電波少年でアラファト議長に会った回は、印象に残ってます。

 タレント松本明子9月22日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ日本テレビ系/毎週木曜22時)に出演。過去に“放送禁止用語”を叫び「2年弱謹慎した」過去を振り返る。

【写真】“放送禁止用語”を叫び「2年弱謹慎した」という松本明子 そのほか磯山さやか、鈴木紗理奈ら“バラドル”たちが大集合

 この日の放送では「バラエティで活躍する女性タレントSP」と題し、バラエティアイドルこと“バラドル”がスタジオに集結。松本のほか、磯山さやか、鈴木紗理奈、藤田ニコル峯岸みなみ森口博子山之内すずと新旧のバラドルの笑顔の裏に隠された歴史をダウンタウンがひも解いていく。

 デビュー直後に『笑福亭鶴光オールナイトニッポン』(ニッポン放送)のアシスタントになった松本。ある放送でゲストに来た片岡鶴太郎から突然「俺、松本のボーイフレンドを知っている」と言われ、パニック状態に。さらに笑福亭鶴光から「あの4文字を言ったら許してくれるんちゃうの」とムチャぶりされ、放送禁止用語を叫んでしまった松本。「一般紙の社会面に新人歌手『放送禁止用語発言』と出てしまって、結果2年弱謹慎しました」と当時を振り返る。

 そのほかにも出演していた『電波少年』(日本テレビ系)で、アポなしでアラファト議長に直撃、スタッフが逃げるほど悪臭がひどい洞くつで宝探しをしたエピソードなどを披露。今では考えられない松本のロケに新世代のバラドルたちは衝撃を受ける。

9月22日放送『ダウンタウンDX』より (C)ytv


(出典 news.nicovideo.jp)