スゴい。

お笑いコンビ・ラランドのニシダ(27歳)が、7月5日に放送されたバラエティ番組「ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)」(ABEMA)に出演。太っていてもモテる理由について語った。


この日の番組冒頭、お笑いコンビニューヨークの嶋佐和也が、ニシダについて「ニシダはクズだけど意外とモテる、みたいな」と印象を語り、ニシダの恋愛事情について掘り下げていくことに。


ニシダは「太ってるヤツって競争相手が少ないんです。太ってる男性が好きっていう女性を漏らさずいくと、結果モテてる感じになる」と自ら解説した後、「だいたいファンの人なんですけど」と続け、ニューヨークは「結局そこやん(笑)」とコメントした。


また、ニューヨークの屋敷裕政から「芸能人はいかないの?」と尋ねられたニシダは「芸能人は興味ないんですよ」と即答。

そこで相方のサーヤが「芸能人はいかないけど、詩人はいきたいらしくて」と暴露し、「どういうこと!?」「なんで?」と追及したニューヨークに、サーヤは「自分が作品に影響して欲しいんですって」と、ニシダが“詩人にいきたい”理由を明かした。


さらに屋敷に「シンガーソングライターもいいんじゃない?」と問われたニシダは、「いいですよ。(自分との)一晩が詩になってて欲しい」と語り、嶋佐は「カッコいいのか悪いのかよく分かんない」と困惑した。


(出典 news.nicovideo.jp)