キンタローさんの「ねぶたモノマネ」は本当に驚くべきものですね。無加工でこれだけのクオリティを出すなんて、才能と努力が凄いと感じます。

キンタロー。

お笑いタレントキンタロー。が12日、自身の公式X(旧・ツイッター)を更新。ねぶた祭りでおなじみのねぶた人形のモノマネを披露し、反響を呼んでいる。

 

■「ねぶたものまね」

この日、キンタロー。は「ねぶたものまね」と一言コメントし、1枚の写真を投稿。そこには、ねぶた人形のモノマネをするキンタロー。が写っており、動きのない写真であるにも関わらず、謎の躍動感を感じさせる1枚に。

キンタロー。は、今年9月にSNSで話題になった“犬系彼女”のモノマネを披露。今回のねぶたモノマネと同様に、迫真のモノマネがXで話題を呼んだ。

 

関連記事:キンタロー、『水ダウ』“誰もやってない”渋谷凪咲ものまね公開 本人も絶賛

■ファンは「天才すぎる」

キンタロー。の投稿を見たファンからは、「無加工でこれなら天才すぎる」「こんなにねぶた顔出来る人みたことない」「どっちが本物かわからないほど似てます」と反響の声が寄せられた。

また、お笑い芸人ハリウッドザコシショウ絵文字で反応を示しており、それを見たキンタロー。は「師匠の太鼓判いただきましたので
もっとやる事にしました!!!」とコメントしている。

その後、キンタロー。は再びねぶたモノマネを披露し、ザコシへのコメント有言実行キンタロー。ねぶたモノマネ300リプライを超える注目を集め、今もなお数字が伸び続けている。


関連記事:霜降り明星・せいや、モノマネ企画でプロ相手に優勝 松本人志も「スゲえ」

■迫真のねぶたモノマネ


キンタロー、“ねぶたモノマネ”のクオリティにファン困惑 「無加工でこれなら…」


(出典 news.nicovideo.jp)