芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:TV・ラジオ・CM > ドラマ


    世代が違うと見方が変わるのか。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2023/01/29(日) 19:05:48.12ID:w2zzXyyj9
    記事投稿日:2023/01/29 06:00 最終更新日:2023/01/29 06:00

    牛窪恵

    住んでいた場所は違っても、年齢が近ければ「そうそう! わかる」って盛り上がれるのが、青春時代、欠かさず見ていたドラマの話。活躍する同世代の女性と一緒に、“’90年代”を振り返ってみましょう――。

    「『101回目のプロポーズ』(’91年・フジテレビ系)はバブル期のフジテレビ“月9”で放送されていたため、トレンディドラマとして語られることが多いですが、かなり異色の作品といえます。トレンディドラマの定番といえば、その源流ともいえる『抱きしめたい!』(’88年・フジテレビ系)のように、
    都会的でおしゃれな生活を送る美男美女の華やかな恋愛模様が大半。さえない中年を演じた武田鉄矢さんの起用には、誰もが驚いたのではないでしょうか。当時フジテレビ局員だった私の父も、放送前は局内で視聴率を心配する声が上がったと言っていました」

    そう話すのは、世代・トレンド評論家の牛窪恵さん(55)。

    ドラマは、99回もお見合いで断られ続けたモテない男(武田)が、浅野温子演じるヒロインに猛アタックしていく展開。

    「ダブル浅野として人気絶頂だった浅野温子さんを、武田さんがどのように振り向かせるのか、その恋の行方に注目が集まりました。今でも語り継がれる第6話の、『僕は死にましぇ~ん』と叫びながら、走ってくるトラックの前に立ちはだかるシーン。これが大きな話題となり、そこからドラマを見始めた人も多かったようです」




    ■女性の社会進出が生んだ“逆格差”ドラマ
    https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2171791/

    1 2023/01/29(日) 14:45:40.66 ストーカーっぽくて怖い…『101回目のプロポーズ』がまるで響かないZ世代の恋愛観 [朝一から閉店までφ★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1674971140/

    【【芸能】ストーカーっぽくて怖い…『101回目のプロポーズ』がまるで響かないZ世代の恋愛観】の続きを読む


    力入れている。

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/22(日) 10:32:08.56ID:uBliTwXk9
    1/22(日) 9:06配信 日刊ゲンダイDIGITAL

     14日に放送スタートした嵐・櫻井翔(40)の主演ドラマ「大病院占拠」(日本テレビ系)。“タイムリミット・バトル・サスペンス”と銘打たれた今作は、鬼の面をつけたテロリスト集団に占拠された大病院を舞台に櫻井演じる敏腕刑事が、ひとりで立ち向かうというオリジナル作品。日テレは放送当日、櫻井がMCを務める「1億3000万人のSHOWチャンネル」と「大病院占拠」の合体SPを放送するなど、局を挙げて番宣に力を入れた。

     さらに櫻井の後輩であるSnow Manのメンバーも「SHOWチャンネル」に登場させ、Snow Manのドラマ主題歌担当を番組内で発表する大掛かりな仕掛けも用意したが、結果はイマイチ。平均世帯視聴率はなんとか7%台(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をクリアしたものの、ネットでは《いまいち緊張感がないと言うか、コント感があると言うか…敏腕刑事の設定ならもっと鋭い感じの役者にして欲しかった》《安い、ダサい、つまらない。ネメシスに続き大失敗。いいかげん学習してほしい》と辛辣な感想が相次いだ。

    「櫻井さんを担ぎ上げ、局を挙げて番宣に力を入れているところを見ると2021年4月期の『ネメシス』を思い出す視聴者も多いでしょう。唯一違う点は、放送枠と後輩グループのSnow Manが主題歌を担当しているという点でしょうか。局としては『ネメシス』のような低空飛行を避けたいため、今ジャニーズで一番CDが売れるSnow Manを投入し少しでも話題を呼びたいのだと思います」(ドラマ制作関係者)

     また、作中に登場する鬼の声もボイスチェンジャーで加工されているが、ネットで多く名前が挙がっているのは、青鬼を演じているとされるSexy Zone・菊池風磨(27)だ。この予想が当たれば、今作は主演・主要キャスト・主題歌が全てジャニーズということになる。

     さらに、ネメシスの劇場版「映画 ネメシス 黄金螺旋の謎」が3月から公開される。そのために櫻井を再度起用し、映画を少しでも盛り上げたいという思惑もあるのだろうが、今のところ「鬼を演じるキャスト」ばかりに話題が集中している印象だ。

    「櫻井さんの清潔感と品のある雰囲気が、刑事らしくないという感想も多い。せめて鈴木亮平や、真栄田郷敦らアクションと演技力に定評のある俳優をどこかに配置すればよかったのでは……という声も上がっています」(同)

     ジャニーズ総出で大コケとなったら目も当てられない。鬼の正体とともにドラマ視聴率の行方に注目が集まる。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d6def3c96d1fbe52f8ebbec5523508260e107b44

    【【芸能】ジャニーズ総出で主演の櫻井翔をヨイショ…「大病院占拠」を襲う「ネメシス」低調の後遺症】の続きを読む



    1 combatt ★ :2023/01/15(日) 20:19:07.11ID:w67DuUHv9
    大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合)の放送が始まった。物語の主人公・徳川家康(松平元康)を演じる松本潤と共に出演するのが、同じジャニーズ事務所に所属する岡田准一だ。岡田は家康と浅からぬ縁がある織田信長を演じている。


     近年の大河ドラマでは、『鎌倉殿の13人』(NHK総合)の小栗旬と菅田将暉、『青天を衝け』(NHK総合)の吉沢亮と草彅剛など、主演級の俳優が2~3人いるイメージがある。松本も岡田も数多くの作品で主演を務めているが、信長を演じる岡田といえば、近年『燃えよ剣』『散り椿』『関ヶ原』と自身が主演を務める時代劇映画のイメージが強い。時代劇のフィールドにおいて、大河ドラマ初出演にして初主演となる松本と時代劇を得意とする岡田は対極の立場に位置する。岡田の強い存在感が主人公を食ってしまう勢いも感じさせる。

     実際に、第1回「どうする桶狭間」の終盤にわずかしか登場しなかった信長は強烈な印象を残した。「桶狭間の戦い」の結末を知っていても、今川義元を演じている野村萬斎の威厳のある佇まいを見ていると、義元を慕う松平元康同様、負けるはずがないと思えた。しかし信長は、討ち取った義元の首を手に、二千の兵を率いて家康のいる城へと向かってくる。信長は義元の首をぶら下げた槍を投げ捨てるのだが、その平然とした顔つきにゾッとさせられる。怯える家康の脳裏に浮かぶのは、幼い頃の自分をしごく信長の姿だ。竹千代(川口和空)の耳元で「食ってやろうか」と囁き、幾度も竹千代を投げ飛ばす信長はどことなく楽しげで、狂気が感じられる。

    大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合)の放送が始まった。物語の主人公・徳川家康(松平元康)を演じる松本潤と共に出演するのが、同じジャニーズ事務所に所属する岡田准一だ。岡田は家康と浅からぬ縁がある織田信長を演じている。


     近年の大河ドラマでは、『鎌倉殿の13人』(NHK総合)の小栗旬と菅田将暉、『青天を衝け』(NHK総合)の吉沢亮と草彅剛など、主演級の俳優が2~3人いるイメージがある。松本も岡田も数多くの作品で主演を務めているが、信長を演じる岡田といえば、近年『燃えよ剣』『散り椿』『関ヶ原』と自身が主演を務める時代劇映画のイメージが強い。時代劇のフィールドにおいて、大河ドラマ初出演にして初主演となる松本と時代劇を得意とする岡田は対極の立場に位置する。岡田の強い存在感が主人公を食ってしまう勢いも感じさせる。

     実際に、第1回「どうする桶狭間」の終盤にわずかしか登場しなかった信長は強烈な印象を残した。「桶狭間の戦い」の結末を知っていても、今川義元を演じている野村萬斎の威厳のある佇まいを見ていると、義元を慕う松平元康同様、負けるはずがないと思えた。しかし信長は、討ち取った義元の首を手に、二千の兵を率いて家康のいる城へと向かってくる。信長は義元の首をぶら下げた槍を投げ捨てるのだが、その平然とした顔つきにゾッとさせられる。怯える家康の脳裏に浮かぶのは、幼い頃の自分をしごく信長の姿だ。竹千代(川口和空)の耳元で「食ってやろうか」と囁き、幾度も竹千代を投げ飛ばす信長はどことなく楽しげで、狂気が感じられる。
    https://realsound.jp/movie/2023/01/post-1234816.html/amp

    【【どうする家康】岡田准一「待ってろよ、俺の白兎」のインパクト】の続きを読む


    見て来る人が多いんだ。

    1 muffin ★ :2023/01/14(土) 15:33:50.96ID:sIvQieTH9
    https://weekly-jitsuwa.jp/archives/91168
    2023.01.12

    テレビ東京が昨年9月15日から放送している『孤独のグルメ 全話イッキ見』が、ネット上で物議を醸している。

    松重豊主演の同ドラマは、昨年10月7日~12月23日にかけてシーズン10が放送され、12月31日の特番『孤独のグルメ2022大晦日スペシャル 年忘れ、食の格闘技。カニの使いはあらたいへん。』も大好評。現在も『孤独のグルメ 全話イッキ見』が続いており、現在はシーズン6を再放送中で、番組ファンからは歓喜の声が上がっている。

    「ところが、グルメファンからは悲鳴が上がっているんです。というのも、同番組で紹介された店は放送の翌日から軒並み長蛇の列。これまでも、地元の常連客からたびたび苦情が出ていましたからね。今回の一気見再放送で、過去に紹介された店が再び注目を集めており、一時は落ち着いていた客足が一気に急増しているそうなんです。店はホクホクでしょうが、常連客はたまったもんじゃないというわけです」(放送担当記者)

    ネット上にも恨み節が。

    《配信サイトならまだしも地上波で再放送は勘弁してほしい。店が混んでランチ難民になってる》

    《いつも行く店がやけに混んでると思ったら、孤独のグルメで再放送してた。マジで勘弁してほしいんだけど…》

    《新規の店はいいけど、再放送はやめてほしい。店が混んで入れない。前回は普通の客足に戻るのに1年かかったんだが、今回はどうなることやら…》

    《再放送で数ヵ月は無理だな。他の店探すわ》

    大みそかと元日にはシーズン7と8、一昨年に放送されたロードムービー第1弾『孤独のグルメ2021大晦日スペシャル』を計15時間40分も一挙放送していたテレ東。同局にとってはキラーコンテンツなだけに、今後も再放送は何度も繰り返されるだろう。

    【【ドラマ】『孤独のグルメ 全話イッキ見』に常連客が悲鳴「店が混んでランチ難民になってる」「再放送…マジで勘弁して」】の続きを読む


    どうなるのかな?

    1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/01/12(木) 15:33:33.98ID:mJnNQpjE9
    投稿日:2023.01.12 15:20 FLASH編集部

     1月12日、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』の第70話が放送された。心筋梗塞で急死したヒロイン・舞(福原遥)の父・浩太(高橋克典)に代わり、母・めぐみ(永作博美)がIWAKURAの社長となって会社を経営することを決意。銀行から経営計画の提出を求められ、3人をリストラすることを決めて……という話が展開された。

     年が明け、折り返し地点をターンした『舞いあがれ!』だが、父・浩太の死により、会社がピンチに陥り、息苦しい展開が続いている。旅客機のパイロットを目指していた舞も、家業のピンチを目の当たりにし、「私も会社を手伝う」という流れになっている。

     SNSでは、

    《日を追うごとにイライラする展開になってきた 経営舐めてる脚本展開も舞とめぐみさんの言動にもイライラする お父ちゃんがいなくなるまでの舞いあがれすごく好きだったからショック大きすぎる》

    《今日の舞ちゃんにはイラっとした。甘いよ…甘すぎるよ…「私も手伝うから!」って何の知識もない舞ちゃんになにができるん?感情だけで会社経営できるとでも?》

     などの声が。さらには、

    《舞ちゃんの感情的なところ、ちょっと嫌になり始めてる‥(笑) この物語の着地点ってどこなの? ちむどんどん感を感じ始めてるのよね・・不安》

    《感情だけで突き進む。ちむどんどん化が加速。終わりの始めりにならなければいいが…》

     と、“ちむどんどん化” を心配する声が急増している。

     ただ、その一方では、

    《ちむどん○んでは いつの間にか消え去っていた借金問題を こんなに何週もかけて懇切丁寧に描くとは…》

    《かなりリアルにリストラの様子が描かれている。金曜には問題があっさり解決していた「ちむどんどん」と違い、長期的に立て直していこうとするプロセスは一朝一夕にいかないからこそ観るのが辛いけど目が離せない》

     と、ていねいな脚本を高く評価する意見も多い。

    「視聴率を比較すると、年末までの前半は『ちむどんどん』とほぼ互角でしたが、工場の経営危機という話になって以降、視聴率が急落しているのが気になります。

     細やかな心理描写など、脚本や演出は評価されるべきでしょうが、重い展開が続いて、視聴者もさすがにツラいのでは。

    『ちむどんどん』はなんだかんだ言われながら、後半は視聴率がやや持ち直しているんですが、『舞いあがれ!』はどうでしょうか」(テレビウオッチャー)

    『舞いあがれ!』第14週(1/4~1/6)の平均視聴率は14.7%で、これまでの週平均視聴率で最低を記録した。ここから再び、舞いあがることはできるのか――。

    ( SmartFLASH )
    https://smart-flash.jp/entame/217630/1

    【【朝ドラ】『舞いあがれ!』折り返しも “ちむどん化” を心配する声「感情だけで突き進む」「着地点どこなの」】の続きを読む

    このページのトップヘ