芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 映画



    快挙です。

     新海誠監督のアニメーション映画すずめの戸締まり(英題:『Suzume』)』(公開中)が、2月16日から2月26日までドイツで開催される「第73回ベルリン国際映画祭」コンペティション部門に正式出品されることが明らかになった。日本アニメーションでは『千と千尋の神隠し』以来、21年ぶりのコンペティション部門選出となる。映画祭には、新海監督と、ヒロイン・岩戸鈴芽を務めた原菜乃華がレッドカーペット、そしてプレミア上映に参加する予定だ。

    【動画】『すずめの戸締まり』予告編

     今回、正式出品が決まったベルリン国際映画祭は、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭であり、カンヌ国際映画祭ベネチア国際映画祭と並び“世界三大映画祭”の一つとして数えられている。最高賞の“金熊賞”は、コンペティション部門に選出された作品を対象としており、日本作品では、1963年に公開された今井正監督『武士道残酷物語』、2002年に公開された宮崎駿監督『千と千尋の神隠し』の2作品が受賞しているのみ。

     新海監督は「『すずめの戸締まり』は、12年前に日本で起きた巨大な出来事が物語の根底にあります。この映画が海外の観客にどのように映るのか、なにが伝わり、なにが伝わらず、なにを共有し得るのか。私たちの創作が外部からはどのように見えるのか。それを自身の耳目で確かめる好機をいただけたと考えています。ここまで導いてくれたスタッフたちの才能と尽力、そして応援してくださった皆さまに、心より感謝します」とコメント

     原は「私自身、海外に行くこと自体初めてで、それも、歴史あるベルリン国際映画祭すずめの戸締まりチームで行くことが出来るなんて、とても光栄で、夢のようです。改めて『すずめの戸締まり』という作品に携わることが出来てうれしく思います。映画祭で直接世界中の方々のお声を聞くことがとても楽しみです。『すずめの戸締まり』が世界中で愛されますように!」と、喜びと期待のコメントを寄せている。

     昨年11月11日に全国420館(IMAX41館含む)で封切られ、今月22日までの73日間で観客動員数963万人、興行収入128億円を突破。この大ヒットを記念して、新ビジュアルが登場。壮大な草原をすずめと草太が幼い少女と手をつないで歩く後ろ姿と、21年12月発表のティザービジュアルで登場して以来、作品を象徴するもう一人の主役として描かれてきた「扉」の姿も。日本各地を巡ったすずめと草太の旅からの帰還を感じさせるビジュアルに仕上がっている。また、初めてすずめが描かれたビジュアルに添えられた「いってきます」に対し、物語の終盤で出てくる重要な言葉である「おかえりなさい」が添えられている部分にも注目だ。

     今週末の28日からは入場者プレゼント第4弾として、新海監督が書き下ろした「小説 すずめの戸締まり~芹澤のものがたり~」の配布(全国50万人分限定)がスタートする。

    映画『すずめの戸締まり』(公開中)新ビジュアル(C)2022「すずめの戸締まり」製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】新海誠監督『すずめの戸締まり』ベルリン国際映画祭コンペ出品 『千と千尋~』以来21年ぶり】の続きを読む


    ビックリ

    1 muffin ★ :2023/01/08(日) 18:03:22.21ID:jhzSDAgu9
    https://magmix.jp/post/131191
    2023.01.08

    大好きなマンガ、アニメが映画化されて、楽しみに見に行ったら、「アニメオリジナル」のキャラクターや展開に驚かされたことはありませんか? この記事では、良くも悪くも「好き放題やりすぎてしまった」劇場版アニメをご紹介。

    ●『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』(1984年公開)
    2022年10月からの「令和版」新作アニメも絶賛放送中の『うる星やつら』(原作:高橋留美子)では、初代TVシリーズの劇場版第2作『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は、完全アニメオリジナルで描かれています。前作『うる星やつら オンリー・ユー』(1983年公開)から続投した、奇才・押井守監督の代表作のひとつとなった作品です。

    主人公・諸星あたるやラムたちが通う友引高校の、「文化祭前日」が繰り返される様子をミステリータッチで描いており、タイムループものの先駆けともいわれるストーリーや、SF表現はファンからも高く評価され、今もなお傑作アニメ映画として語り継がれています。

    一方、シリアスで陰鬱なシーンやメタ的なセリフも多く、本来のラブコメらしい雰囲気からはかけ離れている面もあり、原作初期のようなドタバタ感の『オンリー・ユー』を賞賛していた高橋先生が、激怒してしまったという逸話も残されています。また、終盤のあたるの言動には、原作やTVアニメからは考えられないものもあり、一部ファンの間では「解釈違い」「パラレルワールドだと思いたい」といった意見もあったほどです。


    ●『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005年公開)
    2022年公開の『ONE PIECE FILM RED』も話題となった『ONE PIECE』(原作:尾田栄一郎)の劇場版シリーズから、『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』をご紹介します。 『時をかける少女』などで知られる細田守監督にとって、初の長編アニメーション作品となった本作は、TVシリーズで見慣れた明るい雰囲気の前半と、まさかの「トラウマ」シーンが繰り広げられる後半のギャップが衝撃的で、今でも賛否両論を巻き起こしています。
    中略

    ●『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』(2013年公開)
    アニメで「好き放題」やっていた作品といえば、『銀魂』(原作:空知英秋)を思い浮かべた人も多いのではないでしょうか。そのなかでも、劇場版第2作にして、当時「アニメシリーズ完結編」と銘打たれていた『劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ』は、原作者の空知先生がストーリーとキャラクター原案を手掛けた完全オリジナルエピソードとなりました。
    中略

    全文はソースをご覧ください


    (出典 magmix.jp)

    【【アニメ】やりたい放題? 原作者もびっくりした人気作の「アニメオリジナル」映画をご紹介 あの傑作アニメも「作者が激怒」の逸話が】の続きを読む


    大人気です。

    1 ひかり ★ :2023/01/04(水) 16:32:01.26ID:kykfF4iN9
     井上雄彦さんの名作バスケットボールマンガ「SLAM DUNK(スラムダンク)」の新作劇場版アニメ「THE FIRST SLAM DUNK」が、2022年12月3日の公開から32日間で興行収入が67億円を突破したことが分かった。観客動員数は約461万人を記録した。12月31日、2023年1月1日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)では、5週連続で首位を獲得するなど勢いが止まらない。

     「スラムダンク」は、1990~96年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載されたバスケットボールマンガ。赤い髪の不良少年・桜木花道がひょんなことから湘北高校バスケットボール部に入部。安西先生の下、主将の赤木剛憲や流川楓、宮城リョータ、三井寿、木暮公延らとともに全国制覇を目指す……というストーリー。コミックスのシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。
     テレビアニメが1993~96年に放送され、ゲーム化もされた。2006年には、若いバスケットボール選手を支援するため「スラムダンク奨学金」が設立された。2018年にコミックスのカバーを井上さんが新たに描き下ろした「新装再編版」(同)、2020年にイラスト集「PLUS/SLAM DUNK ILLUSTRATIONS 2」(同)が発売されたことも話題になった。
     新作劇場版アニメは、原作者の井上さん自身が監督を務め、脚本を手がけた。木村昴さんが湘北高校バスケットボール部の桜木花道を演じるほか、神尾晋一郎さんが流川楓役、仲村宗悟さんが宮城リョータ役、笠間淳さんが三井寿役、三宅健太さんが赤木剛憲役として出演する。

    まんたんウェブ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/9ed65bdc38e44b05dd02bc86ff2c4af3bde83978

    【【映画】<THE FIRST SLAM DUNK>公開1カ月で興収67億円突破 461万人動員 5週連続動員1位 勢い止まらず】の続きを読む


    スゴイです。

    1 ギズモ ★ :2022/12/20(火) 19:45:24.47ID:q56ZW9Us9

    (出典 pctr.c.yimg.jp)


    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』の全世界週末興行収入は4億3500万ドル(約591億円)でスタート コロナ禍以降で第3位のオープニング記録
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20221219-00000006-ignjapan-movi

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が公開され、北米の週末興行収入では1億3400万ドル(約182億円)、全世界合計は4億3500万ドル(約591億円)と、堂々たる成績を収めた。

    Varietyが報じたところによれば、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』はコロナ禍に公開された映画のオープニング週末における世界興行収入で、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の6億ドル(約815億円)、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の4億4200万ドル(約600億円)に次ぐ3位の座を確かなものにした。

    北米に絞れば、『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は『THE BATMAN-ザ・バットマン-』と並び、2022年のオープニング週末興行収入ランキングで5位となった。前作の『アバター』を含むジェームズ・キャメロンの映画は、スタートこそゆっくりだが、翌週、そして翌々週と、徐々に売り上げを伸ばしていくことが多い。

    2009年に公開された『アバター』の北米興行収入も、初週末はたったの7700万ドルだったが、最終的には7億6000万ドルまでその売り上げを伸ばし、全世界合計では29億2000万ドルとなり、世界興行収入1位に君臨している。

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』は北米以外で3億100万ドル(約409億円)を稼いだが、「1作目が1億1600万ドルを稼いだ」ロシアでは上映されないことを踏まえると、前作と同じような高みまで上り詰めるのは難しいことが予想される。中国もまた前作の成功に大きく貢献した巨大市場であるものの、続編の初週末興行収入は予想を下回り、たったの5710万ドル(約78億円)にとどまった。

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』のチケット購入者の62%は、IMAXなどのプレミアムフォーマットで映画を鑑賞したようで、IMAXだけに絞っても全世界合計で4880万ドル(約66億円)の売り上げを達成している。これは、IMAXの週末興行収入史上2位の成績であり、12月公開の作品としては史上最高となっている。

    『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』が興行収入を今後どれだけ伸ばすことができるのか、そして3億5000万ドル(約476億円)にも及ぶ製作費や、莫大な宣伝費をどれだけ越えることができるのか、注意深く見守りたいものだ。キャメロンによれば、この映画が利益を上げるためには歴代3位か4位の世界興行収入が必要だという。

    なお、北米週末興行収入の2位は、公開から5週間に渡って1位に君臨し続けてきた『*パンサー/ワカンダ・フォーエバー』となっており、540万ドル(約7340万円)の売り上げを達成した。同作品は現在、北米で4億1800万ドル(約568億円)、海外で3億6700万ドル(約499億円)、全世界合計で7億8650万ドル(約1069億円)までその興行収入を伸ばしている。

    関連記事
    『アバター』最新作が世界同時公開、日本以外全部1位の反響
    https://www.oricon.co.jp/news/2261413/full/

    【【映画】『アバター』最新作の全世界週末興行収入は4億3500万ドル(約591億円)でスタート 日本以外のすべて(135カ国・地域)で1位に】の続きを読む


    戦場カメラマンだから、何かを感じた。

    12月14日、都内にて映画『戦場記者』(12月16日公開)の公開記念イベントが開催。TBSテレビに在籍し、JNN中東支局長として現在ロンドンを拠点に世界中を飛び回る特派員の須賀川拓監督(リモートで参加)、戦場カメラマン渡部陽一、放送プロデューサーデーブスペクターが出席し、「世界の危機は、日本の危機か?」をテーマトークセッションを繰り広げた。

    【写真を見る】須賀川拓監督、デーブ・スペクター、渡部陽一が出席(上から時計回り)

    本作は、ガザ、ウクライナアフガニスタンをはじめとした世界の戦地を取材する日本人記者の視点から“戦場のいま”を映しだすドキュメンタリー映画。2022年3月のTBSドキュメンタリー映画祭にて上映された『戦争の狂気 中東特派員が見たガザ紛争の現実』を基に、須賀川の自身のストーリーや葛藤も重ね合わせて収録。理不尽かつ残酷な戦争の真実を突きつける。

    本作を観て、渡部は「須賀川監督は、必ず紛争地の現場にいる。それが国際報道の真骨頂。現場に入ってカメラを回す。これが大切なことで、力になり、柱になるんです」と感想を述べ、「映像のbなかには“チームの方々の力”というのも激しく表れていると感じました。その地域で生まれ育ったコーディネーターさん、ドライバーさん、通訳さんたちとチームをしっかり組み立てることができれば、安心の選択肢を引き寄せることができるんです」と、危険を伴う撮影のベースとなる考え方を明かした。

    すると、渡部のことをいつもTwitterチェックしているという須賀川監督は「本当にありがたい。僕一人ではなにもできないので、チームの力と言うのはまさにその通りで。僕だけだと、現地の言葉も軍の動きも分からない。チームがあってこその現場取材。そこを分かっていただけたのはありがたい」と感謝の言葉を述べ、「クルー全員の意識統一も大事だとも思う。1人でも危ないと思ったらそこへは行かない。それも大事だと思っている」と、須賀川監督自身の考え方も明かした。

    また、デーブは「本当にタメになる映画。(戦場に関する報道は)テレビでは3~5分だけど、この作品では、その前後が見られる。テレビで放送されるところ以外は普段は見られない部分。大手メディア(の製作)ならではでできることがあり、その取材力について分かりやすく知ることができる作品だと思う」と絶賛。「僕はテレビが大好きなのでテレビの擁護をしてしまうけれど、テレビのすごさ、ポテンシャルを知ってほしい」と、テレビへの想いを熱弁した。

    これに須賀川監督も「若い世代の方々はなかなかテレビを見ることがないかもしれないけれど。YouTubeなどいろいろな媒体もあるので、そこからテレビ報道に興味を持っていただけたらと思う。そうすることで、テレビ報道だけを見た場合と比べて、世界の反対側で起こっていることへの感じ方が違ってくると思うんです。そうした人々が増えて、議論になっていくのも良い。視聴者の考え方をかき回していきたいというのもあります」と同調。

    渡部は、「戦争報道や国際情勢となると、すごく力が入ってしまって難しく向き合ってしまう。これは大切なことでもありますが、若い人が日常の中で世界とつながっていくきっかけというのも、たくさんあると思う。例えば、ファッションでもグルメでも歴史でも映画でも。自分が熱中できることから世界へつながっていくことはできる。この作品にはそのサインがいくつも散りばめられているという印象を受けました」と締めくくっていた。

    取材・文/平井あゆみ


    TBSテレビに在籍し、JNN中東支局長として現在ロンドンを拠点に世界中を飛び回る特派員の須賀川拓監督


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【渡部陽一が映画『戦場記者』を絶賛!「現場に入ってカメラを回すことが大切」】の続きを読む

    このページのトップヘ