芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 映画


    『湯を沸かすほどの熱い愛』が1位

    よくできた映画は観客の感情を大きく揺さぶってくれるもの。胸を打つシーンでは、思わず涙してしまうこともありますよね。
    そこで今回は、ハンカチ無しでは見られないような、泣ける邦画についてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    3位 しゃぼん玉
    2位 ミッドナイトスワン
    1位 ???
    全てのランキング結果を見たい方はこちら!

    1位は『湯を沸かすほどの熱い愛』!


    余命2カ月の宣告を受けた母親と、その家族の絆を描いた『湯を沸かすほどの熱い愛』。優しさと強さを兼ね備えた母親・幸野双葉役を宮沢りえが、気が弱く引きこもり寸前の娘・安澄役を若手実力派の杉咲花が演じた感動の一作です。
    持ち前の明るさと強さで子どもたちを育てていた双葉は、残りの人生で「絶対にやっておくべきこと」を決め、実行に移していきます。ぶつかり合いながらも、より強い絆で結ばれていく家族の姿に、涙をこぼした人も多いのではないでしょうか。
    想像もつかない物語の展開とラストシーンに驚き、感動で心をつかまれる。『湯を沸かすほどの熱い愛』が1位となりました。

    2位は『ミッドナイトスワン』!


    草なぎ剛トランスジェンダー役を演じることで話題となった『ミッドナイトスワン』。「第44回 日本アカデミー賞」で最優秀作品賞および最優秀主演男優賞を受賞し、「2020年を代表する日本映画」と評されている作品です。
    心と体に葛藤を抱えながら夜の街で生きる凪沙(草なぎ剛)は、ある日親戚の少女・一果を預かることになります。育児放棄によって孤独な人生を過ごしてきた一果と暮らすうちに、凪沙の心には「母になりたい」という思いが芽生えはじめます。
    はじめはぎこちない関係だった二人が、次第に親子のような愛情を育てていく姿に涙した人も多いのではないでしょうか。『ミッドナイトスワン』が2位となりました。

    3位は『しゃぼん玉』!


    直木賞作家・乃南アサのベストセラー小説を映画化した『しゃぼん玉』。親の愛情を知らずに育ち、老人や女性を標的に犯罪を繰り返してきた青年が、老婦人との出会いをきっかけに人生を見つめ直していく物語です。
    林遣都演じる青年・伊豆見翔人は、逃亡先の小さな村でけがをした老婦人・スマを助け、彼女の家で暮らしはじめます。スマや村人たちの温かさに触れるうちに、伊豆見は自らが犯した罪の大きさを自覚するようになります。
    スマを演じた女優・市原悦子の遺作でもある本作。彼女の包容力あふれる名演技に涙した人が多かったのかもしれませんね。『しゃぼん玉』が3位となりました。

    情をテーマにした作品が上位に選ばれた今回のランキング。いずれの作品にも、それぞれ違う「愛の形」がありましたね。気になる4位~55位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが一番泣いた邦画は、何位にランク・インしていましたか?

    写真タレントデータバンク
    杉咲 花|1997/10/2生まれ|女性|B型|東京都出身)

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票数合計:5,900票
    調査期間:2021年6月29日2021年7月13日
    一番泣いた邦画ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【一番泣いた邦画ランキング】の続きを読む


    豪華なゲスト

    1 朝一から閉店までφ ★ :2021/08/26(木) 20:13:30.87

    ニュース 2021年8月25日(水)12:00

    「科捜研の女 劇場版」に俳優の伊東四朗、声優の福山潤が出演していることがわかった。伊藤は沢口靖子演じる榊マリコ(榊は木偏に神)をナンパする老紳士役、福山はキーとなるシーンで現場の状況を伝えるアナウンサーを演じている。

    シリーズ初の劇場版となる本作は、これまで数々の難事件を解明してきた科捜研の面々が、京都、ロンドン、トロントなど世界同時に発生する科学者不審死事件に挑む。

    伊藤が演じたのは、京都の美しい街並みが一望できるおしゃれなカフェで、一人読書をしているマリコをナンパする老紳士というユーモアあふれるキャラクター。沢口とは舞台やドラマで度々共演し、伊東が主演を務めるテレビ朝日系テレビドラマ「おかしな刑事」シリーズでは、2020年に「科捜研の女」とコラボしたことも話題を呼んだ。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://anime.eiga.com/news/114162/


    【【芸能】 「科捜研の女 劇場版」に伊東四朗 福山潤はアナウンサー役「恥ずかしくなるくらい緊張」】の続きを読む


    上映される。

    【元記事をコミックナタリーで読む】

    モンキー・パンチ原作によるアニメルパン三世」のアニメ化50周年を記念し、映画「ルパン三世 カリオストロの城」と、スクリーン初登場となるモンキー・パンチ総監督短編作品「ルパンは今も燃えているか?」が、10月1日より2週間限定で同時上映される。

    【大きな画像をもっと見る】

    1979年に公開された「ルパン三世 カリオストロの城」は、宮崎駿監督の映画初監督作品。ヨーロッパの小国・カリオストロ王国を舞台に、ルパンと王女クラリスの出会いや冒険が描かれる。今回の上映では4K映像と7.1chの多次元サウンドで、視覚と聴覚の両面から臨場感と迫力を味わうことができる。また「ルパンは今も燃えているか?」は、「ルパン三世」の原作誕生50周年を締めくくる記念作品として制作されたもの。摩毛狂介、百地三太夫、パイカル、ミスターX、ストーンマンなどルパンたちを苦しめた歴代キャラクターが登場し、再度ルパン一味に戦いを挑む。併せて予告映像も解禁された。

    さらに1996年に公開された劇場版第6作目「ルパン三世 DEAD OR ALIVE」のレンタル・セル配信が9月15日りスタート。そして8月25日にはTVアニメルパン三世 PART4」のBlu-ray BOXも発売される。

    「ルパン三世 カリオストロの城」4K+7.1ch/「ルパンは今も燃えているか?」

    2021年10月1日(金)より2週間限定全国ロードショー

    「ルパン三世 カリオストロの城」4K+7.1ch

    スタッフ

    監督・脚本:宮崎駿
    原作:モンキー・パンチ

    キャスト

    ルパン三世山田康雄
    峰不二子増山江威子
    次元大介小林清志
    石川五ェ門井上真樹夫
    銭形警部納谷悟朗
    クラリス島本須美
    ほか

    「ルパンは今も燃えているか?」

    スタッフ

    原作・総監督:モンキー・パンチ
    監督:川越淳

    キャスト

    ルパン三世栗田貫一
    峰不二子沢城みゆき
    次元大介小林清志
    石川五ェ門浪川大輔
    銭形警部山寺宏一
    ミスターX茶風林
    摩毛狂介:村治学
    パイカル:家中宏
    百地三太夫浦山迅
    プーン:斧アツシ
    アナウンサー:松浦裕美子

    「ルパン三世 カリオストロの城」より。原作:モンキー・パンチ (c)TMS


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「カリオストロの城」「ルパンは今も燃えているか?」が2週間限定で同時上映】の続きを読む


    映画になる。

    2017年の発売以来、ただの恋愛小説にとどまらない、切なすぎる小説としてSNS等で反響が広がり続け、現在すでに50万部を突破している『余命10年』(小坂流加著/文芸社文庫NEO刊)。この度、小説『余命10年』がワーナー・ブラザース映画配給にて映画化、2022年に公開されることが決定。さらに、『新聞記者』(第43回日本アカデミー賞6部門受賞)『ヤクザと家族 The Family』の藤井道人監督が、映画『余命10年』のメガホンを取ることが決まった。

    本作は第6回静岡書店大賞の「映像化したい文庫部門」の大賞を受賞するなど、書店員からも映像化を希望する声が多く上がっていた。なお、文庫化と同時に、著者が本作の主人公同様に難病を抱えていたこと、そして病状が悪化し文庫版発行直前の2017年2月にすでに逝去していたことが明らかになり、ファンや書店員から悲しみの声が大きくあがった。


    数万人に一人という不治の病で、余命が10年であることを知った20歳の茉莉(まつり)。彼女は生きることに執着しないよう、恋だけは決してしないと心に決めていた。しかし地元の同窓会で和人(かずと)と出会い、茉莉の10年は大きく動いていく……。

    藤井監督は『新聞記者』を手掛け、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む6部門を受賞。主演の松坂桃李と共演のシム・ウンギョンがともに日本アカデミー賞最優秀主演男優・女優賞を受賞するほか、藤井自身も優秀監督賞を受賞し、その人気と地位を不動のものとした。今年1月には主演・綾野剛、共演・舘ひろしを迎えた『ヤクザと家族 The Family』も大ヒット。大きなスクリーンで観たくなる美しく透明感のある映像で、映画、ドラマ、MV、広告など幅広い映像作品を手掛け、名実ともに今最も注目されるトップクリエイター

    藤井監督は『余命10年』映画化に際して「当たり前が当たり前ではなくなったこの世の中で、小坂さんが残してくれた『余命10年』という作品が、皆さまの明日を生きる糧となるように、信頼するキャストスタッフと約一年に渡り四季を撮り続け、この映画に向き合って来ました」とコメント、本作へ並々ならぬ思いを馳せている。また藤井監督は役者に深く寄り添う演出をすることでも定評があり、映画『余命10年』ではどの俳優がキャスティングされるのか、主人公の茉莉や和人を誰が演じるのか、藤井監督がいかに演出をするのか……期待は大きく膨らむばかりだ。

    また、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』『雪の華』など等身大の若者のラブストーリーを描き、多くの大ヒット感動作を世に放ってきた岡田惠和、渡邉真子が脚本を担当。新たな映画界の才能・藤井監督と、感動ラブストーリーの名手といえる岡田、渡邉の初タッグにも注目だ。

    そして、映画『余命10年』の公開に先立ち、今夏にはコミック版の『余命10年』の配信も決定。原作の『余命10年』をベースLINEマンガでの連載をスタートさせる。発売以来、本屋だけでなくツイッターTikTokなどSNSでも大きな反響を呼び、マンガ化、そしてアカデミー賞監督の藤井道人による映画化と、多くの人々の心を揺さぶり続ける『余命10年』。恋愛ドラマだけではない、その特別な魅力はこの2022年、さらに大きく羽ばたく。

    <藤井道人 監督コメント

    初めて『余命10年』を読んだとき、原作の小坂流加さんが生前に抱いていた「生きる」ということへの想いで溢れた小説だと思いました。普段見落としがちな四季折々の自然の変化や、主人公・茉莉と和人が過ごした日々は、まるで小坂さんが生きている時に思い描いていた「夢」だったようにも感じました。僕は、この作品を直感的に映画として残したいと強く思いました。当たり前が当たり前ではなくなったこの世の中で、小坂さんが残してくれた『余命10年』という作品が、皆さまの明日を生きる糧となるように、信頼するキャストスタッフと約一年に渡り四季を撮り続け、この映画に向き合って来ました。公開を楽しみに待っていていただけると幸いです。

    <関口大輔 プロデューサーコメント

    小坂流加さんが『余命10年』に込められた想いをきちんと映像化して世の中に届けたいと思い、映画化を決心しました。ただしこの原作を映像化するには多くの高い才能を集め、緻密な脚本を練り上げ、他の映画にはない『余命10年』ならではの映像を作らないといけない、というプレッシャーも感じました。そのうえで、この原作をしっかりと受け止め、演出できる監督として他の邦画にはないセンスと高い演出力を持つ藤井道人さんにお願いしました。


    ■映画『余命10年』

    2022年公開

    原作:小坂流加『余命10年』(文芸社文庫NEO刊)
    監督:藤井道人
    脚本:岡田惠和 渡邉真子
    配給:ワーナー・ブラザース映画

    (C)2022映画「余命10年」製作委員会

    ドワンゴジェイピーnews


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【“涙より切ない”ベストセラー恋愛小説『余命10年』待望の映画化、監督は藤井道人】の続きを読む


    ホラー映画


    (C)東映

     桃月なしこ寺本莉緒工藤遥が共演するミステリーホラー『ようこそ東映殺影所へ』が8月13日金曜日TVOD配信(デジタルレンタル)が開始。それに伴い本予告と新場面写真が解禁となった。

     映像配信作品ブランド「Xstream46」の第三弾。東京・練馬区に実在する「東映東京撮影所」が舞台。ヤマモト監督がメガホンをとる大ヒットホラー映画『ユガミ』の続編の出演オファーが届いた、売れないアイドルグループウィッシュ」のサキ、カホ、メイ。ヒーローや怪人の撮影現場や、豪華なロケ弁当に大興奮の3人はこのチャンスを絶対ものにする、と決意を新たにするが、この撮影所には、これまで隠されてきたある秘密があった…。

     撮影所ならではのギミックを活かした恐怖要素や、東映作品のファンなら周知のあの場所、あのキャラクターが登場する。

     公開された本予告では、東映の撮影所にいる“何か”によって、ドラマの出演者が次々と襲われ消えていくことが示唆される。テロップで煽られる「アカデミー死演女優賞を賭けた恐怖の賞レース」とは、果たして虚構か現実か? そして東映のドラマが信じられなくなる衝撃の結末とは!?

     また、生々しい血の匂いが漂う戦慄の場面写真も解禁となった。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【桃月なしこ×寺本莉緒×工藤遥、東映殺影所で恐怖体験】の続きを読む

    このページのトップヘ