すごいですね!野沢雅子さんは本当に声優としての情熱が凄まじいです。

声優の野沢雅子(87)が第71回菊池寛賞を受賞し、1日、都内のホテルで行われた贈呈式に出席した。

文藝春秋の創業者・菊池寛が日本文化の各方面に遺した功績を記念するための賞として1952年に創設した同賞。野沢は「日本の声優を代表する草分け的存在として、1963年国産初のテレビアニメシリーズ鉄腕アトム』出演を皮切りに『ゲゲゲの鬼太郎』『銀河鉄道999』『ドラゴンボール』等人気作品の主役をつとめ、世代を超え愛され続ける」として受賞した。

受賞のスピーチで、「私、台本がなくておしゃべりするのはとっても下手なんです。台本さえあれば、どんなに長くてもそれなりにしゃべることはできるんです(笑)」と冒頭から笑いを誘った野沢。「私よりもっとふさわしい人がいっぱいいるんだろうなと思うと、“なんで私が?ってなってしまう」と謙遜した。

その上で、「この頃は皆さんちゃんとお言葉は言ってるんです。言ってるんですけど、こもっちゃって、“あ”だか“い”だか“う”だか分からないような方がたまにいらっしゃるんですね。それはちょっとお話として損をすると思うんです。全部伝わりませんから」と切り出し、「自分は、それはないと思ってるんです」と自信を語る。

その理由を、「小学校1年生に上がったときに、担任の男の先生に『“あ”と書かれていたら“あ”と発音して、100人いたら100人に、“あ”と聞こえるような言葉でお話をしなさい、先生から言ってあげられるのはこれだけだ』って言ったんで、いまだに私はそれを守っているんです。これからやっぱり言葉だけはきちっと言ってくようにしていきたいと思っております」と明かした。

そして、「声優というお仕事が大好きです。これを皆さんに言うと、仲間の人は“え~っ!?”って言いますけど、182歳まではやろうと思ってるんです。182というのは結構好きな数字なんです。ですから、絶対的に182まで生きて、字に書かれた通りを発音して皆さんに聞こえるようにお話しをしていきたいなと思ってますので、皆さんお会いしましたら、お声がけをよろしくお願いいたします」と呼びかけた。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

NO EMPTY

NO EMPTY

87歳でこんなに元気なんだから、100歳を超えても普通に声優やってそう。ただ、大山のぶ代氏のような認知症にならない事を願う

ヨドち

ヨドち

そこまでやったらまた色々ギネス記録になっちゃいますね(笑)

ミネバ様絆♪

ミネバ様絆♪

有言実行されることを心底魂魄の真奥から御祈念言祝ぎ奉りまする。

傘醒

傘醒

NO EMPTY>のぶ代氏は仕事辞めて張り合いが無くなったから認知症に成っちゃったのかねえ。

bussetsu

bussetsu

さすがにちょっとどうかと思うけどなあ…

popram

popram

>傘醒氏 00年代半ばにドラえもんという実質的に終焉のない作品からは降りたけど、声優やタレントとして仕事を辞めたわけじゃないぞ。認知症の発症はそれから何年もたってからの話だし、その間、大山のぶ代は本出したりTV出演したり色々やってた。

中華の鉄人

中華の鉄人

ワンピースのアニメが4年目に入って、いよいよ長寿番組になるとなった頃、田中真弓さんは息子さんにこう訊いたそうな。「もしアタシがうっかり死んじゃったら、ルフィの後任は誰がいいと思う?」「オカンの後釜かぁ……野沢雅子しかいないなぁ」「年上じゃねーか!!」(笑)