芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:芸能 > 女優


    沢口 靖子(さわぐち やすこ、1965年6月11日 - )は、日本の女優。 大阪府堺市西区堀上緑町出身。東宝芸能所属。身長159cm。スリーサイズはB80 W58 H87。 堺市立平岡小学校卒業後、中学2年生まで堺市立上野芝中学校(西区)→堺市立赤坂台中学校(南区)、大阪府立泉陽高等学校卒業→奈良教育大学入学辞退。
    33キロバイト (4,800 語) - 2019年10月3日 (木) 07:35



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    親衛隊がいた。かなり人気があったんですね。

    1 湛然 ★ :2019/10/03(木) 05:07:29.74 ID:znN8kGih9.net

    2019.10.02
    沢口靖子 芸能界入り前から親衛隊がいた…本人気付かず「知らないんですよ、存在」
    https://www.daily.co.jp/gossip/2019/10/02/0012754637.shtml

    沢口靖子

    (出典 i.daily.jp)



     女優の沢口靖子(54)が芸能界入りする前、既に親衛隊が存在していたことが、2日放送のテレビ朝日系「あいつ今何してる?」で明らかになった。

     番組には沢口の小学校時代の恩師が出演。沢口いわく「保健の先生で。お母さんのようなお姉さんのような」存在だ。先生によれば、沢口は当時から「とにかく光っているなっていうのが第一印象でしたね。こんなこと言っちゃいけないんですけど、やっぱり違ってましたね。(芸能人に)なってもおかしくないやろうなと思いました。目立ってました」と、別格のかわいさだったという。

     沢口と同じ高校に通っていた元教え子からは「親衛隊というんですかね。今で言う追っかけみたいな、そういうものがあって。電車に乗り込んでても、靖子ちゃんをいつも取り囲んでいて、男の子が。すごかったよっていうのを聞いてましたね。すごかったって言ってました。(デビュー前の)高校2年3年じゃないですかね。靖子ちゃんを守らなきゃみたいな感じで、そういう子たちがいっぱいいたよというのは聞きました」と、芸能界入りする前から既に親衛隊が存在していたことを知らされたという。

     先生は「伝説ですね。でもそれはホントにどの方も知ってますね。堺に住んでる方でしたら」と、地元では有名なエピソードだと説明。先生の息子が沢口と同じ高校に通ったが、沢口とは年齢が二回り離れているにも関わらず「その話してました」と代々、地元で語り継がれていることを証言した。

     先生の証言を聞いていた沢口は「私は知らないんですよ、その存在。気付かなかった、ホントに。別に名乗られもしない」とビックリ。親衛隊の存在を把握していなかった。


    (おわり)


    【【テレビ】沢口靖子 芸能界入り前から親衛隊がいた…本人気付かず「知らないんですよ、存在」】の続きを読む


    深田恭子 低視聴率「ルパンの娘」セクシーダンスをオフショット披露

    視聴率がなかなかとれないようです。


    ルパンの娘』(ルパンのむすめ)は、作家・横関大小説シリーズ。 第1作『ルパンの娘』は2015年8月26日に単行本、2017年8月8日に文庫本が講談社から刊行された。シリーズ第2作『ルパンの帰還』以降は、単行本を経ずに文庫化されている。 泥棒一族“L一族”の娘
    22キロバイト (2,130 語) - 2019年9月28日 (土) 08:57


    (出典 nordot-res.cloudinary.com)


    NO.7834881 2019/09/30 12:12
    深田恭子 低視聴率「ルパンの娘」セクシーダンスをオフショット披露
    深田恭子 低視聴率「ルパンの娘」セクシーダンスをオフショット披露
    ついに視聴率が5%代となった、深田恭子主演の「ルパンの娘」。

    全身ボディスーツを前面に押し出した、セクシー路線を貫くも浮上せず。

    アラフォーむっちりボディスーツの生動画を樫木裕実インスタで披露するなど、話題作りに必死の模様。

    演技は相変わらずの棒、かわいこぶりっ子路線一本槍。

    ドラマでも、たるみと二重あごが目立つ37歳では通用せず。

    低視聴率と露出の相関関係は否定できないようだ。
    【日時】2019年09月30日 12:00
    【提供】激裏情報


    【深田恭子 低視聴率「ルパンの娘」セクシーダンスをオフショット披露】の続きを読む


    菅野 美穂(かんの みほ、1977年8月22日 - )は、日本の女優、タレント。本名、堺 美穂(さかい みほ、旧姓:菅野)。愛称は菅ちゃん、カンノちゃんなど。 埼玉県坂戸市出身(出生は神奈川県伊勢原市)。研音所属。 夫は俳優の堺雅人。 淑徳与野高等学校卒業、淑徳大学国際コミュニケーション学部中退。1
    46キロバイト (6,206 語) - 2019年9月10日 (火) 00:27



    (出典 mitsui-mall.com)


    アフレコに挑戦。

    1 牛丼 ★ :2019/09/27(金) 08:34:18.83 ID:BuIx5Av39.net

     女優の菅野美穂(42)が26日、都内で米映画「ジェミニマン」(10月25日公開)の公開アフレコを行い、昨年12月に第2子出産を発表後、初めて公の場に姿を見せた。
     菅野は今回、日本語吹き替え版声優に初挑戦。同作に出演する米俳優ウィル・スミス(51)からビデオメッセージを送られ、「すごい…!映画とは違うオーラで生き生きしているし素晴らしいと思った」と興奮気味だ。
     スミスから“ミホ”と呼ばれ、投げキッスも送られるサプライズに「ミホって呼んでもらえてうれしかった」と、“役得”に思わずにやけていた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00000003-dal-ent


    【【芸能】菅野美穂 興奮「ミホって呼んでもらえてうれしかった」第2子出産後初の公の場】の続きを読む


    石原さとみ、主演ドラマが苦戦の理由は「アラサー女優の壁」(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
    意欲作や怪作が集中して「夏枯れ」とは無縁だった今期の連ドラ戦線――。視聴率争いは田中圭主演の「あなたの番です―反撃編―」が頭ひとつ抜けていた印象だが、その ...
    (出典:Yahoo!ニュース)


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年12月24日 - )は、日本の女優。 東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーデション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であるホリプロ系列
    67キロバイト (8,099 語) - 2019年9月21日 (土) 14:34



    (出典 portal.st-img.jp)


    限界があるのかな?

    1 X_ファイル ★ :2019/09/24(火) 21:08:47.17 ID:MaVIe/7C9.net

    意欲作や怪作が集中して「夏枯れ」とは無縁だった今期の連ドラ戦線――。視聴率争いは田中圭主演の「あなたの番です―反撃編―」が頭ひとつ抜けていた印象だが、その一方で注目を集めたのは「女の戦い」である。果たして、アラサー女優が競演する「夏の陣」で軍配は誰に上がったのか。


    芸能記者に言わせると今期の連ドラで話題を攫(さら)ったのは、
    「やはり『あな番』でしょう。2クール連続の放映ですが、徐々に視聴率を上げて最終回は19・4%を記録。1クール目の最終回でW主演の原田知世が殺害されたのには驚いたし、SNS上では“真犯人”の予想が白熱。視聴者を巻き込む展開も含め、今後のミステリードラマの試金石になるかもしれません」

    そんな「あな番」に勝負を挑んだのが、アラサー女優の主演ドラマだった。
    なかでも、石原さとみ(32)の「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」は下馬評が高かったが、

    「彼女は“ミステリー作家兼レストランオーナー”という役どころでしたが、高飛車な部分が鼻についた人が少なくなかったのでは」
    とはライターの吉田潮氏。

    「問題はむしろ演出で、キャラ設定やギャグが上滑りしていた印象。岸部一徳や段田安則など、芸達者なベテラン俳優が脇を固めていただけに残念です」

    実際、ドラマは苦戦を強いられ、過去の主演作は2ケタが当たり前だった石原だが、今回の平均視聴率は8・7%に沈んだ。もうひとり株を下げたと囁かれるのは、出産を経て4年ぶりに連ドラに復帰した杏(33)である。

    ➖ アラサーの壁

    テレビドラマ研究家の古崎康成氏によれば、

    「彼女は『花咲舞が黙ってない』で演じたような、まっすぐで喜怒哀楽のハッキリした役が似合う女優です。しかし、今回の『偽装不倫』のヒロインは屈折した性格。復帰作のセレクトがイマイチだったと感じます。本来なら“ポスト米倉”を狙える女優なんですが……」

    ふたりに共通するのはアラサー女優の壁だ。民放の制作スタッフが言う。
    「この年代になると、ドジだけど可愛い新米ナースや新人刑事は演じづらい。そこで多くの女優がカッコいいヒロイン、特に40代ながら視聴率女王に君臨する“米倉涼子”を目指すわけです。ただ、こうした路線変更は難しく、このところ作品に恵まれない石原などは、まさに女優人生の岐路に立たされています」

    反対に、「脱皮」に成功したのが「監察医 朝顔」が絶好調の上野樹里(33)。
    「ワガママで扱いづらい女優とされてきた上野ですが、3年前に結婚してから性格が丸くなったと評判」(同)だそうで、「月9」は「のだめカンタービレ」以来にもかかわらず、ほぼ全話で視聴率2ケタ超えを達成した。

    そして、先の吉田氏が「今期一番の作品」と太鼓判を押すのが黒木華(はる)(29)主演の「凪(なぎ)のお暇(いとま)」である。
    「何事も周囲に合わせる主体的でない主人公を見事に演じていました。彼女への評価とギャラは今後も上がると思います」

    他方、ドラマの視聴率は6%台と低空飛行でも、独特の存在感を放つのは深田恭子(36)。彼女はすでに「アラフォー」だが、
    「今回の『ルパンの娘』ではボディスーツを着こなし、東京ガスのCMでも『うる星やつら』のラムちゃんを演じている。ドラマで話題を集めてCMに繋げる、特異なポジションを築いています」(前出記者)

    夏の陣では「あなたの番です」の前に苦杯を喫したアラサー女優たち。果たして、次の視聴率女王は「どなたの番」になるのか。

    「週刊新潮」2019年9月26日号 掲載
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00584206-shincho-ent


    【【芸能】 石原さとみ、主演ドラマが苦戦の理由は「アラサー女優の壁」】の続きを読む


    『ひよっこ』『この世界の片隅に』で話題の「松本穂香」に、映画主演オファーが殺到のワケ - 日刊大衆
    au「意識高すぎ!高杉くん」CMシリーズの“松本さん”として、広く知られるようになった松本穂香(22)。連続テレビ小説『ひよっこ』、日曜劇場『この世界の片隅に』でドラマ初 ...
    (出典:日刊大衆)


    松本 穂香(まつもと ほのか、1997年2月5日 - )は、日本の女優である。大阪府堺市出身で、フラームがマネジメントする。 高校時代から演劇部に所属して芝居を好み、連続テレビ小説『あまちゃん』を観て女優を志し、高校在学中に芸能事務所フラームのオーディションに合格した。高校卒業まで、大阪から新幹線
    36キロバイト (4,747 語) - 2019年9月15日 (日) 16:46



    (出典 stageonthenews.com)


    大活躍しています。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/09/23(月) 12:43:55.70 ID:Qf+4he9C9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


     au「意識高すぎ!高杉くん」CMシリーズの“松本さん”として、広く知られるようになった松本穂香(22)。連続テレビ小説『ひよっこ』、日曜劇場『この世界の片隅に』でドラマ初主演を果たし着々と女優としてのキャリアを積み上げ続け、さらに今年から来年にかけては、主演映画が立て続けに公開されることが決定しており、勢いはとどまるところを知らない。

     そんな松本穂香の魅力について、主演作品の監督である、ふくだももこ監督、中川龍太郎監督、片桐健滋監督の3人に彼女の魅力について語ってもらった。

     9月20日公開の『おいしい家族』の監督を務めたふくだももこは、松本の魅力について、「ただそこに『居る』ことができる人。猫背だけど、心の芯はまっすぐ。吸い込まれるような瞳。あと声も好きです。声にも芯が通ってる。とにかく大好き」と大絶賛。

     11月15日公開の『わたしは光をにぎっている』の中川龍太郎監督は、「普段から、自分以外の何かを演じようとしないところが素敵だと思います。自分が自分としてあれる、それも肩肘張らずに、そういう自然体の魅力が、すなわち俳優としての松本さんの魅力だと思っています」と松本に魅了されている様子だ。

     2020年公開の『酔うと化け物になる父がつらい』の片桐健滋監督は、「普段はほわーんとしてる感じなのに、本番になった時の集中力、瞬発力が素晴らしいなと。

    シリアスもコケティシュも自然ですし、とても目が印象的だと思います」と三者三様のコメントだが、各々松本穂香の魅力について語ってもらった。

     令和を担う女優となっていくである女優・松本穂香。様々な作品で、新たな魅力を開花し続ける彼女を、ぜひスクリーンで堪能してほしい。

    ■松本穂香主演の映画が続々公開

    ■映画『おいしい家族』9月20日公開

    【ストーリー】
    松本演じる主人公・橙花は東京で働くキャリアウーマン。母の三回忌に実家の離島に帰ると、なぜか父・青治(せいじ)が母の服を着て生活していることを知る。びっくりする橙花を気にせず父は続けて「この人と家族になる」とお調子者の居候・和生(かずお)を紹介。状況をのみこめない橙花と、人の個性を受け入れるおおらかな島の住人達との暮らしを、ときにクスッと、ときにハートフルに描いた物語。橙花は父を始め、様々な価値観や個性をもった人たちに出会うことで、自分が考える常識から解き放たれ、次第にそれぞれの個性を受け入れると共に、自分らしく生きることの大切さに気付いていく。

    ■映画『わたしは光をにぎっている』11月15日公開

    【ストーリー】
    なんとなく東京へ出てきたが、仕事も人付き合いもうまくいかない澪。ある時から古い銭湯を手伝い始め、昔ながらの商店街の人たちとも交流するようになり、少しずつ都会の暮らしにも喜びを見出していく。だが、やっと見つけた居場所が、もうすぐなくなってしまうと知った澪は、「しゃんと終わらせる」決意をする──。「閉店します」の貼り紙、一夜で壊される建物、路地から消える子どもたちの声──今、日本は発展や再開発の名のもとに、大きく変わろうとしている。を、感謝を込めて丁寧に送り出すことで、前へ進もうとする澪は、現代に生きる私たちに大切なものが終わる時にどう向き合うかを、まっすぐな瞳で伝えてくれる。

    ■映画『酔うと化け物になる父がつらい』2020年春公開

    【ストーリー】
    一風変わった家庭で育ち、自分に自信が持てず不器用な主人公・サキ。普段は無口で小心者なのに酔うと化け物になる父のおかしな行動、さらに、新興宗教をハマる母の孤独に触れながら、なんとか日々を生きていた。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を笑い話に昇華していくサキ。“化け物とのたたかい”を経て気がついた、彼女の“生き方”とはー?

    http://dailynewsonline.jp/article/2013948/
    2019.09.23 12:00 日刊大衆


    【【芸能】『ひよっこ』『この世界の片隅に』で話題の「松本穂香」に、映画主演オファーが殺到のワケ】の続きを読む

    このページのトップヘ