芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > ドラマ



    (出典 resize.blogsys.jp)


    人気が高い番組です。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/23(Thu) 15:52:42 ID:dmQoTpOn9.net

    22日に放送された水谷豊(67)主演のテレビ朝日系ドラマ「相棒season18」(水曜午後9時)の第13話の視聴率が16・2%(関東地区)だったことが23日、ビデオリサーチの調べで分かった。初回は16・7%、第2話は15・4%、第3話は11・9%、第4話は15・7%、第5話は14・3%、第6話は15・2%、第7話は15・0%、第8話は13・3%、第9話は14・0%、第10話は14・6%、元日スペシャルの11話は16・7%、12話は14・5%だった。

    水谷演じる警視庁特命係の杉下右京と、反町隆史(46)演じるその相棒、冠城亘の活躍を描く人気刑事ドラマシリーズ。シーズン18を迎え、2クールで放送される。

    ゲストは松居直美、小宮健五、粕谷吉洋、比佐仁。東京・奥多摩まで遺留品の返却に訪れた特命係の右京と亘は、名物のぼたん鍋を食べようと山深い場所にある神木村まで足を伸ばす。しかし目当ての店は休業で、2人は通り掛かった移動スーパーの店員、山下琴江(松居)からあんパンと牛乳を買う。琴江の店にやってきた村の駐在警察官、草野奏太(粕谷)によると、村には「山神様が降り立つ時は山に近づくな」という言い伝えがあり、今日から3日間村人は山に入ることができず、ほたん鍋の店が休みの理由もこのためという。

    ところが、その山中で変死体が見つかったという知らせが入る。被害者は村役場の元職員、真柴恭平で、ロープとくいで地面にはり付けにされて*でいた。草野は村の元住人の復讐ではないかと話す。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17704945/
    2020年1月23日 10時1分 日刊スポーツ


    (出典 Youtube)

    水谷豊さん / カリフォルニア・コネクション


    【【芸能】水谷豊「相棒18」山中で変死体見つかる16・2%】の続きを読む


    ハケンの品格』(ハケンのひんかく)は、2007年1月10日から3月14日まで毎週水曜日22:00 - 22:54(JST)に、日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された日本テレビドラマ。主演は篠原涼子。 派遣社員(登録型派遣)として特Aランク評価を受ける大前春子が3ヶ月契約で、東京
    58キロバイト (8,182 語) - 2020年1月20日 (月) 00:05



    (出典 vmimg.vm-movie.jp)


    時代の流れで派遣も変わっているのかな?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/20(月) 05:22:35 ID:oG+eNKyW9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    女優篠原涼子(46)の主演で2007年にヒットした日本テレビドラマ「ハケンの品格」が、13年ぶりに復活する。
    4月期に水曜ドラマ枠(後10・00)で放送。日本人の仕事への考え方が大きく変化している時代に、派遣社員がどのように働いていくのか注目だ。

    日本の会社社会を派遣社員側からユーモラスに描くお仕事ドラマで、07年の放送では平均視聴率20・2%とヒットした(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
    篠原演じる派遣社員がプライドを持って働く姿が共感を呼んだほか、派遣労働者のリアルな実態を伝える面でも好評だった。主人公は、過去にさまざまな派遣先で結果を残してきたスーパー派遣社員。
    業務は完璧、人間関係には無視を決め込むドライな女性。与えられた仕事以外のことには関知せず、残業もしない。「それが何か?」と口癖の言葉を発しながら、目上の正社員にも堂々と意見する。

    前作放送後の08年には、リーマンショックの影響で不況に陥った企業による“派遣切り”が社会問題化。非正規雇用の実態が明るみに出た。
    そして、平成から令和へと変わった現在は「働き方改革」が進められている最中。高齢化、副業、アウトソーシング、AIの導入、過労*ど、職場には新たな問題も増えている。

    篠原の働き方もこの13年間で変化した。08年と12年に出産を経験。母として2人の子供を育てながら女優業を続けている。
    「時代も平成から令和になり、働き方改革がうたわれる世の中で、スーパーハケンの主人公がどのように働き、生きていくのか。
    私自身も今から演じるのを楽しみにしております」と、“当たり役”を再び演じることを待ち遠しく思っている。

    ≪中園ミホさん脚本≫脚本も07年と同じ中園ミホさん(60)が担当。
    当時、実際の派遣社員の女性たちと飲み会を何度も重ねて取材し、リアルさを追求した。
    現在も交流は続いており「今もハケンの皆さんを取り巻く環境は改善されず、むしろ厳しくなっていると感じます。
    それでも、笑顔で働き続ける彼女たちこそ日本の宝!と私は思います。
    ての働く女性たちにエールを送れるよう、新たな『ハケンの品格』に取り組んでいます」と意気込んでいる。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17688067/
    2020年1月20日 5時1分 スポニチアネックス


    (出典 Youtube)

    中島美嘉 『【HD】見えない星( ショートver.)』


    【【芸能】篠原涼子「ハケンの品格」13年ぶり復活 令和の働き方改革も「それが何か?」】の続きを読む


    孤独のグルメ』(こどくのグルメ)は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによる漫画。 扶桑社『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載された。その後、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活し、以後『SPA!』上で2015年まで新作が掲載されていた。食品会社とコラボ
    156キロバイト (15,763 語) - 2020年1月18日 (土) 06:21



    (出典 cdn.tv-osaka.co.jp)


    韓国のたこ料理はタコの躍り食いなどをイメージします。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/01/19(日) 17:49:39 ID:787rOGwB9.net

    釜山観光公社は1月14日、日本のドラマ『孤独のグルメ 2019大晦日スペシャル~緊急指令! 成田~福岡~釜山 弾丸出張編!』(テレビ東京系)
    を通じて釜山グルメ観光のPRに本格的に乗り出す方針だ、と発表した。

    ■韓国人が住みたいと思う国内の都市1位は?

    韓国観光公社の支援により先月31日に放送された同番組では、主人公の井之頭五郎(松重豊)が年末釜山に出張することになったことから繰り広げられるエピソードが描かれた。
    そして、釜山の名物である南区大淵洞のナッコプセ(タコ、コプチャン〈牛の小腸〉、セウ〈エビ〉のピリ辛炒め)を紹介。

    同番組は年末特番の中で高視聴率を記録した。
    放送後、「韓日交流を活性化させるグルメ番組」「やはりナッコプセは釜山だ」など、さまざまなコメントが寄せられた。

    公社は今回の『孤独のグルメ』放送と連携し、特別キャンペーンを繰り広げる。
    1月3日には公社のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を通じて『孤独のグルメ』の放送とナッコプセを紹介。
    「ユーチューブ」や「フェイスブック」などを通じ、釜山グルメ観光の広報動画の制作やPRを行う方針だ。
    公社の関係者は「日本の観光客が韓国訪問を選ぶ最大の要因はグルメ探訪であることを考慮し、グルメツアー・マーケティングに力を入れている。
    今回のドラマの放送をきっかけに、ナッコプセだけでなく、さまざまな釜山のグルメを世界中に広くPRしたい」と語った。

    なお、公社は2016年の機張ズワイガニ・キャンペーンを皮切りに、釜山グルメツアーをPRしており、
    雑誌の取材および旅行会社の関係者を対象としたファムトリップの誘致を通じ、引き続きテナガダコやズワイガニを集中的にアピールしてきた

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200119-00080007-chosun-asent
    1/19(日) 10:15配信


    (出典 www.cinemacafe.net)


    (出典 tv-tokyo.imgix.net)


    (出典 busan-hikoukiya.com)


    (出典 imagel.sekainavi.com)


    (出典 img01.naganoblog.jp)

    http://韓国ウォーカー.com/wp-content/uploads/2017/05/DSC05865-01-648x381.jpg


    【【芸能】『孤独のグルメ』でタコ料理紹介、釜山観光公社がグルメツアーを本格PR】の続きを読む


    義母と娘のブルース』(ぎぼむすめのブルース)は、桜沢鈴による日本漫画作品。『主任がゆく!スペシャル』(ぶんか社)にて連載された。血繋がらない母娘の辿る20年間軌跡を描く。 2018年7月期にTBS系でテレビドラマ化された。2020年1月2日には「2020年謹賀新年スペシャル」が放送予定。
    37キロバイト (4,846 語) - 2019年12月11日 (水) 23:24



    (出典 www.j-cast.com)


    人気のあるドラマ。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/12/22(日) 06:28:58.11 ID:ee/l/LPV9.net

    女優の綾瀬はるか(34)が21日、都内でTBS系ドラマ「義母と娘のブルース』2020年謹賀新年スペシャル」(来年1月2日放送・後9時)の制作発表会見に出席した。
    正月らしく淡い色の着物姿で登場し「一年の始まりに愛のあふれるドラマ。日常から幸せを感じて、元気、勇気を皆さんに届けられたら」と笑顔を見せた。

    綾瀬演じるキャリアウーマンの亜希子が、娘を持つ男性(竹野内豊)と再婚し、母親になろうと奮闘する物語。昨年7月期に放送され好評だった連ドラの1年後を描く。

    収録には「謎の赤ちゃん」として実際の赤ん坊も出演。現場では、いつ泣くか分からない赤ん坊との仕事に、現場の全員で協力したという。

    井之脇海(24)は「真剣に演技している時、視界の隅に大人の全力の『いない、いない、ばあ』が見えて、笑いをこらえるのが大変」と振り返った。

    そんな中、佐藤健(30)は「なぜか反町(隆史)さんの『POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~』を聴くと泣きやむんですよ」と反町の渋いボイスが赤ちゃんのツボだったことを明かした。
    「現場でBGMが流れる中で演技するのは初めてで、ググッとテンションが上がりました」と周囲も盛り上がりながら撮影したという。

    井之脇は「僕も『POISON』の話をしようと思ったのに取られた」と悔しそう。綾瀬も「ずっと赤ちゃんが一緒で、みんなでご機嫌取ったんですが、やっぱり『POISON』という感じですね」と笑っていた。

    https://news.livedoor.com/article/detail/17562276/
    2019年12月22日 6時0分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 cdn.mainichi.jp)


    (出典 d2wi3xvhr3qrd7.cloudfront.net)


    (出典 news-img.dwango.jp)


    (出典 prt.iza.ne.jp)


    (出典 img.cinematoday.jp)


    【【芸能】綾瀬はるか「一年の始まりに愛のあふれるドラマを」…TBS系「義母と娘のブルース」新年SP】の続きを読む


    はクリフハンガーという海外ドラマ定番の手法であり、主に続編が内定している作品で取られるものである。 第一部・大阪西支店編 半沢直樹は、「上を目指す」と公言する有能な銀行マン。半沢がバンカーとして頭取を目指すことには、ある理由があった。かつて彼の両親が経営していた工場が傾いたことで産業中央銀行に融資を
    112キロバイト (17,707 語) - 2019年12月16日 (月) 23:05



    (出典 mediancafe.com)


    半沢直樹

    (出典 Youtube)


    人気があります。

    1 ひかり ★ :2019/12/20(金) 07:58:41.60 ID:nnucMu0a9.net

    「来年4月から続編が放送予定のTBS系ドラマ『半沢直樹』のキャスティングには、度肝を抜かれると思いますよ」(芸能プロ関係者)

     最高視聴率42・2%を叩き出した、堺雅人(46)主演の大ヒットドラマが約7年ぶりに復活。TBSサイドも続編を盛り上げるべく、来年1月にスペシャルドラマも放送する。

    「“半沢直樹イヤー”と銘打つなど、局としてもそうとう力を入れているようです。SPドラマの内容は、続編の舞台となる半沢の出向先『東京セントラル証券』と大きく関わる
    IT企業での物語です。吉沢亮が主演を務め、尾上松也や北村匠海、井上芳雄などの実力派俳優が脇を固めています」(TBS関係者)

    続編がなかった理由

     そもそも、半沢ファンが7年も待ちわびた続編がなかなか実現しなかったのは、キャスト側に理由があったそう。

    「『半沢』に出演して以降、さらに多忙になった役者のスケジュールの兼ね合いもありましたが、肝心の主役である堺さんがなかなか首を縦に振らなかった。これほどの大ヒット作を
    続編が視聴率をはじめ人気を超えるのは難しいですし、ひとつの役のイメージが強くなることを避けていたようです」(同・TBS関係者)

     とはいえ、今や人気俳優として不動の地位を確立した堺は、今回のオファーを断る理由がなかったのだろう。

     しかし、今回の続編に前作の出演者が登場しないというのはいったい……?

    「いっさい登場しないというわけではないんです。実は、少し前に堺さんの事務所サイドが“『半沢』の色を変えたい”という希望を示し、堺さん以外のキャストを“総入れ替えしたい”と、
    要求してきたようなのです。しかし、その時期にはすでに、上戸彩さんや北大路欣也さんなどのスケジュールを押さえていた手前、現実的に総入れ替えはできなかったというのが
    真相なんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

     そこで、堺の事務所からの意向を受けたTBSは、

    「そういった経緯から“前作キャストの登場シーンを当初から減らす”という折衷案で調整しているそうです。この方法であれば、堺さんの事務所サイドの希望も叶えられる形になりますからね。

     ただ、出番が減るとはいえ、前作に出演したメンバーの多くを登場させると“既視感”が生まれて、新鮮味がなくなる可能性はあります。その一方で、7年前に大盛り上がりを見せた、
    銀行常務役だった香川照之さんらによる“帰ってきた『半沢』が見たい”と期待している視聴者も多いと思うので難しいところですね」(同・TBS関係者)

     今回のキャスティングに関して、TBSに問い合わせてみると「キャスティングについては、従来、お答えしておりません」とのことだった。

     “お化けドラマ”の続編には、気苦労が絶えないようで……。

    週刊女性
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191220-00016779-jprime-ent


    【【芸能】ドラマ『半沢直樹』7年ぶりの復活で、堺雅人の事務所がTBSに出した“要求”】の続きを読む

    このページのトップヘ