芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能ニュース > 俳優


    ハラハラする。

     俳優の藤原竜也が主演を務めるドラマ『青のSP(スクールポリス)−学校内警察・嶋田隆平−』(カンテレフジテレビ系/毎週火曜21時)の第8話が2日に放送。嶋田が恋人の香里(明日海りお)の死に関与した校長の木島(高橋克実)に怒り狂い、激しく糾弾するシーン視聴者から「めっちゃハラハラした」「ドキドキがハンパなかった」など反響が集まった(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)。

    【写真】怒り狂う“嶋田”藤原竜也の熱演!

     嶋田は亡くなった恋人・香里が、昨年の夏、部活帰りに熱中症が原因で事故に遭った野球部員がいると話していたことを思い出す。それ以来不登校になった坂木(山時聡真)の家を訪れた嶋田は、当時の状況を詳しく聞き出すことに。なぜ熱中症になったのかと問い詰めると、坂木は「俺、殺されます」といい、OBたちから顧問が帰宅した後に、ひどいしごきを受けていたことを告白する。事故後、見舞いに来た香里にすべてを打ち明けたという坂木。しかし、そのことを知ったOBから「余計なことしたら殺すからな」脅され、その後に香里が死亡したのだという。

     香里を殺したのはそのOBたちだと確信した嶋田は、その中の1人が香里の自転車に細工をし事故の原因を作ったことを知る。しかし話を聞くと、校長の木島に香里の自転車に細工をするよう命じられたというのだ。嶋田は木島の元へ急ぎ、手錠をかけ、矢継ぎ早に問い詰める。

     木島の香里に対する「独りよがりの正義感」という言葉に激怒した嶋田は「独りよがりの正義感? 香里は誰よりも生徒のことを思ってたよ。お前が殺したんだ」と激しく糾弾。嶋田は何度も木島に殴りかかり、側にあったハサミで木島の腕を刺してしまう。そこまでしても嶋田は止まらず、木島の首を絞めるが、間一髪のところで後輩の三枝(山田裕貴)が「これ以上は俺が先輩に手錠かけなきゃいけなくなりますから」と必死で止めに入るのだった。

     香里の死の真相が徐々に分かり始めてきた第8話。怒りをあらわにした嶋田の激しい行動に視聴者からは「めっちゃハラハラした」「ビックリした…」「色々アウトな感じだったがかっこよかった」などの驚きの声が寄せられた。また、間一髪のところで必死に嶋田を止めた三枝には「超有能キャラ」「よく止めてくれた」「三枝さん!!!good job!!」「ナイスアシスト」など絶賛の声が集まった。

    ドラマ『青のSP(スクールポリス)−学校内警察・嶋田隆平−』第8話より (C)カンテレ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『青のSP』怒り狂う“嶋田”藤原竜也にネット震かん「ドキドキがハンパなかった」】の続きを読む


    映画に出演。

    大泉洋が主演し、吉田大八監督がメガホンをとる映画「騙し絵の牙」の「騙し合いバトル開幕式」イベント3月3日に銀座松竹スクエアで行われ、主演の大泉のほか、松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市、吉田大八監督も来場した。

    【フォトギャラリー】「騙し絵の牙」イベントの模様

    「罪の声」の塩田武士氏が、大泉を主人公にあて書きして完成させた同名ベストセラー小説を映画化した本作は、出版不況と社長の急逝が重なり、次期社長の権力争いが勃発した崖っぷちの大手出版社「薫風社」を舞台に、カルチャー誌「トリニティ」の変わり者編集長・速水(大泉)が新人編集者・高野(松岡)を巻きこんで、生き残りを賭けた仁義なき騙し合いバトルを繰り広げるさまを描き出す。

    会場には縦11メートル×横10メートルという巨大な"大泉洋の顔"フラッグが鎮座。その巨大なフラッグを見た大泉は「コロナ禍で舞台あいさつが少なくなっている中、相当派手なことをやっていただいて。感謝をしておりますが、これだけでっかい顔を作られて。(出入り口となっている)口から出るのはあまり気持ちのいいものではなかったですね。プロデューサーは興奮していましたけど、登壇者の皆さんはわたしの口から出るのは嫌だと思うんですよね」と憎まれ口をたたいて会場は大笑い。

    崖っぷちの出版社を舞台にした作品ということで、この日は登壇者たちの「崖っぷち」エピソードを発表することに。その中で「『騙し絵の牙』の撮影は常に崖っぷちでしたね」と語った大泉は、「要は一発でオッケーが出ないんですよ。最低でも3回。3回でも少なくて、5回、6回、10回はいきましたね。しかもけっこう長回しをするから。それが長せりふになるとだんだん焦ってくるんですよ。そこに(佐藤)浩市さんとか、妖怪レベルの怖い人がいるとどんどんパニクってきて。常に崖っぷちでしたよ」とボヤいてみせる。そしてさらに「これだけの俳優さんを集めて、あれだけもう一回と言えるのはどんな神経をしているんだろうと思いましたよ。だからオッケーが出た時はみんなで『やった』と言っていて。どんどん団結力が高まる現場でしたよ」と付け加えた。

    そんな大泉に向かって松岡が「大泉さんは、今のは大泉さんっぽいからNGということがよくありました。そういう時はどうしたらいいのか分からなかったですね」と呼びかけると、大泉は「この小説はわたしに宛て書きしているんですよ。それなのに演じた芝居(しばい)が大泉さんっぽいからNGって。わたしを宛て書きしているのに何がいけないのか。監督はそれを許さなかったですね。監督の思う速水じゃないと絶対にオッケーは出なかった。ある意味わたしが出ている映画の中で一番わたしっぽくなかった。この間、劉備玄徳を演じましたが、あれはまるまる大泉洋でしたからね。あれだけの偉人を演じてもわたしだったのに、現代人の速水はそうじゃない」と明かして会場は大笑いとなった。

    続く松岡の崖っぷちエピソードは、「わたしが高校二年生の時に、(女優として)このまま芽が出なかったら就職か進学かな。食べていけなかったらどうしようと思っていた時に、吉田監督から『桐島、部活やめるってよ』で大事な役をいただいて。そこからお仕事がいただけるようになりました。崖っぷちからすくい上げていただきました」というもの。それに対して大泉が「きみ、ずいぶん監督におべっか使うな」と嫌みをぶつけると、「テイクを重ねるのは何がいけないのかなと思います」としれっと返してみせた松岡。大泉はその言葉にあわてた様子で「怖いな、お前。そうやってこの芸能界ここまでやってきたんだな。監督、僕、今の全部冗談ですから。監督大好きです!」とその場を取り繕ってみせるも、佐藤まで「むしろ2回でオッケーになると不安になるからね」と続けてみせて、会場を笑いに包みこんだ。

    映画「騙し絵の牙」は3月26日より全国公開。

    会場には“大泉洋の顔”フラッグが登場した


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大泉洋、「騙し絵の牙」で演技が“大泉洋っぽい”とNGくらう】の続きを読む




    イケメンですか。

    NO.9293432 2021/03/02 19:38
    『帰れマンデー』再放送の間宮祥太朗“ドS先輩”に絶賛の嵐「王子様みたい」「男前すぎ」
    『帰れマンデー』再放送の間宮祥太朗“ドS先輩”に絶賛の嵐「王子様みたい」「男前すぎ」
    3月1日放送の『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系)は、2019年1月7日に放送された『サンド&石塚&柳原の“ぽっちゃり4兄妹”と間宮祥太朗が箱根駅伝の舞台で秘境バスに乗って飲食店を探す旅』を振り返った。

    再放送だったにも関わらず、ネット上で思わぬ盛り上がりを見せている。

    この旅に参加したのは、サンドウィッチマンの伊達みきお(46)と富澤たけし(46)。

    さらに、ホンジャマカ・石塚英彦(59)にお笑いタレントの柳原可奈子(35)という“ぽっちゃり4兄弟”と俳優の間宮祥太朗(27)(※年齢はすべて現時点のものです)。

    江戸時代から続く旧道の石畳や急な上り坂に悪戦苦闘するぽっちゃり4兄弟に対し、細身の間宮は余裕しゃくしゃくだった。

    間宮は1人だけ女性で体力がない柳原を常に気遣っており、坂道では後ろから押してあげたり、石畳の旧道では手を引いてあげたりと、さりげなくエスコート。

    そんな姿に石塚は「東京から来たバカップル」とツッコんでいたが、視聴者からは「柳原可奈子さんと石ちゃんが階段上がる時にスッと手を差し伸べてる間宮くん優しすぎる」「エスコート完璧だし紳士だし最高すぎる間宮くんー!!」「間宮くんって王子様みたい!めちゃカッコイイ~」「柳原可奈子ちゃんがうらやましい。」と黄色い声援が飛び交っていた。

    現在、間宮は上白石萌音(23)が主演を務める『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)に出演中。

    上白石演じる鈴木奈未から陰で“ドS先輩”と呼ばれている職場のクールな先輩・中沢涼太を演じている。

    「間宮演じる中沢は“ドS先輩”と呼ばれていますが、実は奈未が困っているとすぐに手を差し伸べてくれる優しさも持ち合わせた人物。

    ドラマでは、Kis-My-Ft2・玉森裕太(30)演じる宝来潤之介と人気を二分しています。

    そのため、現在、間宮の女性支持率が急上昇しているのですが、2年前の『帰れマンデー』出演時はまだ間宮の魅力に気が付いていなかった人が多かったのでしょう。

    さりげなく柳原の手を引いてリードしたり、リーダーとして率先してみんなに声をかけたりするなど、間宮の優しくも男らしい一面が詰まっているこの回を改めてみた視聴者からは『帰れマンデー(再)でも間宮くんのイケメンっぷりがすごくて、どんどん好きになるね…!ドS先輩…!』『中沢さんに惚れてるのか間宮くんに惚れてるのかわからんけど、とりまかっこよすぎる』『さっきから間宮祥太朗君にキュンキュンしてるんだけども』と絶賛の声が集まっていました」(芸能ライター)VTRを振り返った伊達が「間宮くん面白い」「我々を引っ張ってくれて」とコメントすると、お笑いコンビ・タカアンドトシのタカ(44)も「結構ボケもやってくれる」「ノリがすごくいい」と称賛。

    ドラマの中だけではない間宮のイケメンぶりに、これから間宮フィーバーが巻き起こりそうな予感を感じさせた。

    【日時】2021年03月02日 19:19
    【提供】デイリーニュースオンライン


    【『帰れマンデー』再放送の間宮祥太朗“ドS先輩”に絶賛の嵐「王子様みたい」「男前すぎ」】の続きを読む


    アウトですね。

    28日放送『爆笑問題霜降り明星のシンパイ賞!!』(テレビ朝日系)に「4WD不倫」で世間の注目を集めた俳優・原田龍二が登場。不倫をネタにして荒稼ぎしていると暴露され、大きな話題を集めている。


    ◼四千頭身が直撃取材

    お笑い第7世代の人気トリオ・四千頭身が、後藤拓実の愛車「黒いアウディ」に乗って、世間を騒がせる芸能人を直撃取材する人気コーナー『突撃DRIVEアウディ』をこの日は放送。

    4WD車中での不貞行為が世間を騒がせた原田のもとに、黒アウディが走り寄ってきた。


    関連記事:ミッツ、渡部の復帰報道受けて原田にチクリ 「危機感感じない?」

    ◼原田の4WD漫談

    歩いているところを「(騒動から)時間は経ちましたけどいろいろありましたよね」と声をかけられた原田。「今4WD持ってないから歩いてるからね」と苦笑する。

    売り払った件の4WDの行方を尋ねられた原田は「モンゴルアフガニスタン」と推測し「馬力のある4WDの車が走ってるから」と漫談を披露。四千頭身から「(聞かれ)慣れすぎてエピソードトークになってる」「あの事件を完全に財産にしている」とツッコミが飛んだ。


    ◼カレンダーは原田発信

    さらに原田は『原田龍二 毎日反省 日めくりカレンダー』(扶桑社)を発売しているのだが、出版社によると「原田さんから依頼を受けて制作が決定した。タレントさんからオファーがあったのははじめて」と原田発信の反省カレンダーだと明かされる。

    「反省が全然見えない」と指摘された原田から本心を引き出すため、アウディに1人乗り込むよう指示。車中で今の気持ちを叫んでもらうと「4WDにもう1度乗りたい」と絶叫、やはり反省していないとの結論に至った。


    ◼視聴者からは賛否

    VTRモニタリングしていた爆笑問題太田光は「これまた波紋呼ぶんじゃない」と呆れ顔を浮かべつつ、「『乗りたい』じゃなくて『乗せたい』なら良いけどな」とボケて笑いを誘った。

    視聴者もこのやり取りを「原田龍二、好きなんだよなぁ。いい人そうやもんな」「原田龍二の不倫ネタずっと擦られるな」と楽しんだ模様。しかし一方では「なんでアイツ許されましたヅラして不倫ネタを金儲けに使ってんの?」「4WDめっちゃ財産にしてる」とツッコむ声も少なくなかった。

    ・合わせて読みたい→松本人志、「アンジャ渡部が不倫三銃士結成」報道に呆れ 「めちゃくちゃガセ」

    (取材・文/しらべぇ編集部・サバマサシ

    原田龍二、不倫ネタでの荒稼ぎ暴露され絶叫 「もう1度4WDに乗りたい」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【原田龍二、不倫ネタでの荒稼ぎ暴露され絶叫 「もう1度4WDに乗りたい」】の続きを読む




    大俳優になるのかな。

    NO.9289101 2021/02/28 22:26
    草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?
    草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?
    東京映画記者会が主催する第63回ブルーリボン賞が2月23日に決まり、『ミッドナイトスワン』のトランスジェンダー役を演じた草なぎ剛が、初の主演男優賞に輝いた。

    一報を受け、ネット上では「これで名実共にで超一流の役者と認められましたね」「あの役は剛クン以外に演じられる俳優が思いつかない程の完璧さでした」「ジャニーズ事務所の圧力やテレビ局の過剰な忖度から開放されつつあって、とても喜ばしい状況になっていますね」と、“ジャニーズ”の肩書なしでの受賞にファンからは多くの賛辞が寄せられている。

    そんな“演技派”の草なぎにさらなる期待が高まっているのがNHK大河ドラマ『青天を衝け』。

    日本経済の土台を築いた渋沢栄一を主演の吉沢亮が好演しているが、彼をしのぐ勢いで話題となっているのが徳川慶喜役で出演している草なぎだという。

    「初回の冒頭部分で登場するや、雰囲気も、声質も普段の草なぎとは違う感じを醸し出していまいした。2話目のラストにも能を舞うシーンで登場しましたが、これまたこれまで見せたことがないような表情をしていて、思わず見入っていしったほど。業界内でも草なぎがいい味を出していると評判です」(芸能プロ関係者)

    初回平均視聴率は20.0%、第2話が16.9%と幸先のいいスタートを切っているが、今後の視聴率の鍵も草なぎが握っているとの声も聞かれる。

    「幕末から明治にかけて描いていくのに、重要になってくるのが、慶喜の存在です。そもそも大河ドラマで近代ものをやると、視聴率が下がると言われている。となると、幕末でかなり物語を引っ張っていく必要が出てくるでしょう。前半部分で、慶喜が中心的な存在で描かれていかなければ、視聴者は付いてこないでしょうから、草なぎの存在感に吉沢が食われてしまうかもしれません」(テレビ関係者)

    すでに圧倒的な演技力で視聴者を魅了している草なぎだが、このまま視聴者をクギ付けにできるだろうか。
    【日時】2021年02月28日 19:00
    【提供】日刊サイゾー
    【関連掲示板】


    【草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?】の続きを読む

    このページのトップヘ