生田絵梨花の『ウィッシュ』ヒロイン風衣装が本当に似合っていて、彼女の魅力がより際立っていました。劇中歌の生披露も素晴らしく、彼女の歌声に酔いしれました。

乃木坂46で女優の生田絵梨花が6日、都内で行われた映画『ウィッシュ』(12月15日公開)の来日スペシャルイベントに、来日した監督・プロデューサー陣とともに登壇した。

同映画は、ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100周年記念作となるアニメーション最新作。どんな願いも叶う魔法の王国の驚くべき真実をたった一人知ってしまった新ディズニーヒロイン、アーシャが起こす奇跡を描く。

日本公開を前に、『アナと雪の女王』、『アナと雪の女王2』も手掛けたクリスバック監督、『アナと雪の女王』、『ズートピア』でストーリーアーティストを担当したファウン・ヴィーラスンソーン監督、ディズニーアニメーションのすべての長編映画の製作を担当しているピーター・デル・ヴェッコ、『アナと雪の女王2』、『ミラベルと魔法だらけの家』の製作に携わったフアンパブロレイジェスら本作の監督・プロデューサー陣が来日。ヒロイン・アーシャの日本版声優を務めた生田絵梨花も駆け付けた。

アーシャをイメージした衣装で登場した生田は、監督・プロデューサー陣が見守る中で劇中歌「ウィッシュ~この願い~」を生披露。フレンズ・オブ・ディズニーオーケストラによる生演奏と星を表現した光の演出をまとい、願いを込めて歌い上げた。

生田は「ここに来る前に監督とお話させていただいて、アーシャは人のために願うことができる女の子だという話に改めて感銘を受けまして、自分が歌っているけど聞いてくれている人に願いを捧げるように歌えたらいいなと思いながら歌いました」と語った。

生田の歌唱にクリス監督は「圧倒されました」と感激した様子で、日本語で「ウツクシイ!」と絶賛。ファウン監督も「スゴイ!」と日本語で表現してから、「見事にアーシャを表現してくださったと思います。彼女の決意の強さ、そしてそれがいかに喜びに変わるのか、すべてを見せていただきました」と褒めちぎり、2人の言葉に生田は「ありがとうございます!」「うれしいです!」と感激していた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)