芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 映画



    解禁される。

     女優の堀田真由が主演を務める映画『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』より、全ての始まりである赤い隕石(いんせき)の落下から幕を開ける予告編が解禁された。

    【動画】『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』 恐怖の予告編が解禁

     本作は、これまでも「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!シリーズなどで自身がカメラマンとなり、POV(ポイント・オブ・ビュー=主観視点)で展開する臨場感あふれる映像を届けている白石晃士が監督・編集・脚本を務めるオリジナルPOVホラー劇場版である本作のほか、ドラマオカルトの森へようこそ』も7月22日よりWOWOWにて放送される。

     異界とつながるたたりの森を舞台に、ホラー映画監督の黒石光司(白石)率いる5名が次々と迫りくる恐怖から逃げ惑い、時に立ち向かう。黒石のカメラが恐ろしい出来事を撮り続ける、ノンストップジェットコースターホラーアドベンチャーとなっている。

     黒石(白石)を厳しくも愛情をもって支える助監督の市川美保役には堀田真由オラオラ系の美しきカリスマ金髪霊能者・ナナシ役に飯島寛騎。映画監督・黒石光司のファンであり、恐ろしい体験の発端となる精神錯乱気味の美女・三好麻里亜役に筧美和子行方不明女の子を捜索中に黒石たちと森で出会い、行動を共にする“自称・正義の味方”のスーパーボランティア・江野祥平役を宇野祥平が務める。

     ホラー映画監督の黒石光司(白石)は助監督の市川美保(堀田)を引き連れ、実録映画の撮影のため山奥の家を訪れる。そこには黒石の映画のファンだという精神錯乱気味の美女・三好麻里亜(筧)がいた。彼女は必死に訴える、「私が体験した出来事は、監督の映画の内容そのものなの」と。そして不気味な麻里亜の家で、黒石のカメラが思いもよらぬ現象を捉え始める。事態はより恐ろしく、不可解で危険な方向へと猛スピードで向かっていく。

     次々と恐怖が迫りくる森の中、“スーパーボランティア”の江野祥平(宇野)に助けられ、さらにイケメン霊能者・ナナシ(飯島)も加わり、カメラは絶えず恐ろしい出来事を記録していく。麻里亜を救うため、そして傑作映画を作るため、撮影隊の冒険が始まる。

     全ての始まりである赤い隕石から幕を開ける予告編では、黒石の元に送られてきた映像に映る謎の存在、張り紙だらけの異様な雰囲気を放つ家、うごめく小袋、ポルターガイスト現象、湖から出現する謎の巨大生物カルト宗教団体など、たたりの森で起きるさまざまな怪現象の数々が映し出される。そして、魅力的でクセの強すぎる実録ホラー撮影隊の面々。最終的には、映画を撮りに来ただけなのに、いつの間にか世界を救う決断をする男前すぎる主人公・市川の覚悟を決めた表情で幕を閉じる、本作の魅力をぎゅっと詰め込んだ仕上がりとなっている。

     映画『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』は、8月27日より全国公開(3週限定)&デジタル配信開始。

    映画『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』場面写真 (C)2022WOWOW・KADOKAWA・ひかりTV


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】全ての始まりは赤い隕石――『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』予告解禁】の続きを読む


    感動作品です。

    1 フォーエバー ★ :2022/06/28(火) 19:22:53.75
    6/26(日) 20:50配信

     日本を代表する俳優の高倉健さん。任俠映画で人気を集め、昭和から平成にかけて数々の映画に出演してきました。

    【画像:ランキング20位~1位を見る】

     そこでねとらぼ調査隊では、2022年5月10日から5月17日まで「高倉健主演映画であなたが好きな作品はどれ?」というアンケートを実施しました。

     今回のアンケートでは、みなさんから365票の投票をいただきました。ありがとうございます! それでは結果を見ていきましょう。

    ●第2位:遙かなる山の呼び声
     第2位は「遙かなる山の呼び声」です。1980年に公開された映画で、山田洋次さんが監督を務めました。倍賞千恵子さん、吉岡秀隆さん、武田鉄矢さんが共演者として名を連ねています。

     「遙かなる山の呼び声」は、北海道中標津町の牧場を舞台に、警察に追われる男と牧場を切り盛りする母子の出会いと別れを描いた作品です。高倉さんが演じたのは、ある事件をきっかけに警察から追われる身となった田島耕作。倍賞さん演じる、息子を育てながら酪農を営む民子との切ない恋も見どころとなっています。

     コメント欄では「『幸福の黄色いハンカチ』『南極物語』も好きだが、私は『遥かなる山の呼び声』が1番好きだな」との声が寄せられていました。

    ●第1位:幸福の黄色いハンカチ
     第1位は「幸福の黄色いハンカチ」です。1977年に公開された映画で、山田洋次さんが監督を務めました。壮大な北海道を舞台に、刑期を終えた男が妻のもとへと向かうロードムービーです。

     高倉さんは、網走刑務所から出所したばかりの元炭鉱夫・勇作を演じました。失恋のショックで旅に出た欽也を武田鉄矢さん、同じく失恋して傷心の朱美を桃井かおりさんが演じ、3人の奇妙な車の旅が描かれます。第1回日本アカデミー賞をはじめ、その年の映画賞を総なめにした作品です。

     コメント欄では「これは若かりし高倉健、倍賞千恵子、武田鉄矢、桃井かおりと超豪華メンバーに加えて、『寅さん』でおなじみ渥美清が友情出演で出てる山田洋次監督の名作」との声が寄せられていました。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7aed2a22bde8cf16e62bcdd5eaa667183a5c709c

    (出典 research.image.itmedia.co.jp)

    【【芸能】「高倉健」主演映画人気ランキング! 第1位は「幸福の黄色いハンカチ」】の続きを読む



    公開される。

     女優の清野菜名と俳優の松坂桃李ダブル主演する映画『耳をすませば』の追加キャストとして、山田裕貴内田理央らの出演が発表された。併せて場面写真が解禁された。

    【写真】原作から10年後の杉村&夕子のストーリーにも注目 『耳をすませば』場面写真

     1989年、柊あおい少女コミック誌『りぼん』(集英社)で発表した青春恋愛漫画『耳をすませば』。読書が大好きな中学生女の子・月島雫が、夢に向かって生きる男の子・天沢聖司に思いを寄せていく健気な姿が共感を呼び、1995年スタジオジブリアニメ映画化してヒット。本作はそんな伝説的漫画の実写化となる。
     
     漫画・アニメ映画で描かれた中学時代の物語はもちろん、完全オリジナルストーリーの10年後の物語が加わった。大人になった月島雫を清野菜名が、天沢聖司を松坂桃李が演じ、中学時代の二人には安原琉那、中川翼が抜てきされた。監督は平川雄⼀。

     この度解禁されたのは、中学時代および10年後の杉村竜也と原田夕子のキャスト情報。

     野球部に所属し、幼なじみである雫へ好意を寄せている杉村と、杉村へ恋心を抱いている雫の親友・夕子。本作では原作で描かれた杉村・夕子の物語の10年後も描かれている。25歳になった杉村を演じるのは山田裕貴、夕子を内田理央が演じる。

     山田は「その10年があるから今が、未来が、輝く。そんな、作品になっているんじゃないかと思います。この作品がどんな形で皆さんに受け取ってもらえるか楽しみです」と、撮影から2年がたち、無事に作品が完成した喜びをコメント

     内田は「夢中になって台本を読ませていただきました。原作から10年後という時代背景なので、平成の懐かしさも感じつつ、成長したみんなの姿にちょっとドキドキしながら撮影をしました」と語っている。

     また、中学時代の二人のキャストも解禁。杉村役(中学生)には『あなたの番です』の荒木飛羽、夕子役(中学生)には映画『糸』の住友沙来というフレッシュなキャストが抜てきされている。

     場面写真は、中学時代の杉村と夕子のあの印象的な場面を切り取った写真をはじめ、25歳となった二人が共に笑顔を見せている2ショット写真も。雫と聖司だけでなく、杉村と夕子が10年の時を経て、どのような物語を紡いでいくのか期待させる写真となっている。

     映画『耳をすませば』は、10月14日より全国公開。

    映画『耳をすませば』場面写真 (C)柊あおい/集英社 (C)2022『耳をすませば』製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】『耳をすませば』25歳になった杉村役に⼭⽥裕貴、⼣⼦役に内⽥理央が決定 場面写真も公開】の続きを読む



    期待度も高いようだ。

     人気アニメONE PIECE』(ワンピース)の新作映画『ONE PIECE FILM RED』(8月6日公開)の本予告映像が公開された。シャンクス率いる赤髪海賊団が登場しており、ルフィシャンクスの娘・ウタとどのように絡んでいくのか、気になる内容にSNSでは「こりゃ、すげー! やばい」「シャンクスルフィと再会するの? え、戦う?」「シャンクスの娘というパワーワード」「幼少期からルフィとウタが知り合いなのは本当に驚いた。期待が高まるばかり!」などと考察する声があがっている。

    【動画】これぞ強者のオーラ!戦うルフィ?シャンクス率いる赤髪海賊団が登場の予告映像

     今回の物語の舞台は音楽の島・エレジア。「世界を歌で幸せにしたい」という想いを胸に、歌姫・ウタの初ライブが幕をあける。華やかなステージの上で歌唱する姿や金色の鎧の衣裳に身を包む姿など、全世界が待望していた彼女のライブの様子が垣間見える内容で、大勢のファンが会場を埋め尽くす中、ルフィの口から明かされるウタが“シャンクスの娘”という衝撃の事実

     映像の中では12年前のフーシャ村で出会った幼い頃のルフィとウタも描かれており、2人の関係性やシャンクスとの繋がりなどが気になるところ。そして、ついにシャンクス率いる赤髪海賊団が登場。彼らは幼いルフィに海賊の楽しさと厳しさを教え、海軍から「最もバランスのいい鉄壁の海賊団」と称されるほど高い実力を持ち、彼らがどのように物語と関わってくるのか、期待が高まる。

     本予告と併せて主題歌「新時代」の楽曲も解禁。映像冒頭から一気に引き込まれるその力強い歌声は、ウタの歌唱キャストを務めるAdoが担当。ウタが思い描く「みんなが幸せになる新時代」とは一体何なのか? そしてウタの名前を叫ぶルフィのただならぬ様子もうかがえ、物語は一体どのような方向へ向かうのか――? ウタの歌声と共に紡がれる、心揺さぶる物語が見どころとなる。

     シリーズ15作目、尾田氏が総合プロデューサーを務める『ONE PIECE FILMシリーズ第4弾となる今回の劇場版は、世界中が熱狂する歌姫・ウタが初めて公の前に姿を現すライブが行われる、とある島が物語の舞台。素性を隠したまま発信するウタの歌声は“別次元”と評されるほどで、そんな彼女の歌声を楽しみにきたルフィ率いる麦わらの一味たち、海賊、海軍、ありとあらゆる世界中のファンが会場を埋め尽くす中、ウタが“シャンクスの娘”という衝撃的な事実の発覚で物語の幕が上がるストーリー。監督はアニメコードギアスシリーズで知られる谷口悟朗氏が23年ぶりに『ONE PIECE』作品を担当する。

    映画『ONE PIECE FILM RED』のポスタービジュアル(C)尾田栄一郎/2022「ワンピース」製作委員会


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【映画『ONE PIECE』予告映像に反響 シャンクス率いる赤髪海賊団が登場で考察も「戦う?」「やばい」】の続きを読む


    授与された。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/31(火) 05:40:19.47

    2022/5/30 18:22

    映画監督の河瀬直美さん(53)が30日、フランス政府から芸術文化勲章オフィシエを授与された。東京都港区のフランス大使公邸での叙勲式で、河瀬さんは「世界の美しさをフィルムに刻んで届けたいと思い続けてきた。謙虚に、平和を頭の真ん中において映画を作り続けたい」と語った。

    駐日フランス大使は授章理由を「カンヌ国際映画祭で多くの賞を受賞するなどフランスと特別な関係を築いた」と説明した。

    河瀬さんは昭和44年奈良県生まれ。平成9年に「萌の朱雀」でカンヌ映画祭の新人監督賞、19年に「殯の森」で審査員特別大賞を受賞。昨年開催された東京五輪の公式記録映画の総監督を務め、2部作のうち選手を中心に描いた「東京2020オリンピック SIDE:A」が、今月開催された同映画祭クラシック部門で上映された。

    https://www.sankei.com/article/20220530-LQ5JSDPHVJMCXPOEXICIXSQTTM/


    【【芸能】 河瀬直美監督に仏文化勲章 大使公邸で叙勲式】の続きを読む

    このページのトップヘ