出演する。

 『女芸人No.1決定戦 THE W 2021』で優勝したお笑いコンビ・オダウエダの小田結希が1日に放送されたテレビ朝日系反面教師バラエティーしくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演し“グレて駆け込み寺に入れられちゃった先生”として授業を行った。

【番組カット】小田先生の授業で大盛りあがり!井上梨名ら

 授業冒頭、小田は「16歳のとき、グレて母親の手に負えなくなり、駆け込み寺に入れられていた」という衝撃しくじりを激白。ふんわりしたしゃべり方の小田先生からは想像もできない過去に、教室中が「えー!」と驚くが、先生はニッコリしながら「しかも2回入ってます!」と発言し“汚な金髪+眉毛全剃りヤンキー女”だった当時の写真を公開し、「今と全然違う…」と初っ端から生徒たちをがく然とさせた。

 実は、中学1年のころから、だんだんとグレはじめたという小田先生。その最も大きな理由は、母との確執という。先生が8歳のときに両親が離婚、母親は女手ひとつで3姉妹を育てるため忙しく働いていたのだが、姉2人は成績優秀なのに小田先生だけ勉強ができず、母とうまくいかなくなってしまった。中学2年の夏には「お姉ちゃんのように勉強、頑張れるよね!」という母のプレッシャーから逃げ出すべく、1週間以上も家出。警察に補導されて母を号泣させたこともあったと振り返った。

 その後、定時制の高校に進学するも、毎日のように朝帰りを繰り返し、学校にも通わずに荒れまくった生活を送っていた先生。そんなある日、母親から外食しようと誘われ、たまたまおなかがすいていたため同意し、母親の車に乗りこんで出発したところ、なんと愛媛県西条市の自宅から8時間かけて愛知県岡崎市にある駆け込み寺へと連れていかれた。

 もはや手に負えないと判断した母親によって先生が預けられたのは、“平成の駆け込み寺”こと西居院。最初は絶望していた先生ですが、笑顔で現れた住職の故・廣中邦充さんには母親との確執をすべて打ち明けることができ、話し終えた先生に住職は「つらかったな」と、寄り添う言葉をかけてくれたとか。そこでは、さまざまな問題を抱える男女8人との共同生活を開始。住職からは常に「自分の問題から逃げるな」という言葉をかけられていたと、当時を語った。

 3ヶ月後、「地元に戻って学校に行きたい。でもまだ母親には会いたくない」という複雑な気持ちが芽生えた先生は、住職の助言もあり、実家の近所にあるいとこの家で暮らしながら学校に復帰することに。ところが、更生したのもつかの間、いとこが持っていたゲームにのめり込み引きこもり生活に突入した。

 そんなどん底生活から脱出するため、初めて自分の判断で「もういちど寺に戻ろう」と決意。再会した仲間たちに母親との問題を相談したところ、友人の“ある発言”を聞いて心境が激変したと明かした。それは、親からDVを受けていたという女子が発した、「お母さんがやさしいのいいな。一緒に住めるのいいな」という言葉。

 彼女の本音を聞いたとき、ようやく母のありがたみに気がついたという小田先生。2ヶ月後、実家に戻った先生を出迎えてくれたのは、ほかならぬ母親だった。久しぶりに再会した母から「会いたかった!」と泣きながら抱きしめられたことで、先生は「お母さんに受け入れてもらえるのってこんなにうれしいんだ」と実感。それを機に長年の確執が解けていったことを打ち明け、授業の最後は教室が感動に包まれた。

7月1日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』に出演した3時のオダウエダ・小田結希 (C)テレビ朝日


(出典 news.nicovideo.jp)