芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 俳優


    坂口 憲二(さかぐち けんじ、1975年11月8日 - )は、日本の俳優。東京都出身。身長185cm、胸囲99cm、胴囲83cm。活動休止前までケイダッシュに所属していた。 世田谷区立等々力小学校、明治大学付属中野中学校・高等学校卒業。柔道未経験であるにもかかわらず父親のコネで明治大学中野高等学校
    21キロバイト (2,683 語) - 2019年10月23日 (水) 02:26



    (出典 www.nikkansports.com)


    そんな中での一息。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/31(火) 14:54:30 ID:mFIW8gen9.net

     芸能活動休止中の俳優、坂口憲二(44)が30日までに、コーヒー焙煎士を務める「THE RISING SUN COFFEE」のインスタグラムを更新した。

    坂口は難病の特発性大腿(たい)骨頭壊死(えし)症と診断され、
    昨年5月末で前所属事務所を退社して治療に専念している。
    インスタには笑顔を浮かべた近影をアップ。
    今年立ち上げた店の繁盛を感謝し、「日頃にはない多くの方々との出会い、たった1杯のコーヒーでこんなにも人の輪が広がるものなんだと現場で実感する
    こともできました」とつづった。

    12/31(火) 7:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191231-00000015-sanspo-ent


    【【芸能】難病で芸能活動休止中の坂口憲二、笑顔写真アップ】の続きを読む


    GENJI(ひかるゲンジ)は、1980年代終盤から1990年代前半に活動していた日本の男性アイドルグループである。1987年にジャニーズ事務所からデビューし、1995年に解散した。内海光司、大沢樹生、諸星和己、佐藤寛之、山本淳一、赤坂晃、佐藤敦啓からなる7人編成のアイドルで、メディア等では「最後のスーパーアイドル」などと称されている。
    44キロバイト (3,040 語) - 2019年10月31日 (木) 03:19



    (出典 www.suruga-ya.jp)


    元メンバーとの再会。

    1 シャチ ★ :2019/12/31(火) 03:55:32.61 ID:iy4HZyIS9.net

     俳優で歌手の大沢樹生(50)が30日、ブログを更新。29日に元光GENJIの仲間、佐藤寛之(49)のライブを見に行ったことを明かした。

     大沢は「昨日は元メンバー、佐藤寛之君のLIVEへ」と報告。「光GENJIを離れてから地道ながらにもブレずに音楽、LIVE活動を続けてる」と伝え、「継続は力なりを地で行く男!」とブレない姿勢を称えた。

     ブログにはステージ上で写したと思われる、佐藤と肩を組んだ笑顔の写真を投稿している。

     コメント欄には「解散してもメンバー同士が繋がってるって、うれしいですね」「ヒロくんといる時は光兄さまの顔になる樹生くん、見れて嬉しい」など懐かしいメンバーとの2ショットに光GENJI時代からのファンからの喜びの声が寄せられている。

     大沢と佐藤寛は1994年に脱退している。

    12/30(月) 19:23配信デイリースポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000106-dal-ent

    大沢樹生

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】大沢樹生 元光GENJIの仲間、佐藤寛之と笑顔の2ショット ファン歓喜】の続きを読む


    吉沢 (よしざわ りょう、1994年2月1日 - )は、日本の俳優。 東京都出身。アミューズ所属。 1994年、男4人兄弟の次男として生まれる。 2009年、母が応募した「アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン」で応募者31514名の中からRight-on賞を受賞。なお、この時のグランプリは野村周平であった。
    34キロバイト (4,371 語) - 2019年12月23日 (月) 11:26



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    その時からモテてたのかな!

    1 ひかり ★ :2019/12/27(金) 18:05:36.90 ID:MNhnRwsB9.net

     俳優の吉沢亮(25)が27日、都内で行なわれた映画『パラサイト 半地下の家族』(2020年1月10日公開)のプレミア上映会にサプライズゲストとして登場。
    同作のメガホンをとったポン・ジュノ監督(50)から「いつから自分がイケメンだと気づいたの?」と質問された吉沢は少し悩みながら「小学5年生ですかね」と
    笑いながら回答。それに対しジュノ監督は「4年生まではどうして気づかなかったの?」とツッコまれ、息のあったトークで会場を笑いに包んだ。

     憧れの監督と主演を務めたソン・ガンホ(52)を前に吉沢は「緊張しすぎてうまくしゃべれない」と告白。ジュノ監督は吉沢が主演を務めた『リバーズ・エッジ』(18年)を
    見たことを明かし吉沢をフォローすると「うれしいです。僕がいるのがおこがましいくらいすごい人たちなので、その人の目に留まっていたことが不思議な気持ちですね」と笑顔。
    さらにMCからジュノ監督との共演の可能性を聞かれると「夢のような日がくればうれしいですね」とはにかみ、ジュノ監督に向けて深々とお辞儀していた。

     全員失業中で“半地下住宅”で貧しく暮らすキム一家。長男のギウは高台の豪邸で暮らす裕福なパク氏の家へ家庭教師の面接を受けに行く。この相反する
    2つの家族の出会いが、予測不能な展開へと突き進んでいく。

     同作について吉沢は「ここ何年かで見た作品の中でも、一番のエンタメ感がありました。涙、笑い、ホラー、サスペンスなどいろんな要素が入っているんですが、
    それが一切邪魔をしないで完璧に融合されている」と絶賛。「そこに韓国の格差社会が根底にあったりして、絶対見るべき映画。映画を普段見ない方も、
    こんなエンタメ作品があるのかと見てもらいたいですね」とオススメしていた。

    オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191227-00000376-oric-ent

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.daily.jp)


    (出典 i.daily.jp)


    【【芸能】吉沢亮、イケメンと自覚したのは「小学5年生のとき」】の続きを読む


    松坂 桃李(まつざか とおり、1988年10月17日 - )は、日本の俳優、モデル。左利き。 神奈川県茅ヶ崎市出身。トップコート所属。 2008年、友達に誘われて応募した「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、雑誌『FINEBOYS』専属モデルで芸能活動を開始。同時に
    69キロバイト (8,383 語) - 2019年12月8日 (日) 14:17



    (出典 top.tsite.jp)


    コンサートを見に行った。

    1 幻の右 ★ :2019/12/17(火) 18:18:56.50 ID:tNtU5ez49.net

     松坂桃李(31)に意外な“趣味”が加わったかもしれない。12月5日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催されたアイドルグループ「モーニング娘。’19」のコンサートに、松坂が1人で訪れた場面をキャッチした。今までアイドルファンという情報が一切無かった松坂だが、ライブに行くほどのファンになった背景には何があったのか。

     夕方、黒のハット、コート、パンツとオールブラックで服装を固めた松坂は、途中のコンビニエンスストアでジュースを買うと、代々木第一体育館そばの路上で車を降り、一緒に車から降りた女性とともに会場へと歩いていく。事務所のスタッフらしきその女性に見送られる形で、松坂は関係者入り口から1人で入っていった。

     コンサート関係者が言う。

    「松坂さんは周囲のファンたちに見つからないよう、目立たない格好で来ていたようです。モー娘。は芸能人のファンも多いので、俳優さんがコンサートを訪れるのは珍しいことではないのですが、これまで松坂さんの姿は見かけたことがなかったなぁ」

     その夜は午後8時半までのコンサートを楽しみ、そのまま自宅へ帰っていった。

     モー娘。と松坂は、一見まったく無縁に思えるが、過去にCMで“間接的”な共演は実現していたことがある。昨年6月の松坂が出演した「ヤクルト400LT」のWEB限定CMでは、モー娘。の2000年のヒット曲「恋愛レボリューション21」が使われた。
    松坂の腸内で、腸内細菌が「腸腸腸腸イイカンジ」と同曲を歌い踊るコミカルなストーリー。ユニークな絡みだったと言える。とはいえ、それでグループのコンサートを見に行くほどのファンになるとは考えにくい。

     ある映画関係者は「もしかしたら、女優の松岡茉優さん(24)の影響じゃないでしょうか」とささやいた。2人は、10月から全国公開された主演映画『蜜蜂と遠雷』で共演した仲。
     
    「松岡さんは芸能界きってのハロー!プロジェクトファン、モー娘。ファンです。彼女は他の芸能人やお友達にもモー娘。を薦めています。松坂さんも松岡さんの影響があったのではないでしょうか」(前出・映画関係者)

     いつかどこかで、松坂本人の口から、モー娘。の魅力が語られることもあるかもしれない。

    NEWSポストセブン
    12/17(火) 16:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191217-00000018-pseven-ent


    【【芸能】松坂桃李、1人でモー娘。ライブ参戦 きっかけは共演女優?】の続きを読む



    (出典 www.rbbtoday.com)


    涙が流れる。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/12/15(日) 12:45:12.50 ID:E+pPdoQF9.net

    2019/12/15 09:47

    俳優の石坂浩二が、14日に生放送されたテレビ朝日系報道番組『サタデーステーション』(毎週土曜20:54~22:10)で、12日に慢性腎不全で亡くなった俳優・梅宮辰夫さん(享年81)について涙ながらに語る場面があった。

    梅宮さんの遺作となった同局系ドラマ『やすらぎの刻~道』で共演した石坂。一対一で向き合うシーンがあり、梅宮さんの最後の演技を見届けた。

    石坂は、「今放送されている分は7月に撮った分で、その後9月にも撮りました」と明かし、「2回目の時の方がつらそうな感じが強くて、あまりお話もできなかったですね」と当時を回顧。梅宮さんはオールアップの時、石坂から花束を受け取りながら「セリフをやっと覚えただけじゃ、芝居にならなかったな」と悔しさをにじませていたという。

    石坂はその言葉を思い返し、「それがすごく役者魂というか。悔しかったんだろうなと思って……そういうつらい感じだったので……。亡くなった時は、『まさか』という気持ちが強くて。本当に残念なままで終わったのが私も悔しい」と涙。
    「お正月の回があるんですけど、夢の中でお屠蘇を飲み交わすシーンがあって。2人で『あけましておめでとう』と言ったので。それが本当にならなかったのが残念です」と時折言葉に詰まりながら、沈痛な思いを伝えた。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://news.mynavi.jp/article/20191215-939651/


    【【芸能】 石坂浩二、生放送で涙…梅宮辰夫さん“最後の演技”で共演「私も悔しい」 2019/12/15】の続きを読む

    このページのトップヘ