芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 映画


    『日本沈没』初のアニメ化 2020年東京オリンピック直後を舞台に


    日本沈没』(にっぽんちんぼつ)は、1973年(昭和48年)に刊行された小松左京による日本のSF小説、及びこれを原作として製作された映画(1973年と2006年)、テレビドラマ(1974年)、ラジオドラマ(1973年と1980年)、漫画(1970年代と2000年代)、Webアニメ(2020年)。
    83キロバイト (10,141 語) - 2019年10月9日 (水) 06:44



    (出典 res.booklive.jp)


    リメイクさせて、放映。

     1973年小松左京さんが発表したベストセラーで、同年に実写映画化、06年には草なぎ剛柴咲コウが共演して興収53.4億円のヒットを記録した『日本沈没』が、Netflixオリジナルアニメシリーズ日本沈没2020』として初のアニメ化されることが9日、発表された。同作を手掛けるのは、『夜は短し歩けよ乙女』(17年)で日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した湯浅政明監督。2020年東京オリンピック直後の日本を舞台に“災害への警鐘”と“危機を越え未来を切り拓く”物語が描かれる。

    【動画】湯浅監督が手がけた『きみと、波にのれたら』の予告映像

     『夜は短し歩けよ乙女』のほか、『夜明け告げるルーのうた』(17年)、片寄涼太と川栄李奈が声優で共演した『きみと、波にのれたら』などを生み出してきた湯浅監督。Netflix作品は「デビルマン」を原作とした『DEVILMAN crybaby』以来、2度目の挑戦となる。音楽は、『ピンポン THE ANIMATION』など3回目のタッグとなる牛尾憲輔氏。制作は、湯浅監督が代表取締役を務めるサイエンスSARUが担当する。

     本作では、これまでの『日本沈没』で描かれるのが少なかった“ごく普通の家族の物語”を通して、いま描かれるべき日本沈没リアルに迫る。沈みゆく日本、人々はどこに向かい、世界はどう見つめるのか。選択を突きつけられた人々が向き合う現実と再生の物語が紡がれる。あわせて、ティザービジュアルも解禁。崩壊した都市の中で、前に踏み出そうとする主人公の歩と剛の後ろ姿が描かれ、厳しい現実から一筋の光を感じさせるデザインになっている。

     湯浅監督は「国ってなんだ? 日本人ってなんだ? 生まれた場所とそこの環境で何が決まるの? 決まらないの? 子どもの頃に疑問に思った自分へ答えるべく、このビッグタイトルへ挑みます」と気合い十分。「オリンピックイヤーに起きた、国家の存亡にかかわる天変地異の中を避難する家族と、たまたまそこへ居合わせた人たち、出会う人々にフォーカスし、大災害のてん末を描きます」と内容の一部にも言及。

     小松さんの原作管理を行う、次男の小松実盛氏は「小松左京が『日本沈没』に込めた“恐るべき危機を乗り越え生き残った日本人だからこそ、人類社会が直面するさまざまな危機への解決に貢献でき、世界で見直され、未来に特別な役割を果たせる”という想い。『日本沈没2020』を、世界中の人々に、日本が誇るアニメーションの手法を駆使した作品として楽しんでもらうと同時に、物語に込められた“災害への警鐘”と“危機を越え未来を切り拓く”というメッセージを受け取っていただければ幸いです」と話している。

     配信は2020年ストーリーは全10話で描かれる。

    湯浅政明監督が手掛ける『日本沈没2020』のティザービジュアル (C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『日本沈没』初のアニメ化 2020年東京オリンピック直後を舞台に】の続きを読む


    北村一輝 反日映画出演の理由…当初は細部未定だったと事務所(女性自身) - Yahoo!ニュース
    冷たい表情で、生きた虎をナイフで突きながら、部下の報告を聞く日本軍の将校。その内容が気に入らなかった彼は虎をめった刺しにし始め、その返り血を浴びながら命令を ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    北村 一輝(きたむら かずき、1969年7月17日 - )は、日本の俳優。本名、北村 康(きたむら やすし)。大阪府大阪市出身。フロム・ファーストプロダクション所属。弓削商船高等専門学校中退。身長178cm、体重68kg。当初は本名の「北村康」で活動していたが、1997年の映画出演が縁で三池崇史監督によって「北村一輝」と改名する。
    37キロバイト (4,299 語) - 2019年8月30日 (金) 11:29



    (出典 iro-iro.shiro-eiyoushi.com)


    反日映画だと事務所も分かっていたのかな?
    ものすごく反発がくるのではないかと思います。

    1 ひかり ★ :2019/09/03(火) 00:09:52.45 ID:hXQMjx299.net

    冷たい表情で、生きた虎をナイフで突きながら、部下の報告を聞く日本軍の将校。その内容が気に入らなかった彼は虎をめった刺しにし始め、その返り血を浴びながら命令を下す。

    「(独立軍を)1人残らず*」

    韓国で上映中の映画『鳳梧洞戦闘』、安川少佐を演じる北村一輝(50)の初登場シーンに観客たちは驚愕していた。映画を見たソウル在住の日本人ジャーナリストは言う。

    「私が映画館に行ったのは平日の昼間でしたが、それでも座席が3割ほど埋まっていました。8月7日に公開され、8月29日時点では観客数は463万人を記録しています」

    この作品は朝鮮半島を日本が統治していた1920年6月、中国東北部の渓谷の村・鳳梧洞で起きたという、武装集団“独立軍”と日本軍の戦いを描いている。

    「今年は三・一独立運動から抗日100周年にあたり、数々の“反日映画”が封切られています。『鳳梧洞戦闘』は団体客を中心に観客動員数を伸ばしました。8月14日には
    韓国の与党『共に民主党』のイ・ヘチャン代表や同党の関係者100人ほどが団体で鑑賞しました」(韓国の映画関係者)

    『朝鮮日報』は、この大ヒットについて次のように報じている。

    《映画に登場する3人の日本人俳優も話題だ。この映画に出てくる日本の軍人の多くは韓国の良民たちを虐*る人物として描写されているからだ》(8月18日付)

    韓国の映画評論家たちでさえ“善悪の構図があまりにもはっきりしていて、憎悪をあおる編集が残念”などと評価しているように、“残虐な日本軍”の描写には容赦がない。
    農村を襲撃し、妊婦を*し、子供や老人たちも無慈悲に虐*ていくのだ。そのなかでも際立っているのが、北村一輝が演じた追撃舞台の隊長、安川少佐だ。

    「まさに“絵に描いたような敵役”です。作戦に失敗した部下の指を切り落としてしまったり、日本軍の蛮行を批判するようになった少年兵に切腹を命じたり……。
    韓国人俳優が主演した独立軍の3人も歴史上は実在していないそうで、製作者たちも“フィクションだから”と考えたのでしょうが、あまりにも荒唐無稽に思えました」(前出の映画関係者)

    けっして映画の評価は高くなく、“拷問シーンや虐殺シーンがやりすぎ”といった声も多い。実はウォン・シンヨン監督も、この“やりすぎ抗日フィクション”に、日本人俳優が
    出演してくれたことが意外だったようで、試写会では次のように語っていた。

    「慎重にオファーしたところ、意外にも多くの日本人俳優が出演の意思を示してくれた。かなり驚いた」

    確かに北村といえば、9月末から放映されるNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』ではヒロインの父親を演じる“日本の大物俳優”。彼の決断には監督もかなり驚いたことだろう。
    北村の意図について、所属事務所に聞いたところ、担当者は次のように答えた。

    「北村は以前から海外作品のオファーも受けています。出演を決めるにあたっては、監督の実績や共演俳優が誰かなどの条件を検討しますが、『鳳梧洞戦闘』も、
    そのようにして選んだ作品の1本にすぎず、けっして北村本人の政治信条や思想などで選んだわけではありません」

    ――演出が過剰という評価もありますが?

    「オファーを受けた段階では演出の細部までは決まっていませんでした。北村もあくまでも役の1つとして演じただけだと思います」

    役作りのためにチンピラ役を演じるときに9本の歯を抜いたりなど、“役者バカ”としても知られる北村。彼を知る日本の映画関係者は言う。

    「北村さんは『世間に持たれている(自分の)イメージを常に裏切っていきたい。どんな役が来ても受け入れて、その役を自分のものにしたい』と、よく言っています。
    彼にとっては、冷酷非道な日本軍将校役も挑戦の1つだったのでしょう」

    しかし前出のジャーナリストは、ある疑問も抱いたという。

    「北村さんの“国際的に活躍する俳優でありたい”という熱意がうまく利用されてしまったのではないでしょうか。“残酷シーンが過剰”という批判に対しては監督もかなり
    気にしていたようです。実は8月14日のトークショーで監督はこんなことを語っています。
    『ここまで(残酷なシーンを)描写してしまったら、観客が受け止められないかもしれない、と悩んでいたら、北村が“当時は、もっとひどかったはずだ。よりリアルに伝えたい”と、
    言って励ましてくれた』。まるで、その場にいない北村さんに責任を転嫁しているように思えました」

    女性自身
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190903-00010002-jisin-ent


    【【芸能】北村一輝 反日映画出演の理由…当初は細部未定だったと事務所】の続きを読む


    「天気の子」に聖地巡礼ブーム 代々木、新宿、池袋などの山手線で巡る - livedoor
    新海誠監督の最新作「天気の子」は、公開11日で既に40億円を突破、2週連続で映画動員数1位と快進撃を続けている。京アニ映画「Free!」満席大盛況も…上映館が ...
    (出典:livedoor)


    天気の子』(てんきのこ、英語: Weathering With You)は、新海誠監督による日本アニメーション映画作品。2019年7月19日公開。第44回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品作品。 前作『君名は。』から3年ぶりとなる、新海7作目
    28キロバイト (3,749 語) - 2019年8月5日 (月) 07:48



    (出典 chokkanteki.com)


    代々木会館ビルがなくなるとなれば、人が殺到するでしょう。今しか見れないのでInstagramに投稿されてもおかしくないです。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/08/05(月) 18:13:53.40 ID:GHLYl1VJ9.net

    新海誠監督の最新作「天気の子」は、公開11日で既に40億円を突破、2週連続で映画動員数1位と快進撃を続けている。

    そんな中、話題なのが「聖地巡礼」だ。新海作品はリアルな風景をアニメーションに描いているのが特徴で、新宿のJR東京総合病院から始まり、
    代々木の廃虚ビル、新宿・歌舞伎町、池袋など山手線での聖地巡りが人気。
    とりわけ注目スポットなのが、物語のキーワードになる“神社”が屋上にあるという設定の「代々木会館ビル」だ。

    代々木の九龍城ともいわれる同ビルの後ろにドコモの近代的なビルがそびえ立つ様子は作品中でも特徴的で、見物客が連日スマホ片手に訪れている。
    「夏休みなので山梨から来た」(18歳学生)。「浪人時代に代ゼミに通っていたので建物がすぐにわかりました。建物がなくなる前に目に焼き付けておきたくて」(40歳会社員)という男性も。

    実はこの建物、ドラマ「傷だらけの天使」では3月に逝去した萩原健一さん(享年68)演じる修がペントハウスに住んでいたこともある“名所”。
    そんな不思議な建物だが、1日から取り壊し作業を開始。聖地を巡るなら今しかない。

    https://news.livedoor.com/article/detail/16883050/
    2019年8月5日 15時0分 日刊ゲンダイDIGITAL


    (出典 tr.twipple.jp)


    (出典 blog-imgs-15.fc2.com)


    (出典 boku-tabi.com)


    (出典 my-gadget-lab.com)


    (出典 marie2000.com)


    【【芸能】早くも興収40億円突破で沸く「天気の子」に聖地巡礼ブーム】の続きを読む


    『天気の子』40億円突破!10回以上鑑賞したファンに新海誠監督びっくり - シネマトゥデイ
    映画『天気の子』大ヒット御礼舞台あいさつが29日に都内で行われ、公開11日間で観客動員数300万人、興行収入40億円を突破したことが発表されると、新海誠監督は満面 ...
    (出典:シネマトゥデイ)


    天気の子』(てんきのこ、英語: Weathering With You)は、新海誠監督による日本アニメーション映画作品。2019年7月19日公開。第44回トロント国際映画祭スペシャル・プレゼンテーション部門出品作品。 前作『君名は。』から3年ぶりとなる、新海7作目
    25キロバイト (3,493 語) - 2019年7月29日 (月) 15:29



    (出典 movie.jorudan.co.jp)


    公開11日間で観客動員数300万人はすごいです。宮崎駿氏と並ぶ日本を代表するアニメ映画監督です。

    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/07/30(火) 06:43:09.54

     映画『天気の子』大ヒット御礼舞台あいさつが29日に都内で行われ、公開11日間で観客動員数300万人、興行収入40億円を突破したことが発表されると、新海誠監督は満面の笑みを浮かべ、観客に感謝の意を述べた。

     本作は、『君の名は。』で国内興収250.3億円を記録した新海監督の最新作。天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄される少年・帆高と少女・陽菜が、自らの生き方を選択していく姿が描かれる。この日のイベントには新海監督のほか、醍醐虎汰朗(帆高役)、森七菜(陽菜役)、本田翼(夏美役)、小栗旬(須賀圭介役)が登壇した。

     全国映画動員ランキングで2週連続1位、7月19日の公開から11日間で興収40億円突破と、夏休みに入り勢いを増している『天気の子』。新海監督が「10回以上観た方いらっしゃいますか?」と客席に問いかけると、手を挙げるファンも。やや驚きの表情を見せつつ「本当にありがとうございます。公開から11日が経過しましたが、ようやく映画がお客さまのものになっていっているなという実感がしみ込んできました」と語ると、「Twitterなどでエゴサーチをするのですが、いろいろな意見をいただき、広がっているなと感じています」としみじみ付け加えた。

     また、醍醐が「半年ぐらい魂を込めて演じた作品が、多くの人に届いていると実感できるのは幸せです」と笑顔を見せると、すでに複数回鑑賞したお客さんが多数いたことに森も「1度限りではなく、また劇場に足を運んでいただけるのが嬉しい。改めて新海監督の力はすごいなと感じました」と驚いた様子だった。

     これからさらにプロモーション活動は続いていくが「もし夏休みがあるなら何をしたい?」と聞かれた新海監督は、「たぶん(夏休みは)ない気がするのですが、もしあるなら次の映画のことを考えたい。そうしないと3年後に観てもらえないので」と発言。映画への熱い思いを述べる新海監督について、“自分だけが知っている新海監督”というテーマでフリップトークが展開される一幕も。キャスト陣は「超マイナスイオン系のお父さんだ」(醍醐)、「ドSだ」(森)、「軽やかだ」(本田)、「抜群だ」(小栗)とその魅力を表現していた。(磯部正和)


    2019年7月29日 19時50分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0110189

    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【映画】『天気の子』40億円突破!10回以上鑑賞したファンに新海誠監督びっくり】の続きを読む


    スタローン怒る「ロッキーは何も所有権がない」 - ナリナリドットコム
    シルベスター・スタローンが、映画「ロッキー」シリーズの所有権を持っていないことに、怒りを感じているそうだ。 主演・脚本と、その才能を遺憾なく発揮した1976年公開の第1 ...
    (出典:ナリナリドットコム)


    その後の物語を描く続編が製作されており、『ロッキー2』、『ロッキー3』、『ロッキー4/炎の友情』、『ロッキー5/最後のドラマ』、『ロッキー・ザ・ファイナル』とシリーズ化された。 アメリカの建国200年を目前に控えていた1975年。フィラデルフィアに暮らす三流ボクサーロッキー
    38キロバイト (4,379 語) - 2019年7月8日 (月) 00:17



    (出典 img.atwikiimg.com)


    所有権などの問題がいろいろあるみたいです。

    1 muffin ★ :2019/07/25(木) 11:31:19.97 ID:VnsnOKrd9.net

    https://www.narinari.com/Nd/20190755630.html
    2019/07/25 00:17

    シルベスター・スタローンが、映画「ロッキー」シリーズの所有権を持っていないことに、怒りを感じているそうだ。

    主演・脚本と、その才能を遺憾なく発揮した1976年公開の第1作が、アカデミー賞の10部門にノミネート、作品賞や監督賞、編集賞の3部門で受賞を果たし、一気にスターへと駆け上がったスタローンだが、家族のために作品の権利を共有したいものの、その権利を持っていないことに苛立ちを覚えているという。

    スタローンはヴァラエティ誌にこう語っている。

    「『ロッキー』に関しては何も所有権がないんだ」
    「その中の台詞や音節、文法的な誤りは全て、僕の失敗だ」
    「驚いたことに、権利について話題になったことはなかったけど、『報酬を貰ったんだから、何について文句を言っているんだ?』って言われたんだ。頭にきたよ」

    「ロッキー」シリーズは、スピンオフである「クリード」シリーズも含め、今まで8本もの映画が製作されているが、スタローンはロッキーというキャラクターを創作したことを誇りに思っているようで、「嘲笑われたり、*になったり、気取ったり、感傷的になったりせずに、自分が言いたいことを言える唯一の存在なんだ。なぜなら、彼はああいう人だからね」とスタローンは続けた。

    また、同シリーズの権利を望んでいるものの、当時は内気な若者で、相手を怒らせるような真似はしたくなかったとスタローンは振り返っている。

    スタローンが権利を主張する一方で、「ロッキー」のプロデューサーを務めたアーウィン・ウィンクラーをはじめとする関係者は、スタローンが何年にもわたり、十分なほどの金額を稼いでいると考えているようだ。

    匿名の人物は同誌に「彼は様々な作品でお金を生み出してきましたし、それは今でも続いています。なので、彼が何に対して文句を言っているのか分かりません」と語っており、別の関係者は「『クリード チャンプを継ぐ男』で1000万ドル(約11億円)を稼ぎ、『クリード 炎の宿敵』は1500万ドル(約16億円)程度」と証言している。

    そんなスタローンだが、ウィンクラーと共に「ロッキー」の新作を企画しているようで、「違法にアメリカに住んでいるストリートファイターの若者と仲良くなるかつてのボクシングチャンピオンの物語になるよ」とコメントしており、スタローンの脚本と出演に関しては交渉中だとウィンクラーが明かしている。


    (出典 cdn.narinari.com)


    (出典 cdn.narinari.com)


    関連スレ
    【映画】シルヴェスター・スタローン主演『ロッキー』シリーズ最新作が企画中!
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1563964884/


    【【海外芸能】スタローン怒る「ロッキーは何も所有権がない」】の続きを読む

    このページのトップヘ