桑野さんのメッセージが胸に刺さりました。手術後の後遺症によって困難な状況に立たされているがんサバイバーの方々へ、共に頑張ろうとの呼びかけは温かさを感じます。互いの支え合いが大切ですね。

【写真・画像】 桑野信義、手術後の後遺症で見舞われた障害の影響「がんサバイバーの皆さん一緒に闘いましょう」  1枚目

 ステージ3~4の大腸がんを宣告され、2021年2月に手術を受けていたタレントミュージシャン桑野信義が10日に自身のアメブロを更新。手術後の後遺症で見舞われた障害の影響で現在もしていることを明かした。

【映像】桑野信義、抗がん剤治療中止を報告

 1月4日ブログで、桑野は「人工肛門を閉じてからの後遺症で排泄障害になってしまい」と告白し「トイレラッシュに襲われる」と説明。「色々な種類や形があるけれどこれが人工肛門パウチです」と写真とともに明かし「人工肛門を閉じた後に排出障害で同じ思いをしている人がたくさんいることを知った」とつづっていた。

 この日は「パシフィコ横浜に行って来たよ」と報告し「1度オストメイト(人工肛門の人)になり その後ストーマ(人工肛門)を閉じ現在排出障害になってしまった桑野信義に講演依頼が来たのです」と説明。「正直言って当時は人工肛門の自分が恥ずかしかったんです」と明かしつつ「でも世の中には老若男女のオストメイトがいると知りました人工肛門ですが普通の生活をしています」と述べ「恥ずかしいと思っていた自分がすごく恥ずかしくなったんだ」とつづった。

 続けて「そして人工肛門を閉じる時に愛おしくさえ思えたストーマにお別れをして記念写真を撮ったよ」と報告し「その後は排出障害になり現在もオムツをしている」と現在もおむつを着用して生活していることを告白。「ちっとも恥ずかしくない」と述べ「これから、そして今現在 同じ障害を持つ人たちの役に立たればということ少しでも自信を保って欲しいので隠さずこれから発信していきます」と今後の意気込みをつづった。

 また「桑野も最初は不安だったよ」と明かし「このブログを見て質問があればどんどんお待ちしてます」とコメント。最後に「元気に見えても人は何らかのハンデを背負って生きてます」と述べ「焦らず!慌てず!諦めず!がんサバイバーの皆さん一緒に闘いましょう」と呼びかけ、ブログを締めくくった。

桑野信義、手術後の後遺症で見舞われた障害の影響「がんサバイバーの皆さん一緒に闘いましょう」


(出典 news.nicovideo.jp)