珍プレー好プレーにでも出てくるのかな?

 9月20日千葉ロッテマリーンズオリックス・バファローズ戦の最中、ZOZOマリンスタジアムに迷い込んだ鳥の群れが原因で、試合が約20分も中断する珍事が起こりました。その一部始終を、パ・リーグTV公式YouTubeがノーカットで公開しています。

【動画】試合が中断された“伝説の20分間”

 6回表バファローズの攻撃中、ワンアウトランナー1・3塁の緊迫した場面に鳥たちは襲来しました。グラウンド上空に円を描くよう旋回し、ときには選手をかすめそうなほどの低空飛行も。プレイに影響する事態とあって、試合は一時中断となりました。

 全選手がベンチに引き上げて様子を見るも、鳥は依然としてグラウンドを支配。球場側もナイター照明を落としたり、鳥を驚かせようと大きな音を鳴らしたりと手を尽くします。

 そのかいあって鳥はある程度減ったものの、10羽ほどが着陸して内野に陣取ってしまいます。このもどかしい事態に立ち上がったのが、マリーンズ角中勝也選手。バットを振りかざして鳥たちを追い払う姿に、客席から拍手が湧き起こりました。

 角中選手の気迫が決定打となったのか、鳥たちは全て退散し、試合は無事再開されました。このコミカルな一幕は、「球場が暗くてきれい」などとTwitterでも話題に。現地からの報告も多数寄せられています。

画像はパ・リーグTV公式YouTubeより

一塁手の井上晴哉選手をかすめかける鳥の一団。これじゃ試合どころでは……


(出典 news.nicovideo.jp)