芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:音楽・舞台 > アーティスト



    (出典 pbs.twimg.com)


    魅力的です。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2021/03/03(水) 06:47:20.42

    住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代に夢中になったアイドルの話。同世代の女性と一緒に、“あのころ”を振り返ってみましょうーー。

    「’82年、“ちょっとエッチな美新人娘(ミルキーっこ)”というキャッチフレーズでデビュー。ファーストシングル『スローモーション』(’82年)こそ、聖子ちゃんをほうふつさせる“かわいい路線”でしたが、セカンドシングル『少女A』(’82年)以降、『禁区』(’83年)『十戒(1984)』(’84年)などは、キャッチフレーズどおりの大人っぽいセクシーさとともに、不良っぽさも満載でした。それまでの『休日の予定はお菓子作りで、趣味はぬいぐるみ集め』といった、典型的なアイドル像をガラリと塗り替えたのです」

    そう語るのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(53)。明菜は’81年『スター誕生!』(’71~’83年・日本テレビ系)で、山口百恵の『夢先案内人』を熱唱。11社からスカウトの声がかかり、’82年に『スローモーション』でデビュー。

    圧倒的人気を誇った松田聖子に『ザ・ベストテン』(’78~’89年・TBS系)などのランキング争いで明菜が挑み、ついには追い抜くというバトル的要素も、ファンを熱くした。

    「どうしても聖子ちゃんのぶりっ子路線を受け入れられない女子が、“明菜派”となって応援しました。正統派の松田聖子さんと田原俊彦さん、不良っぽい明菜さんと近藤真彦さん、という対比が鮮明だったのです」

    しかし、明菜は不良っぽいだけではない。

    「アイドル番組ではコントに参加し、歌番組のトークコーナーでは、10代の少女らしく、かわいらしくしゃべる姿も見せました。ただ、ひとたびステージに上がり、前奏が始まると、別人のように表情が一変する。そのギャップも魅力となったのです」

    明菜自身の意見を取り入れた衣装、ヘアメークなどへのこだわりにも、牛窪さんは注目している。

    「男性ではジュリー(沢田研二)の存在が際立ちましたが、女性アイドルでこれほど自己プロデュース力を発揮したのは、明菜さんが初めてではないでしょうか。とくに『DESIRE-情熱-』(’86年)に、卓越したセンスを感じました」

    一方、近藤真彦宅での自殺未遂事件(’89年)では、芸能人生の危機が訪れたがーー。

    「歌手としてだけではなく、そうした人間的な弱さも含めた“中森明菜”という存在に、人々は心から声援を送りました」

    その後も、歌に対して真摯に向き合う明菜は、40代、50代となったファンの心を、いまもずっとつかみ続けている。

    「10代のときに気づかなかった明菜さんのプロ意識の高さに、社会に出てから『そうか!』と気づく人も多かったはず。いち人間として尊敬されているからこそ、女性だけでなく、根強い男性ファンも多いのではないでしょうか」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/6bc31001b45578a4aa8f4a5f991b6b12fc826672
    2/28(日) 11:14配信
    (出典 img.jisin.jp)



    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 userdisk.webry.biglobe.ne.jp)



    (出典 i.pinimg.com)



    (出典 Youtube)

    中森明菜 - 十戒


    (出典 Youtube)

    中森明菜 - 少女A


    (出典 Youtube)

    中森明菜 トワイライト


    【【芸能】聖子の対極 中森明菜の“不良っぽさ”の魅力】の続きを読む




    三股で撃沈するのかな?

    NO.9296133 2021/03/03 23:46
    人気歌手・優里に文春砲!「三股愛」発覚でハロプロファンが大激怒
    人気歌手・優里に文春砲!「三股愛」発覚でハロプロファンが大激怒
    泣く泣く熱愛報道を受け入れたファンが浮かばれない!?

     ハロー!プロジェクト所属のアイドルグループ・Juice=Juiceの高木紗友希との半同棲が先月報じれたばかりの人気アーティストの優里が、高木と同時進行で2人の女性とも交際していたことを27日、「文春オンライン」が報じている。

     同メディアによれば、優里は広瀬すず似のA子さんと、堀田茜似のB子さんに昨年12月に自ら告白をして交際をスタート。A子さんはインスタグラムのDMでハントし、B子さんとは飲み会で出会ったとのことだが、いずれもアプローチをしたのは優里からとのこと。

     優里と高木の熱愛報道が出るまではA子さんもB子さんも股をかけられていることを知らなかったそうだが、優里の自宅に招かれた際、洗面台にマニキュアが置かれていたり、洗濯機に女性用のアンダーウエアが入っていたりと違和感は感じていたようだ。

     その都度、優里は「水商売の女性が洗い物だけをしに来てくれた」「家事をしてくれるおばさんがいる」などといった謎の言い訳をしていたとのこと。

     さらに「週刊文春」では、A子さん、B子さんの他にもパトロン的存在だったC子さんの証言も紹介。C子さんは優里が売れないバンドマン時代だった17年頃に出会い、家に住まわせたり、高級ブランドをプレゼントしたりと、食事代等も含めてこれまで500万円は優里のために遣ったと話しているが、当時から優里には女性の影があったそうだ。

     高木との熱愛報道が報じられたことを皮切りに、だんだんと化けの皮がはがれ始めた優里だが、そのゲスっぷりには当然、ファンも失望。そして、本命の彼女であろ..

    【日時】2021年03月03日 13:15
    【ソース】アサジョ


    【人気歌手・優里に文春砲!「三股愛」発覚でハロプロファンが大激怒】の続きを読む


    演歌歌手・丘みどり コロナ禍でコンサート中止、18歳でアイドルデビュー 苦節乗り越える姿に密着
     3月2日放送の『セブンルール』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜23時)では演歌歌手の丘みどりに密着。昨年、3年連続出場していた紅白歌合戦に落選。さらに、コロナ禍で軒…
    (出典:クランクイン!)


    コロナの中でも頑張っている。

    【演歌歌手・丘みどり コロナ禍でコンサート中止、18歳でアイドルデビュー 苦節乗り越える姿に密着】の続きを読む


    hitomi(ヒトミ、1976年1月26日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター。本名及び旧芸名、古谷 仁美(ふるや ひとみ)。 エイベックス・マネジメント所属、レコードレーベルはmaximum10(エイベックス傘下)。公称身長167cm。血液型B型。 栃木県で生まれ、神奈川県川崎市で育った。
    42キロバイト (4,380 語) - 2020年11月29日 (日) 03:35


    口が滑る

    モデルタレントの生見愛瑠(ぬくみ める/18歳)が、2月28日に放送されたバラエティ番組「ニノさん」(日本テレビ系)に出演。事務所の先輩でもある歌手・hitomiから「昔の人って言っただろ?」と詰められた。


    この日、番組の中で、持ち物から芸能人を当てるコーナーで「モデルとして17歳で芸能界デビュー」「歌手として紅白出場」「3冊の写真集を発売」「子どもが」といったヒントが出される。生見は「歌手の方ですもんね……昔の方」と口をすべらせ、周りから「失礼」「昔から活躍されている方」とツッコミが入る。


    さらに「4人のお子さんがいる」「めるるにとっては事務所の先輩」とヒントが追加され、生見は「私の推理するところ、鈴木亜美さんです」と回答。その後、答えとなるhitomiがスタジオに登場し、生見に対して「めるる、昔の人って言っただろ!」と鬼詰め。生見は「本当にごめんなさい!本当にすみません!」と謝った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【hitomiがめるる鬼詰め「“昔の人”って言っただろ!」】の続きを読む



    (出典 d38fgd7fmrcuct.cloudfront.net)


    復活するのかな?

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/02/27(土) 07:27:22.19 ID:CAP_USER9.net BE:971213252-2BP(0)


    (出典 img.5ch.net)

    2/27(土) 6:15配信
    東スポWeb

    小室の才能を高く評価している秋元氏

     2018年1月に音楽活動からの引退を表明した小室哲哉は、昨年7月に配信限定でリリースされた乃木坂46の新曲「Route 246」の作曲・編曲を担当した。

     作詞は乃木坂46のプロデューサー・秋元康氏。10年11月に発売された故やしきたかじんさんの「その時の空」以来、実に10年ぶりのタッグを組んだ。

    「2人は郷ひろみ、原田知世らの楽曲でタッグを組んできた旧知の仲。小室さんの引退後も定期的に会食していたが、会うたびに『もう一度、音楽に関わらないか?』とオファーを受けていた。それに背中を押される形で、小室さんも楽曲制作に励むようになっていった」(音楽関係者)

    「Route 246」は乃木坂46が昨年末、NHK紅白歌合戦という大舞台で披露した。

     ちなみに引退前、最後に作詞・作曲した楽曲はアイドルグループ「ラストアイドル」の「風よ吹け!」。これも秋元氏の依頼を受けてのものだ。

    「不倫が報じられた芸能人は復帰が困難ですが、そうした風潮さえも秋元氏は打ち破り、小室さんにアイドルの楽曲を手掛けさせた。小室さんが今後も表舞台で仕事をするためには、秋元さんが仕掛けを含め一肌脱ぐのではないか」(前同)

     3度目の離婚となった小室だが、音楽的な才能を発揮する場は訪れるのか。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/f1edfaeb8be311db205922fcb1fbd71d19c95f98


    【【芸能】小室哲哉が再び輝く日は… カギ握る“盟友”秋元康】の続きを読む

    このページのトップヘ