再始動する。

1 jinjin ★ :2022/07/03(日) 16:51:01.17
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動


マッキー、帰ってきてくれてありがとう! この夜に集まった大勢のファンたちは、そんな思いで1時間半以上も待ち続けていたのだろう。

5月18日の埼玉県川口総合文化センター。
昨年9月の活動再開後、初の全国ツアー2日目は、待ちわびていたファンの熱気に溢れていた。 

終演から、実に1時間40分が経ったころ。この日に53才の誕生日を迎えた主役の槇原敬之は、ようやく楽屋口から姿を現した。
長蛇の列をなして待ち続けていたファンに向かって、両手を振って何度も「ありがとう!」と声をかける。
何があっても付いてきてくれているありがたみをかみしめながら、車に乗り込み走り去った。


覚醒剤取締法違反容疑で2度目の逮捕をされたのは、日本が本格的なコロナ禍に入る直前の2020年2月だった。
その21年前の1999年8月。すでにミリオンセラーの超トップアーティストだった30才のときに初めて逮捕されて、懲役1年6か月、執行猶予3年の判決を受けていた。

その後は、2003年にSMAPの国民的大ヒット曲となった『世界に一つだけの花』を制作。
再び表舞台で実績を積み直して、2007年には16年ぶりにNHK紅白歌合戦にもカムバックするなど、“禊”は済んだとみなされていた。

それなのに50才を超えての再犯。
初犯から長期間が経っていて実刑こそ免れたが、都内の湾岸署からの保釈時には、白髪交じりのボーボーのあごヒゲとボロボロの歯で報道陣の前に登場し、世間に大きなショックを与えた。

ある芸能関係者は「二度と復帰ができないのではと思わせるほどの姿でした。間違いなく、初犯時以上にダメージは大きく、イメージは地の底にまで落ちてしまいました」と振り返る。


そんなどん底からの再復活だけに、この夜のライブでは、本人とファンの間に重い雰囲気も漂っていたという。
見送りまでした50代女性ファンは「MCでは、マッキーが『みなさんに、胸を張って槇原のファンだと言えなくさせてしまったこと、本当に……ごめんなさい!』と頭を下げられまして。会場には泣き出すお客さんもいました」と明かした。


槇原は、昨年10月に23枚目のオリジナルアルバムを発売。
今年3月にも、初のセルフカバーアルバム『Bespoke』をリリースした。再逮捕された2020年に、デビュー30周年プロジェクトとして発表するはずだった作品だ。

「芸能活動再開に賛否がありながらも、精力的に動いているのは、見捨てずに待ち続けてくれていたファンのため。今はその感謝の思いのみだそうです」(前出・芸能関係者)


私生活では、2018年に渋谷区に建設したばかりだった10億円超えといわれた大豪邸を、昨年に売却。
現在は東京を離れて、人目に付きづらい土地で静かに暮らしているという。

前出の50代女性ファンは「今夜も最高の歌声で、彼が必死にゼロからやり直そうとしている気持ちが、痛いほどに伝わってきました。集まった私たちファンは、二度と過ちを犯さずに本当の幸せをつかんでくれることを信じています」とエールを送った。


*た罪は消えないが、まだ誰かを救う歌が歌えるのも事実。
贖罪の思いを携えて、まずは7月22日のツアー最終大阪公演まで走り続ける。


https://news.yahoo.co.jp/articles/ecc8eaf474443ed031a787eb5ec6dac6e37d316d?page=1