配給決定


    『天気の子』、『君の名は。』のおかげで異例づくし 140の国と地域で配給決定 - ORICON NEWS
    ニュース| 新海誠監督の新作アニメーション映画『天気の子』(7月19日公開)の製作報告会見が2日、都内で開催された。「完成披露試写会でもなく、やや中途半端な報告 ...
    (出典:ORICON NEWS)


    天気の子』(てんきのこ、英語: Weathering With You)は、新海誠監督による日本アニメーション映画作品。2019年7月19日公開予定。 前作『君名は。』から3年ぶりとなる、新海7作目劇場用アニメーション映画。『君名は。』に引き続きRADWIMPSが音楽を担当しているが、
    10キロバイト (1,071 語) - 2019年6月21日 (金) 23:20



    (出典 www.zkai.co.jp)


    映画『天気の子』予報

    (出典 Youtube)


    かなり注目を集めてます。

     新海誠監督の新作アニメーション映画天気の子』(7月19日公開)の製作報告会見が2日、都内で開催された。「完成披露試写会でもなく、やや中途半端な報告会」と笑ってみせた新海監督。実はまだ作品は完成しておらず、「いまもスタジオスタッフが全力で作業中で、僕はその何百人かを代表して少しの時間ここにいるんです」と状況を説明。切迫したものはまったく感じられず、むしろ「とてもいい状態になっていると思います」と自信たっぷりだった。

    【動画】映画『天気の子』スペシャル予報

     音楽(主題歌・劇伴)を手がけるRADWIMPSの野田洋次郎も「音楽も、もうちょっと作業が残っていまして…」とニヤリ。公開前に試写会などを一切実施しせず、新海監督は「こんな風にギリギリまで制作を許されることはない。それができるのは(前作)『君の名は。』をたくさんの方に観ていただけたからこそ。前作に助けていただいているな、という気はすごくします」と話した。

     2016年8月公開の『君の名は。』は、国内興行収入250億円を突破。同年の興行収入1位、日本映画史上歴代2位という大記録を打ち立て、音楽を担当したRADWIMPSの楽曲「前前前世」も大ヒット。世界135の国と地域で配給され、海外興行収入は合計150億円に達し、世界中で社会現象を巻き起こした。ハリウッドでの実写映画化も決定している。

     異例なのは、制作スケジュールだけではない。『君の名は。』以来の新海監督の新作ということで、『天気の子』は2日時点で『君の名は。』を上回る140の国と地域に向けた配給が決定。東宝配給作品としては、公開前での規模として過去最大の数となる。

     川村元気プロデューサーは、「先日、ニュースにもなりましたが、映画大国インドで5万人の署名が集まったということで、いま調整に入っているところ。世界中が待ちわびている」と大きな期待をかけていた。

     『天気の子』は、公開初日7月19日午前0時に上映を開始する「世界最速上映」を「TOHOシネマズ 新宿」「TOHOシネマズ 梅田」の2ヶ所で実施(合計2000人)。さらに、東宝史上初の試みとして、19日午前9時に上映全劇場359館で初回一斉上映を行う。初回一斉上映のチケットは、6日より各劇場にて販売開始(一部劇場を除く)。IMAXでの上映も初日から全国33スクリーンで開始される。

     そんな異例づくしの『天気の子』は、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻ろうされる少年と少女が自らの生き方を「選択」する物語。雨が降り続いたり、雨が上がって雲の切れ間から太陽の光が差し込んだり、新海監督の真骨頂ともいえる緻密で美しい空・雲・光の描写にも注目が集まっている。

    映画『天気の子』の製作報告会見に出席した(左から)RADWIMPS(武田祐介、桑原彰、野田洋次郎)、新海誠監督、醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、川村元気 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『天気の子』、『君の名は。』のおかげで異例づくし 140の国と地域で配給決定】の続きを読む


    日米海戦描く映画『ミッドウェー』予告編公開!浅野忠信、豊川悦司、國村隼ら出演 - フロントロウ
    映画『Midway(ミッドウェー)』の予告編が公開された。(フロントロウ編集部)
    (出典:フロントロウ)


    ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん; 英語: Battle of Midway)は、太平洋戦争(大東亜戦争)中の1942年(昭和17年)6月5日(アメリカ標準時では6月4日)から7日(6月3日から5日とする場合もある)にかけて、ミッドウェー島付近で行われた海戦。同島攻略をめざす日本海軍をアメリカ
    276キロバイト (48,024 語) - 2019年6月25日 (火) 03:10



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


    ミッドウェイ 予告編

    (出典 Youtube)


    ミッドウェーで戦局が変わりました。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/06/28(金) 06:47:22.91


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)

    映画『Midway(ミッドウェー)』の予告編が公開された。(フロントロウ編集部)

     太平洋戦争のターニングポイントとなった日本対アメリカのミッドウェー海戦を『インディペンデンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』といった超大作映画で知られるローランド・エメリッヒ監督が映像化した作品『Midway』の予告編が公開。

    予告編
    (出典 Youtube)


     2019年11月8日に全米公開が予定されている同作には、映画『アナベル 死霊博物館』のパトリック・ウィルソンや、映画『美女と野獣』のルーク・エヴァンス、映画『ハンガーゲーム』のウディ・ハレルソン、映画『デッドプール』のエド・スクライン、ドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』のマンディ・ムーア、ドラマ『グリー』のダレン・クリス、そして人気兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズのニック・ジョナスら多彩なハリウッドスターたちが集結。

     日本からも、浅野忠信が“人*多聞丸”の渾名を取った海軍中将の山本多門、豊川悦司がミッドウェー海戦を指揮した海軍大将の山本五十六、國村隼が南雲機動部隊を率いる南雲忠一を演じるなど、実力派俳優が出演する。


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)

    浅野忠信


    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)

    豊川悦司

    (フロントロウ編集部)

    2019-06-28
    https://front-row.jp/_ct/17283493


    【【映画】日米海戦描く映画『ミッドウェー』予告編公開!浅野忠信、豊川悦司、國村隼ら出演】の続きを読む


    ホームレス中学生』(ホームレスちゅうがくせい)は、田村裕(漫才コンビ・麒麟)による自叙伝。2007年8月31日にワニブックスより刊行。 2007年8月31日に発売。自身の幼少時代から相方、川島明との出会いまでを描いた自伝。 表紙は、田村が公園で生活していた時期に食べたことのあるダンボールをモチー
    13キロバイト (1,602 語) - 2019年4月8日 (月) 10:48



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ホームレス中学生

    (出典 Youtube)


    衝撃です。

    1 Egg ★ :2019/06/24(月) 18:14:14.68 ID:Y7z8qEeF9.net

    群馬県警は24日、東京都江戸川区東葛西4丁目、ドラマ「ホームレス中学生」に主演した元俳優の無職黒木辰哉容疑者(24)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。「弁護士と会ってから話します」と認否を保留している。県警は、特殊詐欺の「受け子」役だったとみて調べている。

     捜査2課によると、黒木容疑者は2日午後5時半ごろ、警察官を装って群馬県藤岡市の一人暮らしの女性(87)宅の玄関先を訪れ、キャッシュカード4枚を預かり封筒に入れた上、「割り印をするので印鑑を持ってきてください」と指示。女性が離れた隙に別のカードが入った封筒にすり替えて盗んだ疑いがある。

     女性宅には容疑者が現れる数時間前、「銀行のデータが流出している。あなたの家族のデータもあり、詐欺に遭っているかもしれない。警察官がキャッシュカードを封筒に入れて封をするので、保管してください」などと電話があったという。盗まれたカードで計500万円が引き出され、群馬県高崎市内のショッピングモールや都内のコンビニなどで使われており、県警は黒木容疑者が引き出したとみて「出し子」としても調べている。

     黒木容疑者はお笑いコンビ、麒麟(きりん)の田村裕さんが自らの貧乏生活をつづった「ホームレス中学生」原作のドラマに田村さん役として主演するなど、以前は俳優として活動していた。

    6/24(月) 18:05配信 朝日新聞
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00000047-asahi-soci


    【【芸能】<ドラマ「ホームレス中学生」>主演の元俳優の無職を逮捕!窃盗容疑】の続きを読む


    なぜ日本では世界的ヒットのアメコミ映画が当たらないのか? - ビジネス+IT
    アメコミヒーロー映画は、世界的にメガヒットして、しばしばエンタメニュースで話題になるほどだ。しかし、米本国や世界での超メガヒットに比べて、日本での興行成績は ...
    (出典:ビジネス+IT)



    (出典 img.cinematoday.jp)


    考えたが違うのかもしれないです。

    1 Egg ★ :2019/05/30(木) 08:43:34.46

     アメコミヒーロー映画は、世界的にメガヒットして、しばしばエンタメニュースで話題になるほどだ。しかし、米本国や世界での超メガヒットに比べて、日本での興行成績はそれほどでもない……と感じることも多い。なぜこのような事態が起きているのか。映画・音楽ジャーナリストでアメコミ映画にも詳しい宇野維正氏に聞いた。

    ●日本ではアメコミ映画がヒットしない?

     アメコミヒーロー映画というジャンルがある。アメコミ、すなわちアメリカンコミックスのヒーローものを原作とした映画だ。それほど詳しくない方でも、『スパイダーマン』『バットマン』程度なら聞いたことがあるだろうし、もう少し詳しければ、『アベンジャーズ』というシリーズが複数のアメコミヒーローが集結する作品だということも、ご存知かもしれない。

     現在、アメコミヒーロー映画は2つの大きなシリーズが知られている。マーベル・コミックという出版社の原作をもとにした「マーベル・シネマティック・ユニバース(Marvel Cinematic Universe/通称:MCU)」と、DCコミックスの原作を元にした「DCエクステンデッド・ユニバース(DC Extended Universe/通称:DCEU)」だ。

     MCUに属するヒーローはスパイダーマン、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーなど。DCEUに属するのはバットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンなど。それぞれのヒーローたちには個別の主演作があるが、MCUならMCU、DCEUならDCEUは単一の世界として構築されている。

     たとえば、スパイダーマンが活躍するニューヨークの街に、アイアンマンやキャプテン・アメリカも登場し、時に共闘して共通の敵と戦う。そんなふうにMCUのヒーローが勢揃いするのが、『アベンジャーズ』シリーズというわけだ。

     2008年の『アイアンマン』からはじまるMCUのシリーズは、現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』まででなんと22本。ストーリーはすべてつながっている。つまり驚くべきことに、11年間にわたって大きなひとつの物語が紡がれているわけだ。

     アメコミヒーロー映画の世界的メガヒットは、しばしばエンタメニュースで話題になる。実際ここ数年、米国あるいは世界の歴代興行収入(入場料金売上)ランキングを塗り替えるのは決まってアメコミヒーロー映画だ。しかし、米本国や世界での超メガヒットに比べて、日本での興行成績はそれほどでもない……と筆者は常々感じていた。


     たとえば、現在公開中の『アベンジャーズ/エンドゲーム』を除き、日本で公開されたMCU作品で最もヒットしたのは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年公開)である。ただ、各国とも軒並み年間興収ランキングで上位にランクインしているが、日本では12位とベスト10にも入れなかった。本家であるアメリカや同じ英語圏であるイギリスで高順位なのは理解できる。しかし中国や韓国と比べるといまいち見劣りする。


     参考までに、日本と韓国を人口ベースで比較してみよう。2018年時点の日本の人口は1億2645万人、韓国は半分以下の5090万人だが、興収を日本円換算してみると37億4000万円に対して98億9198万円と韓国は日本の3倍に迫っている。さらに興行収入÷人口で比較すると、日本の29.6に対して韓国は194.5。

     少々乱暴に結論づけるなら、「無作為に抽出した同じ人数の集団で比べると、韓国では『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が日本の“6倍以上”観られている」ということになる。


     無論、日韓の間には年齢別の人口構成比や入場料金といった前提条件の違いがあるので、単純に比較はできない。が、それにしてもこの差はあまりに大きい。

     一体どういうことなのだろうか? この疑問を、映画・音楽ジャーナリストでアメコミ映画にも詳しい宇野維正氏にぶつけてみた。

    5/30(木) 7:10配信ビジネスIT
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190530-00036447-biz_plus-bus_all

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【映画】<なぜ?>日本では世界的ヒットのアメコミ映画が当たらないのか?欧米のヒーローは「大人」、日本のヒーローは「子供」】の続きを読む

    このページのトップヘ