関根勤と博多大吉のコンビはいつも大爆笑させてくれるけど、今回の“ちょっと怖い”というキーワードに驚いた!ユーモアな二人が怖いと言うなんて、どんな状況だったんだろう?

タレント関根勤が14日、公式YouTubeチャンネル関根勤チャンネル』を公開。博多華丸・大吉博多大吉について語った。
○■若手漫才師へのダメ出し「もっと勉強したほうがいい」

この日に公開された動画では、5GAPとトークを展開。トモは、博多華丸・大吉について、「僕らはすごく甘やかされてるんですよ。本当にお2人にかわいがっていただいて」と感謝しながら、5GAPのために単独ライブを開催してくれたことを述懐。博多華丸・大吉がMCに立ち、5GAPと若手漫才師たちがライブを行ったそうで、「超満員で入って。そのあと、みんなで打ち上げに行って。僕らに対して、“面白かったな~。俺もこういう風にやってみたかったけどな~”って」と褒めてくれたことを明かした。

一方、ライブで共演した若手漫才師たちに対しては、「めっちゃ厳しかった」といい、大吉が、「あそこは誰々のパターンを真似してる。自分で新しいと思ってるでしょ? 違うよ? 昔からあるパターンだから、もっと勉強したほうがいい」と説いていたそう。トモは、「大吉さんは、お笑い研究大好き。お笑いの歴史がめちゃくちゃ好きなんですよ」「漫才の知識がやっぱりすごい。吉本の100年の歴史もちゃんと勉強してきてるぐらい。(中川家の)礼二さんと大吉さんは、そうみたいですね」と語っていた。

また、トモは、大吉のダメ出しにショックを受けた後輩芸人が、「優しそうな華丸さんからダメ出しをもらいたい」とこぼしていたことを、華丸に伝えてみたそう。すると、華丸は、「俺にダメ出しを聞いてくるなんて、センスがないから、お笑いをやめたほうがいい」とたしなめたことを明かし、「“大吉さんに行きなさい。飯なら教えるから”って。本当にそういうコンビバランスが。だから、華丸さんも、大吉さんにネタ作ってもらって演じてるのもすごい」と感嘆していた。

この話に、関根は、「俺も、大吉さん、ちょっと怖いなと思ったときある」と告白。「日々努力して、新しいモノマネも研究して習得していかないといけない」と話したところ、大吉に、「もうやめてください。努力しないでください」と言われてしまったそうで、「止められちゃったよ、成長を(笑)」と苦笑しながら振り返っていた。

【編集部MEMO
関根は、2022年5月に公式YouTubeチャンネル関根勤チャンネル』を開設。現在、チャンネル登録者数は15万9,000を超え、総再生回数は3,400万回を突破。概要欄では、「関根勤がこれからの日本の未来を支えていく若きサラリーマン、学生の皆様そして若手芸人の皆様に少しでもお役に立てる情報を発信していきたい」と方針を掲げている。

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)