芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 社会人


    インスタ更新。

    1 フォーエバー ★ :2022/08/02(火) 19:17:09.79ID:CAP_USER9
    2022年8月2日 13時45分スポーツ報知

    成宮寛貴として活動していた元俳優の平宮博重(なりみや・ひろしげ)さん(39)が2日に自身のインスタグラムを更新。ビーチで撮影した写真を公開した。

     「On the beach at Tokyo island.気持ちいいんでウクレレソング聴きながら」と、伊豆諸島の式根島を訪れたことを報告。水着姿でキャップをかぶり、ターコイズブルーが美しい海辺でくつろいでいる。

     バカンスを楽しむ姿に、ファンは「たくましい腕が素敵です」「いい筋肉になってる~」「夏似合いすぎー」「イケメンすぎるわ」と惚れ惚れしていた。

    https://hochi.news/articles/20220802-OHT1T51043.html?page=1


    (出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
    ?pri=l&w=457&h=640&exp=10800

    【【芸能】元・成宮寛貴さん、ビーチ満喫の最新ショット「たくましい腕が素敵」「イケメンすぎる」】の続きを読む



    その通り。

    東国原英夫

    衆議院議員・元宮崎県知事でタレント東国原英夫が18日、自身のツイッターを更新。宗教団体と政治家の関わりを指摘した。

    【ツイート】東国原が自身の発言を再掲


    ■つながりのある議員が報道

    東国原英夫ツイッターで、「統一教会へのイベント出席・ビデオメッセージ・祝電等、関係する議員のリストが一部メディアで報じられた」と、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と関わりがある政治家の報道を取り上げた。

    同団体については、8日の安倍晋三元首相銃撃事件を起こした犯人の犯行動機が同団体に関連していたため関心が集まっている。


    関連記事:舛添要一氏、統一教会などカルト宗教について持論展開 「カルト110番の設置を…」

    ■自身の指摘を再掲

    東国原は、ニュース番組『ゴゴスマ』(CBCテレビ)で自身が指摘したことを再掲。

    「先週『ゴゴスマ』で指摘した通り『宗教団体の理念に賛同されている政治家はいる』。統一教会以外の宗教団体と繋がる政治家もいる」とし、旧統一教会に限らず、宗教団体と政治家の関係があることを示した。

    「これらの政治家はその経緯や関係性の説明責任が求められる」と続け、詳細を明らかにすべきだという意見をつづった。


    ■事実無根な書き込みが…

    東国原は15日に、「驚いた。ネットに『東国原は旧統一教会である』という書き込みがあった。思わず、鼻からヤクルトを吹いた(笑)」と、ネット上の書き込みについてツイート

    書き込みについては、「言って置くが、僕はこれまで1度も特定宗教等に入信したことはない」と、はっきり否定している。


    ■宗教団体と政治家のつながりを指摘


    ・合わせて読みたい→ひろゆき氏、安倍元首相銃撃事件に持論展開 容疑者は「極刑になるべき」

    (文/Sirabee 編集部・栗原コウジ

    東国原英夫、”宗教団体と政治家の関係性”について指摘 「説明責任が求められる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【宗教】東国原英夫、”宗教団体と政治家の関係性”について指摘 「説明責任が求められる」】の続きを読む



    メキシコにいる。


    2022年3月16日に東京・AKB48劇場で卒業公演を行った入山杏奈さん。12年間、AKB48メンバーとしてアイドル活動を続けていました。AKB卒業後の現在、いったいどのような活動をしているのか気になり調べてみたところ、日本を飛び出しメキシコで仕事をしていることが判明。グローバルな活躍が凄すぎました!

    AKB48を卒業した入山杏奈

    AKB48に10期生として加入した入山杏奈さん。ツイッターでは「AKB48を卒業しました!12年間、本当に本当に幸せでした。ありがとうございました!!」とコメントし、写真付きで投稿しました。

    グループを卒業してから4か月、現在どのような活動をしているのか気になったので調べてみたところ、現在はスペインで活動していることがわかったのです。

    現在メキシコでグローバルに活躍中!

    入山杏奈さんは、7月14日に東京のメキシコ大使館で行われた『テキーラの日』記念レセプションに、メキシコからオンラインで参加しました。


    メキシコからリモートで参加いたしました」「これからもメキシコの観光を盛り上げるお手伝いができるように頑張ります!」とコメントし、メキシコでの活動を報告したのです。

    「もう、立派な観光大使だね。日墨のためにこれからもいろいろな活動を期待してます。」「これからもあんにん通じてメキシコが身近に感じていきたいので宜しくです。」「まさにメキシコの観光大使的お仕事ですね。」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

    また、YouTubeの『Anna Iriyamaチャンネルでは、流暢なスペイン語を披露していました。

    メキシコを拠点に、グローバルな活躍をしている入山杏奈さんの今後の活動に期待ですね!

    スペイン語と言えば、修復失敗したスペインの彫刻も話題となりました。

    Un museo DEL FUTURO | MUFO

    入山杏奈プロフィール

    芸名(読み):入山杏奈(いりやまあんな)
    生年月日:1995年12月3日
    出身地:千葉県
    血液型:B型
    2014年5月25日AKB48の握手会に男性がノコギリを持って暴れ、川栄李奈らと共に右手小指の骨折や裂傷を負った。

    sourceタレント辞書



    画像が見られない場合はこちら
    入山杏奈(26)AKB48を卒業した現在の活動がグローバルすぎて凄い!


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【入山杏奈(26)AKB48を卒業した現在の活動がグローバルすぎて凄い!】の続きを読む


    賛成する。

    1 muffin ★ :2022/07/10(日) 17:04:56.16
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/07/10/kiji/20220710s00041000470000c.html
    2022年7月10日

    経済アナリストの森永卓郎氏(64)が、10日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」(後1・30)に出演。
    「映画を通して見る社会問題 徹底討論SP」と題した中で、政府が毎月10万円を支給する「ベーシックインカム」導入を推奨した。

    紹介された映画は、現在公開中の「PLAN75」。舞台は近い将来の日本で、映画の世界では少子高齢化問題の解決策として「プラン75」という75歳の高齢者が生死を選択できる制度が施行されており、その制度に翻弄される人々の姿が描かれている。フィクションとは思えないほど高齢化が深刻な社会問題となっている日本。政府は年金以外の収入を得る高齢者を増やす対策を講じ、70歳までの就業確保を企業の努力義務とし、4月には年金を受け取りながら働く場合、年金がカットされにくい仕組みを導入。受給開始年齢を75歳まで繰り下げ、受給月額を最大84%増やすことができるようにしている。

    そこで注目したのは「ベーシックインカム」。最低限の生活に必要なお金を所得制限や年齢制限なしに国が支給する仕組み。欧州では試験的に導入されている。そこで番組は「ベーシックインカム」として全国民に毎月10万円支給することへの賛否を問い、パネリスト8人の中で森永氏はただ一人条件付きながら「賛成」とした。

    その財源が問題となる中、森永氏は「世界で財政が一番健全なのは日本。1500兆円の国の債務があるが、資産1000兆円で日銀引受分の国債が500兆円。合わせればチャラ。先進国の中で数少ない無借金経営している。日銀に引き受けされている限りは借金増えませんから」と力説。他のパネリストからさすがに国の借金が増えないことに疑問の声が上がったが、「とりあえずやってみないと」とヤケクソ?発言で切り返していた。

    一方で「反対」の信州大学・特任教授の山口真由氏(39)は「今現在の一番の美徳っていうのは、勤労こそが美徳なんですよ。高度経済成長期以降、働くことが美徳。ベーシックインカムが勤労の美徳という価値観を奪うんじゃないか、とそこに懸念を持つ」と、持論を展開していた。

    【【芸能】森永卓郎氏 全国民に毎月10万円支給を! 「ベーシックインカム」導入案に“賛成” 】の続きを読む


    厳しく言う

    1 爆笑ゴリラ ★ :2022/07/10(日) 21:14:43.92
    7/10(日) 21:05
    日刊スポーツ

    池上彰氏「政治家としての責務、責任ではないのか」生稲晃子氏の番組出演拒否に苦言

     キャスター池上彰氏(71)が10日、第26回参院選のテレビ東京系選挙特番「池上彰の参院選ライブ」(午後7時50分)に生出演し、自民党の東京選挙区立候補者で、アイドルグループ、おニャン子クラブ元メンバーの生稲晃子氏(54)が番組出演を拒んだことに苦言を呈した。

     番組は生稲氏へ安倍晋三元首相の銃撃事件が起こる前から10日の出演をオファーしていたというが、同陣営は全てのテレビ番組へのインタビュー出演を拒否したといい、出演はかなわず。テレビ東京官邸キャップの篠原裕明氏は同陣営関係者への取材の結果、出演拒否の理由として「生稲さんは国会議員としての資質、勉強が圧倒的に足りない」ことを挙げられたと明かした。

     池上氏は「陣営の中にかなり正直に、または冷ややかに見ている人がいるのだと考えられますよね」と語り、ゲスト出演していた勝俣州和(57)も「ちょっと驚きの意見ですけどね。そんなことないと思いますけどね、あの演説を見ていると」と話した。同じくゲスト出演していた鈴木福(18)も「政治家として活動していくということで臨まれている中で、そういう風に言われるのはどうなんだろうとびっくりしました」と語った。

     池上氏も「そもそも、ぜひ私に(投票を)と言い続けてきたわけですよね。当選が決まるのであれば、これからこういうことをやっていきますということをみなさん伝えるということが政治家としての責務、責任ではないのかなと思いますけどね」と指摘し「インタビューに自信がないのかもしれないですけど、自信がない中でも答えるという責任が出てくると思います。そういう意味ではとても残念です」と語った。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/687c0367b955b46d913cf09d1c2cb2e392f04fb2

    【池上彰氏「政治家としての責務、責任ではないのか」生稲晃子氏の番組出演拒否に苦言】の続きを読む

    このページのトップヘ