芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:TV・ラジオ・CM > ドラマ


    どうなるのかな?

    1 ネギうどん ★ :2022/08/11(木) 14:19:53.53ID:CAP_USER9
    8月4日に『Hey!Say!JUMP』の中島裕翔が主演を務める、ドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系)の第4話が放送された。ついに視聴率が打ち切りラインにまで低下。今期ワースト争いが白熱している。

    主人公の新田正樹(中島)は、父・秀雄(神保悟志)が学校法人『立秀学園』の理事長、母・景子(舟木幸)が教師という規律正しい家庭に生まれる。しかし、優秀だった兄・幸助と常に比較され続け、強いコンプレックスを抱いてしまう。

    正樹は、幸助が大学時代に事故で他界してからも、どうすれば周囲から良く思われるかを考えながら、打算的に生きていた。そんな折、赴任先の高校で和泉冴(吉川愛)に出会う。教師と生徒である2人は、元音楽教師の小坂由希乃(筧美和子)の失踪事件を通して徐々に絆を深めていくのだが…。

    3%台に突入する作品が続々と?

    初回の世帯平均視聴率はわずか4.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。その後、第2話は4.3%、第3話は4.4%と低空飛行で踏みとどまっていたが、第4話でついに3.7%と打ち切りラインに到達した。これにネット上では

    《これ普通に面白いのに…》
    《キャストたちのためにも早く打ち切ってあげれば良いのに、歴史的な低視聴率を叩き出したらキャストたちにそのイメージがつくぞ》
    《面白くなってきたのに、でもフジ木10じゃ何やってもダメだね、避けられ枠になってる》
    《なかなかの逸材やな。なんでも一番はいい事やで》
    《これ本来やるはずだった企画がポシャって急遽やる事になったのか?と思うようなキャスト》

    などさまざまな反応が上がっている。

    「今期のプライム帯ドラマは、なかなかお目にかかれない3%台を出している作品がすでに2つもあります。『純愛ディソナンス』と、第2話で3.9%。第3話で3.8%を記録した『初恋の悪魔』(日本テレビ系)です。今のところ、ワーストは3.7%の記録を保持している『純愛ディソナンス』ですが、今後『初恋の悪魔』が記録を更新する可能性も。また、第4話が4.0%だった『テッパチ!』(フジテレビ系)、急速な勢いで数字が落ちている『家庭教師のトラコ』(日本テレビ系)などが、これから記録を更新する気配もあります。今期はヒット作でも10%ギリギリなので、日本ドラマ史上最低クールになるでしょう」(芸能記者)

    見逃し配信の普及によって、今後ますます数字は下がっていきそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/370905

    【【ドラマ】今期ドラマが壊滅状態…日本ドラマ史でワースト視聴率か 3%台がすでに2つも [ネギうどん★]】の続きを読む



    コメントを出す。

    モデルプレス=2022/08/10】俳優の鈴木伸之が、11月スタートテレビ東京系木ドラ24「自転車屋さんの高橋くん」(毎週木曜深夜0時30分~)で主演を務めることが決定。女優の内田理央が共演する。

    【写真】内田理央、書初めで“美文字”披露「字まで綺麗」「驚きの上手さ」と反響

    ◆鈴木伸之主演で「自転車屋さんの高橋くん」実写化

    原作は、リイド社「トーチweb」で掲載中のオリジナルコミックで、松虫あられによる同名作。「第10回ananマンガ大賞」準大賞作品に選ばれるほか、「pixivコミックランキング2020『恋愛グルメ部門』」第3位、「このマンガがすごい!2022 オンナ編」13位、「マンガ大賞2022」第10位を獲得し、累計100万部超えのヒット作をドラマ化する。

    東京出身の飯野朋子(はんのともこ)、略してパン子30歳。岐阜で一人暮らしをしながら、会社勤めをしている。人付き合いが苦手で自分の意見をはっきりと言えないパン子は、会社では上司から微妙なセクハラを受けたり、同僚からの誘いを断れずにいて悩む日々を送っていた。

    ある日、自転車で街に出かけた朋子は、チェーンが外れたことをきっかけに近所の自転車屋を営む高橋遼平と出会う。イケメンだが見た目がヤンキーで、ちょっと強引な遼平を怖いと感じる朋子だったが、悩んでいることを否定せず、優しく寄り添ってくれる遼平に徐々に惹かれていき…。世話好き年下ヤンキーと内気なアラサー女子の大人の胸キュンピュアラブストーリーだ。

    ◆鈴木伸之が年下ヤンキー内田理央アラサー女子に

    年下ヤンキー・遼平を演じるのは、映画「東京リベンジャーズ」や「ラジエーションハウス放射線科の診断レポート~」シリーズフジテレビ)などの話題作に出演し、ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(読売テレビ日本テレビ)や「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」(日本テレビ)といった様々な作品で、巧みな演技力で幅広い役をこなす鈴木に決定。

    そして、アラサー女子・朋子を演じるのは、ドラマおっさんずラブ」(テレビ朝日)で主人公幼馴染・ちず役で人気を博し、近年ではドラマ「向かいのバズる家族」(日本テレビ)、ドラマ「来世ではちゃんとします」シリーズテレビ東京)の主演を務めたほか、雑誌「MORE」レギュラーモデルなど幅広いジャンルで活躍する内田に決定した。

    ◆鈴木伸之&内田理央が意気込み「精一杯頑張ります」

    鈴木は主演決定にあたり、「原作を読ませていただいた際、様々な登場人物とのやり取りや行動など、直接的な表現以外でキャラクター各々の人間性が描かれていて、とても素敵な作品だと感じたのを覚えています。そんな作品に携わることができて本当に嬉しいです」と喜びを語り、「今回演じるにあたり、寡黙で不器用でありながらも、優しくて心が温かい人間であるという遼平の最大の魅力を、映像を通して皆さんに伝えられるように頑張りたいと思います」と意気込み。

    内田は「元々原作の漫画を持っていて、真っ直ぐで優しい遼平君にきゅんとしていました。なのでドラマ化はきっとするだろうとは思っていたのですが…まさかパン子でオファーを頂けるなんて!!とても光栄です」とし、「パン子として遼平くんの一番近くできゅんとしながらも、視聴者の皆さんを毎週ドキドキさせられるように精一杯頑張ります。是非お楽しみに!」とコメントした。(modelpress編集部)

    ◆高橋遼平役:鈴木伸之コメント全文

    高橋遼平役を演じさせていただきます、鈴木伸之です。原作を読ませていただいた際、様々な登場人物とのやり取りや行動など、直接的な表現以外でキャラクター各々の人間性が描かれていて、とても素敵な作品だと感じたのを覚えています。そんな作品に携わることができて本当に嬉しいです。

    今回演じるにあたり、寡黙で不器用でありながらも、優しくて心が温かい人間であるという遼平の最大の魅力を、映像を通して皆さんに伝えられるように頑張りたいと思います。是非皆さんにご覧になっていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。

    ◆飯野朋子役:内田理央コメント全文

    元々原作の漫画を持っていて、真っ直ぐで優しい遼平君にきゅんとしていました。なのでドラマ化はきっとするだろうとは思っていたのですが…まさかパン子でオファーを頂けるなんて!!とても光栄です。半分が岐阜ロケで、原作のモデルとなった街での撮影となります。ギュッと凝縮された時間が過ごせるかなととても楽しみです。そして大垣で少しでも美味しいものが食べられるといいなと思い、パンフレットを熟読しております(笑)

    パン子として遼平くんの一番近くできゅんとしながらも、視聴者の皆さんを毎週ドキドキさせられるように精一杯頑張ります。是非お楽しみに!

    ◆原作:松虫あられコメント

    LDHさんにドラマ化のお話を頂いた時は確か1巻が出てしばらくした頃。私は密かに鈴木伸之さんが良いな~と思っていたらLDHさんに高橋くん役に鈴木さんを勧めて頂きビックリしたのを思い出します。そしてパン子の役は難しく中々難航していたところ、ドラマ内田理央さんの演技に惹かれたのを思い出し、お引き受け頂けるか心配でしたが、前向きにお引き受け頂けて嬉しく思いました。

    そして脚本の北川亜矢子さん。こちらの要望や提案を何度もお聞きいただき、とても面白い脚本に仕上げて頂きました。私自身このドラマにとても期待しております。

    ◆監督・プロデューサー:太田勇(テレビ東京コメント

    初めて「自転車屋さんの高橋くん」を読んだ時、古い映画に出てくるような奥ゆかしくてもどかしい2人の恋愛にすぐに夢中になり、こんな素敵な漫画に出会えたことに心が震えました。映像化が決まった時も、その喜びに心が震えました。そしてこの原作の素晴らしさをどうしたら映像化できるのか、出した答えは、漫画の舞台である岐阜県大垣市で撮影することでした。

    予算がないことで有名なテレ東深夜ドラマで3週間の地方ロケ、今度は別の意味で心が震えました。。。ドロドロ不倫や激しい恋愛が昨今の深夜ドラマのトレンドですが、その真逆の作品です。中々サビがこない素敵なラブソングのような恋愛ドラマを一緒に楽しんで頂けたらと思います。

    Not Sponsored 記事】

    鈴木伸之、内田理央 (提供写真)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】鈴木伸之、内田理央と大人の胸キュン恋愛ドラマ「自転車屋さんの高橋くん」実写化<コメント>】の続きを読む



    どうなるのかな?

     10月からテレビ朝日系火曜午後9時台にドラマ枠が新設され、女優の沢口靖子が主演を務める人気ドラマシリーズ最新作「科捜研の女 2022」が第1弾として放送されることを、各スポーツ紙などが報じた。

     「科捜研の女」は、1999年の放送開始から現行連続ドラマ最多シリーズ記録を更新中で、沢口演じる京都府警科学捜査研究所の法医研究員・榊マリコの活躍を描いた作品。

     今年4月に終了したシーズン21まで、木曜午後8時台の木曜ミステリー枠で放送されてきたが、同枠は7月期を以って23年半の歴史に幕を下ろすことになり、今後の放送が注目されていたが、いきなり新シーズンが放送されることになった。

     ​>>高視聴率獲得の要素が見当たらないテレ朝の新医療ドラマ<<​​​

     記事によると、同局のプライム帯(午後7~11時)にドラマ枠が新設されるのは2006年4月期以来、16年半ぶり。幅広い世代の視聴者が楽しめる上質な作品をラインアップするのが新ドラマ枠で、最新作は新たなステージにふさわしくリニューアル。よりハイクオリティー大人の科学ミステリーに変貌を遂げるというのだが……。

     「テレ朝としては、若い世代の視聴者を取り込むために新枠を設けたはずだが、結局『科捜研の女』で、木曜の放送と視聴者層は全く変わらないだろう。要は、新たにシリーズ化できそうなドラマの企画が間に合わなかった。さすがに、来年1月期は新たなドラマシリーズになりそうだが」(テレビ局関係者)

     14日から放送され、木曜ミステリー枠のフィナーレを飾るのは上川隆也主演の「遺留捜査」。同枠ではほかにも、内藤剛志主演の「警視庁・捜査一課長」シリーズの今後の放送についても注目されている。

     「新枠に木曜ミステリードラマが〝移籍〟するだけならば、全く意味がない。いっそのこと、ABEMAで放送されている若い世代に人気のドラマをそのまま放送してみるのもありなのでは」(テレビ誌記者)

     今後の戦略が気になるところだ。

    沢口靖子


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】テレビ朝日、ドラマ枠新設も新しいファン獲得はできそうにない?】の続きを読む



    出演することになった。

     嵐の松本潤が主演し、2023年に放送予定の大河ドラマどうする家康』の追加キャストが発表され、女優の豊嶋花の出演が明らかとなった。

    【写真】豊嶋花、かわいい撮り下ろし写真

     第62作大河ドラマとなる本作は、脚本を映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や、ドラマリーガル・ハイ』(フジテレビ系)などで知られる古沢良太が担当し、新たな視点で歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く物語。徳川家康を松本が演じる。

     本作への出演が明らかとなった豊嶋は、2021年に放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』(カンテレフジテレビ系)で松たか子演じる主人公の娘・大豆田唄を演じ、一躍注目を集め、現在放送中のドラマ『教祖のムスメ』(MBS/毎週木曜24時59分)や『みなと商事コインランドリー』(テレビ東京系/毎週水曜24時30分)でも、ともにメインキャストとして出演するなど、近年より一層活躍が注目されている若手女優の一人だ。

     豊嶋は有村架純演じる徳川家康(松本)の正室・瀬名と命運を共にし、名門関口家の侍女として瀬名の世話をする少女・たねを演じる。なお豊嶋は2013年の第52作大河ドラマ八重の桜』以来10年ぶり自身2作目の大河ドラマ出演となる。

     豊嶋は自身が演じるたねについて「侍女として名門関口家に仕えているものの、自分の芯をしっかり持った強い少女だと思います」と印象を明かし、「瀬名の側近であるたねは、どんな人だったのか自分の中で想像力を膨らませて、精一杯演じたいです」と意気込み。

     豊嶋は過去に古沢が脚本を手掛けた2012年の映画『外事警察 その男に騙されるな』に出演している。「人生で初めてきちんとお芝居をしたのは、5才の時に出演した古沢良太さん脚本の映画『外事警察 その男に騙されるな』でした。あの頃は難しかったストーリーも今ならよく分かると思うので、久しぶりに見返したいです!」。

     また役柄上、関わりの深くなる有村との共演については「有村架純さんは役者としても女性としても尊敬している方なので、共演することができてとても嬉しいです。他にも一緒にお仕事をさせていただきたかった俳優さん方がたくさんいらっしゃるので、みなさんのお芝居を近くでみて学べることがすごく楽しみです」と心を弾ませた。

    大河ドラマ『どうする家康』に出演する豊嶋花


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】大河ドラマ『どうする家康』豊嶋花が出演決定 有村架純演じる瀬名の侍女役】の続きを読む



    アキラ100%が出演する。

     Hey! Say! JUMP中島裕翔が主演する7月14日スタートドラマ『純愛ディソナンス』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第1話に、芸人のアキラ100%ゲスト出演することが発表された。物語の冒頭で中島演じる新田正樹にリストラ宣告をする役で、正樹が音楽教師になるきっかけを作る。

    【写真】中島裕翔がアキラ100%のネタを再現!

     本作は、新任音楽教師・正樹(中島)と生徒・和泉冴(吉川愛)の“純愛”を軸に話が進む完全オリジナルストーリー。常にタブー背中合わせな2人の純愛が次第に周囲を巻き込み、やがて“ディソナンス不協和音”となりドロドロな展開を生み出していく。

     アキラが演じる鈴村は、正樹が音楽講師として勤めていた鈴村音楽教室の経営者で、教室の閉業に伴って正樹にリストラ宣告をする役どころ。心優しい反面、正樹にはっきりと教室の閉業を言い渡せずにモジモジしてしまう小心者な一面も持っている。そんな鈴村の態度から自らに起こることを察知した正樹は「ちょうど新しい就職先が決まったところだった」とうそをつき、鈴村の教室から去るのだった…。

     登場シーンでは正樹との短いやりとりながらも、正樹の愛想のいい外面と冷静で毒っ気ある内面の二面性を際立てる重要な役となっている。

     アキラ100%は「第1話で新田が働いているピアノ教室の経営者・鈴村としてゲスト出演させていただきました。この作品に参加できると聞いたときは、とてもうれしかったです! ただ、これから物語が動き出すスタート地点での出演でしたので、作品の雰囲気を壊さないようにと緊張していました」と撮影に挑んだ心境を告白。
     
     続けて「しかし現場は、中島さんを中心にすごく雰囲気が良く、僕にも気さくに話しかけてくれて本当にリラックスできました。なんてすてきな青年なんだ!と感動しました。演技にもピアノにも真摯(しんし)に向き合う中島さんの姿がとても印象的で、たたずまいがもう新田正樹そのものだったと感じました。中島さん演じる新田正樹と吉川さん演じる和泉冴がどんな運命を辿(たど)るのか、ぜひドキドキしながらご覧いただきたいです。僕も皆さんと一緒に見ます!」と中島の印象を語りつつ、作品への思いをコメントしている。

     木曜劇場『純愛ディソナンス』は、フジテレビ系にて7月14日より毎週木曜22時放送(初回15分拡大)。

    ドラマ『純愛ディソナンス』に出演するアキラ100% (C)フジテレビ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【芸能】Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演『純愛ディソナンス』、アキラ100%が第1話ゲストに】の続きを読む

    このページのトップヘ