芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > 相撲


    玉鷲の初優勝


    玉鷲の初優勝、土俵下の師匠も感慨=大相撲初場所 玉鷲の初優勝、土俵下の師匠も感慨=大相撲初場所
    玉鷲の初優勝を審判員として土俵下で見届けた師匠の片男波親方(元関脇玉春日)は「裸一貫でモンゴルから日本に来て、相撲も知らない、言葉も分からない状況か…
    (出典:スポーツ総合(時事通信))


    玉鷲 一朗(たまわし いちろう、1984年11月16日 - )は、モンゴル国ウランバートル市出身で片男波部屋所属の現役大相撲力士。本名はバトジャルガリーン・ムンホルギル(モンゴル語キリル文字表記:Батжаргалын Мөнх-Оргил、ラテン文字転写:Batjargalyn
    50キロバイト (7,220 語) - 2019年1月27日 (日) 11:58



    (出典 pbs.twimg.com)


    玉鷲の初優勝を審判員として土俵下で見届けた師匠の片男波親方(元関脇玉春日)は「裸一貫でモンゴルから日本に来て、相撲も知らない、言葉も分からない状況からよくここまできた。大したもの」と感慨深げに話した。

    【玉鷲の初優勝】の続きを読む


    元横綱・武蔵丸「一番強かったのは貴乃花」 白鵬との違いは


    NO.7220642 2019/01/26 23:34
    元横綱・武蔵丸「一番強かったのは貴乃花」 白鵬との違いは
    元横綱・武蔵丸「一番強かったのは貴乃花」 白鵬との違いは
    平成前期の各界は優勝決定戦が頻発、語り継がれる名勝負も多い。

    元横綱・武蔵丸、武蔵川光偉親方が当時のライバルを語った。

    私は平成元年(1989年)初土俵。

    当時、平成前期の力士たちはそれぞれが自分の型を持っていましたね。

    長い腕や重い体重を利用して、とにかく自分が有利になるような相撲に持ち込んでいた。

    この形になれば横綱にも負けないと、みんなが自信を持って戦っていました。

    力が拮抗していたので、序盤から星の潰し合いがあって、千秋楽の最後の一番まで誰が優勝するかわかりませんでした。

    千秋楽の勝ち負けで星が並び、優勝決定戦になるのはザラ。

    なんでも平成5〜10年(1993〜1997年)には優勝決定戦が11回もあったとか。

    私も生涯7回の決定戦を戦いました。

    ただ実は、私は決定戦で負けた記憶しかないんですよね(苦笑)。

    戦績は1勝6敗。

    勝ったのは平成8年(1996年)11月場所、結び前と結びの一番で3敗力士が負けて11勝4敗で並んだ、史上初の「5人での優勝決定戦」でした。

    若者頭から「決定戦をやる」と言われて土俵に行くと、「(戦う力士が)結構いるじゃないか」と驚いたのを覚えています。もうとにかく..



    【日時】2019年01月26日 16:00
    【ソース】NEWSポストセブン
    【関連掲示板】


    【元横綱・武蔵丸「一番強かったのは貴乃花」 白鵬との違いは】の続きを読む


    白鵬休場、「脚が痛い」「眠れない」と親方に連絡


    NO.7219412 2019/01/26 12:50
    白鵬休場、「脚が痛い」「眠れない」と親方に連絡
    白鵬休場、「脚が痛い」「眠れない」と親方に連絡
    大相撲初場所14日目の26日、横綱白鵬(33=宮城野)の休場が決まった。

    「右膝血腫、左足関節炎で今後約1週間の加療を要する見込み」とのこの日付の診断書を提出した。

    白鵬は初日から10連勝と好調だったが、11日目に小結御嶽海、12日目に関脇玉鷲、13日目に関脇貴景勝と、3連敗していた。

    白鵬の休場は2場所連続で通算11度目。

    14日目の大関豪栄道戦は不戦敗となる。

    白鵬は全勝優勝した昨年9月の秋場所後、右膝と右足首を手術し、同11月の九州場所を全休した。

    今場所は2場所ぶりの優勝を目指していた。

    師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)によると、4日目の前頭北勝富士戦で手術した右膝を再び痛めたという。

    同親方は「北勝富士との取組で土俵から落ちた時に脚を打って腫れた。

    血抜きして我慢したけど、その翌日に(前頭)錦木とやった時に(左)足首も痛めて我慢しながら出場していた。

    昨日(13日目)の取組後、脚を冷やして、部屋で(午後)8時ごろまでマッサージを受けて帰ったけど(午後)11時半ごろに『脚が痛い』『眠れない』と連絡があった」と、休場に至る経緯を説明した。

    同親方が千秋楽も出場しないと明言したことで、今場..



    【日時】2019年01月26日 11:31
    【ソース】日刊スポーツ
    【関連掲示板】


    【白鵬休場、「脚が痛い」「眠れない」と親方に連絡】の続きを読む


    稀勢の里が引退表明…初日から3連敗、横綱ワースト8連敗で決断


    NO.7197755 2019/01/16 09:02
    稀勢の里が引退表明…初日から3連敗、横綱ワースト8連敗で決断
    稀勢の里が引退表明…初日から3連敗、横綱ワースト8連敗で決断
    第72代横綱・稀勢の里(32)=田子ノ浦=が16日、現役引退を表明した。

    15日の大相撲初場所3日目に、東前頭筆頭・栃煌山(31)=春日野=に寄り切られ初日から3連敗。

    横綱ワーストの8連敗を喫し、一夜明けて「引退」することを決断した。

    稀勢の里は2017年初場所で14勝1敗の成績で初優勝し、1998年夏場所後の3代目若乃花以来、19年ぶりとなる日本出身の横綱に昇進。

    同年春場所では13日目に左腕付け根を負傷しながら出場を続け、決定戦の末に先代師匠の故・鳴戸親方(元横綱・隆の里)と同じ新横綱優勝を飾った。

    新横綱の優勝は15日制が定着した49年夏場所以降では95年初場所の貴乃花(現親方)以来22年ぶりの快挙だった。

    しかし、けがを押しての出場の代償は大きく、年6場所制(1958年)以降の横綱ワーストとなる8場所連続休場をするなど、地位にふさわしい力量を示せずにいた。

    昨年11月の九州場所で、横綱としては87年ぶりに初日から4連敗して途中休場。

    場所後に行われた横綱審議委員会では、初めて「激励」決議が出された。

    九州の休場を決断する際には「このままでは終われない。もう一..



    【日時】2019年01月16日 08:44
    【ソース】スポーツ報知
    【関連掲示板】


    【稀勢の里が引退表明…初日から3連敗、横綱ワースト8連敗で決断】の続きを読む


    初日から連敗の稀勢の里


    【大相撲初場所】初日から連敗の稀勢の里 引退の涙か? 【大相撲初場所】初日から連敗の稀勢の里 引退の涙か?
    いよいよ「引退」が現実味を帯びてきた。大相撲初場所2日目(14日、東京・両国国技館)、進退がかかる横綱稀勢の里(32=田子ノ浦)が幕内逸ノ城(25=湊)のはたき込みに屈して初日から2連敗を喫した。昨…
    (出典:スポーツ総合(東スポWeb))


    ^ 稀勢の里、秋の綱獲り消滅/名古屋場所日刊スポーツ2013年7月22日配信 ^ 稀勢の里、初場所で綱とり=大相撲時事ドットコム2013年11月24日配信 ^ 『相撲』2014年2月号118頁から119頁 ^ 、足痛めピンチ 苦痛に表情をゆがめる/初場所
    141キロバイト (22,348 語) - 2019年1月15日 (火) 08:55


    いよいよ「引退」が現実味を帯びてきた。大相撲初場所2日目(14日、東京・両国国技館)、進退がかかる横綱稀勢の里。日本人横綱がいなくなります。

    【初日から連敗の稀勢の里】の続きを読む

    このページのトップヘ