芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:音楽家・歌・舞台 > アーティスト


    中島美嘉さんの歌声には本当に魅力がありますよね。41歳でもまだまだ魅力溢れる歌姫です。

     歌手で俳優の中島美嘉は昨年(2023年)8月、「We are all stars」という楽曲を配信リリースした。同曲はタイトルどおり私たちは誰もがスターだと謳い、また、中島がドラァグクイーンに扮したビジュアルも含め、まさに多様性の時代にふさわしい作品となっている。もっとも、彼女からすると、時代の流れに乗ったというわけではなく、この曲はあくまで個人的な経験をきっかけに生まれたものらしい。

     中島は2010~11年にニューヨークに滞在していた時期に、アメリカのドラァグクイーン界の大御所ル・ポールの存在を知ってからというもの、「人は自由でいいんだよ」「やりたいことをやればいいんだよ」というそのメッセージや生き方に勇気づけられてきたという。ちょうど彼女は耳の病気のため休業を余儀なくされ、心身ともにストレスを抱えていたころだった。「We are all stars」はそんな恩人にインスパイアされて生まれ、中島自ら手がけた歌詞にもル・ポールの名言がちりばめられている。

     この曲にかぎらず、中島は小さいころから何事も、すべて自分が好きか嫌いかだけで決めてきたという。これに関して、あるインタビューでは、《私の長所であり短所は、流行りを知らないことです。流行っているものが自分に似合うとは思わないし、嫌で逆らっているつもりもない。私の中では、古いものと新しいものが混在しているのが普通です。音楽に関してもそう。好きか嫌いかしかわからない》とも語っていた(「CREA WEB」2021年10月28日配信)。逆にいえば、流行に疎いからこそ、彼女はこれまでブレずに自分を貫いてこられたのだろう。

    彗星のごとくデビュー

     中島はきょう2月19日、41歳の誕生日を迎えた。2001年に18歳でデビューしてから23年が経つ。それはまさに彗星のごとくだった。フジテレビ系のドラマ『傷だらけのラブソング』のヒロインに、3000人が応募したオーディションで抜擢され、主題歌も彼女の歌う「STARS」が採用されたのだ。その役どころは、高橋克典演じる元音楽プロデューサーとともにさまざまな困難を乗り越えながらデビューを目指す歌手と、中島自身を投影したものだった。放送中には視聴者から「あの子は誰なんだ?」という問い合わせが殺到したという。

     もっとも、中島はそもそも歌手志望でも俳優志望でもなかった。『傷だらけのラブソング』のオーディションも、当時所属していた福岡のモデル事務所の関係者からは詳細を一切知らされないまま受け、気づけば最終審査にまで進んでいたという。のちに本人が語ったところでは、《とりあえず、行って歌ってこいみたいな状態だったんですよ。で、歌のオーディションだと思ってたから。しかも、エキストラだって聞いてたんですよ、私は。で、道ばたで歌ってるところが少し映る。だから歌うんだよみたいなことを言われて、あ、そうなんですかって、歌ってたら、最終オーディションで、実はドラマで、ヒロインなんだというのを、私以外は、みんな知っていたんです》ということらしい(『ROCKIN'ON JAPAN』2006年2月号)。それでも合格したのは、彼女のなかに磨けば光るものが見出されたからだろう。

    高校進学は「必要ない」

     中島は1983年トラック運転手の父と、日本舞踊の師範である母のあいだに鹿児島に生まれた。日舞は幼いころよりピアノとともに習わされたという。しかし、人見知りが激しく、ピアノの発表会など人前に出るのは本当に苦手だった。勉強も小学校のときから好きになれず、中学に入ると、このまま無駄に高校に行くことはないと決意した。そのことを両親に告げると、最初こそ高校までは行きなさいと怒られたものの、「私にはたぶん必要ない」と訴えたところ、その代わりに何かやりたいことを見つけるよう言われたという(『週刊朝日』2020年11月13日号)。

     そこで選んだのがモデルだった。とはいえ、それも単に洋服が好きで、九州だけで売っている雑誌のモデルになれば、いろんな服が着られるというぐらいの軽い気持ちであった。それでも姉が福岡にあるモデルの事務所が募集しているのを見つけてくれ、入ることになる。

     こうして中学卒業後、事務所に入ったものの、福岡に住んだのは上京前の1年ほどで、それまでは鹿児島ファーストフード店などのバイトをしながら通っていた。前出のドラマ出演が決まって東京に出るときも、「東京に行ってもマックだったら働けるな」と思っていたぐらい気負いはなかった。

    「3年ぐらいで消えるだろうから、そろそろ…」

     ドラマで一躍注目を集め、デビュー曲「STARS」もヒットする。さらに翌2002年にリリースした1stアルバム『TRUE』もミリオンセラーとなり、同年末にはNHKの『紅白歌合戦』にも初出場した。しかし、中島はけっして浮かれることはなかった。彼女は後年、当時をこんなふうに振り返っている。

    《何もわからないままやっていたので、売れようが売れまいが、嬉しくもなんともなかったんです。私が書いた作品ではないし、私が考えたことでもなんでもないし、『よっしゃあ、私、やったぜ』みたいなのは全然なかった。むしろ、3年ぐらいで消えるだろうから、そろそろバイト探さなきゃと思っていたぐらいでした。そんな簡単な世界じゃない、という思いもあったんです》(『AERA』2019年12月16日号)

     デビューしてからというもの、ドラマの撮影やレコーディングに追われ、そのあいまには取材を受けたり、ドラマの劇中で歌う曲を覚えたりと、寝る間もないほど多忙な日々が続く。あまりに忙しくて、最初の1年くらいは、自分がどんな立場にあるのかもよくわかっていなかったという。このスケジュールがずっと続くのであれば、体がもたないと薄々気がつき始めたころ、1ヵ月ほど休みをもらい、初めてニューヨークに行った。そこでようやく、自分の立場のありがたみがわかって、歌にちゃんと向き合えるようになったり、気持ちを切り替えることができたという。

    大ヒット映画の裏側で

     当初は、歌って踊れるアイドルとして売り出されたが、彼女にはどうも噓をついているみたいで心地悪かった。3年ほどはお仕着せのヘアメイクや衣装で活動していたものの、やがて《このままだと自分が我慢できなくなるから、早めに対処してしまえと思って、髪の色を変えたんです》(『週刊朝日』前掲号)。所属事務所には黙っての強行突破であったという。

     アイドル路線から脱却してからも、「WILL」(2002年)や「雪の華」(2003年)、「ORION」(2008年)などヒットが続いた。そのなかで中島にとって大きな転機となったのは、2005年、映画『NANA』に宮﨑あおいとともに主演したことだという。矢沢あいの人気コミックの映画化である同作で、中島はロックバンドのボーカルとしてデビューを目指す大崎ナナを見事に演じきり、大ヒットとなる。

     じつは中島はそれまで、この仕事が終わったらやめると思いながらも、それを言い出せないうちに次の仕事が決まり……ということを繰り返してきた。だが、《『NANA』を撮り終わって……。その瞬間、もう、「辞めます」なんて言える状況ではなくなってしまったんです》という(「CREA WEB」前掲)。

    『NANA』の主題歌「GLAMOROUS SKY」も大ヒットし、オリコンのシングルチャートで初めて1位も獲得した。それでもなお充実感を抱くことはなく、その後もどうやって演じればいいのか、どうやって歌えばいいのか、探る日々が続く。もはややめられないと悟った分、そのプレッシャーは大きかっただろう。

    歌手生命の危機

     2010年にはさらなる試練に直面する。冒頭にも触れた耳の不調である。ひそかに病院にかかると耳管開放症と診断され、その後も通院を続けたが、根治は難しく、休むことを勧められた。それでも彼女はギリギリまで踏ん張ったものの、症状は悪化するばかりだった。ずっと耳栓をしているような症状から、無理やり絞り出すような声で歌っているうち、声帯の調子も悪くなっていく。

     そのころには周囲の人たちも、あきらかに音程がとれておらず、コントロールができる状態ではないと気づいていた。だが、彼女を中心にお金などいろんなものが動いていただけに、ストップをかけられなかった。そのため、最終的に中島自らレコード会社のスタッフを集めて、病状を明かし、休業するかやめるか決めてくれるよう切り出さざるをえなかったという。

     それは、大阪城ホール日本武道館でのデビュー10周年記念ライブを目前にしてのことだった。公演は中止を余儀なくされるも、彼女はファンのみなさんに直接謝りたいと、各会場の舞台に立ち、挨拶した。このとき、思いがけず客席から「A MIRACLE FOR YOU」の歌声が湧き起こる。これには彼女も《悩んでいる人を励ましたいという思いで私が作詞した歌なのに、私のほうが会場のみんなの合唱に励まされていて……。言葉にできないくらい感動しました》という(『婦人公論』2011年5月7日号)。同時に「この曲を返さなきゃいけない」とも思い、休業に入るに際しては、翌年4月からのツアーは絶対にやると宣言した。

     果たして、約半年間の休業を経て2011年4月にシングル「Dear」で復帰すると、宣言どおり全国ツアーを開催した。しかし、けっして本調子ではなく、自分では100%やりきったつもりではあったが、もうちょっとできただろうと悔しさも残った。それでも、ファンのなかに挫折した人がいれば、ボロボロの状態でもステージに立つ自分の姿を見て、その人たちが戻りたい場所に戻ろうと思ってくれたらいいなという気持ちで、ツアーを敢行したという(「Billbord JAPAN」2012年9月12日配信)。

    40歳の誕生日に再婚

     私生活では昨年、40歳の誕生日にギタリストの馬谷勇と再婚している。馬谷はバンドメンバーとして彼女を長らくサポートしてきた。彼にかぎらず、中島のスタッフへの信頼は厚く、彼女のなかでは、自分は表に立つだけで、「中島美嘉」をつくっているのは大勢のスタッフだという意識が強い。チームを組むスタッフたちとは、他愛もない話で盛り上がったり、ささいなことで笑ったりすることも多く、世間で思われているようなクールな自分でいなくて済むのでラクだという。そうしたチームの存在が、昔もいまも仕事を続けるモチベーションになっているようだ。

     それもあってか、中島自身、裏方になりたいという夢を抱き続けている。ある雑誌の取材中には、《もし、いま裏方にまわっていいと言われたら、はい、もう喜んでという感じです。(中略)詞はもちろん、ライブの構成、この企画にはこの人を起用して、この漫画を原作にして映画を、とか。そういうことを考えているとわくわくする》と語った(『AERA』前掲号)。ただ、つきあいの長いレコード会社のスタッフはこの発言を聞くや、彼女が歌っているおかげで救われている人は多いのだからと、できればずっと表舞台に立ち続けてほしいと釘を刺した。

     もちろん、それは中島も重々承知している。彼女としても、自分の歌を聴いて「救われた」とか「気持ちが前向きになった」という言葉をもらうことがあったから、歌を続けてこられたという。逆に《そういう、ファンの方達との心の交流のようなものがなかったら、私は今頃、この世界にはいなかったと思います》とまで語っている(「CREA WEB」前掲)。

     表舞台に立つ者として、ここ数年新たな挑戦も目立つ。2019年にはミュージカル『イノサンmusicale』で初舞台を踏んだ。また、一昨年の2022年には初めて自身でプロデュースし、曲もすべて自ら作詞・作曲したアルバム『I』をリリースした。

    「今の私だからこそ歌える楽曲の新しい側面」

     他方で、往年の自身の楽曲を新たな形で披露する機会も多い。一昨年にはYouTubeチャンネル「With ensemble」に登場し、オーケストラとのコラボレーションにより「ORION」を歌い上げたかと思えば、昨年は神戸でのアイスショーにゲスト出演し、彼女の歌う「GLAMOROUS SKY」に合わせ、プロスケーターの羽生結弦が氷上を華麗に舞った。

     ベテランの歌手には、過去の歌を求められると「いまもいい曲があるのに」と抵抗感を抱く向きもあるなかで、中島は《私は“今の私だからこそ歌える楽曲の新しい側面”を表現する貴重な機会だと思っています》として(「Billboard JAPAN」2022年12月21日配信)、リメイクに積極的だ。たとえば「雪の華」は、若いころは歌詞で描かれる関係性などよくわからなかったところも、歌い続けるうちに自分のなかで解釈が決まってきたという(「Real Sound」2022年3月20日配信)。

     こうした最近の活動を見ていると、中島は年齢を重ねることを楽しんでいるようにも思える。それも表舞台に立ち続けているからこそ。この分だと、まだまだ彼女が裏方に回ることはなさそうだ。

    (近藤 正高)

    ©Imaginechina/時事通信社


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】中卒で芸能界へ、初ドラマで鮮烈すぎるデビューを果たし…中島美嘉41歳が「平成の歌姫」になるまで】の続きを読む


    EXILE HIRO(エグザイル ヒロ、1969年6月1日 - )は、日本のプロデューサー、元ダンサー。EXILEのメンバー。LDH JAPANの創業者、代表取締役会長兼社長CEO兼CCO。 広島県竹原市出生、神奈川県横浜市磯子区出身。身長174cm。血液型はAB型。妻は女優の上戸彩。…
    22キロバイト (2,622 語) - 2024年2月11日 (日) 18:06
    タイで頑張っているEXILE HIRO、大変だろうけど応援しています!

    1 jinjin ★ :2024/02/18(日) 19:56:38.11 ID:CJE0hGwY9
    EXILE HIRO、コロナ禍で「死を意識した」海外拠点を一時撤退 現在はタイで奮闘


    EXILE HIRO(54)が、17日放送の日本テレビ系「アナザースカイ」(土曜午後11時)に出演。LDH再出発の拠点としたタイへの思いを語った。

    HIROは昨年10月、総合エンターテインメント企業「LDH JAPAN」の社長に復帰した。番組では、海外進出の拠点と位置づけるタイ・バンコクを訪れ「エンタメのASEANに向けての基地をバンコクと決めてからは、1年で4回か5回くらいは(来ている)」と語った。

    ニューヨークやロサンゼルス、オランダにも拠点を設けたが「16年から17年くらいに本格的に海外に向けてエンターテインメントを作ろうと準備していたんですけど、コロナでいったん撤退して」。

    また「新たに戦略を練り直して、今の時代に合ったエンターテインメントを届けたいということで。今バンコクからやり直している」と意気込んだ。


    コロナ禍での葛藤も語り「一番つらかったのはライブができないこと」。

    笑いを交えつつも「死を意識しました。でも学びになりました。今まで調子に乗ってたなって」と振り返り、「それももう、今は包み隠さず言って。でも撤退する勇気も必要だなっていうのは改めて思った。なのでここなんです、僕は。ここからやり直す。ここから絶対リベンジする」とタイで気持ちを新たにしていた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/a6dbed6dab6f19dd02ff9346bbcb85cf2ef3590d

    【【芸能】EXILE HIRO、コロナ禍で「死を意識した」海外拠点を一時撤退 現在はタイで奮闘】の続きを読む


    中山美穂さんがイメチェンしてヤンキー風のキービジュアルを披露してるけど、なんか新鮮だね。今までのイメージとは違うけど、すごく似合ってるんじゃないかな

    1 jinjin ★ :2024/02/18(日) 19:42:41.87 ID:CJE0hGwY9
    「なんかヤンキーみたい」中山美穂がイメチェンして披露の“キービジュアル”にネット困惑


    歌手で俳優の中山美穂が、4月から全国をまわるコンサートツアーを開催。
    そのキービジュアルが公開されたが、ネット上では「似合ってない」などと厳しい声が飛んでいる。


    2月9日、オフィシャルサイトとSNS上で19都市21公演をまわる全国ツアー『Miho Nakayama Concert Tour 2024 -Deux-』のチケット発売を告知した中山。
    4月7日の石川公演を皮切りに、北は青森から南は鹿児島まで、全国津々浦々を訪れる予定となっている。


    「ヤンキーみたいで悲しい」

    「チケット発売と同時に、ツアーのキービジュアルもお披露目されました。中山さんは淡いピンクの大きなリボンがついた、ボリューム感のある黒いドレスをまとい、スラリとした脚を披露。さらに、金髪のロングヘアがゴージャスな印象を与えていました。実は中山さん、昨年12月の時点で金髪にイメチェンしており、ネット上では『印象変わりすぎ』と驚く声も。今回のキービジュアルもネットニュース等で拡散され、ファン以外の目にも留まったからか、さまざまな声が上がっています」(芸能ライター)

    キービジュアルは中山のスタッフが管理するインスタグラムアカウントにも投稿され、ファンからは「美穂さま、カッコいい~! いつまでもお綺麗ですね!」「キービジュアルすごく素敵です! ツアーも絶対行きます!」といった歓喜の声が書き込まれている。


    一方、ファン以外のネットユーザーからは「金髪は似合ってない気がする。黒髪のほうが好きだなあ」「ひさびさに見たけど、ヤンキーみたいになってて悲しい」「なんか全体的にセンスが古い」などと批判的な声も多く、賛否が上がっている状態だ。


    全国ツアーチケットはまだ完売せず

    「一部では、『ミポリンと同世代だからわかるけど、白髪を隠すには明るい髪色にしたほうがラクなんだよね』『白髪が増えると急に明るい髪色にする人いるけど、それと同じじゃない?』といった“擁護”の声も。10代でデビューした中山さんも今年で53歳なので、年齢的なお悩みから金髪にした可能性もありそうですね」(前出・芸能ライター)

    また、ビジュアルとは別に、中山がコンサートツアーを行うことに疑問の声もある。

    「中山さんは俳優としても活躍していますが、『ただ泣きたくなるの』『ツイてるねノッてるね』などのヒット曲を持ち、レコード大賞の受賞歴もある人気歌手です。しかし近年は、フジテレビ系の大型音楽番組『FNS歌謡祭』に出演するたびに視聴者から微妙な反応が上がるように。2022年12月に出演した際は、『ツイてるねノッてるね』と『遠い街のどこかで…』を披露したものの、ネット上には『全然声が出てないじゃん』『中山美穂の歌がひどい。歌番組に出しちゃいけないだろ』など、辛口な意見も見受けられました」(音楽誌ライター)


    こうした背景があるため、「あの歌唱力でツアーをやる根性がすごい」「ちゃんとチケット売れるのか?」といった冷ややかな声が上がっている。
    なお、一般発売中のチケットはまだ完売には至っていない。

    とはいえ、ファンにとって念願のツアーであることは確か。
    無事に完走することを願うばかりだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/e662a4ead82aab292c575423aafe8fb247e6dcd1

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    【【芸能】「なんかヤンキーみたい」 中山美穂がイメチェンして披露の“キービジュアル”にネット困惑】の続きを読む



    (出典 kisyabaka.hatenablog.com)


    1994年は本当にJポップの黄金期だったよね。ミスチルや小室、ビーイングといったアーティストたちが素晴らしい作品を次々と生み出していたし、SMAPや桑田vs長渕のケンカなんていうエンターテインメントもあった。

    1 冬月記者 ★ :2024/02/18(日) 00:21:06.22 ID:SbtMTQoT9
    ミスチル、小室、ビーイング、SMAP覚醒から桑田vs長渕のケンカまで…Jポップは1994年に「絶頂」を極めた。


     今から30年前、1994年の日本レコード大賞は、Mr.Childrenの「innocent world」が受賞した。

     彼らが次作「Tomorrow never knows」のMV撮影のため授賞式を欠席したことで、レコ大にとっては黒歴史になってしまったが、評価としては至極真っ当だった。

     「innocent world」はオリコンシングルセールスランキングにおいて、この年度の1位作品であり、Jポップが絶頂を極めたこの年を象徴するものでもあったからだ。

     なぜ、この年、Jポップが絶頂を極めたといえるのか。それはこの記事が進むうちに、わかっていただけるだろう。

     ミスチルは前作「CROSS ROAD」でブレイク。桜井和寿がこれを書き上げたとき、「遂に100万枚セールスする曲が出来た!」と叫んだというエピソードもある作品だ。

     実際、この予言は的中。そこから96年の「花 -Mémento-Mori-」まで、ミスチルは8作連続でミリオンセラーのシングルを出し続けた。

     桜井が「100万枚」にこだわったのは、当時、大ヒットの基準がそれだったからでもある。

     バブル景気は90年に崩壊したとはいえ、すぐに打撃を受けたのは銀行や商社、ゼネコン、不動産の関係者。日本人の多くはまだまだ裕福で、気持ちも浮かれ気味だった。おかげで90年代の音楽シーンは、CDバブルとでもいうべき状況となったのだ。

     桜井のほかにも、この年、ミリオンセラーを初体験した大物がいる。小室哲哉だ。

     年間3位となった「恋しさと せつなさと 心強さと」(篠原涼子 with t.komuro)をはじめ、計3作のミリオンを達成(残り2作は、trf)。ここから小室ブームが始まり、翌年からは小室プロデュース作品がレコ大を4連覇することになる。

     なお、オリコンのデータでは、84年から89年まで、ミリオンセラーは途絶えていた。90年に久々の100万枚超えを果たしたのが「おどるポンポコリン」(B.B.クィーンズ)。いわゆるビーイング系のユニットだ。

     ビーイングはCDバブルの火付け役でもあり、翌年以降、B'zや大黒摩季、ZARD、WANDS、DEENなどでミリオンセラーを量産していく。94年もその勢いは健在で、4作で百万枚超えを達成。ミスチル、小室、ビーイングだけで9作のミリオンが生まれたこの年は、トータル18作というミリオンラッシュとなった。


     ちなみに、翌年と翌々年の作品数はこれをさらに上回るわけだが、筆者が94年こそJポップの絶頂期と見るのは、達成したアーティストの顔ぶれにバランスのよさを感じるからだ。

     広瀬香美や福山雅治といった当時の若手がいる一方で、中山美穂や藤井フミヤのような80年代アイドルも健闘している。また、藤谷美和子・大内義昭によるデュエットソング「愛が生まれた日」も100万枚超え。作詞は秋元康だ。

     さらに、松任谷由実、中島みゆき、CHAGE&ASKAといった70年代から活躍する人たちも健在ぶりを示した。これはJポップが誕生した経緯を考えても、なかなか興味深い。

     というのも、70年代にフォークやロック、ニューミュージック、シティポップなどと呼ばれていたものが「新時代の歌謡曲」としてひとまとめに進化(? )したのがJポップだとするなら、ユーミンやみゆき、チャゲアスはまさにその流れを象徴する人たちだからだ。

     この人たちは80年代、松田聖子や柏原芳恵、光GENJIといったアイドルへの作品提供でも結果を残した。いわば、アイドルという実験場において、歌謡曲的なヒット手法を学んだことが90年代でのさらなる成功につながるわけだ。

     また、このようなジャンルを超えた異種交配のようなコラボが繰り返されるうち、細かいジャンル分けは無意味化していった。その結果「Jポップ」という大ざっぱだが便利な呼び方が生まれ、定着していくのである。

    続きはリンク先
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0ab8a21cf257fbe6097140ec29a3c3206f674f05?page=1

    【【音楽】ミスチル、小室、ビーイング、SMAP覚醒から桑田vs長渕のケンカまで… Jポップは1994年に「絶頂」を極めた】の続きを読む



    SHOCK EYE(ショック アイ、本名:植村家浩(うえむら いえひろ)、1976年〈昭和51年〉12月14日 - )は、レゲエグループ・湘南乃風のメンバーであるレゲエミュージシャン、著作家。また、ポルノグラフィティの新藤晴一らと結成したTHE 野党のボーカルでもある。…
    18キロバイト (2,089 語) - 2024年2月11日 (日) 08:57


    久々にSHOCK EYEさんの姿が見れて嬉しい!パワースポット巡りって、いいリフレッシュ方法ですね。

     ”歩くパワースポット”こと湘南乃風SHOCK EYE(47)が2月15日に自身のInstagramを更新し、毎年訪れるという神社を訪れたことを報告した。

     この日の投稿では、「毎年必ず」と書き出し、「みちひらきの神、芸能の神のご夫婦。猿田彦神社、そして佐瑠女神社」と、三重県伊勢市伊勢神宮内宮の近くにある神社に訪れたことを報告し、鳥居の前で自撮りしたショットを公開した。「2018年9月、僕の新しいみちをひらいてくださいました。せっかくのご縁は一度きりでなく、、神恩感謝。」とつづった。

     この投稿にフォロワーからは、「いつも素敵な言葉と写真をありがとうございます!!」「神秘的ですね、今日もいい一日になりそうです。」「とても元気にパワーを頂きました」など様々なコメントが寄せられていた。

    Instagram:SHOCK EYE(@shockeye_official)より


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】”歩くパワースポット”湘南乃風・SHOCK EYE、毎年恒例の芸能の神参拝を報告】の続きを読む

    このページのトップヘ