悩みがある。

野呂佳代

6日深夜放送『午前0時の森』(日本テレビ系)で、女優・タレント野呂佳代SNSで「悩んでいること」を赤裸々に語った。

 

■野呂も「こっち側」

同番組では、オードリー若林正恭と同局・水卜麻美アナが、キラキラした人生を歩む「あっち側」に疲れた小心者でいろいろと考えてしまう「こっち側」のゲストの悩みに答えていく。

これまでも「こっち側」として同番組に出演してきた野呂。「あっち側」との共演も多い彼女が、「最近、あっち側の人を見習って、収録終わりに共演した方とSNS用の写真を撮っています」と告白した。

 

関連記事:野呂佳代、“男性の本性が出る瞬間”に持論 『説教クセェな』

■SNSでの悩み

野呂は「しかし、なぜか(写真を撮った)相手の共演者は私との写真をSNSに投稿しておらず、その様子を見て『思い上がったことをしてしまったな』と情けなくなりました」と心情を吐露する。

若林は「写真、あげてないっていうのはちょっとショックだよね」と理解を示すと、野呂も「やっぱ…スゴいショックですよね。『なんかオシャレじゃなかったのかな?』は1番思っちゃうんですよ」と自分が原因で投稿してもらえなかったのでは、と深読みしてしまうと嘆いた。

 

関連記事:野呂佳代、佐久間宣行氏に『白川さん』演技を称賛され感動 「嬉しいです」

■名前の順番

SNSの悩みについて、純烈・後上翔太は集合写真などを投稿する際、「どういう順番で名前を書くべきか」迷うと吐露。これに野呂も共感し、「逆にちょっとイキっている日とかは…」と自身の経験談を語りだす。

同番組で言えば若林と水卜アナのどちらの名前を「上」にするかで悩むところだと野呂は主張。普通なら年長・タレントの若林を上にすべきだが、五十音順で考えて「あえて1番下にいれたほうがいいんじゃないか」と若林を「下」にする「イキっている日」があると熱弁した。

 

関連記事:野呂佳代、若槻千夏から学んだ“芸能界の処世術”告白 「ちゃんとした人に…」

■視聴者は「共感」「めっちゃ気になってた」

タレントとしての格ではなく五十音順で名前を並べる、「私は媚売らないよ」といったスタンスをとる日もある野呂。そこまで考える彼女だけに、「他人の投稿」や「テレビのラテ欄」の名前の順番まで気になってしまうと苦笑していた。

野呂の悩みに視聴者からは「『共演者と撮ったSNS写真が投稿してもらえない』共感しかなかった…」「名前の順番はたから見ててもめっちゃ気になってた」「芸能界の人はそういうの大変そうだなー」といった声が寄せられている。

野呂佳代、SNSで“気にする点”を熱弁 一緒に撮った写真を相手が投稿せず…


(出典 news.nicovideo.jp)