芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > 野球


    元ロッテ・大嶺翔太容疑者を逮捕 知人への恐喝未遂容疑


    NO.7261704 2019/02/13 17:30
    元ロッテ・大嶺翔太容疑者を逮捕 知人への恐喝未遂容疑
    元ロッテ・大嶺翔太容疑者を逮捕 知人への恐喝未遂容疑
    千葉ロッテマリーンズに所属していた元プロ野球選手・大嶺翔太容疑者(27)が、恐喝未遂の疑いで警視庁に逮捕された。

    恐喝未遂の疑いで逮捕されたロッテの元選手・大嶺翔太容疑者(27)は、2018年11月、知人に暴力団関係者がいるとうそを言って、知人男性(34)の携帯電話に現金を要求するメールを送り、現金40万円を脅し取ろうとした疑いが持たれている。

    大嶺容疑者は、2018年6月、金銭トラブルを理由にロッテを退団した。

    被害にあった男性は、退団後の大嶺容疑者に200万円を貸していたが、大嶺容疑者は、この男性からさらに40万を脅し取ろうとしたとみられている。

    調べに対し、大嶺容疑者は「恐喝はやっていません」と容疑を否認している。



    【日時】2019年02月13日 16:18
    【ソース】FNN


    【元ロッテ・大嶺翔太容疑者を逮捕 知人への恐喝未遂容疑】の続きを読む


    立川志らく、中日・松坂故障で提言


    立川志らく、中日・松坂故障で提言「ある程度禁止するか、遠慮するしか」 立川志らく、中日・松坂故障で提言「ある程度禁止するか、遠慮するしか」
    …が12日のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で、中日・松坂大輔投手(38)がファンとタッチした際に右腕を引っ張られるような形となり、古…
    (出典:野球(スポーツ報知))


    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 青森県青森市生まれ、東京都江東区育ち。父は北海道稚内市出身で、母は青森県東津軽郡蟹田町(現在の外ヶ浜町)出身。弟・松坂恭平は愛媛マンダリン
    121キロバイト (14,862 語) - 2019年2月2日 (土) 11:30



    (出典 www.tv-tokyo.co.jp)


    落語家の立川志らく(55)が12日のTBS系「ひるおび!」(月~金曜・前10時25分)で、中日・松坂大輔投手(38)がファンとタッチした際に右腕を引っ張られるような形となり、古傷の右肩を故障したことにコメントをした。

    【立川志らく、中日・松坂故障で提言】の続きを読む


    工藤監督が餅投げ「好調」後方ファンへ左腕しならす 工藤監督が餅投げ「好調」後方ファンへ左腕しならす
    …今キャンプ最多の1万9100人が訪れたこの日、ソフトバンク工藤公康監督が節分の日イベントを盛り上げた。特設ステージに登ると、まずは恵方の東北東を向いて、宮崎牛の入った恵方巻きをガブリ。続いて豆の代わり…
    (出典:野球(日刊スポーツ))


    坂大輔に「恩返し」勝利を献上、続く巨人3連戦にも負け越し、リーグでの順位も4位に転落、広島には勝ち越したものの、6月17日の第3戦に敗れた時点で、工藤監督就任以来3年続いていた交流戦勝率1位の可能性が消滅、最終的に11勝7敗でロッテと同成績ながら規定によりロッテに次ぐ4位に終わる。西武が10勝8敗に終わったため、首位西武との差は3
    52キロバイト (3,203 語) - 2018年11月17日 (土) 01:21



    (出典 baseballgate.jp)



    【工藤監督が餅投げ「好調」】の続きを読む


    2019年に大ブレイクが期待できるプロ野球新外国人選手を紹介!


    NO.7219387 2019/01/26 12:54
    2019年に大ブレイクが期待できるプロ野球新外国人選手を紹介!
    2019年に大ブレイクが期待できるプロ野球新外国人選手を紹介!
    ■優勝には欠かせない新戦力!
    プロ野球でペナント優勝、日本一に欠かせないのは新戦力です。

    どの球団も選手のレベルアップとともに、新戦力を獲得してチーム力のアップを狙っています。

    そして、新戦力として注目なのが新外国人選手です。

    外国人選手は、「助っ人」と言われる存在なだけに、大活躍をしてくれるとチームが一気にレベルアップします。

    そこで今回は、2019年シーズンに大ブレイクが期待できる、新外国人選手を紹介していきます。

    ■2019年に大ブレイクが期待できる外国人選手!
    <ライアン・クック投手(巨人)>
    巨人に新加入したライアン・クック投手は、大ブレイクが期待できる新外国人選手の1人です。

    高橋由伸前監督が現役時代に背負ってきた背番号「24」を付けることがきまっており、巨人もクック投手に高い期待を抱いていることがわかります。

    クック投手は、現在31歳でマリナーズからの移籍です。

    2018年シーズンは19試合に出場しており、2勝1敗5ホールドの防御率5.29という成績でした。

    17イニングの登板に対し、23奪三振をマークしており、三振を取ることができる投手となっています。

    巨人はクック投手を守護神候補としており、もしかしたらセーブ王になるかもしれません。

    <エンリー・ロメロ投手(中日)>
    中日に新加入した、エンリー・ロメロ投手も大ブレイクが期待できます。

    中日と言えば、森?和前監督(現SD)が助っ人外国人選手の発掘に長けていることで有名です。

    その森SDがドミニカウインターリーグで見つけてきた選手がロメロ投手です。

    ロメロ投手は、メジャー経験があるだけでなく、2017年のWBCでもドミニカ共和国の代表選手として選出されています。

    ドミニカウインターリーグでは、9試合に登板しており、8試合で先発登板して43回1/3を投げ、防御率0.83の好成績を残しています。

    中日は、2018年に大活躍したガルシア投手が移籍してしまっただけに、ロメロ投手がその穴を埋めることができるのか注目です。

    <王柏融外野手(日本ハム)>
    日本ハムの新助っ人外国人選手である王柏融選手も、活躍が期待されている選手です。

    台湾出身の選手なのですが、「台湾史上最強打者」と言われるほどの選手となっています。

    王柏融選手の台湾リーグの成績を知れば、その理由も納得です。

    なぜなら、台湾リーグに4年間在籍しており、通算1484打数573安打で打率.386となっています。

    2016・2017年シーズンには、打率4割超えをマークしているのです。

    まさに、「台湾史上最強打者」と言われても納得できるだけの成績を残しているのです。

    そんな王柏融選手だけに、日本のプロ野球でも高い打率をマークできるのか注目となっています。

    大ブレイクすれば、首位打者争いをするかもしれません。

    <ジョーイ・メネセス内野手(オリックス)>
    オリックスが獲得した、ジョーイ・メネセス選手も大ブレイクが期待できる選手です。

    メジャー経験はないのですが、2018年シーズンは3Aで大活躍しています。

    130試合に出場し、打率.311で23本塁打・82打点をマークしており、3Aの本塁打王と打点王の2冠を達成しているのです。

    まだ26歳であり、素質十分の新外国人選手となっています。

    自慢のパワーが発揮できれば、本塁打の量産もあり得るかもしれません。

    ■新外国人選手の活躍に期待!
    今回は、2019年シーズンに大ブレイクが期待できる、プロ野球新外国人選手を紹介してきました。

    いずれの選手も、即戦力が期待されている選手であり、日本の野球にフィットすることができれば、タイトル争いができる可能性まであります。

    新外国人選手が期待以上の活躍があれば、その球団は優勝争いで有利に立つことでしょう。

    それだけに、オープン戦から新外国人選手の動きに注目してみてください。

    お気に入りの球団が獲得した新外国人選手が、大ブレイクすることを願っています。
    【日時】2019年01月26日
    【提供】YAZIUP


    【2019年に大ブレイクが期待できるプロ野球新外国人選手を紹介!】の続きを読む


    阪神 原口文仁捕手、大腸がんを公表 近日中に手術 - スポーツニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.7215203 2019/01/24 15:48
    阪神 原口文仁捕手、大腸がんを公表 近日中に手術
    阪神 原口文仁捕手、大腸がんを公表 近日中に手術
    阪神の原口文仁捕手(26)が大腸がんを患っていることが24日、分かった。

    本人が自らのツイッターでがんであることを明かした。

    近日中に手術を受ける予定で、春季キャンプには不参加。

    今季中のプレー復帰を目指す。

    原口は09年ドラフト6位で帝京から入団。

    12年オフには育成選手契約となるも、16年4月27日に支配下再登録を勝ち取るとパンチ力のある打撃でブレークした。

    この年は規定打席にはわずかに届かなかったものの、打率・299、11本塁打46打点の好成績。

    育成から瞬く間に主力へと駆け上がり“シンデレラボーイ”と呼ばれた。

    昨季は代打の切り札に定着。

    8月途中まで代打で打率5割超を残すなど驚異的な勝負強さを発揮した。

    9月中旬に左手を骨折しながらも10月5日の中日戦で強行復帰し、桧山進次郎氏に並ぶシーズン23本の代打安打数の球団タイ記録をマーク。

    今季も正捕手を目指しながらも、代打としても期待されていた。



    【日時】2019年01月24日 15:00
    【ソース】スポーツニッポン


    【阪神 原口文仁捕手、大腸がんを公表 近日中に手術】の続きを読む

    このページのトップヘ