芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > ドラマ


    高畑充希『同期のサクラ』、初回8.1%の大コケ! 「いつも同じ役」「ストレスたまる」と不評

    低調なスタート。


    同期のサクラ』(どうきのサクラ)は、2019年10月9日から日本テレビ系「水曜ドラマ」で放送されているテレビドラマ。脚本家である遊川和彦オリジナル作品で、主演は高畑充希。大手ゼネコンに入社した新人女性社員が自身故郷と本土と間に橋を架けるという夢を果たす10年間物語を1話=1年として描いていく。
    10キロバイト (965 語) - 2019年10月10日 (木) 09:21


    (出典 i.ytimg.com)


    NO.7862446 2019/10/10 20:40
    高畑充希『同期のサクラ』、初回8.1%の大コケ! 「いつも同じ役」「ストレスたまる」と不評
    高畑充希『同期のサクラ』、初回8.1%の大コケ! 「いつも同じ役」「ストレスたまる」と不評
     高畑充希が主演を務める日本テレビ系「水曜ドラマ」枠の新ドラマ『同期のサクラ』が、10月9日に放送を開始。初回平均視聴率は8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と“1ケタ発進”となったほか、「ネット上では、主人公のキャラクターが不評」(芸能ライター)だという。

    「同作は、2009年に大手ゼネコンに入社した“忖度知らず”の主人公・北野サクラ(高畑)と、新人研修をともにした同期・月村百合(橋本愛)、木島葵(新田真剣佑)、清水菊夫(竜星涼)、土井蓮太郎(岡山天音)たちの10年間を、“1話につき1年”のペースで描きます。第1話は、19年に病院で人工呼吸器をつけてベッドに横たわるサクラと、彼女を取り囲む同期4人のシーンから始まり、10年前を振り返るような流れで入社時のエピソードを展開しました」(同) サクラは、入社式で社長(西岡徳馬)に向かって「話が長いと思いました」と発言するなど、当初から周囲の面々を驚かせていた。

    そんな式の後、新人研修の最終課題と“班分け”が発表され、サクラと百合たちが集まる。

    サクラのマイペースな言動に戸惑いながらも課題を進めるメンバーだったが、ついにトラブルが勃発する……という内容だった。

    「同ドラマは脚本家・遊川和彦氏のオリジナル作品ですが、高畑&遊川氏のタッグといえば、17年に同じ日テレ『水曜ドラマ』枠で『過保護のカホコ』が放送され、こちらは初回11.6%だったうえ、全10話の中で“1ケタ落ち”したのは一度だけでした。同枠については、今年1月期の『家売るオンナの逆襲』が初回12.7%、4月期の『白衣の戦士!』は10.3%、7月期の『偽装不倫』は10.1%と、すべて“2ケタ発進”を遂げており、『同期のサクラ』だけ1ケタ、しかも8%台という残念なスタートとなってしまいました」(同) 高畑が『過保護のカホコ』で演じたピュアな主人公・根本加穂子は、ネット上で「世間知らずすぎてイラつく」などと言われるキャラクターだったが、『同期のサクラ』を視聴したネットユーザーの間では、「サクラも“不思議ちゃんキャラ”か。高畑って同じような役ばっかり」「サクラは加穂子より空気読めてない。周りのこと考えてないし、自分勝手すぎる!」といった声が続出。

    「今回、サクラが社長に意見を言うシーン以外にも、同期を振り回す場面が多々ありました。蓮太郎に描いてもらった設計図にこれでもかとダメ出ししたり、休日にもかかわらず、“仲間だから”という理由で同期を連れ回したりするサクラに、ネット上では『「忖度しない」キャラというか、協調性がないだけでは?』『サクラにイライラさせられっぱなしでストレスがたまった!』『主人公にまったく感情移入できない。ただ周りがかわいそうなだけだった』などと、批判が飛び交いました」(同) そのほか「加穂子を受け入れられなかった人は、サクラも無理だろうね」「加穂子は徐々に慣れたけど、この主人公は絶対に好きになれない」という書き込みも。

    初回で早くも躓いてしまったが、今後は挽回できるだろうか?
    【日時】2019年10月10日 17:22
    【提供】サイゾーウーマン


    【高畑充希『同期のサクラ』、初回8.1%の大コケ! 「いつも同じ役」「ストレスたまる」と不評】の続きを読む


    秋ドラマ期待度1位は、13年ぶり続編『まだ結婚できない男』

    人気のあるドラマ。


    屈で独善的、皮肉屋だがどこか憎めない主人公が、1人の女性との出会いを契機に恋愛、そして結婚を模索するまでの日常をコミカルに描く。 第1シリーズの13年後を舞台とする続編『まだ結婚できない男』(まだけっこんできないおとこ)が同局制作により、同系列の火曜夜9時(「火9ドラマ」)枠にて2019年10月8日から放送予定。
    47キロバイト (5,986 語) - 2019年10月7日 (月) 07:33


    (出典 yorozu-do.com)

    結婚できない男 NG集

    (出典 Youtube)

    NO.7854197 2019/10/07 17:11
    秋ドラマ期待度1位は、13年ぶり続編『まだ結婚できない男』
    秋ドラマ期待度1位は、13年ぶり続編『まだ結婚できない男』
    秀作揃いの夏ドラマが終わりを告げたかと思えば、早くも10月クールの“秋ドラマ”が続々とスタートする。

    人気原作の実写化作品が目立った7月クールから一変、10月クールは“挑戦的”なオリジナルドラマが数多くラインアップしているが、なかでもドラマファンが注目している作品は何か? 週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』では、2019年10月クールの主要ドラマを対象に恒例の期待度調査を実施(NHK連続テレビ小説は除く。

    また、9月12日時点で詳細解禁前だった『おっさんずラブ-in the sky-』は除外)。

    結果、阿部寛が独身の偏屈男を好演し人気を博したドラマの13年ぶりの続編となる関西テレビ・フジテレビ系『まだ結婚できない男』(火曜 後9:00)が、80Pt満点中77Ptという高得点をマークし「秋ドラマ期待度ランキング」1位を獲得した。

    視聴者はどのポイントに注目しているのだろうか?



    【日時】2019年10月07日 08:10
    【ソース】ORICON STYLE


    【秋ドラマ期待度1位は、13年ぶり続編『まだ結婚できない男』】の続きを読む


    連続テレビ小説 (朝ドラからのリダイレクト)
    ドラマシリーズ(帯ドラマ形式の連続ドラマ)。通称は朝ドラ(あさドラ)。 NHKにおける朝の時間帯の帯ドラマの枠の総称である(夜の時間帯の帯ドラマ枠としては、過去に銀河ドラマ→銀河テレビ小説、ドラマ新銀河、夜の連続ドラマ(よるドラ)が存在した)。『大河ドラマ』と並んで、NHK、ひいては日本のドラ
    131キロバイト (14,861 語) - 2019年9月29日 (日) 07:27



    (出典 jan-dara-rin.com)


    ヒロインの女優も人気のある人がのっていますね。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/01(火) 16:54:27.72 ID:2Tz1qGqM9.net

    NHKで4月から放送されてきた連続テレビ小説『なつぞら』(月~土 前8:00 総合ほか)があす28日放送で最終回を迎える。
    同作は、1961年4月にスタートした連続テレビ小説第1作『娘と私』から数えて100作目となる記念として、歴代ヒロインが数多く出演した。
    毎回新作が発表となるたびに話題となるヒロイン。
    そこでORICON NEWSでは連続テレビ小説(以下、朝ドラ)でヒロインを演じてほしい女優を調査した。

    1位に輝いたのは、全世代の支持を集めた新垣結衣。
    近年の『逃げるは恥だが役に立つ』『獣になれない私たち』など話題作への出演や、30代になりかわいさに加え大人の魅力も見せてきた彼女について「いくつになってもかわいくて見ていてほっこりする。
    なので朝ドラにぴったりだと思うから」(栃木県/30代)、
    「キャリア的にもそろそろかなといった感じ」(東京都/30代)とのコメントが。
    朝ドラヒロインの必須条件と言える「爽やかさ」についてあげる声も多く「爽やか。朝からガッキーが見れたら幸せな気持ちになれそう」(東京都/20代)、
    「爽やかで朝にぴったりだと思います」(岩手県/20代)などのコメントが並んだ。

     2位は、映画『斉木楠雄のΨ(さい)難』『銀魂』といった福田雄一監督作での、
    元アイドルとは思えない振り切ったコメディエンヌっぷりに称賛が集まる橋本環奈。
    「若手を代表するコメディエンヌになった彼女でコメディチックな朝ドラが見たい」(栃木県/30代)、
    「コメディー以外の演技を見てみたい」(東京都/40代)とその点に触れるコメントも多い。
    演技力への評価も高く、「演技力もあるし安定感もあるし、タイミングとしてちょうどよいと思われるから」(東京都/40代)、
    「どんな役でもでもやれそう」(宮崎県/20代)とこちらも幅広い世代からの支持を集めた。

     続いて綾瀬はるかが3位にランクイン。
    国民的女優として安定した人気を誇る彼女だが、このランキングでもTOP3に入ってきた。
    朝ドラヒロイン経験がないのが意外だが、同じくNHKの看板番組のひとつ、大河ドラマでは『八重の桜』で主役を張った過去もあり、
    「大河ドラマで女性主人公を演じた実績があるので、安心して見られそう」(東京都/50代)、
    「NHKのドラマにたくさん出演されているからそろそろ朝ドラにも出てほしいなと思ったから」(広島県/10代)といった期待のコメントが並んだ。「きらきらしていて笑顔もかわいらしく気持ち良い朝が迎えられそうな女優さん」(東京都/50代)、
    「朝の雰囲気にぴったりの人だと思うので。
    朝からこの人をみると明るい気持ちになれそう」(北海道/40代)と30~50代層の高評価が比較的多かった。

     TOP10に正統派女優が並ぶ中、沢尻エリカが8位に堂々ランクイン。
    「普通の朝ドラヒロインと違ってて面白そう」(神奈川県/50代)、「NHKのイメージが無いから。
    いつも正統派な女優さんばかりなので、型破りな女優さんも見てみたい」(神奈川県/50代)とやはり意外性を期待しての支持だが、
    それだけではなく「演技がうまいので見てみたい」(福岡県/50代)、「演技力が一番あって、この人なら見たいと思える女優さんだから」(大阪府/40代)と演技への評価も高い。

    【調査概要】
    調査時期:2019年9月12日(木)~9月26日(木)
    調査対象:計1000名(自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員10代、20代、30代、40代、50代の男女)
    調査地域:全国
    調査方法:インターネット調査
    調査機関:オリコン・モニターリサーチ

    9/27(金) 19:05配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00010000-oricv-ent


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】朝ドラヒロインをやってほしい女優 1位ガッキー【動画付き】】の続きを読む


    いだてん〜東京オリムピック噺〜』(いだてん とうきょうオリンピックばなし)は、2019年1月6日より放送のNHK大河ドラマ第58作。単に『いだてん』とも。 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリンピック(1940年の予定
    159キロバイト (22,977 語) - 2019年9月29日 (日) 16:04



    (出典 rpr.c.yimg.jp)


    視聴率が低いままです。

    1 ひかり ★ :2019/09/30(月) 09:46:37.90

    NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺」(日曜午後8時)の第37回が29日に放送され、関東地区の平均視聴率が5・7%だったことが30日、
    ビデオリサーチの調べで分かった。前回の第36回で記録した7・0%から1・3ポイントダウンし、同作3度目の5%台となってしまった。

    第37回は1940年の東京五輪が、日中戦争のために開催が難しくなる状況が描かれた。また、嘉納治五郎(役所広司)が亡くなり、星野源が外交官の
    平沢和重役で登場した。

    8月25日放送の第32回では大河ドラマ史上最低の5・0%(関西地区4・9%)を記録していた。「いだてん」放送前の、大河ドラマの平均視聴率の
    最低記録は12年11月18日に放送された「平清盛」の7・3%だったが、「いだてん」は、4月28日放送の第16回で7・1%を記録し、6月9日放送の第22回で
    6・7%、8月11日の第30回で5・9%、8月25日の第32回に5・0%と、4度目のワースト記録更新となり厳しい状態が続いている。

    ◆これまでの視聴率推移

    第1回が関東地区で15・5%(関西地区12・9%)

    第2回は12・0%(関西地区11・5%)

    第3回は13・2%(関西地区11・6%)

    第4回は11・6%(関西地区12・0%)

    第5回は10・2%(関西地区11・7%)

    第6回は9・9%(関西地区8・0%)

    第7回は9・5%(関西地区8・6%)

    第8回は9・3%(関西地区7・7%)

    第9回は9・7%(関西地区8・3%)

    第10回は8・7%(関西地区8・6%)

    第11回は8・7%(関西地区8・9%)

    第12回は9・3%(関西地区8・3%)

    第13回は8・5%(関西地区7・7%)

    第14回は9・6%(関西地区7・4%)

    第15回は8・7%(関西地区8・4%)

    第16回は7・1%(関西地区8・0%)

    第17回は7・7%(関西地区8・6%)

    第18回は8・7%(関西地区7・2%)

    第19回は8・7%(関西地区6・6%)

    第20回は8・6%(関西地区7・2%)

    第21回は8・5%(関西地区6・9%)

    第22回は6・7%(関西地区6・0%)

    第23回は6・9%(関西地区7・5%)

    第24回は7・8%(関西地区7・5%)

    第25回は8・6%(関西地区8・0)

    第26回は7・9%(関西地区6・5%)

    第27回は7・6%(関西地区7・0%)

    第28回は7・8%(関西地区5・1%)

    第29回は7・8%(関西地区5・5%)

    第30回は5・9%(関西地区5・2%)

    第31回は7・2%(関西地区5・9%)

    第32回は5・0%(関西地区4・9%)

    第33回は6・6%(関西地区4・8%)

    第34回は9・0%(関西地区5・5%)

    第35回は6・9%(関西地区5・3%)

    第36回は7・0%(関西地区6・2%)

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09250058-nksports-ent


    【【視聴率】NHK大河「いだてん」5・7%、3度目の5%台】の続きを読む


    なつぞら』は、2019年度前期放送NHK「連続テレビ小説」第100作目テレビドラマある。2019年4月1日から9月28日まで放送された。。 連続テレビ小説第100作記念作品。1937年(昭和12年)に東京に生まれ、戦争両親を失い父戦友に引き取れた戦災孤児少女・奥原なつ
    164キロバイト (24,980 語) - 2019年9月28日 (土) 06:53



    (出典 www.ario-otori.jp)


    最終話。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/28(土) 17:25:31.57 ID:ov1BrJPq9.net

    【モデルプレス=2019/09/28】
    女優の広瀬すずがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の最終話が放送された。<※ネタバレあり>

    ◆朝ドラ「なつぞら」

    脚本家・大森寿美男氏による『なつぞら』は、戦争で両親を失いながらも北海道・十勝でたくましく育った広瀬演じるヒロイン・奥原なつが、
    当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑む姿を描くオリジナル作品。節目の100作目の朝ドラとなる。

    ◆最終話あらすじ

    担当していたアニメ作品が終了し、家族で里帰りしていた北海道にて、嵐の翌日復旧作業に追われるなつたち。

    そのころ夫の“一久さん”こと坂場一久は、東京から次回作について「早く相談したい」と電話を受けこれからについて考え始める。

    照男(清原翔)と妻の砂良(北乃きい)も、嵐で散らかった小屋で落胆していたが、再び一からやり直すことを決意。

    同じく北海道に来ていた妹の千遥(清原果耶)は、一足先に娘と共に東京に帰ることに。皆、新しい日常へ戻っていくのだった。

    ラストシーンでなつと一久、娘の優は、十勝の草原を訪れる。ふと、「いつか君たち兄妹の戦争を描いてみたいな。
    過酷な運命に負けずに生きる子供たちを、アニメーションでリアルに描くことに挑戦してみたい。できるとしたら、映画だろうな…」と夢を語った一久。

    すると「一久さんとなつは、およそ12年後にその夢を叶えます」というナレーションと共に、映像は第1話の冒頭に流れた空襲のアニメーションシーンへ。

    再び十勝に映像が戻ると、なつは「ここからまた始まるんだね。私たちの開拓が。私たちもまた、何もない道を歩いていきたい」と決意。

    一久となつは、「君と出会っていなければ、僕の人生はつまらないものになっていたに違いない」
    「私もきっとつまらなかったと思うわ」と家族になれたことに感謝し、「これからもアニメーションみたいに、1コマ1コマ、家族の夢を描いていきましょう」と前を向く。

    家族3人で手をつなぎ、草原の中を新たな未来に向かって歩いていくのだった。

    ◆「火垂るの墓」が話題に

    最終回を受け視聴者の間では、第1話のアニメーションが、幼い兄妹の戦争体験を描き、スタジオジブリがアニメ映画化した『火垂るの墓』を彷彿とさせていたことが話題に。

    「第1話のアニメーションにラストでつながった!」「あのアニメはやっぱりなつと一久さんが作ったものだったんだ!」「『火垂るの墓』では妹が*でしまうけど、
    『なつぞら』ではなつが元気に生きていて素敵」「『なつぞら』は『火垂るの墓』のハッピーエンドバージョンなのかもしれない…」などさまざまな声が寄せられ、Twitter上では「火垂るの墓」がトレンド入りするほどとなった。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17149963/
    2019年9月28日 8時34分 モデルプレス


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】「なつぞら」最終回で「火垂るの墓」トレンド入り 第1話に繋がるラストが話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ