芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > タレント


    薬丸 裕英(やくまる ひろひで、1966年2月19日 - )は、日本のタレント、司会者。愛称は「ヤックン」。血液型B型。 妻は元歌手の石川秀美(結婚後に芸能界引退)、長男は俳優の薬丸翔。次男はCEサバデルフベニールB(ユース)所属のサッカー選手薬丸隼人。三男もサッカー選手を目指しており、小学生時代は
    20キロバイト (2,532 語) - 2020年6月18日 (木) 13:35



    (出典 data.aloha-street.com)


    ジャニーズを退所してうまくやっている。

    7月8日(水)放送の「TOKIOカケル」(毎週水曜夜11:00-11:40、フジテレビ系)に、薬丸裕英2005年以来、およそ15年ぶりに登場。ジャニーズ事務所退所後も、ジャニーズの後輩たちと交流があるという薬丸が、人生を大きく変えた運命的な出会いや、ジャニー喜多川氏との思い出を振り返る。

    【写真を見る】ジャニー喜多川さんについて話す薬丸裕英に興味津々のTOKIO

    薬丸が、1989年ジャニーズ事務所を退所した後も、少年隊東山紀之からジャニーズWEST・中間淳太まで世代を超えた幅広い交友関係があることを明かすと、TOKIOは「俺たちより広いですよ!」と仰天。

    その出会いは仕事だけでなく、中には「ジムのプールで、きれいに泳いでいる人がいるなぁとひとめぼれ。その後、ロッカールームで声を掛けた」ことがきっかけで交流が始まったという後輩も。

    薬丸が交友関係を大切にしていることがうかがえるエピソードに、長瀬智也は「すてきな関係ですね」と感銘を受ける。

    しかし、そんな薬丸が唯一クレームを言いたい相手というのが、嵐の二宮和也TOKIOも「あいつそういうとこあるんだよな!」と口々に話し、二宮の素顔が明かされていく。

    キンプリ出演舞台でジャニー喜多川氏からサプライズ

    そして、薬丸が「感謝しかない」と語る、恩師・ジャニー喜多川氏との思い出を振り返る。

    同級生の付き添いで行ったオーディションで「YOUもレッスン受けに来ない?」と声を掛けられたのが初対面だったという。

    当時14歳の薬丸は「知らない単語で、何を言っているか分からなかった」と戸惑いつつ、その言葉がきっかけでレッスンに通い始めることに。しかし、あるきっかけでレッスンに通わなくなってしまう。

    だが、それから1年後、ジャニー喜多川氏から薬丸の運命を大きく変えることになる1本の電話がかかってきたと話す。

    ほかにも、デビュー前のKing & Princeが出演した舞台「JOHNNYS' Happy New Year IsLAND」(2018年)に東山と訪れた際、実はジャニー喜多川氏が薬丸にサプライズを仕掛けていたことが明かされる。そのサプライズに薬丸は「度肝を抜かれた」と語った。

    さらに、手渡しでもらった初給料や、「僕の娘にジャニーさんが話した内容を聞いて、鳥肌が立った」という家族との交流など、薬丸にしか語ることができないジャニー喜多川氏のエピソードTOKIOも興奮。

    最後に、先輩の薬丸がTOKIOエールを送り、「25年もアイドルを続けているのはすごい」とTOKIOをたたえ、感動的なムードに包まれる。しかし、城島茂に向けたメッセージスタジオの空気が一変する。(ザテレビジョン

    「TOKIOカケル」に出演する薬丸裕英


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【薬丸裕英のジャニーズ後輩との交友関係にTOKIO「俺たちより広いですよ!」】の続きを読む



    (出典 i.ytimg.com)


    グループで活動するよりもソロで活動したほうがイイと判断していた。だけど、譲歩することができなかったようだ。

     タレント木下優樹菜7月6日、所属事務所を通じて芸能界引退を発表。7月1日に芸能活動再開を発表したばかりだったが…。

     所属事務所の公式サイトでは「弊社所属・木下優樹菜7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました」と告げた。

     木下といえば2019年、実姉が勤務していたタピオカ店店長の妻に対して、SNSで恫喝まがいのメッセージを送信していたことが発覚し、ネット上などで大炎上。同年11月18日には芸能活動自粛を発表。さらに同年12月には、夫でお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史との離婚が明らかになった。

    「活動再開発表から短期間で何があったか現時点では不明ですが、所属事務所が『当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難』とまで明言するあたり、木下に対して不信感を抱いていることは間違いないでしょう。タレントと芸能事務所二人三脚で協調して信頼関係が築かれるもの。復帰からわずか5日で契約解除になるということは、木下が信頼を損ねることをやらかしていたか、協調性に問題があると判断されたのかもしれません」(芸能記者)

     実は木下の協調性について、音楽家つんく♂は以前から疑問符を呈していた。

    「19年3月24日に行われた所属事務所が主催した音楽イベントに木下が参加した時のこと。木下は『モーニング娘。』第5期メンバーオーディションを受け、最終予選で落ちたことを告白。芸能界デビュー後、同グループプロデューサーつんく♂と会った際、落選理由を聞いたところ、『協調性がないから』と言われたことを明かしました。当時から木下の協調性のなさや、グループ活動に不向きなことを見抜いたつんく♂はさすがですね」(芸能記者)

     芸能界を引退した後は、協調性を発揮して第2の人生を渡り歩いてほしいものだ。

    (石田英明)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【木下優樹菜の“協調性のなさ”をつんく♂は19年前に見抜いていた!】の続きを読む


    道重 さゆみ(みちしげ さゆみ、1989年(平成元年)7月13日 - )は、日本の歌手、タレントであり、女性アイドルグループ・モーニング娘。の元メンバー(6期)で、8代目リーダーおよびハロー!プロジェクトの4代目リーダーを務めた。愛称はさゆさゆみん、ちゃゆなど。イメージカラーはピンク。 山口県宇部市出身。血液型A型。身長160
    78キロバイト (9,944 語) - 2020年6月9日 (火) 17:15



    (出典 fineboys-online.jp)


    ダンスは難しくないです。

     元モーニング娘。タレント道重さゆみ7月6日、自身のInstagramを更新。“上半身のみ”のキュートダンス動画を披露し、ファンを喜ばせている。
     
     道重は、「上半身だけで踊ってみた(この曲の振り付け大好きだから踊りたい!と思って踊り始めたのですが上半身だけで踊るのは難しいということに途中で気付きました笑」と紹介しつつ、自身の楽曲『ラリルレロンリー・ルーム』にあわせて、“上半身”のみ踊るという、一風変わったダンス動画を公開。その動画で道重は、時折、はにかむように微笑みながら、キュートダンスする姿をファンに披露した。

     この投稿に、ファンからは「ラリルレロンリールームのステップが可愛くて好きです」「途中でちょっと気まずそうに笑うさゆみんがとても可愛いです」「横顔とか、めっちゃ色っぽいし、幼さと妖艶さが混在していて、素晴らしいかも」「途中照れてるの可愛い」「いい感じ!!とてもかわいらしいですね」「可愛い可愛い可愛い さゆ世界一可愛い」「それでも強行突破する姿勢とまたその美しい姿勢に,我々は惚れ惚れしてしまうというワケです」と、そのキュートな魅力を称賛する声が続々と寄せられている。
     
    道重さゆみ、“上半身ダンス”に称賛の声「めっちゃ色っぽい」「照れてるの可愛い」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【道重さゆみ、“上半身ダンス”に称賛の声「めっちゃ色っぽい」「照れてるの可愛い」】の続きを読む


    加護 亜依(かご あい、1988年(昭和63年)2月7日 - )は日本のタレント、歌手、女優。ハロー!プロジェクトの元メンバーで『モーニング娘。』の元メンバー(4期)、女性デュオW(ダブルユー)のサブリーダー。旧姓は同じ。結婚後の本名は非公開。愛称は加護ちゃん、あいぼんなど。
    40キロバイト (5,172 語) - 2020年5月28日 (木) 20:44



    (出典 pbs.twimg.com)


    キレイです。

    1 ひかり ★ :2020/07/07(火) 12:01:02.88 ID:ST8IVsU69.net

     元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依(32)が7日、自身のインスタグラムを更新。浴衣姿のショットを公開し、反響を呼んでいる。

     加護は「七夕2020 みんなの夢が叶います様に…」とコメント。髪をタイトにして、涼しげな紺地の浴衣に白の帯を合わせ、ポーズを取る写真を3カット投稿した。

     ファンからは「織姫ですか? 可愛い綺麗すぎる」「見惚れてしまった…。美しすぎます」「あいぼんの夢も叶いますように」「オトナの可愛さ」などのコメントが集まっている。

    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/208314c26df64f59332201aa6d1c9b0e501996fc

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)


    【【芸能】#加護亜依、艶やかな七夕の浴衣ショットを披露「織姫ですか?」「美しすぎます」とファン歓喜】の続きを読む

    指原 莉乃(さしはら りの、1992年11月21日 - )は、日本のタレント、プロデューサー。女性アイドルグループ=LOVEおよび姉妹グループ≠MEのプロデューサーを務める。女性アイドルグループAKB48およびHKT48、STU48の元メンバー。AKB48の派生ユニットNot
    104キロバイト (14,322 語) - 2020年7月1日 (水) 02:57



    (出典 i.pinimg.com)


    ライバルになるのかな?

    タレント指原莉乃(27歳)が、7月6日に放送されたバラエティ番組「しゃべくり007SP」(日本テレビ系)に出演。自分のポジションを脅かす存在について「結局こじるり」と、タレント小島瑠璃子(26歳)の名を挙げた。


    この日、自分のポジションを脅かす存在について尋ねられた指原は「結局こじるり」と回答。


    指原と小島はプライベートでも仲が良く、食事に行くなど友人ではあるが、「(芸能界に)出てきたタイミングもたぶん一緒ぐらいで、年も1歳差で、なんか近い感じがして。私は、真面目な番組のリポーターとか、政治系の現場リポートとかは絶対無理だけど、瑠璃子さんはそれできるし、不思議と比べちゃうところがありますかね」とコメント。  

    指原は、小島の出ている番組も「なんか逆に見れないですね。すごいうまいんだろうなと思って、緊張しちゃうから」とあまり見ないようにしていると語った。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【指原莉乃、自分を脅かすのは「結局こじるり」】の続きを読む

    このページのトップヘ