騒然する。

 8月11日に福岡国際センターにて開催された『K-1 WORLD GP 2022 JAPANK-1フェザー級世界最強決定トーナメント~』に元AKB48タレント篠田麻里子スペシャルラウンドガールとして登場。167センチの長身を生かし、スラリとしたスタイルに「可愛すぎやろ」「素敵です」など視聴者から称賛の声が相次いだ。

【映像】篠田麻里子、ラウガで登場「可愛すぎやろ」視聴者騒然

 福岡県糸島市出身、地元出身でのスペシャルラウンドガールとして、篠田は第11試合のゴンナパー・ウィラサクレック(ウィラサクレック・フェアテックスジム)と岩﨑悠斗(PURGE TOKYO)の試合前に花道に登場。リングに上がると「地元・福岡での初のラウンドガール、嬉しく思っています。頑張りたいと思っています。宜しくお願い致します」とファンに挨拶。

 その後、1ラウンド終了後にスペシャルラウンドガールとして登場した篠田に対して、試合を中継したABEMA視聴者からは「可愛すぎやろ」「素敵です」などの声が相次いで寄せられていた。

 なお試合は1ラウンド、ゴンナパーが左ミドルから左ストレートを打ち抜いてダウンを奪うと、終了間際に岩崎の顔面にハイキック。その後、ラウンド間に岩崎の鼻の負傷により、ゴンナパーのTKO勝利となった。

篠田麻里子、ラウンドガールで「可愛すぎやろ」「素敵です」視聴者騒然


(出典 news.nicovideo.jp)