芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 映画



    アニメーションだからこそ可能な世界観『アンネ・フランクと旅する日記』場面写真
    …不朽の名作「アンネの日記」を“空想の友達”キティーの視点で描くアニメーション『アンネ・フランクと旅する日記』より、場面写真が解禁された。 アニメーシ…
    (出典:cinemacafe.net)


    公開された。

    【『アンネ・フランクと旅する日記』より、場面写真が公開された。】の続きを読む



    1位は「リング」です

    映画の中でも人気が高いジャンルの一つである「ホラー」。日本でも古くからホラー映画が製作されており、かつては世界的に「ジャパニーズホラーブームが起こったこともありましたよね。
    そこで今回は、本気で眠れなくなったことのある日本のホラー映画はどの作品なのかについてアンケートを行い、ランキングにしてみました。

    3位 八つ墓村
    2位 貞子
    1位 ???
    全てのランキング結果を見たい方はこちら!

    1位は『リング』!


    鈴木光司の同名ホラー小説を映画化。「見た者が7日間以内に死ぬ」とうわさされる呪いのビデオテープを見てしまったテレビディレクターの女性が、生き残りをかけて謎の解明に挑む姿が描かれる。

    開日:1998年1月31日
    原作:鈴木光司
    監督:中田秀夫
    出演:松嶋菜々子真田広之中谷美紀

    2位は『貞子』!


    鈴木光司のホラー小説『タイド』を原作に、映画『リングシリーズホラーアイコンとして知られるようになった「貞子」が、SNS時代を舞台に巻き起こす恐怖が描かれる。主演はモデルで女優の池田エライザ

    開日:2019年5月24日
    原作:鈴木光司
    監督:中田秀夫
    出演:池田エライザ、塚本高史、清水尋也 他

    3位は『八つ墓村』!


    1949年に発表された横溝正史の同名推理小説を映画化。空港に勤務する青年が、ふとしたきっかけから生まれ故郷の「八つ墓村」を訪れ、自らの出生に関わる世にも恐ろしい連続殺人事件に巻き込まれていく。

    開日:1977年10月29日
    原作横溝正史
    監督:野村芳太郎
    出演:萩原健一、小川真由美、渥美清 他

    2019年には『Newsweek』誌の人気企画「世界が尊敬する日本人100人」にも選出されたキャラクター、貞子の登場する2作品が上位に選ばれた今回のランキング。気になる4位~42位のランキング結果もぜひご覧ください。

    あなたが本気で眠れなくなった日本のホラー映画は、何位にランク・インしていましたか?

    写真タレントデータバンク
    松嶋 菜々子|1973/10/13生まれ|女性|A型|神奈川県出身)

    調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングが提供する投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
    投票合計数:608票
    調査期間:2021年10月05日2021年10月19日
    トラウマ必至!本気で眠れなくなった日本のホラー映画ランキング


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【トラウマ必至!本気で眠れなくなった日本のホラー映画ランキング】の続きを読む



    話題になる

     ゲームクリエイター小島秀夫監督は、「新企画」とネーミングされたフォルダの画像を投稿した。記事執筆時点で2600件のリツイートFavoriteが1万2000件されるなどSNSで注目を集めている。


     小島監督が投稿した画像はMacのフォルダに「新企画」と書かれており、重要そうな赤いマークが設定されている。

     小島監督率いるコジマプロダクションは、2020年10月にも新規プロジェクト開始に伴って、東京のスタジオのスタッフを募集する求人を出していた。

     とはいえタイミング的に、今回の「新企画」のフォルダは2020年のときの新プロジェクトとは違う企画であることが推測できる。

    (画像はTwitterより)

    コジマプロダクションが「映画・テレビ・音楽」に関する新部門の設立を発表。ビデオゲームを超えたエンターテインメントの探求を目指す

     昨年のコジマプロダクションならびに小島監督の新作プロジェクトに関する動きとしては、「映画・テレビ・音楽」の新部門ロサンゼルスに設立すると発表。ビデオゲームのみならず、映像や音楽分野にも進出することを明らかにした。

     またゲーム関連ならば、タイムループものアドベンチャーゲーム『Twelve Minutes』を小島監督は称賛し、それを念頭に「またアドヴェンチャー・ゲームみたいなの、創りたいな。」とツイートしており、アドベンチャーゲーム制作の意欲を示した。



     今回の「新企画」とはそれらと関連するものかもしれないし、関係しないのかもしれない。世界的なクリエイターなだけに世界が注目する小島監督の動向。どのような「新企画」が飛び出すのか、続報に期待したい。

    小島秀夫監督のTwitterアカウントはこちらコジマプロダクションズの公式Twitterアカウントはこちら


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【小島秀夫監督が「新企画」というフォルダの画像をTwitterで投稿し注目集まる。新しいプロジェクトが始動かと話題に】の続きを読む



    『呪術廻戦 0』祈本里香役・花澤香菜「嫉妬」「狂気」も魅力なキャラ3選
    …(金)より全国ロードショーとなる『劇場版 呪術廻戦 0』。『呪術廻戦』の原点ともいえる前日譚を描く『呪術廻戦0 東京都立呪術高等専門学校』を原作とした…
    (出典:マグミクス)


    人気アニメ

    【『呪術廻戦 0』祈本里香役・花澤香菜「嫉妬」「狂気」も魅力なキャラ3選】の続きを読む



    コロナに負けない。

    新海誠監督が12月15日、都内で行われた最新作「すずめの戸締まり」(2022年秋全国公開)の製作発表会見に出席した。

    日本各地の廃墟を舞台に、災いの元となる“扉”を閉めていく少女・すずめの解放と成長を描くロードムービー。新海監督は「ロードムービーですから本来であれば、(ロケハンのために)全国各地に行きたかったが、それもコロナ禍でできない状況。当たり前のことが、当たり前にできるようになればいいなという願いはこめている。渇望にも似た気持ちが、お客さんにも届けばいいなと思う」と話していた。また、「登場人物がマスクをするかしないかも迷った。(コロナを)連想させるものがなくはないが、マスクはほとんどしていない」と明かした。

    最新作「すずめの戸締まり」について、「日本列島をめぐるロードムービーである」「扉を開くのではなく、閉じていく物語」「映画館に足を運ぶ理由になるような作品づくりを目指す」という3つのポイントを挙げた新海監督。プロモーションで全国各地を飛び回った経験を踏まえ「ファンの皆さんに『次は僕の町、わたしの町を舞台にしてください』とよく言われた。今回はちょっと欲張り、さまざまな風景と人々、特別な出会いを描いている」と説明した。

    また、「どんなことでもそうですが、何かを始めるよりも、終わらせるほうが難しい」と語り、「今作るべきは、可能性を開くことではなく、散らかった可能性を見つめて、ある手段で閉じることで、本当に新しい場所を今作るべきじゃないかと思った」と作品のテーマ性に言及。「新しい土地を開くとき、地鎮祭が行われるが、各地でさみしい風景が増えるなか、その逆は何だろうと。ヒロイン主導というよりは、まずは『戸締まり』という発想が先にあった」と振り返った。

    配信全盛の時代にあって、劇場公開へのこだわりも強く「感情移入する、物語に没入するという人間が持っている特別な能力が発揮される場所が映画館だと思う。配信もそうかもしれないが、劇場に足を運んで暗闇で集中することで(特別な能力が)強く引き出される」と強調。「そういうことが実現できる絵づくり、音づくりをしている」と自信を示した。

    作風に関しては「ヒロインが戦うアクションムービーでもある。それも今までとは少し違ったアクションが盛りだくさん」と明かした他、「君の名は。」「天気の子」との関連付けを問われると「アベンジャーズ的なものを期待されるファンの方もいらっしゃるが、そこはそんなに……。過去のキャラクターが登場するかはわからない」と“ユニバース展開”については明言せず。「アニメーションは総合力。ほかでは見ることができない、力のあるアニメーションを届けたいと思っている」と完成への強い思いを語った。

    会見には「君の名は。」の上白石萌音宮水三葉役)、「天気の子」の森七菜天野陽菜役)が駆けつけ、すでに鑑賞したビデオコンテの感想を「めちゃくちゃ面白いです。圧倒されましたし、ストーリーにも魅力がある。これまでの新海イズムを保ちつつ、新たな扉が開かれたようで、ゾクゾクした。明るい明日を信じたくなる、前向きな終わり方」(上白石)、「ゾクゾクして鳥肌が。悩み事が増えていて、その解決法がわからないときもあるけれど、心と心がぶつかれば、どうにか結末はまっている。扉の開き方を教えてくれた」(森)と興奮しきり。新海監督によると、現時点で声優オーディションは始まっておらず、上白石は「さっき、七菜ちゃんに『(オーディション)受けない?』って」。これには新海監督も苦笑いだった。

    すずめの戸締まり」は、2022年秋に全国東宝系で公開される。

    会見には「君の名は。」の上白石萌音(宮水三葉役)、「天気の子」の森七菜(天野陽菜役)が駆けつけた


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【新海誠監督、最新作「すずめの戸締まり」にコロナ禍の“願い”こめる】の続きを読む

    このページのトップヘ