芸能野次馬ヤロウ

芸能ニュース中心に更新していきます。

    カテゴリ: 芸能


    サーキットの娘」(サーキットのむすめ)は、PUFFY3枚目シングル。1997年3月12日発売。発売元はエピックレコードジャパン。 曲名は池沢さとし漫画『サーキットの狼』パロディ。タイトルにちなんでレースクイーンがテーマとなっている。 PUFFY2人が出演した、ヤマハ
    4キロバイト (302 語) - 2020年1月14日 (火) 16:38



    (出典 i.ytimg.com)


    昔の曲がCMに。

    【元記事を音楽ナタリーで読む】

    PUFFYの楽曲「サーキットの娘」が、本日4月3日に放送がスタートしたクラシエフーズのミント錠菓・FRISK WHITEの新テレビCMに使用されている。

    【大きな画像をもっと見る】

    サーキットの娘」は1997年3月にリリースされたシングル曲で、奥田民生プロデュースおよび作詞作曲を手がけたPUFFYヒットナンバー。この曲が使用されるCMは、“女性の笑顔を支え、応援する”という商品に込められた思いから、モデルや女優として活躍する青柳文子をはじめ、美容師やタクシー運転手、女子高校生など、さまざまな女性の笑顔を切り取った映像に仕上がっている。

    PUFFY コメント

    CMついて

    今回、20年前にリリースした「サーキットの娘」をCMに使用いただけて大変嬉しいです。 「サーキットの娘」はプロデューサー奥田民生さんも大好きな楽曲だとおっしゃっていましたが、私たちも 非常に気に入っている一曲です。自然に笑顔になれるようなこのCMを是非見てもらいたいです。

    FRISK WHITEについて

    パッケージがとても可愛いなと思いました。スカッとするけれど、ちゃんとフルーツの味もして美味しいです!

    笑顔に関するエピソード

    最近、吉村家の子供のムービーを見て笑顔になりました! 素で笑っちゃいましたね。 PUFFYの活動の中だと、ライブの時は自分たちでも想像できないくらい笑顔でライブをしています。

    メッセージ

    今回の新CMにPUFFYの曲で少しでも花を添えられたら嬉しいです。

    PUFFY


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【PUFFY「サーキットの娘」がFRISK新製品のCMソングに】の続きを読む


    遠藤 章造(えんどう しょうぞう、1971年7月13日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ココリコのメンバーで、ツッコミ担当。アイドルグループ吉本坂46のメンバーである。相方は田中直樹。身長167cm、体重59.4kg。 大阪府豊中市服部出身。吉本興業所属。寒川高等学校野球部OB会副会長。元妻はタレントの千秋。
    14キロバイト (1,524 語) - 2020年4月1日 (水) 11:47



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    ヒルナンデス遠藤卒業

    (出典 Youtube)


    相方はかなり慕われているから

    遠藤章造 

    (C)まいじつ 

    お笑いコンビココリコ』の遠藤章造が、番組開始以来レギュラーを務めていた『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)から3月30日の放送をもって卒業した。

    【関連】『ヒルナンデス』ブルゾンちえみの卒業にナンチャンが“強烈”皮肉!? ほか

    同日の放送では、課長に扮した遠藤が、タレントたちの〝社員旅行〟をアテンドする企画の特別版を放送。月曜レギュラー全員で春のグルメ満喫バスツアーを行い、この日で卒業する遠藤との思い出づくりをすることとなった。

    相方の田中直樹とのコンビでは、『かみひとえ』(テレビ朝日系)、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系)にレギュラー出演している遠藤だが、ピンでは「ヒルナンデス!」を残すのみとなっていたため、今回の卒業によってついにゼロ本に。一方、田中は『アカデミーナイトG』(TBS系)や『ZIP!』(日本テレビ系)木曜レギュラーを務めており、コンビ内で格差が見られている状況だ。

     

    『ヒルナンデス』解雇…ココリコ遠藤“ピン仕事”消滅で広がるコンビ格差

    YouTubeチャンネル開設は危機感の表れか…

    本人も危機感を覚えているのか、3月28日にはYouTubeチャンネルを開設。3日でチャンネル登録者11万人、初投稿動画は78万再生を記録しているが、多いとも少ないとも言えない何ともビミョーな数字だ。

    「2人の格差が開き始めたのは、コンビMCを務めていたゴールデン番組『いきなり!黄金伝説。』(テレビ朝日系)が2016年9月に終わったあたり。直後の田中は『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)、『増山超能力事務所』(日本テレビ系)主演、『浅田次郎 プリズンホテル』(BSジャパン)主演など俳優として次々とドラマに出演しましたが、遠藤には『ライザップ』のCMくらいしかピン仕事はありませんでした。本人もこの格差をラジオで愚痴っていましたが、あれから全く縮まっていません」(芸能記者)

    もはや遠藤は、『ココリコ』の〝じゃない方芸人〟と化しており、今後もジリ貧を強いられそうだという。

    「もともと、遠藤は芸人としてのスキルが高くなく、『ダウンタウン』、特に浜田雅功に気に入られたことでここまで来られた〝運〟が良かっただけの芸人。〝ホホホイ〟や〝ダイナマイト四国〟など、稀に大ヒットを飛ばしますが打率は低め。女グセの悪さもイメージが良くありません。現在、仕事が減っているのは、ここへ来て化けの皮が剥がれたということでしょう」(同・記者)

    遠藤の所属する『吉本興業』では、時同じくして『ガレッジセール』や山口智充といったかつての売れっ子も地上波レギュラーが消滅している。遠藤もこの波に飲まれ、旧時代の存在として消えていくのか…。

     



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【『ヒルナンデス』解雇…ココリコ遠藤“ピン仕事”消滅で広がるコンビ格差】の続きを読む


     1日放送の『グッとラック!』(TBS系)にロンドンブーツ1号2号田村淳が出演したが、番組内でのある発言が物議を醸している。

     淳といえばSNSを通じ、「リモート卒業式」を呼びかけて話題となっていたが、さらに3月26日には「リモートコスプレ大会」を提案し、ハッシュタグでコスプレ写真や動画を多くの人が共有するなど、現在も盛り上がりを見せている。番組では、この「リモートコスプレ大会」の参加者を直撃。外出先で人気漫画『鬼滅の刃』の衣装をまとったコスプレイヤーリポーターが取材に行き、そのこだわりなどを紹介していた。

     しかし、これについてスタジオ出演していた淳はこのコスプレイヤーについて触れ、「外に出てたんで、外に出ないで家でやってほしいですけどね」と苦笑い。また、コメンテーターとして出演していた女優の星野真里も「(コスプレを)やったらやっぱり外に出たくなっちゃうし、いい写真を撮りたいなと思うとは思うんですけどね」とやんわりと苦言を呈していた。

     しかし、これについて取り上げられたコスプレイヤー本人がツイッター上で反論。普段は外出を自粛し、週に1度買い物のために外出する以外は自宅で過ごしているものの、番組側が外に出るよう指定してきたと説明。また、撮影時以外はマスクをしているといい、反対に取材側はマスクをしていなかったと指摘していた。一方でコスプレイヤーイメージを悪くしたとして謝罪し、当面コスプレを休むと宣言していた。

     これに淳は反応。同日にツイッターを更新し、「『誤解』」として、「あなたの事を責めたように聞こえたなら申し訳ないです。これから写真を送ってくださる方に対して、過去に撮った写真でいいですからね!今撮るなら家で撮ったものでいいですからね!という気持ちで発言しました…」と弁明。「取材を受けて頂いたのに嫌な思いをさせてしまって本当に申し訳ない」と説明していたが、ネット上からは、「ちゃんと番組通じて謝罪してほしい」「淳さんではなくVTRと原稿を作った製作側・責任者が出てくるべきだと思う」「TV局が淳さんにそう発言させるような動画を編集したのが悪かった」といった意見が出ている。

     多くの人が楽しめる企画を発案した淳だからこそ、今回の発言には賛否が集まってしまったようだ。

    ロンドンブーツ1号2号・田村淳


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 colorful-instagram.com)


    新型コロナの影響ですね。

    <このニュースへのネットの反応>

    【田村淳、コスプレイヤーに「外に出ないで」本人から反論 謝罪を投稿も「制作側が出てくるべき」の声も】の続きを読む



    (出典 pbs.twimg.com)


    確かに日テレでタモリを見ることはなかったですが「ザ! 世界仰天ニュース」でタモリが出演しました。

    1 臼羅昆布 ★ :2020/04/02(Thu) 19:10:32 ID:FDpJ8Nqn9.net

    2020/04/02 18:00
    https://www.cyzo.com/2020/04/post_236201_entry.html

    笑福亭鶴瓶と中居正広が司会を務める『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)が、この4月で20年目に突入。
    それを記念した3月31日放送の「4時間スペシャル」にタモリがゲスト出演したことが話題を呼んでいる。
    「タモリは3月いっぱいでジャニーズ事務所を退所した中居の“後ろ盾”と言われており、今回の出演もその関係性が
     あったからこそでしょう。 しかし、それ以上に業界関係者が驚いたのは、タモリが日テレの番組に出演したこと。
     80年代に同局で『今夜は最高!』のMCを務めていたタモリですが、89年10月に番組が終了する際、
     『今後、日テレには出演しない!』という捨て台詞を残して去ったといわれています。実際、その後は、
     08年11月の開局55周年記念『タモリ教授のハテナの殿堂?』に出演したほかは、何度かVTR出演をしたことが
     ある程度。『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系)のテレフォンショッキングに元日テレアナの
     羽鳥慎一が出演した際、日テレと疎遠になった理由について、タモリが『○○のせいで!』と言っていたことが
     暴露されており、局の上層部となんらかの確執があったとされています」(週刊誌記者)
    お笑いBIG3では、明石家さんまも84年放送のお色気番組『さんまのサタデーナイトショー』が局の都合で打ち切りになった
    ことで、テレビ東京とは34年間疎遠となっていたが、タモリに関しても「打ち切り」が遺恨になった可能性が濃厚だという。
    「『今夜は最高!』は23時半~という深夜帯だったにもかかわらず、視聴率は平均14%(ビデオリサーチ調べ、
     関東地区/以下同)で20%を超えることもあった。ところが、87年に裏のフジテレビでとんねるずの『ねるとん紅鯨団』が
     スタート。これが視聴率17%。最高24.7%の爆発的ヒットとなり、終了に追い込まれることとなった。番組もテコ入れされ、
     タモリにも継続の意思があったが、結局、スポンサー、日テレとの話し合いの中で仲違いする形での打ち切りが
     決まったとされています」(テレビ関係者)
    実はタモリ、日テレ以上にTBSでも姿を見ることはほとんどない。
    その理由は不明だが、数少ない出演となったのは12年のドラマ『ATARU』の最終回で、こちらも主演が中居だった。
    それだけ、タモリが中居を可愛がっているということだろう。


    (出典 www.cyzo.com)

    タモリ


    (出典 img.jisin.jp)


    【【芸能】とんねるずが原因 タモリ 中居の番組出演で日テレとの30年遺恨発覚】の続きを読む


    昨年のM-1チャンピオンミルクボーイスマホアプリモンスターストライク」の新ウェブCMに出演。春のキャンペーン「こんなんもやります。春の増しモン祭り」を紹介する「おかんが忘れた好きなゲームは?」篇が公開された。

    【春の増しモン祭り】超ハル玉「おかんが忘れた好きなゲームは?」篇(YouTube
    https://youtu.be/ef_-hdaZ50Q

    何かと忘れっぽい駒場さんのオカンが、今度は「大好きなスマホゲーム」の名前を思い出せなくなったようだ。「なんかな、モンスターをこう引っ張って、ストライク? するやつやって言うねんな」と説明すると、すかさず「モンストやないかい」と指摘する内海さん。

    その後はおなじみの掛け合いの中で、「あのケチくさいモンストが10連ガチャを無料にするわけがないからねー? モンストとちがうがな、ほんなら」「モンストはね、旬の芸人と見るや、すーぐオファーしてきよるんやから!」「あのケチでケチでどうしようもないモンストが、確立を2倍にするわけがないんやから」などと、ユーザー視点のあるある(?)でモンストを一刀両断していく。

    【春の増しモン祭り】超ハル玉「こんなんなんぼあってもいい」篇(YouTube
    https://youtu.be/nVWGInekFQQ

    なお、同日より公開された「こんなんなんぼあってもいい」篇は、漫才冒頭の「ああ~! ありがとうございます! 今ね、〇〇をいただきましたけどもね」というルーティーン元ネタにした1本。動画のなかで駒場さんが受け取ったものとは……?

    ―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
    ミルクボーイ、出演CMで「あのケチ臭いモンストが」とネタに


    (出典 news.nicovideo.jp)


    (出典 img.sirabee.com)


    CMなどで活躍中。

    <このニュースへのネットの反応>

    【ミルクボーイ、出演CMで「あのケチ臭いモンストが」とネタに】の続きを読む

    このページのトップヘ