洞爺湖温泉冬花火は、寒さの中での花火鑑賞という特別な体験ができそうですね。温泉に入って身も心も温まりながら花火を楽しめるなんて、贅沢すぎます!

 夏の風物詩というイメージがある花火だが、冬に開催するイベントも少なくない。中でも人気のイベントは何か。リクルートが発行する旅行情報誌『じゃらん』が調査結果を発表し「行ってみた冬の花イベント」の1位は「ハウステンボス クリスマス花火」(長崎県)が獲得した。

【画像】冬の花火イベント、人気ランキング

 2位は「お台場レインボー花火2023」(東京都)、3位は「洞爺湖温泉冬花火2024」(北海道)、4位は「冬季熱海海上花火大会」(静岡県)、5位は「横浜スパークリングトワイライト2023」(神奈川県)が続いた。

 ハウステンボス クリスマス花火は、クリスマスに関する楽曲とともに、ハート型の花火などが打ち上げられるイベント。席に座って観賞できる「花火特別観覧席」や、客室から観賞できる宿泊プラン、船上から観賞できる「花火クルーズ」など、花火を堪能できるさまざまな席を用意している。

 2位のお台場レインボー花火2023は、クリスマスイルミネーションとともに、約1100発の花火を打ち上げる。12月23日には、音楽と連動した「ミュージック花火」も実施予定だ。

 3位は、20年以上の歴史を持つ洞爺湖温泉冬花火2024。24年は期間を拡大し、約3週間にわたって開催する。花火だけでなく、温泉街で約40万球のイルミネーションも演出しており、多くの集客を見込む。

 全国の20~50代を対象にインターネットで調査した。期間は10月13~16日で、有効回答数は1026人。

「冬の花火イベント」に関する調査(出所:photoAC)


(出典 news.nicovideo.jp)