芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 社会人


    そうなるのかな。

    1 muffin ★ :2023/01/16(月) 15:11:54.95ID:Ae2cZq2U9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/01/16/kiji/20230116s00041000355000c.html
    2023年1月16日 15:07

    実業家・堀江貴文氏(50)が16日までに自身のツイッターを更新し“ラーメン2000円論争”に言及した。

    サッカー元日本代表・本田圭佑のツイッター投稿から発展した“ラーメン2000円論争”。9日に「ラーメン屋。あの美味さで730円は安すぎる。もうちょっと値上げするべき。ってか色んな業界がもう少し値上げするべき。高すぎるか安すぎるかの両極になり過ぎ。次ラーメン食うときは2000円支払います。必ず」とツイートし、賛否の声が上がっていた。

    堀江氏は、この件について「日本人の多くの感覚が狂ってるね。因みにうちのラーメンは一万円です」と一蹴した。

    続きはソースをご覧下さい

    【ホリエモン、“ラーメン2000円論争”を一蹴 「感覚が狂ってるね」「因みにうちのラーメンは一万円です」】の続きを読む




     寿司チェーンすしざんまい」を運営する喜代村の木村清社長が大きく両手を広げて「お寿司といえば……」と切り出したのに、「すしざんまい!」という言葉はカットされてしまう――。SNSでも話題となった、NHKの番組で起きた珍騒動をパロディにしたCMが公開されました。木村社長、ノリが良い……!

    【動画】すしざんまい社長が出演したパロディCM

     この騒動は、2018年10月放送の「ニュースウォッチ9」(NHK)に出演した木村社長が「お寿司といえば……」とおなじみのポーズを披露したところ、「すしざんまい!」という言葉はカットされてしまったというもの。放送後、SNS上では「面白すぎる」「言わせたげてよ!」などと話題になりました。

     今回、そんな珍騒動をパロディしたのは、LIFULLライフル)が運営する不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」の新CM。木村社長が自社以外のCMに初出演しました。

     冒頭から木村社長が「お寿司といえば……」と名物ポーズを披露しますが、お決まりの「すしざんまい!」という声は入っておらず、「……」と無言。インタビュアーによる「お部屋探しサイトのホームズは、お部屋探しの際に他社サイトとの併用をおすすめしていると聞きました」という問いかけに対して、木村社長は「それはお寿司で例えると分かりやすいです」と寿司に例えて語ります。

     店頭で全身緑色のスーツを着た緑アフロの男とホームズくんの3ショットが映し出された後、インタビュアーから「では、最後にお部屋探しといえば?」という質問が。木村社長は冒頭と同じように「お部屋探しといえば……」と繰り返すも、案の定「すしざんまい!」はカットされてしまいます。全編にわたって自社の宣伝ができないのに、ノリノリで出演してしまう木村社長……!

     木村社長は撮影後のインタビューのなかで、「難しいね~!(自社のCMはやっているけど)こういうの初めてだからな~。タレントになったのかなと思いました。寿司屋ですけどね(笑)。びっくりしました!」とコメント

     正月にオススメの食事については、「やっぱりお寿司でしょう~! 日本食と言えば、すしざんまい!(ポーズしながら)世界中がお寿司ブームです。お寿司といえばすしざんまい!(ポーズしながら)と世界中が言っています」とアピールしています。インタビューでは無事カットされていなかった……。

    木村社長が自社以外のCMに初出演


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【すしざんまい社長「お寿司といえば」 → 無情にもカット NHKで起きた珍騒動のパロディCM、本人がノリノリで出演してしまう】の続きを読む


    怒り心頭

    1 muffin ★ :2022/12/29(木) 16:33:22.18ID:922diTdW9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/12/29/kiji/20221229s00041000316000c.html
    2022年12月29日 16:06

    堀江貴文氏(50)が29日までに自身のYouTubeチャンネルを更新。ユーチューバー・ヒカル(31)とタッグを組んだ東京・渋谷の餃子店「近未来餃子H」への“ディスリ”コメントに怒りをぶつける場面があった。

    堀江氏は今年6月、ヒカルのYouTubeチャンネルにゲスト出演した際、20年に訪問した餃子店で、マスク着用を巡り定員と口論になり“炎上”した件を振り返った。「俺は本当に餃子が好きでさ。それで探して行ったら、めちゃ塩対応されてさ。超寂しいのよ」と語ると、ヒカルが「餃子やりましょうよ!マスク付けちゃいけない餃子屋ってどうですか?」と提案。この動画から約半年たち、餃子店をオープンした。

    堀江氏は「そしたらね、なんかよく知らないヤツがディスリコメントを書いててさ。なんなの、お前って思ってさ」と眉をひそめる。「“餃子の皮と具の味を研究したとは思えない。“普通の餃子だった”とか言ってて。いや、だから普通にうまい餃子を作ってるのであってね。“こだわりの北海道産の小麦粉を使いました”とか、そんなのどうでもいいんだよ!」と、怒りをにじませていた。

    【ホリエモン、自身の餃子店をディスられ怒り爆発『味を研究したと思えない“普通の餃子”』に「なんなの、お前?」】の続きを読む



    持論を展開する。

    茂木健一郎

    物議を醸している防衛費の増額問題に、脳科学者の茂木健一郎氏が12日更新のYouTubeチャンネルで言及。「教育投資したほうがいい」「単に防衛費を増やせばいいってだけじゃない」などと持論を述べた。

    【動画】「教育投資したほうがいい」


    ■「どちらも大事」とした上で…

    同日朝、ツイッターに「防衛費増額するのと、教育費や子育て支援を増額するの、どっちがほんとうに国のためになるのか、一度ちゃんと考えたほうがいいんじゃないか」とつづり、話題を集めていた茂木氏。

    YouTubeはこの約12時間後に更新され、冒頭で「いろいろコメントをいただいてるんですけど…」と改めて考えを整理。「どちらも大事」だとした上で持論を展開していく。


    関連記事:杉村太蔵、防衛費の大幅増額に異論 「もっと外交で…」「努力をしろ」

    ■「子供という未来に投資しなさすぎる」

    茂木氏は「あまりにも子供という未来に投資しなさすぎると思っています、日本は」と指摘すると、ツイッターで投げかけた疑問の意義について、「もっと子供に、教育に投資しなくちゃいけないでしょ」とズバリ。

    続けて、「教育投資ってのは、5年後10年後の日本の経済成長とか、どういう産業とかイノベーションが起こるかってことに関わってくるんで」「未来を創る子供たちに学ぶ環境を与えるってのは、とても大事なこと」と指摘。

    「結論は決まってて、教育投資したほうがいい」とも明言し、教育予算の拡充を訴えた。


    ■単純な防衛費増額に疑問

    一方の防衛費増額問題には、「必要であればアメリカから兵器を買うのはいいと思ってるけど、結局それがどういう影響を与えるかというと…」「要するに、アメリカの軍需産業は喜ぶでしょうけど、日本が自前で兵器作ってないと、結局買うだけってことになる」と指摘。

    武器輸出や軍事研究の制限にも触れつつ、「単に防衛費を増やして海外から兵器を買うっていうオプションだと、日本はかなりまずい状況になるという直感があるので、その辺の議論もしたほうがいい」と述べた。

    最後は、「単に防衛費を増やせばいいってだけじゃない、と思ってる次第です」と動画を結んでいる。


    ■【動画】「教育投資したほうがいい」


    ・合わせて読みたい→杉村太蔵、防衛費の大幅増額に異論 「もっと外交で…」「努力をしろ」

    (文/Sirabee 編集部・玉山諒太

    茂木健一郎氏、防衛費より教育費増額を求める 「未来を創る子供たちに…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【茂木健一郎氏、防衛費より教育費増額を求める 「未来を創る子供たちに…」】の続きを読む


    芸能界から離れて、頑張っている。

    1 冬月記者 ★ :2022/11/28(月) 22:11:36.53ID:jGiS+X5J9

    (出典 i.imgur.com)


    【独占】押尾学が新宿・歌舞伎町ホストクラブの顧問になっていた!「もう昔の“押尾学”はいない」


     東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストクラブ『シンスユークラシック』。歌舞伎町を中心に複数のホストクラブを展開する『シンスユー』グループで、唯一30歳以上のホストだけが働いている“大人ホストクラブ”だ。この場所でひと際目立つオーラを放っていたのが、元俳優の押尾学だ。

     2009年以降、芸能界を退き、復帰の意向もないと明言していた彼が、現在その身を置くのは夜の世界なのだ。週刊女性がそこを訪ねると、渋い白髪に黒いスーツ姿の押尾本人が、優しい語り口でインタビューに応じてくれた。

     一体、どうしてホスト業界に?

    「もともと、『シンスユー』グループの会長と仲がよかったんですよ。彼といろんな話をしているうちに、『シンスユークラシック』(以下、『クラシック』)社長の和地さんを紹介されて。ここのお店が開店して1年3か月ほどたったタイミングで、会長と和地社長とで“新しいことをしよう”という話になって。そのときに、会長とのご縁で“なにかおもしろいことを”と私も加わりました。かといって、年齢も年齢ですし、昼の仕事もやっているので、いい意味で“プレイヤー”っていうわけにはいかなくて。打ち合わせを重ねるうちに、“グループ全体の顧問をやるのはどうですか”と提案されました。そして、若いスタッフや、『クラシック』にいる30歳以上のホストたちに、とにかく少しでもエネルギーを与えてほしいと。会長と社長には男として魅力があったので、この方々は人を利用しないと思いましたし、和地社長はエネルギーの塊で、そういった部分でも波長が合ったので、“何ができるかわからないけれどもやってみます”ということで始めました」


    人生でいろいろな経験をした

     “顧問”は、いわゆる“ホスト”とは違う立場だそう。

    「グループ全体の様子を見てスタッフの相談に乗ったり、昼の仕事の人間で“こういう人紹介できない?”“こういう人知らない?”といったときに人をつないだり、一般的な仕事と変わらないですよ。それがたまたま夜の世界だっただけです。私も夜の世界はハッキリ言って“ド素人”なんですけど、これまでの人生でいろいろ経験したので、これはこれで何かのプラスになる気がして」

    まったく知らない場所に足を踏み入れた感想は?

    「やってみると、結構おもしろいです。お客さんもスタッフもいろんな人がいるじゃないですか。だからすごく勉強になります。夜の仕事なので、いろんな意見があると思いますし、以前は私も偏見がありました。でも、実際にこのグループの会長やほかの経営者さんにお会いすると、とにかくすごい。驚くほどしっかりしていますし、人によってはいい意味でケチだったりするんです。やっぱり、苦労もされているのでしょうね。プレイヤーの方は、元気な子もいれば暗い子もいたり、いろんなタイプがいます。それはそれぞれの人生なので、私が口を出すことはないですけどね」

     では、現役ホストにアドバイスをするならば……。

    「まず見た目はきれいに。清潔感はエチケットですから。それぐらいです。“歯のホワイトニングして”とか(笑)」

     顧問としてグループ全体を活性化させるべく、まず『クラシック』で毎週金曜日、1日2組限定ではあるが、“スーパーフライデー”と銘打って押尾自らが席について接客している。

    「やっぱり、“一緒にやろう”って握手をした以上、ここのお店はなんとか盛り上げたいんですよ」


    今もインスタには“誹謗中傷”が届く

     しかし、店の宣伝のためのSNSのコメントには、誹謗中傷が寄せられることもあるという。

    「まあ“誹謗中傷されてなんぼ”というのはありますけど、気分はよくないですよね。あんまりこういうこと言っちゃいけないんでしょうけど、3か月に1回くらいインスタにすごいのがきます。“お前なんで生きてんの”“呼吸すんな”とか“*”“てめぇなんで笑顔でSNSやってんだよ”とか……」

    記事全文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d8df13ecccea9a77340ec7324d877660a3e67ae9?page=1

    【【芸能】押尾学が新宿・歌舞伎町ホストクラブの顧問になっていた!「もう昔の“押尾学”はいない」 今もインスタには誹謗中傷が届く】の続きを読む

    このページのトップヘ