楽器の診断をする。

6月12日深夜放送の「日向坂で会いましょう」(テレビ東京系)では、メンバーがおすすめする趣味やエンタメを若林にプレゼンする「若林にさされ!ハマる趣味プレゼン大会」の後半戦が行われた。

【写真を見る】「Rakuten GirlsAward 2022 SPRING/SUMMER」で全力パフォーマンスする日向坂46

■自身の吹奏楽歴の経験をもとに「楽器別性格診断」

小学校、高校、大学で8年間トランペットを演奏してきたという佐々木久美は「43歳からでも遅くない吹奏楽」を発表し、自身の吹奏楽歴の経験をもとにオリジナルで診断する「楽器別性格診断(トランペットクラリネットフルートサックス)」をプレゼンした。

今回は楽器経験者の多い日向坂メンバーでたとえ、まず自身のトランペットを「内輪ではお調子者」と診断。「表に出るのが得意ではなくて、内輪だけでお調子者な人がすっごい多いです。部内ではムードメーカーみたいな」と説明。

クラリネットは「努力家で仲間思い」と持論

続けてクラリネットは高橋未来虹(歴3年)がやっていたと言い、その性格を「努力家で仲間思い」と診断。「クラリネットって(吹奏楽では)すごい人数が多いことが多いんです。大体4、5人とか1つの団体にいたりするので、『みんなで頑張ろう』っていう意識が強くて、自主練をする確率も1番高いです。そういう人が多いです」と持論を述べた。

また、高瀬愛奈(歴1年半)がやっていたフルートを「マイペースできれい好き」と診断し、高瀬が「そうでもないけどな…」と呟くと、佐々木は「まぁなんか…きれい好きな人が…多かったなぁって」と雑な説明で、早くもネタ切れの様子。

すごい間違えたりしてもあんまり気にしないか、『次はできるから』みたいな感じの人が多かったなってイメージです」と加えると、高瀬は「ディスってる?」とポツリ。

最後のサックスは金村美玖(歴3年)がやっていたと言い、「えっと…変態が多いです」と診断。メンバー一同爆笑する中カメラに金村が映し出されると、金村は笑いながら両腕を振り「映すな映すな!」と全力で否定。

佐々木は「セクシーなんですよね、サックスって。ちょっと人の歌声に似てる音色というか。なので、ちょっとむっつりな…方が多い印象でした」と、あくまで個人的な見解として、楽器演奏者それぞれの性格を説明していた。

次回の「日向坂で会いましょう」は6月12日(日)深夜1:05より、「7枚目シングル MV解説企画!」を放送予定。

※高橋未来虹の「高」は正しくは「はしご高」


佐々木久美/※画像はWEBザテレビジョン タレントデータベースより


(出典 news.nicovideo.jp)