芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 芸人


    お笑いコンビダウンタウン松本人志が、13日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、フェイクニュースについて語った。

    俳優成宮寛貴が3日、自身の復帰報道を受けて「ニュースにしていただいてありがたいなと思いながら、あれはフェイクニュースです」とツイートしたことが話題に。

    松本は、「僕も例えば10個ぐらい自分のニュース上げられたら、半分は嘘ですよ」と主張し、「残りの5個も、6割ぐらい本当かな。7割本当だったらマシな方やなと思えるくらいのレベル」と嘆く。

    さらに、「僕がすごく感じるのは、『あれ? これ俺だけなのかな?』とかね」と投げかけ、「他の芸能人は、もうちょっと信憑性あるのかなとか。これ、芸能ニュースだけなのかな本当に。普通の一般誌まで信じられなくなってしまう」と報道への不信感につながっていることを吐露した。

    また、「こんなもの誰も信用せえへんから、否定するまでもない」と思っても、周囲から心配されることもあるという松本。「やっぱり、あまりにもひどいガセニュースには、ペナルティがあってもいいのかな」と語っていた。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    松本 人志(まつもと ひとし、1963年〈昭和38年〉9月8日 - )は、日本のお笑いタレント、漫才師、司会者、映画監督、作家、コメンテーター。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。愛称は松っちゃん、松ちゃん(まっちゃん)。妻は伊原凛。吉本興業東京本部所属。
    31キロバイト (3,995 語) - 2019年10月9日 (水) 17:36



    (出典 giwiz-content.c.yimg.jp)


    ガッチガチです。

    (出典 Youtube)


    吉本興業の騒動はどうなったのかな?

    <このニュースへのネットの反応>

    【松本人志、自身のニュースの「半分は嘘」 “ガセ”記事への対処は】の続きを読む


    名倉潤が芸能活動復帰「ゆっくり楽しんで仕事したい」


    名倉 (なぐら じゅん、1968年〈昭和43年〉11月4日 - )は、日本のお笑いタレント、実業家である。お笑いトリオ・ネプチューンのリーダー、ツッコミ担当である。愛称は、ちゃん、リーダーなど。 兵庫県姫路市出身で、姫路市立大津小学校・姫路市立広畑中学校・市川高等学校を卒業した。男4人兄弟の末子
    16キロバイト (2,138 語) - 2019年10月11日 (金) 06:24



    (出典 grapee.jp)


    復帰したんですね。

    うつ病リハビリのため休養していたお笑いトリオネプチューン名倉潤(50歳)が10月11日、自身のInstagramを更新。仕事への復帰と、感謝の言葉をつづっている。


    名倉は昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を受け、術後のストレスが原因でうつ病を発症。今年8月1日から芸能活動を休止していた。

    そしてこの日、バラエティ番組「じっくり聞いタロウスター近況(秘)報告」(テレビ東京系)の収録で仕事に復帰。


    Instagramでは「応援してくださった皆様 そして関係者の皆様スタッフの方々メンバーを含め仲間たちご心配とご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。皆様のご理解がなければ復帰できませんでした。本当にありがとうございました。ゆっくり楽しんで仕事したいと思いますのでよろしくお願い致します」とつづり、「#家族に本当に支えてくれてありがとう #奥さんありがとう #感謝しかありません #全ての周りの人の理解がなければと思うと本当に感謝です」とタグを添えている。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【名倉潤が芸能活動復帰「ゆっくり楽しんで仕事したい」】の続きを読む


    今田 耕司(いまだ こうじ、1966年3月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者である。愛称は今ちゃん。大阪府大阪市出身。吉本興業所属。 3人兄弟の末っ子。実家は大阪市天王寺区生玉の道善寺という本門法華宗の寺で、父は会社員と住職を兼業していた。 住職である父親は誕生日がクリスマスであり、今
    56キロバイト (8,958 語) - 2019年10月6日 (日) 12:57



    (出典 cdn.images-dot.com)




    TOKIOの城島を見てそうなったのかな?

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/10/11(金) 21:48:21.34 ID:fRDIMCqx9.net

    お笑いタレントの今田耕司が、10月5日に放送されたバラエティ番組「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(読売テレビ)に出演。
    TOKIOのリーダーである城島茂の24歳差婚にすっかり触発されてしまったようだ。

    番組では城島が24歳のタレント・菊池梨沙と結婚したことを紹介。この話題に今田は「行きますよ、俺だって、これくらい(の年齢)の子。
    オレ、24くらいの子と結婚しますよ」と、20代女性との結婚を宣言している。

    これに共演者らからは「でも世間は、え~!って感じですよ」と歳の差婚の周囲からの見られ方は決して良くないと指摘を受けるが、
    今田は「はいはいはい、いいですよ」と、周囲の目など気にせず、批判覚悟で若い女性を狙っていく姿勢を示している。

    しかし、今田の20代女性との結婚宣言に世間からは「単純に50のおっさんが20代に手を出すのがシンプルに引く」「シャレにならないくらいに気持ち悪い」
    「自分がモテるって勘違いしてそう」「娘くらいの年齢の女性を性的対象として見られるという事実が気持ち悪い」など、ドン引きしてしまったというコメントが多数見られている。

    「今田といえば、6年前に出演したバラエティ番組で『結婚相手に求める条件』として、身長163センチ以上、年齢28歳以下という厳密な項目を挙げていました。
    さらに昨年5月には一般女性との深夜デートがキャッチされており、その女性は肩を出した見た感じ若めのファッションでしたし、一貫して若い女性が好きなようですね。
    今田がMCを務める紀行番組『アナザースカイ』(日本テレビ系)に、5代目女性MCとして出演していた中条あやみについて『口では“娘やがな”と言っているけど、
    全然そんなこと思ってない。ただの女子や。ただのストライクゾーンや』ともコメントしていました。
    また、今田だけが話しているだけならともかく、中条も『(今田から)よく耳元で25歳ぐらいの彼氏いないモデルさん紹介して(と言われる)』と暴露されていましたから、
    あの手この手で若い女性と繋がりを持ちたいのは本音でしょう。
    だからこそ、ジョークのように話していても、ガチな部分が強いため、世間の人々としては笑えないようですね」(エンタメ誌ライター)

    今田がなぜ、女性の年齢に固執するのかはさておき、果たして世間の逆風をものともせず、若い美女のハントを有言実行できるのか見物だ。

    http://dailynewsonline.jp/article/2035391/
    2019.10.11 10:15 アサジョ


    【【芸能】今田耕司、「24くらいの子と結婚したい」宣言に“気持ち悪い”の大合唱!】の続きを読む


    河本 準一(こうもと じゅんいち、1975年4月7日 - )は、日本のお笑い芸人。井上聡とお笑いコンビ次長課長を組んでいる。アイドルグループ吉本坂46のキャプテンでもある。愛称は準ちゃん、ヌルヌル王子、もっち、じゅんを。愛知県名古屋市緑区生まれ、岡山県津山市、岡山市北区育ち。吉本興業所属。吉本総合芸能学院
    26キロバイト (3,381 語) - 2019年10月9日 (水) 10:48



    (出典 www.nikkansports.com)


    復帰はまだ先のようですね。

    1 朝一から閉店までφ ★ :2019/10/09(水) 18:05:11.98 ID:ulUhoO4u9.net

    芸能Posted on 2019年10月9日 17:58

     次長課長の河本準一が、10月4日、5日の両日にかけ更新したブログで、丸坊主にしたことを明かしたのだが、これに冷ややかな声が相次いでいる。

     河本はまず4日に、〈あたし、河本準一 少しだけ変化します お昼の13:30頃には変化してます〉と予告し、13時30分過ぎに更新したブログで、〈あたし、少し変わりました〉と、みごとなまでの坊主頭を披露。

     さらに5日にもふたたび坊主頭の正面顔の写真をアップしつつ、〈この坊主 河本準一を最大限に生*ことの出来る 監督!!  オファーくれ!!〉〈履歴書に送る写真貼り付けときます!! 最初に来た人とやります なんじゃこの内容!!〉としているのだが、ネット上では〈まさか本気で映画に出たいと思ってる?〉〈芸人なんだから芸磨けよ〉など、辛辣な声が相次いだのだ。

    「河本は9月にも、電車内で高齢の女性が優先席付近に立っていたにもかかわらず、中年サラリーマンが席を譲らずにスマホのゲームを始めた光景を目にしたことをブログで報告し、《キレてる。いや、絶対許さん》《お前じゃ!代わるんわ!お前じゃ!》と、いたってまっとうな意見を綴ったのですが、《お前が言うな!》状態となっています。今回も、《坊主頭になったところで許されはしない》とした指摘が見られ、やはり、いまだにあの“ナマポ”騒動が残っているようです」(夕刊紙記者)

     河本は過去、自身に十分な収入があるにもかかわらず、母親が生活保護を15年間受給していたことが発覚。河本がそれを促していたことが報じられ、総スカンを食らった。

    「しかし、それは7年前のこと。河本は不正受給分を返還し、反省の意味でボランティア活動に励みましたが、現在も世間の目は冷たく、テレビの仕事は激減のままです。こうした経緯は、結果的に社会の常識を逸脱した行為をし、今も謹慎状態でボランティア活動を続ける宮迫博之とも、状況が似ています。河本の置かれた厳しい立ち位置と同時に、宮迫の完全復帰への難しさも感じさせますね」(芸能記者)

     どちらも売れていた時の「油断」が、ここまで芸能生活を変えてしまうとは思ってもみなかっただろう。


    https://www.asagei.com/excerpt/134923


    【【芸能】河本準一、あの騒動から7年経過も総スカン状態に見る宮迫博之「復帰困難度」 2019/10/09】の続きを読む


    小木博明

    お笑いコンビおぎやはぎ小木博明が、2日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に出演。「覚えられない」という理由でキャッシュレス決済を避ける人に苦言を呈した。

    ■キャッシュレス決済はハードルが高い?

    10月1日から消費税が10%に引き上げられたことで悲鳴があがる一方、消費者の中にはキャッシュレス決済でポイントが還元されて「得をした」という人もいる。しかし、キャッシュレスに馴染みのない人からは「覚えられない」と不満も。

    同番組の街頭インタビューでも「ダメダメ。年取って覚えられない」といった声があがり、MCの坂上忍も「僕も歳なんで覚えられません。覚える気がないのよ」と同調する。

    関連記事:現金派よりキャッシュレス派のほうが貯金ができる? 林先生の解説がネットで話題

    ■「得したいなら頑張れ!」

    すると、おぎやはぎの矢作兼は「年寄りってワガママですよね。すぐ言い訳にする」と一蹴。矢作と同じく時代の流れによりキャッシュレス派になったという小木も、「歳のせいにしちゃダメよ。おしまいだよ」と語る。

    さらに、「本当に得したいのか損したいのかで考えて。得したいなら頑張れ!」と語気を強め、「頑張ってほしいの。本当に得だし簡単で便利なんですよ」と主張した。


    ■「そのとおり!」と共感の声

    得をしたいのであれば頑張るべきという小木の持論に、ネット上では共感の声があがっている。




    ■支払いは現金? それとも…

    しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,537名に「支払い」に関する調査をしたところ、「キャッシュレス派」と答えたのは3割ほど。まだまだ現金派が多数のようだ。

    ただし、これは2018年10月時点での調査であり、『PayPay』をはじめとしたQRコード決済が広まってきた昨今では、その割合も多少は増えているだろう。

    支払い

    いちいち覚えるのは煩わしい…」という思いから、未だに現金を使う人は少なくない。ただ、小木の言うように「得をしたい」という思いが少しでもあれば、勉強して損はないはずだ。

    ・合わせて読みたい→松居一代、“食い逃げ”してしまいパニックに 「えらいこっちゃ…」

    (文/しらべぇ編集部・二宮 新一

    【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年10月19日2018年10月22日
    対象:全国20代~60代の男女1,537名(有効回答数)

    おぎやはぎ小木、「現金支払い派」に苦言 その理由に称賛の声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    小木 博明(おぎ ひろあき、1971年8月16日 - )、日本のお笑いタレントである。 おぎやはぎのボケ担当。相方矢作兼。 愛称小木くん、センス小木、オギーブン。バナナマン土田晃之など一部の年下の芸人から先輩後輩かかわらず「小木さん」と呼ばれている。 プロダクション人力舎所属。身長178cm、体重78kg。血液型B型。
    10キロバイト (1,086 語) - 2019年9月24日 (火) 15:09



    (出典 news.mynavi.jp)


    これからの時代はキャッシュレス社会です。

    <このニュースへのネットの反応>

    【おぎやはぎ小木、「現金支払い派」に苦言 その理由に称賛の声】の続きを読む

    このページのトップヘ