披露する。

1 ひかり ★ :2022/06/17(金) 20:07:16.55
 女優の広末涼子が17日、都内で映画「バスカヴィル家の犬 シャーロック劇場版」初日舞台あいさつを俳優のディーン・フジオカ、岩田剛典らと行った。

 2019年にフジテレビで放送されたドラマ「シャーロック」の映画版。犯罪捜査コンサルタントの誉獅子雄(ディーン)と元精神科医の若宮潤一(岩田)が、瀬戸内海の離島の華麗なる一族の闇に迫る。

 物語の舞台で、蓮壁家のリフォームを担当する冨楽朗子役を演じた広末は、ピンク色の超ミニ丈の衣装で登場し、美脚を惜しげなく披露した。

 本作内容にちなみ“自分にとってのナンバーワンのもの”を聞かれると「実は(本作の)本を読んだ時に役を引き受けるか悩んだんです。私は、悲しくて暗い作品が嫌い。(本作は)誘拐とか、自傷行為とかが描かれていてどうしようかと」と告白。

 ディーンが「死亡率高いですもんね」とフォローすると、広末は「そうなんです。でも受けてよかった。私は、娘への愛情深さゆえに翻弄される母親役なので、私にとってのナンバーワンは私の母親です。ママあっての自分。今日この舞台に立てているのも、ママのフォローがあってこそなので」と感謝を語っていた。

 共演の女優・新木優子は、新型コロナウイルス感染が判明し、本イベントを欠席した。
報知新聞社
https://news.yahoo.co.jp/articles/c86350c8d38446b66db78c399eb0e49e689d52b3

(出典 hochi.news)