芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ:スポーツ > 野球


    松坂大輔、年内離婚か 浪費妻がボストンで「教育費払えない」

    離婚はキツイです。

    松坂大輔「年内離婚」か……浪費妻がボストンで「教育費払えない」と悲鳴!?|エンタMEGA - エンタMEGA
    中日ドラゴンズ・松坂大輔投手と元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんが年内に離婚するのではないかと話題だ。 16日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』では、 ...
    (出典:エンタMEGA)

    松坂 大輔(まつざか だいすけ、1980年9月13日 - )は、東京都江東区出身(出生地は青森県青森市)のプロ野球選手(投手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 「平成の怪物」と呼ばれ、21世紀初の沢村栄治賞を受賞。甲子園優勝、パリーグ優勝、日本シリーズ優勝、ワールドシリーズ優勝、WBC優勝を経験し
    123キロバイト (16,229 語) - 2019年6月11日 (火) 16:07


    (出典 dot.asahi.com)

    NO.7542594 2019/06/18 18:27
    松坂大輔、年内離婚か 浪費妻がボストンで「教育費払えない」
    松坂大輔、年内離婚か 浪費妻がボストンで「教育費払えない」
    中日ドラゴンズ・松坂大輔投手と元日本テレビアナウンサー・柴田倫世さんが年内に離婚するのではないかと話題だ。

    16日放送のTBS系『アッコにおまかせ!』では、ビートたけしの熟年離婚を予言していた記者による、新たな極秘スクープを紹介。

    それによれば、長らく別居していた“元人気女子アナ”と“プロ野球選手”の夫婦が離婚危機だという。

    「ネット上では、長らく別居している松坂夫妻のことと見る向きが圧倒的。倫世夫人は、松坂がレッドソックスでのメジャー生活を終えても、全米屈指の学術都市であるボストンに居残り、3人の子どもに英才教育を受けさせている。年間数千万円に上る学費や習い事のほか、ブランド品に囲まれたセレブ生活を送っていると言われており、松坂の年俸が1,500万円まで下がった昨年には、野球ファンから『子どもの教育費、払えるのか?』と心配する声が相次ぎました」(記者)

    今年は、推定年俸8,000万円と、昨年に比べれば大幅アップした松坂だが、先月には練習の“サボり”が発覚。

    これを報じた「フライデー」(講談社)は、負傷した右肩のリハビリを理由に練習を休んでいた松坂が、練習日に日本テレビ・上重聡アナウンサーら..



    【日時】2019年06月17日
    【ソース】エンタMEGA


    【松坂大輔、年内離婚か 浪費妻がボストンで「教育費払えない」】の続きを読む


    清原和博、覚せい剤使用当時の“友人”逮捕…清原周辺の“物騒な動き”にマスコミが関心 | ビジネスジャーナル - Business Journal
    執行猶予中の身である“あの男”にとっては、なんとも耳障りなニュースであったに違いない。「オレオレ詐欺を一緒にやろう。資金を出してほしい」と知人男性に持ちかける…
    (出典:Business Journal)


    清原 和博(きよはら かずひろ、1967年8月18日 - )は、大阪府岸和田市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、野球評論家、タレント。甲子園通算最多本塁打数記録保持者(13本)。愛称は「番長」。 実家は電器店(東芝ストアー)を経営。父(阪神ファン)以外の家族は巨人ファンであり、その影響で自
    136キロバイト (22,014 語) - 2019年5月26日 (日) 09:13



    (出典 www.sankei.com)


    更生して、新たな人生を歩んでほしい。

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/26(日) 00:38:39.66 ID:7WrvUi+K9.net

    ◆ 清原和博、覚せい剤使用当時の“友人”逮捕…清原周辺の“物騒な動き”にマスコミが関心
     
    執行猶予中の身である“あの男”にとっては、なんとも耳障りなニュースであったに違いない。
    「オレオレ詐欺を一緒にやろう。資金を出してほしい」と知人男性に持ちかけるも断られ、逆上して車で拉致したうえで都内のホテルに監禁し、殴るなどして全治2週間の軽傷を負わせた――。

    昨年12月末に起きたこの事件について、神奈川県警は容疑が固まったとして今月20日までに、監禁致傷の容疑で男たち2人を逮捕した。


    とりたてて注目する必要があるとも思えない話だが、「主犯格」とされる男について、関心を示す報道関係者は少なくなかった。

    県警が発表した男の名は、自称自営業のA。
    実は3年前に世の中を騒然とさせた事件のキーパーソンのひとりだ。

     

    2016年2月、自宅で覚醒剤を所持したとして元プロ野球選手の清原和博が覚せい剤取締法違反の容疑で警視庁の捜査員に現行犯逮捕された。
    この2年前に「週刊文春」(文藝春秋)に薬物使用疑惑を報じられて以降、常にその動向が注目されてきただけに、マスコミ各社の報道合戦は熾烈を極めた。

    当時この事件の取材にあたっていた記者は語る。


    「一部の媒体に仮名で登場し、清原が覚せい剤を使用したときの“キマリ具合”を含めて情報を提供していたのが、このAだったといわれています」

    すでに明らかになっている情報を総合するとAは、かつては競馬予想会社などを経営し莫大な利益を得て、スポーツ選手などのタニマチをしながらも十数年前に所得隠しで摘発されている。
    ほぼ同時期には、*取締法違反でも逮捕されるなど、清原とは限りなく親和性が高い人物といえるようだ。

    十数年前にあぶく銭で遊んだ経験はあるようだが、今回の事件内容からは現在は金銭的に窮していたとも察せられる。


    「3年前に清原の騒動が起きたときから、経済的には厳しかったのではないか。取材料を得たいという思いから、自分からいろんなところに売り込んでいたとも聞いている」(前出・記者)

     

    そのAがメディアで語った清原の薬物使用の様子は衝撃的だった。
    一般的に覚せい剤といえば「あぶり」や注射器で体内に注入するのが一般的とされるが、ある媒体で報じられたのは、クレジットカードなどで覚醒剤を粉々に砕き、その粉を指を使って自分のお尻にねじ込む清原の様子。

    こうした行為の果てに恍惚とした表情を浮かべる元「球界の番長」の生々しい描写は、大きな反響を呼んだ。


    「清原は逮捕から3カ月後の16年5月に懲役2年6カ月、執行猶予4年の判決を言い渡され、本人も現在は更生施設で治療プログラムを受けていることを明かしています。

    覚せい剤は一度やったら簡単にはやめられないともいわれるだけに、執行猶予期間が残りあと約1年となった今、“昔の友人”の名前を聞いた清原に、薬物使用に浸った頃の記憶がフラッシュバックしてしまわないかが心配されます。
    そうしたこともあり、清原の周辺に再び一部マスコミの関心が寄せられているようです」(週刊誌記者)

     

    清原が完全に薬物の呪縛から解き放たれ、新たな人生を歩むことを願いたい。



    ビジネスジャーナル 2019.05.25

    https://biz-journal.jp/2019/05/post_28065.html

    (出典 biz-journal.jp)


    【【芸能】清原和博、覚せい剤使用当時の“友人”逮捕 清原周辺の“物騒な動き”にマスコミが関心】の続きを読む


    打線組み換えもDeNAにいいところなく完敗、大瀬良は6回4失点で2敗目

    DeNA 6-0 広島(12日・横浜)

     広島は12日、敵地DeNA戦に0-6で完敗し、悪夢の5連敗となった。エースの大瀬良が先発も、6回9安打4失点と悪い流れを止められず。打線もDeNA今永の前に沈黙し、完敗した。

     大瀬良は2回まで走者を出しながら無失点も、3回に楠本の適時二塁打で先制点を献上。4回に伊藤光に適時打を浴びて2点目を失うと、6回は伊藤光に2ランを被弾。121球で降板した。

     さらに、7回には2番手の中村恭がソトに2ランを被弾。0-6とリードを広げられた。

     野間を1番、バティスタを3番、田中広を8番と大幅に組み替えた打線はDeNA今永の前に沈黙。2回は鈴木が四球で出塁も、後続が凡退。4回には菊池が左前打を放ったが、ヒットはこの1本のみに終わり、完封を許した。

     10日のヤクルト戦では延長10回に12失点し、3-15で敗戦。11日の同戦では、先発の岡田が4連続四球を出すなど2回途中6失点(自責5)で降板し、2-6で敗れた。敵地の横浜スタジアムに舞台を移したこの試合で流れを変えたかったが、いいところがなく5連敗。大瀬良は2敗目(1勝)を喫した。

     セ・リーグ3連覇中の広島は12球団最速で今季10敗目を喫した。(Full-Count編集部)

    広島・大瀬良大地【写真:荒川祐史】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    広島、悪夢5連敗で12球団最速10敗 大瀬良でも止められず、1安打で完封負け | Full-count - Full-Count
    広島は12日、敵地DeNA戦に0-6で完敗し、悪夢の5連敗となった。エースの大瀬良が先発も、6回9安打4失点と悪い流れを止められず。打線もDeNA今永の前に沈黙し、 ...
    (出典:Full-Count)


    広島東洋カープ(ひろしまとうようカープ、英語: Hiroshima Toyo Carp)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグに所属する。 広島県を保護地域とし、同県広島市南区にある広島市民球場であるMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエ
    285キロバイト (42,724 語) - 2019年4月13日 (土) 08:26



    (出典 img.news.goo.ne.jp)



    <このニュースへのネットの反応>

    【広島、悪夢5連敗で12球団最速10敗 大瀬良でも止められず、1安打で完封負け】の続きを読む


    西武・源田、元乃木坂・衛藤美彩との真剣交際認める



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    衛藤 美彩(えとう みさ、1993年1月4日 - )は、日本のタレント、ファッションモデルであり、女性アイドルグループ乃木坂46のメンバー、『美人百花』のレギュラーモデルである。大分県大分市出身。身長163 cm。血液型はAB型。 4歳の時、足の腫瘍を患い、車椅子生活をしていた。手術後、小学2年生
    67キロバイト (8,907 語) - 2019年4月12日 (金) 07:14

    NO.7390563 2019/04/12 09:29
    西武・源田、元乃木坂・衛藤美彩との真剣交際認める
    西武・源田、元乃木坂・衛藤美彩との真剣交際認める
    西武の源田壮亮内野手(26)が12日、真剣交際していることが明らかになった元「乃木坂46」で女優の衛藤美彩(26)について、球団を通してコメントした。

    源田は「同じ大分県出身の衛藤さんと現在交際をしています」と交際していることを報告。

    その上で「ファンの皆さま、関係の皆さまには温かく見守っていただけたらうれしく思います」と呼び掛けた。

    また、西武も「本日報道がございましたが、当球団の源田壮亮選手が元乃木坂46の衛藤美彩さんと交際をしているのは事実です」とのコメントを発表した。

    入団3年目の源田は、1年目の17年に新人王を獲得。

    広い守備範囲は遊撃手としては球界屈指で、昨年はゴールデングラブ賞とベストナインに輝いた。

    プロ野球史上初の「新人からの2シーズン連続全試合フルイニング出場」を果たし、昨年11月の日米野球では初の侍ジャパン入り。

    今季も西武不動の2番打者として、チームに欠かせない存在になっている。

    一方の衛藤は、11年8月に乃木坂46に加入。

    握手会の神対応で地道にファンを掘り起こし、人気メンバーへと成長した努力家。

    3月末で乃木坂46を卒業した。

    知人は「美彩の卒業と交際は無関..



    【日時】2019年04月12日 08:08
    【ソース】スポーツニッポン


    【西武・源田、元乃木坂・衛藤美彩との真剣交際認める】の続きを読む


    イチロー、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える

    辞退したのは驚きです。引退したあとも野球に関わっていくのかな?


    (出典 contents.gunosy.com)

    イチローさん、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える - 毎日新聞 - 毎日新聞
    先月末に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、政府関係者 ...
    (出典:毎日新聞)


    イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日 - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身 の2019年3月に現役引退したプロ野球選手。外野手。右投左打。 MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打で
    340キロバイト (39,020 語) - 2019年4月4日 (木) 20:35

    NO.7375159 2019/04/05 08:23
    イチロー、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える
    イチロー、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える
    先月末に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチローさん(45)が、政府が授与する方向で検討していた国民栄誉賞を辞退すると伝えていたことが4日、政府関係者への取材で分かった。

    固辞するのは3度目。

    理由は明らかになっていないが、今後も野球界に関わっていく強い意思を示したものとみられる。

    「令和」時代を迎える中、受賞第1号が期待されていた。

    イチローさんは日米通算4367安打、10年連続200本安打、メジャーリーグのシーズン最多安打記録を更新するなど野球界で輝かしい実績を残した。

    政府はこれまで小泉内閣時代の2001、04年の2度、国民栄誉賞を打診したが、イチローさんは「野球生活を終わった時に、もしいただけるのであれば、大変ありがたい」などと固辞していた。

    先月22日の引退会見を受けて、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「多くの子供や野球ファンに夢と希望を与え続けてきたスーパースター。これまでの活躍は素晴らしいものであり、国民にそういう声があることは十分認識している」と述べ、授与する方向で調整していた。



    【日時】2019年04月05日 03:00
    【ソース】毎日新聞


    【イチロー、国民栄誉賞3度目の辞退 政府に伝える】の続きを読む

    このページのトップヘ